« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立呑の暖簾をくぐって座って呑む!?堺東の「高砂屋」。 | トップページ | この季節になると、やはりここでしょう、九条の「白雪温酒場」で暖まったあとは、阪神なんば線「福」駅の「世界長」に飛び込んでみました。 »

2019年2月25日 (月)

天満連れ吞みの3軒目、情けないことにほとんど憶えておりません、「日本酒と私 天満店」。

【2018年9月6日(木)、再訪12月18日(火)】

大阪 天満 「日本酒と私 天満店」

今日の記事はそうとうあやふやです、、

3軒目、かつ、連れ呑み、記憶はおぼろげ、、、ほとんど写真頼み

云い訳です、アキマセン

でも初探訪の店だったのでとりあえず忘備録として書いておきます、
(と云いながら、下の方に再訪記事あります)


衝撃的だった裏なんばの「日本酒と私」デビュー

いつだっけ?もう5年ほど前かな?

10年ほど前から日本酒市場は絶好調

美味しい日本酒が各地の蔵から出てくるようになりましたね

店の感じはちょっと変わったので最近入っていませんが、

初めて行った時は肴「三種盛り」とか「五種盛り」に感動したものです

で、その「日本酒と私」の天満店が出来たことは聞いていたのですが、残念ながら未探訪

今日は連れ飲みですが、3軒目で一杯だけいただきました、

この日のスタートは一人で天満駅前の「寅屋」、

036kai

連れ飲みで「あずき色のマーカス」と、

天満新興の名店を回って、

049kai



三軒目が「日本酒と私 天満店」です、

場所が分かりにくい、看板だけは見ていたのですが店の前まで入ったことがないです、



この看板で
路地に入り、

057_2

ビルの2階へ上がるとありました、「日本酒と私 天満店」、

あれ?店の入り口の写真がないです、なんか、そのまま入店したみたいです、

3軒目なので酔っぱらってます

奥まで長いカウンターが延びています、

奥がどうなっているのか?入ったところのカウンターに着いたので不明、



とにかく日本酒と肴を頼みます、

日本酒は二杯呑んだようで、まずは「長門峡」、

059

山口の酒ですね、

前に裏なんばの角打ち「桝田商店」で呑んで好感の銘柄でしたので注文、

そして「英勲」も呑んだようです、

062



肴、、、こちらは「ポテサラ3種」390円、

066kai

「ポテサラ」がウリのようで、プレーン、塩辛、明太子、生ハムなどのメニューがあります、

「ポテサラ3種盛り」はプレーン、明太子、生ハムの盛りでした

客層は若いですね、日本酒の店にこれだけ若い人が入るのですから、

もう、今は日本酒黄金期と云っても良いでしょう、エエ時代になりました、

更に肴を注文、これは、、、なんだっけ?

068

これは「塩辛」、

069



お勘定も失念、、、これは再探訪して諸々確認が必要ですな、

はい、行きます、、、



という事で、後日一人で再訪しました

まずはSAPPORO「黒★」小瓶290円也、
(写真なし)



カウンターは逆L字でした、詰めたら15人くらいは立てるかな、

壁側にも立ち呑みテーブルがあります、

そして肴はオススメメニューの一番上にあった「コハダとシラウオ」390円也、

011

うん!上等や!美味しいです

さすが、「日本酒と私」の伝統は引き継がれています、



すぐに日本酒へ、まずは「神亀」、これは燗酒にしてもらいました、

一合750円也、

014kai

辛いお酒です、



BGMは60〜70'sポップス、恋人も濡れる街角、石川セリのセクシー

誰の好みやろ?



「オイルサーディンネギのせい」390円也、

016
017

旨旨



調子良くどんどん行きます、

また頼んでる、「長門峡」冷やして、290円也、

019kai

うん!やっぱり美味しい、フルーティ



BGM、洋楽も流れてる、、、個人のプレイリストやろ?

今日のカウンターの中は男性一人、この方の好みか?



最期にもう一杯、

ジャケ買いで「あざくら」もぎたてりんごちゃん

020kai
023kai

うわ!酸味強い、旨味もあるけど、まさにりんごちゃんや!

ワインや!云われたらワインと思てしまうわ、きっと

日本酒も進化しているなあ~、こういうなん好きです



これでこの日のお勘定は2590円也、

この日はちゃんと憶えていましたね



天満の「日本酒と私 天満店」、

やはりエエ店の継統です、

料理も美味しいし、日本酒の揃えも良い、

立ち呑みながらも店内も広く 、3人か4人なら使えますね、

エエ店やと思います、一応ちゃんと確認できました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね



|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立呑の暖簾をくぐって座って呑む!?堺東の「高砂屋」。 | トップページ | この季節になると、やはりここでしょう、九条の「白雪温酒場」で暖まったあとは、阪神なんば線「福」駅の「世界長」に飛び込んでみました。 »

大阪天満」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天満連れ吞みの3軒目、情けないことにほとんど憶えておりません、「日本酒と私 天満店」。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立呑の暖簾をくぐって座って呑む!?堺東の「高砂屋」。 | トップページ | この季節になると、やはりここでしょう、九条の「白雪温酒場」で暖まったあとは、阪神なんば線「福」駅の「世界長」に飛び込んでみました。 »