« 今日は連れ吞みで料理が充実の立ち飲みを2軒、東淀川の中華立ち吞み「ホームイン」~西中島の「金獅子」でお腹一杯です^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都深草の街の中華屋さん「西海」、インパクト大のお店です。 »

2019年4月 4日 (木)

地酒ワンカップ・コレクションNo.57~山形県鶴岡市「大山」特別純米酒(猫)

地酒ワンカップ・コレクションNo.57、

山形県鶴岡市「大山」特別純米酒(猫)、

以前、No.27で同じワンカップの(犬)バージョンを紹介しています、

中身は同じ特別純米酒のようなので味に関するコメントは前の記事から引用させていただきます(手抜きか)、

029

「大山」、鳥取の“だいせん”ではありません、山形の“おおやま”のワンカップ、

特別純米酒のワンカップと云うのが嬉しい、厚みのある辛口、米の旨味もしっかりあります、常温で少し、そして季節柄燗酒でいただきました、はい、燗でも美味しくいただけます、(引用ここまで)

今回も燗酒でいただきましたが同じ感想、燗にしてもスッキリと美味しく飲めるお酒です、

ラベルのイラストの猫、犬と同じく特別な猫ではないと思います、一緒に描かれているなにか“赤い工芸品”らしきものと“花びら”、これはなにか意味があるのではないかと調べてみました、

030kai
032kai

まず工芸品ですがこれは「御殿毬」ではないかと思われます、350年ほど前から鶴岡市で作られている飾り毬です、

そして“花びら”ですがこれはそのカタチからも分かるように“梅”ですね、鶴岡市湯田川にある梅林公園が有名らしいです、ピッタリ符合しました、



折しも、新元号「令和」が先日発表されましたが、その出展は万葉集の梅の花を詠んだ歌の序文とか、うん、「令和」の時代になったらこのワンカップをもう一度呑むのも良いかもしれません、

キャップには謎の二文字が左肩に書いてあります、

033kai

これは(犬)ラベルの時からの謎です、今回は蔵元にその文字と意味を問い合わせましたが、、、未だ返答がないので、やはり不明です、

 

購入:2018年7月

購入場所:大阪市東淀川 「栗田酒店」

容量:180ml

価格:300円(税込)

蔵元:山形県鶴岡市 加藤嘉八郎酒造㈱

|

« 今日は連れ吞みで料理が充実の立ち飲みを2軒、東淀川の中華立ち吞み「ホームイン」~西中島の「金獅子」でお腹一杯です^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都深草の街の中華屋さん「西海」、インパクト大のお店です。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は連れ吞みで料理が充実の立ち飲みを2軒、東淀川の中華立ち吞み「ホームイン」~西中島の「金獅子」でお腹一杯です^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都深草の街の中華屋さん「西海」、インパクト大のお店です。 »