« 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:何度でも書きたい!行きたい!豚肉専門焼肉「水月亭」。 | トップページ | 本日4軒目は、野毛の「トモ」で“ミルフィーユ ハムカツ”と単身格闘戦^^)とんでもない量でした、 »

2019年4月15日 (月)

さて横浜呑みは野毛方面へ移動、、、2軒目は日ノ出町の「栄屋酒場」へ、もう堪りませんわ^^)

【2019年1月17日(木)】

横浜 日ノ出町「栄屋酒場」

さて、まずは新子安の市民酒場「諸星」からスタートした久しぶりの横浜呑み、

ホテルは野毛に取っています(呑む気満々)、

で、茅ヶ崎在の後輩クンと合流することになり、野毛方面を目指します、

予約はしていないのですが、もしは入れたら嬉しいなあ、という店がここ、

058kai_1

日ノ出町の「栄屋酒場」、



以前、一度連れてきたもらいました、その佇まい、料理のクオリティ、

まず間違いなく横浜トップクラスの酒場です、

時間はちょうど19時、そろりと引き戸を開けて様子を窺います、

開いているテーブルはありますが予約の可能性が大です、



お母さんと目が合うと、案の定、

『あ、予約の方!?』と訊かれました、

スイマセン、違うのです、一人、あとでもう一人来ますが、、、

あら、そう、え~っと、、、そこの席どうぞ、

おお!!入れました!!

ちょうどお勘定があったようです、ラッキーです、

入ったところの小さなテーブル、

まだ片付けられていませんがそこに座って待ちます、

やったね、後輩クンには入店を報告、ここで合流することにします、

とりあえず、ここは瓶ビールの雰囲気です、

「突出し」と共に、

059_1



一品だけ「〆鯖」700円也を先に注文、

これが素晴らしい「〆鯖」でした、

062kai

雰囲気でも十分に呑めますが、料理も美味しい、上等な酒場です、

アンティークかと思える黒電話が鳴って予約が入ります、

ホント、何も変わらない酒場、エエですね、

料理は奥で大将が担当、表はお母さんの担当、

時間が経ってちょっと暇になった時に常連さんらしき方とお母さんがいろいろと話をされていました、

聞き耳を立てていると(いつも立ててます)、

お母さんと大将の新婚時代の話しとか、子供さんの話が出ています、

なんか、良いエピソード満載です、酒場に歴史あり、

後輩クンが入店、瓶ビール追加、

「マグロ刺身」950円也、

067

もう、見ただけで間違いなく美味しいのが分かります、

日本酒は「相模灘」690円也を常温でもらいます、

066kai

お銚子は姫路の「八重垣」ですやん、

そして「岩ガキ」3個900円也、

068kai

きゃ~、めちゃ美味しいです、どんだけエエ仕入れしたはるんですか?

あとは「野菜天ぷら」450円也、

071

これで日本酒をもう一杯飲んだかな、

後輩クンと馬鹿話に花を咲かせてお勘定にしました、明朗会計、

日ノ出町から橋を渡った「栄屋酒場」、

その佇まいから想像できるそのままの酒場ですが、

やはり、特筆すべきは海鮮系料理でしょう、

今回もまったく手抜きのない新鮮な仕入れと包丁捌き、

いかにも老舗酒場、看板に偽りなし、納得の酒場です、

来てヨカッタ、入れてヨカッタ、いつまでも続けて欲しいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕💕

さて、この後は野毛に入って、

「ホッピー仙人」でホッピーを一杯飲んでますね、

で、もう一軒行こう!と云うことになりました、


それはまた明日の記事で、、、

 

|

« 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:何度でも書きたい!行きたい!豚肉専門焼肉「水月亭」。 | トップページ | 本日4軒目は、野毛の「トモ」で“ミルフィーユ ハムカツ”と単身格闘戦^^)とんでもない量でした、 »

横浜川崎横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:何度でも書きたい!行きたい!豚肉専門焼肉「水月亭」。 | トップページ | 本日4軒目は、野毛の「トモ」で“ミルフィーユ ハムカツ”と単身格闘戦^^)とんでもない量でした、 »