« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:西九条トンネル横丁の居酒屋グルメ「せぞん」。 | トップページ | この街のにも角打ちがありました!阪急「岡本」駅すぐの「植田酒店」、ほっこりと呑める角打ちです。 »

2019年2月11日 (月)

地酒ワンカップ・コレクションNo.47~石川県白山市 「天狗舞」タカ。

地酒ワンカップ・コレクションNo.47

石川県白山市 「天狗舞」タカ



石川の代表的銘柄の一つ「天狗舞」の本醸造ワンカップ、そのまま呑むと口当たりの良さが際立ちます、燗酒にしても呑みやすさはそのままにマイルドな辛口、やはりエエお酒ですね、

005kai

堂々としたラベル、筆文字ロゴ、ぐるっと円が描かれ、その中に透かしではいっているのは「天狗舞」のマーク?他の瓶にも使用されている家紋のようなデザインのマークです、由来不明、で唯一のギミックは“タカ”の文字、なんだろうね、

004kai
006kai

左側に蔵元表記と成分表記、右側には注意事項、

007

キャップはこんな感じで素っ気ないです、



さて、“タカ”の文字ですが、これは「天狗舞」内のサブブランドのようです、本醸造酒・普通酒には“天”、“舞”、“あげ潮白山菊酒”の3つがあり、“天”一文字で“たか”と読ませるようです、HPでは「山廃仕込をブレンドした旨味とコクがあり、飲み飽きしないお酒です。」、「常温から熱燗までお好みの温度帯でお楽しみいただけます。」という説明がなされています、

「天狗舞」、ワタシの中ではとても馴染みのある銘柄です、勝手に日本酒第2次ブームの立役者というイメージ、新潟の越乃寒梅や久保田がブレイクしたのが第1次ブーム、その後各地の有名銘柄が台頭してきたのが第2次ブーム、石川なら「天狗舞」や「菊姫」がブレイク、1980年代かな、その後焼酎ブームの陰で日本酒は少し雌伏期間がありますが、21世紀に入って第3次日本酒ブームが来た!という感じ、この時の好きな銘柄は「九平次」、「而今」、「村祐」など、あくまで私感、勝手な分析・意見です、あしからず、

購入月:2018年8月

購入場所:石川県金沢市 近江町市場「酒の大沢」

容量:180ml

価格:260円(税込)

蔵元:石川県白山市 ㈱車多酒造

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:西九条トンネル横丁の居酒屋グルメ「せぞん」。 | トップページ | この街のにも角打ちがありました!阪急「岡本」駅すぐの「植田酒店」、ほっこりと呑める角打ちです。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/75085231

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ワンカップ・コレクションNo.47~石川県白山市 「天狗舞」タカ。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:西九条トンネル横丁の居酒屋グルメ「せぞん」。 | トップページ | この街のにも角打ちがありました!阪急「岡本」駅すぐの「植田酒店」、ほっこりと呑める角打ちです。 »