« 本日4軒目は、野毛の「トモ」で“ミルフィーユ ハムカツ”と単身格闘戦^^)とんでもない量でした、 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.59~福井県吉田郡「黒龍 吟のとびら」 »

2019年4月17日 (水)

さて、2日間の東京酒場探訪最後の1軒は八重洲の「ふくべ」です、変わらないのが心地良い酒場です。

【2019年1月18日(金)】

東京 八重洲 「ふくべ」



さて、2日間の東京酒場探訪も最後の1軒です、

夕方に野毛の「トモ」で「ミルフィーユハムカツ」と単独格闘戦を闘った後です、



お腹一杯になりながらもなんとか東京駅まで戻りました、

17時半に同級生のMONさんと八重洲で待ち合わせです、

ちょっと時間があったので、腹ごなしに歩き回ってなんとかもう一杯くらいは呑めるように調整、

今日はこの後、新幹線に乗って関西へ帰るので八重洲で呑みましょう、



この辺りも10年前とはずいぶんと様相が変わりましたが、「ふくべ」はまだ無事、健在です、

予約はしていませんが、とりあえずまずは「ふくべ」でしょう!な気分、



MONさんと合流して、その足で「ふくべ」を目指します、

なんか記憶よりも遠いような感じ、こんなに永代通り寄りだっけ、記憶とはあやふやなものです、



はい、「ふくべ」、

124kai

東京駅から5分でこんなに良い酒場が残っているのが嬉しいです、



縄暖簾をかき分けて戸を引きます、目の前にはお客さんお背中、

カウンターの中のお兄さんに2人と告げます、

見たところ左のカウンター席は満席のようです、



ちょっとお待ちください、、、奥で予約の確認でしょうか、鋭意調整中です、

待つことしばし、どうやら奥のテーブル席に入ることができました、



19時に予約が入っているとのこと、それまでで大丈夫ですか?

はい!急いで呑みます(なんやそりゃ)、



ではでは、ビールで乾杯して、

「玉子焼き」に、

126

「〆鯖」、

127

「ぬた」と、なんとも酒場らしい肴をいただきます、

128 

どれも標準以上、美味しいですね~、



ビールは1本だけにして、「ふくべ」に来たら日本酒をいただかねばなりますまい、

壁にはずらりと全国の銘酒の短冊が並んでいます、

132kai

ワタシはまず「三井の寿」にしたかな、

129

燗酒でいただきました、



肴も追加で、これは、、、「氷頭」かな、

130

そして「さつま揚げ」、

131 

日本酒はこの後、「白鷹」、「菊姫」、「賀茂泉」と云ったところをいただいたかな、



ここの日本酒の揃えはクラッシックとも云うべきラインナップで
す、

今ほど地酒が注目される前からの良いお酒を揃えておられます、

21世紀に流行ってる銘柄がない代わりに、実力派のどっしりとした燗酒がいただけます、



90分という時間は十分かと思いきや、同級生とあれこれと話していたらあっと云う間に過ぎてしまいした、

ワタシも新幹線に乗らないといけません、

ということで、ここは潔く粘らずにお勘定(当たり前です)、

2人で5000円程かな、失念、楽しいから仕方ない、



八重洲の「ふくべ」、

創業昭和13年だそうです、そろそろ80年と云うところですか、

ワタシが始めて探訪したのが2006年かな?

それでも、もう13年ほど前と云うことにあります、

少しずつ変わっているようにも見えますが、

基本スタンス、立ち位置は変わっていない、良い肴と良いお酒、

エエと思います、ホントにずっと八重洲にあって欲しい酒場です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね💕

|

« 本日4軒目は、野毛の「トモ」で“ミルフィーユ ハムカツ”と単身格闘戦^^)とんでもない量でした、 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.59~福井県吉田郡「黒龍 吟のとびら」 »

八重洲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日4軒目は、野毛の「トモ」で“ミルフィーユ ハムカツ”と単身格闘戦^^)とんでもない量でした、 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.59~福井県吉田郡「黒龍 吟のとびら」 »