« 京都稲荷山を軽く登った後は、伏見桃山の角打ち「大島元」へ、一見でも気持ち良く酔わせていただきました^^) | トップページ | 伏見桃山大手筋、初探訪のお好み焼き「ごん平」、自分で焼けるお好み焼きがサイコーに美味しかった。 »

2019年1月 9日 (水)

地酒ワンカップ・コレクションNo.40~兵庫県神戸市 「菊正宗」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.40

兵庫県神戸市 「菊正宗」

地酒と呼んでよいのか?神戸灘のナショナルブランドの「菊正宗」の紙パックですが、純米酒だったので購入しました、

冷やでも結構旨味あり好感、辛口標榜の「菊正宗」なのに!な感じ、これを燗酒にすると、なぜか辛くなる!なぜ!?、、、流石、菊正宗なのか、 

030kai

正面の写真は同時購入の「沢の鶴」と並びで失礼します、



王道のデザイン、上部に純米酒表示、ロゴの左右に“生酛”と“上撰”の文字、、、うん?純米酒でも上撰表示もありなのか?本醸造の旧1級=上撰かと思っていたのですが、、、違うみたいですね、
 

033

“生酛”とは?は難しいです、細かいところは知りません、昔ながらの自然発酵の作用を活かした酒造り、という感じですか、裏面には『辛口は生酛でうまくなる。』のコピーと、右下に生酛マークと共に“乳酸菌の力”とあります、自然発酵の過程で乳酸菌が多量に発生するらしいですからこういうコピーになるんでしょう、



紙パックとはいえ180mlで148円也(税別)はやはりお得感があります、紙パックもナショナルブランドのお酒もほとんど買わないですが、これはこれでありかな、ちょっと見直しました、ナショナルブランドアレルギーも控えめにしないといけません、創業350年を超える老舗の力も味わってみよう、



そうそう、菊正宗のTVCMのジングル唄い込みは西田佐知子さん、たぶん今も西田佐知子さんのままと違うかな?もう50年近く使われているのではないだろうか?けっこうギネスモノのような気がします、



購入月:2018年11月

購入場所:コープこうべ

容量:180ml

価格:148円(税別)

蔵元:兵庫県神戸市東灘区 菊正宗酒造㈱ 

|

« 京都稲荷山を軽く登った後は、伏見桃山の角打ち「大島元」へ、一見でも気持ち良く酔わせていただきました^^) | トップページ | 伏見桃山大手筋、初探訪のお好み焼き「ごん平」、自分で焼けるお好み焼きがサイコーに美味しかった。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/74905344

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ワンカップ・コレクションNo.40~兵庫県神戸市 「菊正宗」。:

« 京都稲荷山を軽く登った後は、伏見桃山の角打ち「大島元」へ、一見でも気持ち良く酔わせていただきました^^) | トップページ | 伏見桃山大手筋、初探訪のお好み焼き「ごん平」、自分で焼けるお好み焼きがサイコーに美味しかった。 »