« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:料理が美味しいあの系列、「スタンド タイガーリーリー」。 | トップページ | 今日は日本酒呑みです、場所は福島、「桜子」で美味しい料理と日本酒、そして「炭と日本酒 仁」で大いに呑みました。 »

2019年5月31日 (金)

地酒ワンカップ・コレクションNo.65 石川県白山市「菊姫」普通酒“菊”

地酒ワンカップ・コレクションNo.65、
 
石川県白山市「菊姫」普通酒“菊”

石川県を代表する名酒のひとつ「菊姫」のワンカップです、辛口で旨味もあります、そして独特の香り、少し置くとマイルドな感じに変わり好みの酒になりました、燗酒でも良さそうですがそのまま常温でいただきました、

ラベルは一升瓶と同じく、お馴染みのデザイン、黄色地に“菊姫”の筆文字ロゴとイラスト、その周りには鳳凰、品質本位の文字と“呑菊須延壽”の文字、

005kai_3

左側には飲酒注意表記、

006_2

右側には蔵元表示と謳い文句、『菊姫は「濃醇旨口」 じっくり熟成させて旨味をのせています。だから、ほんのり黄金色。』なるほど、ワンカップでさえ熟成酒なんですね、立派な志、

007_3

キャップには“極寒手造り”の文字、ロゴ下には菊のモチーフ、

010_4

プラキャップ付きです、

多くの銘柄を持つ「菊姫」、このワンカップは普通酒です、見慣れた一升瓶と同じラベルデザインが嬉しいです、普通酒はHPでは以下のように紹介されています、

『ナッツやカラメルを連想する穏やかな香りと米の柔らかな旨味が感じられ、お燗をすることでその特長がより一層冴えわたります。
また、料理との相性は幅広く、気取らずお楽しみいただけます。』

やはり、燗でも楽しめるみたいです、



菊姫は基本“熟成”させて出荷されるようで、この普通酒も例外ではないで

1~2年熟成させてから出荷されているようです、うん、あらばしりのフレッシュさも良いですが、熟成酒の落ち着いた旨味が好きです、

さて、いろいろと気になるところがありますが、まず一つ目はラベルデザインの絵柄です、もちろん奥にあるのは菊な訳ですが、その手前にあるのはなんでしょうか?扇子のように見えるのですが真偽不明、確認できませんでした、ご存じの方いらっしゃれば教えてください、



ラベルにある“呑菊須延壽”、漢詩のように思えます、“菊のお酒を飲めば寿命が延びる”というような意味かな、、、故事来歴があるのか?漢詩スタイルのキャッチコピーなのか?はっきりとは分かりませんでした、

故事来歴で云うと、『太閤記』に秀吉が花見に際して「加賀の菊酒」を取り寄せたという記述があるそうですが、このお酒が「菊姫」だそうです、おお、HPによると天正年間(1573~1592)創業、こりゃ古いです、

酒銘「菊姫」は蔵元近くの白山比め神社の御祭神「菊理媛(くくりひめ)」に由来しているという説が有力と思われます、

実は来週、この白山に登ります、どこかで「菊理媛」に巡り合えるでしょうか?^^)

購入:2018年8月

購入場所:金沢 近江町市場 「酒の大沢」

容量:180ml

価格:270円(税込)

蔵元:石川県白山市 加賀菊酒本舗 菊姫合資会社

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:料理が美味しいあの系列、「スタンド タイガーリーリー」。 | トップページ | 今日は日本酒呑みです、場所は福島、「桜子」で美味しい料理と日本酒、そして「炭と日本酒 仁」で大いに呑みました。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:料理が美味しいあの系列、「スタンド タイガーリーリー」。 | トップページ | 今日は日本酒呑みです、場所は福島、「桜子」で美味しい料理と日本酒、そして「炭と日本酒 仁」で大いに呑みました。 »