« 地酒ワンカップ・コレクションNo.49~京都市「京の町 酒カップ」 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立呑の暖簾をくぐって座って呑む!?堺東の「高砂屋」。 »

2019年2月21日 (木)

神戸新開地の3軒目の「世界長」はグリル一平の下の店、そして「冨月」へジャケ入店。

【2018年11月19日(月)】

神戸 新開地 「世界長」(グリル一平の下の店)~「冨月」

月曜日ですが珍しく呑んでいます(通常は休肝日)、

神戸での仕事が一段落、

打合せ終わりに元町の「書庫バー」で一杯だけ呑みました

さて、もう少し飲んで帰りたいですね、

ちょっと思案して、神戸新開地を目指すことにします、

お目当は「世界長」、

新開地には少なくとも「世界長」が3店舗あります

最も有名なのは舟券売りが近くの「世界長直売所」、エエ店ですね、

北側の湊川公園に面した「世界長」公園店はこのところ開いていないような気がしていましたが、、、

『神戸立ち呑み巡礼八十八カ所』著者の芝田さんから情報をいただきました

火曜・水曜・金曜・日曜の16時~営業しているそうです(水曜のみ18時~)、

閉店時間も早い(20時50分、水曜のみ21時)ので注意が必要です、

とにかく開いている以上、ここはまたあらためて探訪しなければなりませんな

で、今日は未探訪の「世界長」、グリル一平の下の店に行くことにします、



地下の「新開地」駅から商店街に出て少し北へ、

右手奥のビル一階に「世界長」があります、

南の直売所、北の公園店(佐藤商店?)、

でここは、、、グリル一平の下の店というのが良いのか?

018kai

外観ではOO店といった表現は見当たらりません、

ま、“世界長”の宣伝酒場がルーツなのは間違いないでしょうから、それで由とします、

ではでは、入りましょう

10人くらい立てそうな逆L字カウンター、中にはお母さんとお兄さん、

とりあえず「燗酒」をお願いします、

019

グラスになみなみ、200mlです、

“世界長”のロゴ入りグラス、正しいキャスティングです

肴は「タコ」にします、

ブツか薄切り、どちらにします?

う~ん、薄切りでお願いします、

020

時間は19時過ぎ、TVではちょうど「ネプリーグ」をやっています、

好きな番組なのでちょっとしっかり観ます
(酒場ですからしっかり飲んでください)

お客さんはスーツ姿の人が多いです、

なんか直売所とかとはちょっと客層ちがう感じですね、

肴を追加、「ちくわ胡瓜」、

024



これでお勘定は800円也、

燗酒300円也、タコ350円也、ちくわ胡瓜150円也というところかな、

新開地の「世界長」、3店舗目は“グリル一平の下”の店でした、

この辺りの店の中では“普通”な感じの立ち呑み、

というか舟券売場周辺の方が少し末枯れているのか?

ずっと以前より営業されているようですが、

暖簾も結構綺麗です、新調かな、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

さて、もう一軒行っときましょか、

流れからすると「吉美屋」がエエかな~、“世界長”繋がりで

大通り(多聞通)を渡って南へ、舟券売場辺りに差し掛かるとここが気になりました

「冨月」、

026kai

たしか未探訪ですね、、、入ってみましょか、、、

と、いきなり入店です

ま、たまにはこういう衝動入店、ジャケ(外観)入店も面白い

でも、時間が遅かった

21時でお終いですけど良いですか?

うむ、あと20分程です、はい、お願いします、

15席くらいありそうな長いカウンターの奥に着きます、

壁側にも座れるみたいです、

この季節、ちょうど始まったような「粕汁」350円也と「燗酒」300円也にします、

027
028

入口の方には常連さんが固まっておられます、もちろん盛り上がっている、

粕汁をしみじみいただきながら壁のメニューを見てみると、

面白い、ここ、

料理がぎょうさんあるのですが、その料理の名前が変わっています、



馬力200円、ダシたこ350円、サンドウィッチの具250円、

サンドウィッチの具って!なに??

ポールダンス300円、チンドバーグ300円、

マヨネチンビーフ450円、オイルサーディンマヨ焼き400円、

なんとなくイメージできる品名もあれば、ちょっと難解なんもあります、

ポールダンスはなんやろ?ウインナーの料理か?

チンドバーグ、“チンする”料理やろうけど“ドバーグ”の“ド”はなんや!?

ということで、これはあらためて探訪が必要です、

料理の実態を解明しなければなりますまい

ということで、あっという間のタイムアップ、21時になりました、

でも、常連さんたちはまだまだ盛り上がっています、、、

ま、そりゃそうだ



一見のワタシはこれでお勘定です、明朗会計、

というか、ここは前金キャッシュオンやったようです

とくに何も言われなかったので、後払いになりましたが、、、



新開地の「冨月」、

ユニークな料理満載、で安そう、なんか面白そうです、

ここはぜひ再探訪してみたいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね



あ、「吉美屋」も行かなくっちゃ、こりゃしばらく新開地通いか、、、

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.49~京都市「京の町 酒カップ」 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立呑の暖簾をくぐって座って呑む!?堺東の「高砂屋」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新開地の3軒目の「世界長」はグリル一平の下の店、そして「冨月」へジャケ入店。:

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.49~京都市「京の町 酒カップ」 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立呑の暖簾をくぐって座って呑む!?堺東の「高砂屋」。 »