« 久しぶりの東京酒場、立会川で振られたあとは、新子安の市民酒場「諸星」でホッピーです♪楽しい^^) | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:何度でも書きたい!行きたい!豚肉専門焼肉「水月亭」。 »

2019年4月11日 (木)

地酒ワンカップ・コレクションNo.58~島根県仁多郡「七冠馬」

地酒ワンカップ・コレクションNo.58

島根県仁多郡「七冠馬」

一升瓶型の180ml瓶、高級感があります、そして銘柄は「七冠馬」、競馬ファンの蔵元でしょか?

016_3

純米酒なのでそのまま常温でいただきました、うわー、少し辛いけどとても飲みやすい酒、これは飲みやす過ぎますね、この馬のようにあっという間に駆け抜けて(なくなって)しまいました、

ラベルには銘柄名のロゴと共にサラブレッドと思われる馬が躍動しています、「特別純米」の文字と判子(馬の篆書体のようです)、

017kai_1



左側には原材料表示と蔵元表記、難しい字ですが“簸上”は「ひかみ」と読みます、“簸”の字も難しいですね、見たことないかも、“簸”の意味は、、、現代ではピンとこない難しい内容なので割愛、調べてみてください、

018kai_1

右側にはバーコード、URL、容量表記、

019kai_2

キャップにもロゴ、

020_1

さて、最初に気になるのは何と云っても銘柄名「七冠馬」です、直感的にあの有名な競争馬が思い浮かびますが、それと直接繋がっているのか?蔵元HPを見るとそのものズバリでした、あのJRA GⅠ7勝の“シンボリルドルフ号”が由来と書かれています、どうやらシンボリ牧場主と蔵元が縁戚関係にあるようです、なるほどね、



蔵元は島根県仁多郡奥出雲町にある「簸上酒造」、300年以上の歴史のある蔵です、奥出雲町は松江市の南、山間部の町のようです、“簸上”は地名かな?人名かな?これもちょっと調べてみるとどうやら地名のようです、元々奥出雲町辺りを“簸上三郡”と呼ばれていたことに由来、この三郡がなに郡だったのかは分かりませんでした、

購入:2018年12月

購入場所:大阪日本橋 「きくや酒販」

容量:180ml

価格:343円(税別)

蔵元:島根県仁多郡 簸上酒清酒合名会社

|

« 久しぶりの東京酒場、立会川で振られたあとは、新子安の市民酒場「諸星」でホッピーです♪楽しい^^) | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:何度でも書きたい!行きたい!豚肉専門焼肉「水月亭」。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの東京酒場、立会川で振られたあとは、新子安の市民酒場「諸星」でホッピーです♪楽しい^^) | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:何度でも書きたい!行きたい!豚肉専門焼肉「水月亭」。 »