« 地酒ワンカップ・コレクションNo.43~山形県山形市「秀鳳」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大正の老舗酒場な角打ち「畑分店」。 »

2019年1月23日 (水)

偶然のご縁で、松原市河内天美で吞むことになりました、まずは「渡辺酒店」へ、ビックリの暖かさ。

【2018年10月31日(水)】

大阪 河内天美 「渡辺酒店」

今日は河内天美で呑んでます~、、、、



って、どこ!?ここは??河内天美って!!??

そんな感じの流れでの河内天美呑みです

この日は、大阪酒場本のパイオニア的1冊「大阪下町酒場列伝」の著者 井上理津子さんの講演会が河内松原の図書館でありました

所用を午前中になんとか済ませて駆けつけました

お話の内容は酒場ではなかったのですが、興味深い話が聞けました、

講演終了後に少しお話も出来たし、

著書にサインもいただき満足満足

行ってヨカッタ

で、講演終了が16時頃、当然この辺りで一杯飲んで帰る算段でしたが、、、



「河内松原」駅周辺を30分程探索したのですが、

あまり触手が動く店が見つかりません

飲み屋街もあまりないんですね、河内松原、、、

仕方ないのでスマホで検索します、、、

やはり、この辺りにはめぼしい店は無いようです

で、検索で出て来たのが「河内天美」駅周辺の2軒の角打ち、、、ほう、、、

「河内松原」から2駅目が「河内天美」駅です、

角打ちはそこから歩いて行ける範囲に2軒あります、、、ここにしましょか

即、近鉄南大阪線で移動です

しかし、井上理津子さんの講演会が無かったら、この駅で降りることはなかったやろなあ、

1軒目は「河内天美」駅から歩いて10分くらいかな?「渡辺酒店」、

初めての駅、土地勘も何もありません、ここはもうスマホ頼りで歩きます、

少し勘違いしたものの、無事たどりつきました



こちらですね、「渡辺酒店」、

009kai

大きな看板にビールケース、

ちょっとイメージしていた店構えではありませんな、

角打ちの入り口はこんな感じ、

010kai

うんうん、これならエエかな、

ビニールシート越しに先客も見えます、

ではでは、入りましょう

建物の全容からするととても小さな角打ちスペース、

3~4人が立てる年季の入った木製カウンター、その中にはお母さん、

スペースの真ん中に棚のような什器があり、

反対側やそこかしこに立てるスペースがあるようです

ワタシが入ってきたので、先客の常連さんがカウンターを空けてくれました、

ありがとうございます、一杯呑みます、

おそらく、一見の客はあまり来ないんじゃないかな、

お母さんも一瞬戸惑いの表情

え~、メニューは無いようです、カウンター奥にリーチインがあります、

ここから取ってイイですか?

はい、

ではこれで、寶の「焼酎ハイボール」、

011kai

そして、そこらで見つけた「チーズ」、これでとりあえず一杯飲みます、

料理メニューもあるみたいですが、

今日、棚に置いてあるのは「餃子」と「茹で玉子」だけです、

「茹で玉子」貰っていいですか?

はい、どうぞ、

012

常連さんが2人入店、お母さんとあれこれとお話が始まります、

聞き耳を立てていると

どうやら今日は常連さんのリクエストで「すき焼鍋」が用意されているそうです

お母さんが奥から鍋を持って来られました、すき焼がもう出来上がっています、

これ、お店のメニューではなく、

お母さんが手料理を振る舞っておられる感じです

材料はお客さんの持ち込みかな?

そうこうしているとリクエストの主の常連さんが来られました、

手土産に鹿児島南西諸島のバナナ、差し入れです、

014

みんな食べて、ということでワタシも一本いただく事になります、

ありがとうございます

で、「すき焼鍋」もスタート、

でも、こんなたくさん食べられないで、と他の常連さんみんなでスタート、

で、アンタも食べなさい、

え!?ワタシも?

はいこれ、

ということで、なんとワタシもご相伴に預かることに、なんとまあ、

018kai_2

いや~、ホントにありがとうございます

ここはもう角打ちと云うよりは、町内の寄合所ですね、

いや、ホントに暖かい店です、

少し常連さんと話をしてお勘定にします、

結局「焼酎ハイボール」1杯だけですけど、ごちそうさんです、



おいくらですか?

え!?220円って、、、缶チューハイとチーズの代金、

いや、茹で卵も食べましたよ

あれはサービスなの、

え~!?それにバナナもすき焼も、、、ま、あれは差し入れか

では、カウンターの中の棚に「賀茂鶴」のワンカップが置いてありました、

そのワンカップ、持って帰ります、はい、

016

という事でやっとお勘定は460円也となりました、

危うく1軒の支払い最低金額を更新するところでしたわ

河内天美の「渡辺酒店」、

もう、言う事無いでしょう、

角打ちの枠を超えた、常連さんの憩いの場所です、

一見がお邪魔してしまいましたが、受け入れていただけました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

あ~、気分の良いの酒場でした、

さて、もう一軒行きましょか

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.43~山形県山形市「秀鳳」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大正の老舗酒場な角打ち「畑分店」。 »

大阪南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶然のご縁で、松原市河内天美で吞むことになりました、まずは「渡辺酒店」へ、ビックリの暖かさ。:

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.43~山形県山形市「秀鳳」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大正の老舗酒場な角打ち「畑分店」。 »