« 地酒ワンカップ・コレクションNo.53~山形県河北町 「あら玉」。 | トップページ | 立ち呑みの新星!?裏なんばの「キッチンナカジマ」を初探訪、料理が美味しい立ち呑み♡で、「桝田酒店」で一杯だけ。 »

2019年3月11日 (月)

最寄駅から徒歩20分!?遠いですが行く価値あります、大阪田島の「田島屋」で鍋をいただきます。

【2018年12月11日(火)】

大阪 田島 「田島屋」

大阪市生野区田島に「田島屋」というエエ酒場があります

なんでも美味しいし安い、ボリュームたっぷり、

ホンマにエエ店なんですが、一つだけ欠点が、、、

陸の孤島にあるんです



いやいや、そんなに大層なことではないのですが

でも、やはり最寄りの電車の駅となるとJR関西線の「東部市場」駅かな、

そこから徒歩で15分くらいはかかります、ちょっと遠いでしょ、

もちろんバスもありますし、タクシー利用でもエエかもですが、、、

やはり不便ですね、

ま、だからこそ行きたくなる、という面もあります

そんな「田島屋」さん、

冬場は鍋があります、これがまたエエらしいのです、

いつもは一人呑みですが、鍋となると連れがいた方が楽しい



という事で、今日は連れ吞みで「田島屋」の鍋を楽しむことにしました、

予約です、「田島屋」を予約しました、はは、初めて~

現地集合としましたので一人で歩いて行くことにします、

それもJR環状線「寺田町」駅から歩くことにしました、

徒歩20分くらいかな?

ちょっと遠いですが健康とポケモンGOのために

寺田町駅北側の大通りを東へまっすぐ、

途中で少し左へ、アーケードのある商店街に入ります、

あとは一本道、商店街が途切れますが構わず直進、

再度アーケード商店街になって、それも途切れるともうすぐです、

大通りに出ると、向かいの角に「田島屋」があります、

024kai

エエ店構え、上等な暖簾、

店の前で連れと合流して無事入店です、

予約していますから、安心の入店、カウンターに案内されます、

さてと、席は予約していますが、料理はこれから、

鍋も入店後の注文でOKなんです

まずは「生」で乾杯、

「刺身盛合せ」と、カウンターの上の大皿にあった「エビ素揚げ」を注文、

035kai2

あ、その手前にあるのは「河豚の唐揚げ」かな!?旨そう

「エビ素揚げ」がすぐに出てきました、

027

大振り、値段不明ですがすでに凄いボリュームです、

これはよく考えて注文しないとオーバーオーダーになりそうですね、

「刺身盛合せ」、

029kai

たしか2人前頼んだと思います、



マグロが美味いです、鯛は厚切り、イカは何かな?コリコリです、

ハマチ、そしてアワビには小さいけど肝も付いていました、

う~ん、やはりここの満足度は相当高いです

「焼き蛤」大きめ3個で850円也、

033



そして鍋は「とり鍋」1800円也にしました、

039kai

こんな感じの「つくね」は別盛り、

036kai

これで1人前です、ちょっと迷ったのですが、

ボリュームありそうなので1人前にしました、

正解、凄いボリュームです

地鶏は冷凍かもしれませんが鍋に入れると、、、

美味しい、歯応え抜群、つくねもめちゃ旨です

く~、やはり「田島屋」の鍋、必食の鍋でした

これ大好きな鍋です

ほとんどメニューが相当ボリューミです、

隣りのカップルが頼んでいた「サツマイモの揚げたん」とか大皿に山盛り、

2人でも完食は難しそう、

おでんの「ジャガイモ」も半端ない大きさ、

もう芋だけでまんぷくになりそうです

なんとか鍋を平らげて、〆にさっき気になった「河豚の唐揚げ」を注文、

045

これまた身もしっかり付いていてボリューミー、

あ~美味しいの連発です

これでお勘定、一人@3700円也でした、安!

はい、田島の「田島屋」、

初めての鍋メニュー、正解でした、大満足、

全てにおいてボリューミーなのは、もはやこの店の信念ですね、

これぞ大阪の酒場!という気合を感じます、

カウンターの中で調理している大将たちの心意気です、

これにはひたすら食べることで応えるしかありません、はい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね



 

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.53~山形県河北町 「あら玉」。 | トップページ | 立ち呑みの新星!?裏なんばの「キッチンナカジマ」を初探訪、料理が美味しい立ち呑み♡で、「桝田酒店」で一杯だけ。 »

大阪玉造鶴橋周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最寄駅から徒歩20分!?遠いですが行く価値あります、大阪田島の「田島屋」で鍋をいただきます。:

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.53~山形県河北町 「あら玉」。 | トップページ | 立ち呑みの新星!?裏なんばの「キッチンナカジマ」を初探訪、料理が美味しい立ち呑み♡で、「桝田酒店」で一杯だけ。 »