« JR「鷹取」駅でもう一軒、「森下酒店」で香住鶴のぬる燗をいただきます、美味しい~^^) | トップページ | 偶然のご縁で、松原市河内天美で吞むことになりました、まずは「渡辺酒店」へ、ビックリの暖かさ。 »

2019年1月22日 (火)

地酒ワンカップ・コレクションNo.43~山形県山形市「秀鳳」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.43

山形県山形市「秀鳳」



冷や(常温)で呑むと、ちょっと軽いけどスッキリ美味しいエエお酒という印象、これを燗酒にすると、やはりスッキリ、そしてやや辛口になる印象、美味しい!ホント呑みやすい良いお酒やね、本醸造だけど醸造アルコール感がないです、

009
005

プラキャップ付きで2カ所を紙ラベルで止めてある珍しい仕様、紙ラベルに蔵元情報記載、開けて呑んじゃうと蔵元が分からなくなるという欠点もあります、もう一つの紙ラベルにはバーコード、

006
007

ガラス瓶には山形の特産品“さくらんぼ”のイラストのみという潔さ、情報はアルミキャップ記載のみ、でも、アルミキャップにもそんなに情報は無い、「秀鳳」のロゴ、内容量、アルコール分、製造年月と取扱い注意のみ、

008kai

メインは水墨画風のイラスト、“山寺”と、背景の連峰は、、、山形と云うと蔵王?かな、で、蔵元のHPを読んでみるとやはり“蔵王連峰の麓”と云う文言がありました、“蔵王連峰”と云う事で良いでしょう、“蔵王山”という山は無いそうでいくつかのピークの総称が“蔵王”です、



ちなみに全国各地に蔵王があるそうです、これは“蔵王権現”という日本独自の山嶽仏教である修験道の本尊を祀ってある場所をさす言葉のようです、



購入月:2018年6月

購入場所:山形県山寺ふもとや登山口店

容量:180ml

価格:350円(税込)

蔵元:山形県山形市山家町 有限会社 秀鳳酒造場

|

« JR「鷹取」駅でもう一軒、「森下酒店」で香住鶴のぬる燗をいただきます、美味しい~^^) | トップページ | 偶然のご縁で、松原市河内天美で吞むことになりました、まずは「渡辺酒店」へ、ビックリの暖かさ。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ワンカップ・コレクションNo.43~山形県山形市「秀鳳」。:

« JR「鷹取」駅でもう一軒、「森下酒店」で香住鶴のぬる燗をいただきます、美味しい~^^) | トップページ | 偶然のご縁で、松原市河内天美で吞むことになりました、まずは「渡辺酒店」へ、ビックリの暖かさ。 »