« この季節になると、やはりここでしょう、九条の「白雪温酒場」で暖まったあとは、阪神なんば線「福」駅の「世界長」に飛び込んでみました。 | トップページ | 梅田近辺の老舗角打ち、本格角打ちの代表格です、いつ行っても安心の西天満「松浦酒店」。 »

2019年2月27日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.50~長野県諏訪市 「真澄」

地酒ワンカップ・コレクションNo.50

長野県諏訪市 「真澄」、



有名銘柄「真澄」の紙パッケージワンカップです、

006

表示がないですが普通酒か本醸造です、それでも一口飲んだら、、、美味しいわ~、流石のお酒です、で、ぬる燗にしてみたら、、、これまた美味しいです、参りましたな、やりますな、「真澄」、価格も205円と安い、これはお買い得かも、

007
010

珍しい紙のカップ型パッケージ、開けるとこんな感じで内側はなにかでコーティングされています、酒の劣化が防げるのでしょうね、お酒自体には少し濃いめの色が付いていました、

009kai
008kai

側面には『天下の銘酒 真澄』のロゴが2つ、成分表示と蔵元表示、アルミ材のキャップ部分にこだわりコピー『信州が生んだ天下の銘酒』が印刷されています、



で、問題は側面ロゴ横に小さく赤文字で印刷されている一文、『カップの内側に「なるほど・ザ信州」がかくされています。お飲みになりながらお楽しみください。』!!なに!!内側に何か印刷されていたのか!?さらに『カップの内側の印刷インキがお酒に溶け出すことはありませんのでご安心ください。』と有ります、これはたしかに印刷されているようです、、、が、見落としました、知らずにカップ捨ててしまいました、不覚、無念、



ということで、再度購入して確かめることにしました、近所のスーパーで購入したモノなので助かりました、
カップ内側の印刷内容はこんな感じ、

013
014
015

『なるほど ザ 信州』のタイトル、記事は2つで『川の長さくらべ』と『湖の広さくらべ』、いずれも長野県内の川と湖のランキングです、なるほどね~、ま、ちょっとしたアイデアですな、

これで納得、やれやれ、

購入月:2018年6月(初回分)

購入店:パントリー芦屋店

容量:180ml

価格:205円(税別)

蔵元:長野県諏訪市 宮坂醸造㈱

|

« この季節になると、やはりここでしょう、九条の「白雪温酒場」で暖まったあとは、阪神なんば線「福」駅の「世界長」に飛び込んでみました。 | トップページ | 梅田近辺の老舗角打ち、本格角打ちの代表格です、いつ行っても安心の西天満「松浦酒店」。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ワンカップ・コレクションNo.50~長野県諏訪市 「真澄」:

« この季節になると、やはりここでしょう、九条の「白雪温酒場」で暖まったあとは、阪神なんば線「福」駅の「世界長」に飛び込んでみました。 | トップページ | 梅田近辺の老舗角打ち、本格角打ちの代表格です、いつ行っても安心の西天満「松浦酒店」。 »