« 帰り掛けにちょっと一杯!?神戸三宮高架下の立ち吞み焼鳥「はりま」に寄ってみました^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.40~兵庫県神戸市 「菊正宗」。 »

2019年1月 8日 (火)

京都稲荷山を軽く登った後は、伏見桃山の角打ち「大島元」へ、一見でも気持ち良く酔わせていただきました^^)

【2018年10月21日(日)】

京都 伏見桃山 角打ち「大島元」

今日は軽く山行、京都深草トレイルから白菊の滝へhappy01

裏から稲荷山を登って、さて初めての道を歩くかな、

と山科方面への道に入ってみると、、、



凄い倒木、3~4分で歩けるところを25分かかりましたsweat01

168kai

台風被害です、とくに京都の山の被害が大きいと感じますsweat02

気候変動なのか?台風のアタリ年なのか?

京阪「東福寺」駅に無事下山して、下山後の一杯を楽しみ店を考えます、

ふと思いついて京阪電車で「伏見桃山」駅まで移動、

大手筋商店街を西へ、アーケードのある商店街を南へ、で西へ少し折れると、

角打ちの「大島元」があります、

179kai

立派な店構え、左が酒販コーナー、右が角打ちの分離型ですねwink

数年目に場所だけ確認していましたが未探訪、

日曜日ですがひょっとすると開いてるかな?

と覗いてみたら、、、開いていましたheart02

ラッキー、やっと探訪できますわ、これは迷わず即入店ですdash

こじんまりした角打ちスペース、逆Lカウンターに7~8人立てます、

あ、奥にも立てるスペースがありますflair

常連さんが3人、いや奥に一人で4人、

カウンターの中には粋な女将さん、

時間は昼の12時前ですが、えらい盛り上がっていますhappy01

山の格好してますけど、とくにお咎めも質問もなく、カウンター奥に着きます、

懐が深いお店ですwink

ビールはなんでもある感じだったので、SAPPOROの黒星中瓶をお願いします、

肴は缶詰「さばの水煮」200円也、

181

ぷは~、ここまで我慢してきたかいがありました、

下山後の一杯、最高に美味しいですbeer

常連さん、それぞれバラバラのお客さんみたいですが顔見知り、

京都のラーメン店談義で盛り上がっていますhappy01

知っている店名があれこれ出てきます、

中には知らない店名も、

へ~、そこも一回行ってみよう、と聞き耳を立ててますwink

ビールを少し残して日本酒にします、

目の前に日本酒メニューも貼ってありました、

182kai

その中から「鶴政宗」生貯蔵酒250円也、

187

あまり聞かない銘柄ですが伏見の酒だそうですflair、へ~、知りませんでした、

コップ一杯入れていただきます、

188kai

うん、すっきり美味しく飲めますshine

昼からのコップ酒、肴は缶詰、いや~、エエ感じですhappy01

奥から大将が出て来られました、

店に立たれるかと思ったら、、、常連さんと競馬の情報交換でしたhappy02

缶詰を完食して、もう少し何か欲しいので、

目の前の壁にぶら下がっていた袋モノを所望、

端っこの「贅沢チーズの大人スナック」150円也、

、、、写真撮り忘れていますsweat01、、、すでに酔っている?coldsweats01

コップ酒は進みます、

スイスイ飲み干してしまい、もう一杯飲むことにしますsweat01
(昼からコップ酒2杯目coldsweats02)

さすがに伏見の酒蔵のお膝元です、

桃の雫、玉乃光、鶴正宗と並んでいますが、

菊水、酔心などの他府県の銘柄もあります、

「羽田」という京都北山の蔵もありますね、

そんななか、先程の「鶴正宗」の純米大吟醸がありました、

“古都の雫”280円也、安いなあ~、それにしますhappy01

190kai

うん!これは美味しいflair

大吟醸な感じはしない、日本酒らしい日本酒です、

最近は“大吟醸”でも、しっかり米の味がする傾向になって来ていますshine
(個人的希望的観測)

とにかく、水のようにサラリとしてた大吟醸は苦手、

というか好みではないheart03

常連さんが「ほうれん草の胡麻和え」を注文、

あら、料理もあるんだ!気付きませんでした、

メニューは、、、見当たりません、、、

“今日の一品”みたいな感じですかねshine

コップ酒、2杯目を呑んでお勘定にしました、

1000円ちょっとだったかな?失念、酔ってますcoldsweats01

京阪本線「伏見桃山」駅と「中書島」駅の間くらい、

角打ちの「大島元」、

常連さん率高いですが、一見客にも暖かい接客、

粋な感じの女将さんが素敵です、

伏見の酒蔵に近いだけあって、日本酒も美味しく安く呑める感じ、

ここはリピートしたいですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



そうだ!店名の「大島元」の由来、

“元”が何なのか?訊こうと思って忘れましたsweat01

人名なのか?本家みたいな意味なのか?

これは、再訪して訊かなければなりませんhappy01



|

« 帰り掛けにちょっと一杯!?神戸三宮高架下の立ち吞み焼鳥「はりま」に寄ってみました^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.40~兵庫県神戸市 「菊正宗」。 »

京阪沿線」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/74827218

この記事へのトラックバック一覧です: 京都稲荷山を軽く登った後は、伏見桃山の角打ち「大島元」へ、一見でも気持ち良く酔わせていただきました^^):

« 帰り掛けにちょっと一杯!?神戸三宮高架下の立ち吞み焼鳥「はりま」に寄ってみました^^) | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.40~兵庫県神戸市 「菊正宗」。 »