« 「神戸立ち呑み巡礼」掲載店探訪⑥-1~今日は須磨です、なんかエエ感じの街、久しぶりです、まずは「前田酒店」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.37~兵庫県但馬郡 「香住鶴」。 »

2018年12月27日 (木)

「神戸立ち吞み巡礼」掲載店探訪⑥-2~国道2号線に面した、須磨の「亀甲商店」で一杯。

【2018年10月9日(火)】

神戸 須磨 「亀甲商店」
(「神戸立ち呑み巡礼」探訪⑥-2)

さて、「神戸立ち呑み巡礼」掲載店探訪6回目、

須磨の「前田酒店」で一杯だけ呑んだ後です、須磨でもう1軒行きましょう

「山陽須磨」駅まで戻り、さらに少し西へ行った2号線沿いにありました、

「亀甲商店」、立派な建物です、

058kai

国道に面したお店、よくぞ残っていてくれてありがとう!という感じ

外から店内を少し拝見、

ここも角打ち+酒販コーナー混在型のようですね



ただ店名は“商店”となっていますので、

元々は酒以外のものも売っていたのかもしれません、

今は“酒屋”さんという感じです、

全体が酒販スペースでありますが、

左側にちょっとだけ立てそうなカウンターがあります、

076

あそこで飲めそうですな、目星を付けて入店です

大将がいらっしゃいました、すいませ~ん、ここで呑めますか?

はい、どうぞ~、

ということで無事呑めそうです

リーチインから寶「焼酎ハイボール」170円也を取り出します、

077kai



肴は、、、乾きモノ、袋モノ、缶詰とかですかね、

小さなホワイトボードにお酒の値段は書いてありますが、

肴のメニューは見当たりません
(あったかもしれませんが、気付かなかった)

目の前に大き目のプラ容器があり、その中に乾きモノが入っています、

これにしましょか、

079kai

大将に訊きます、これ取ってイイですか?

はい、どうぞ~、

では、まずは「するめ」90円也、

078

どこかに価格が書いてあったのか?

あ、写真を見ると蓋にマジックで90と書いてあるわ

1枚90円の「するめ」ですね

お酒のメニューが書かれている小さなホワイトボードを読んでみます、

清酒240円、土佐鶴310円、小鼓350円、にごり270円、、、エエ感じ

焼酎は、麦210円、白波220円、そば230円、胡麻240円、茜霧島250円、

と律儀な10円刻み

やはり安いなあ、角打ち~、

おばあさんがお一人入店、、、

かと思ったら、どうやらこの店のお母様みたいです、

大将とあれこれお話をされています、家族経営



大将はいくつくらいだろう、まだまだお元気そうです、

家族経営の難しさもありますが、このまま末永く続けていただきたいですね

さらに「ピーナッツ」の袋をもらったのですが、、、

写真失念、無し、なんで!?

これでお勘定、340円也、「ピーナッツ」は80円也ですね、

「山陽須磨」駅からすこし西、「亀甲商店」、

国道2号線に面した一等地にしっかりと根付いています、

「前田酒店」もそうでしたが、ホント、さっと一杯飲む感じの角打ち、

駅も近いので、帰る前にちょっと一杯という感じかな、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

JR「須磨」駅は海の方に行ったところにあります、

目の前なので寄ってみます、

こんな店も、「デンマーク コペンハーゲン ホットドッグ」だって

068kai

なんか、ちょっと外国の風が吹いている須磨

そして、ここにも酒屋さんがありました

071kai

ここも立派なお店、

日本は酒屋さんだらけだったんですね、

昔は、町内に1軒あった酒屋さん

このお店、中にカウンターらしきものも見えたので、すわ!呑めるか!!

と、入ったのですが、、、

どうも角打ちはやっていない感じでした

でも、収穫はありました、

地酒ワンカップをゲット、ラッキーです、

081kai

とくに真ん中の「雪男」は初めて見ました、

まだ呑んでません、いったいどんな味わいなんだろう、

ジャケットから想像する味わい、これも楽しみです

|

« 「神戸立ち呑み巡礼」掲載店探訪⑥-1~今日は須磨です、なんかエエ感じの街、久しぶりです、まずは「前田酒店」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.37~兵庫県但馬郡 「香住鶴」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「神戸立ち吞み巡礼」掲載店探訪⑥-2~国道2号線に面した、須磨の「亀甲商店」で一杯。:

« 「神戸立ち呑み巡礼」掲載店探訪⑥-1~今日は須磨です、なんかエエ感じの街、久しぶりです、まずは「前田酒店」へ。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNo.37~兵庫県但馬郡 「香住鶴」。 »