« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:新梅田食道街の老舗焼鳥「とり平」。 | トップページ | 金沢・富山探訪⑦近江町市場内の立ち呑みスペース「いっぷく横丁」で一杯、そして「風和利」で夕食です。 »

2018年11月 3日 (土)

地酒ワンカップ・コレクションNo.29~山形「米鶴」。

地酒ワンカップ・コレクションNo.29

山形県高畠町「米鶴」

燗酒でいただきました、燗にするとふっくらとした味わいが拡がります、これもまたワンカップ以上!の実力、美味しい地酒ワンカップです、

075

瓶にはイラストのみ、情報はアルミキャップに記されています、ファミリーカップ 醇成 米鶴 の文字、

076kai

“ファミリーカップ”というのは?他でもあったっけ?とりあえず商品のペットネームみたいな感じですね、ひょっとすると“ワンカップ”はどこかの登録商標かな?“醇成”という言葉も珍しい、



瓶のイラストはスキーヤー、雪の結晶、これはまあ蔵王のイメージなんでしょう、そしてなにやら“踊り子さん”らしきのイラストも、これはいったいなんだろう?

073

ちょいと調べると高畠町には亀岡文殊念仏踊(かめおかもんじゅねんぶつおどり)という踊りが伝わっているそうです、この踊りのイメージかな?(未確認)



2018年6月に仙台を探訪した折に仙山線で「山寺」を訪問、その時に駅前の蕎麦屋の土産物コーナーで購入、この「山寺」がなんとすでに山形県だったので、山形のワンカップがいくつかありました、4カップほど手に取ってお勘定したら、、、蕎麦屋の店内で呑む用の販売だったので一瓶600円也とお高い!え~、そうか、そうですよね、店内用なんですもんね、と購入を躊躇、すると若い大将がさっと『一瓶サービスしておきます!』ということで3瓶だけのお勘定に、おおきにです~、その時サービスしてくれたのがこの瓶でした、

嬉しい旅の思い出で一献いただきました、



購入月:2018年6月

購入場所:山形県山寺駅前 山形蕎麦の「焔蔵」

容量:180ml

価格:600円(税別) ※店内飲食用価格

蔵元:山形県東置賜郡高畠町 米鶴酒造㈱

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:新梅田食道街の老舗焼鳥「とり平」。 | トップページ | 金沢・富山探訪⑦近江町市場内の立ち呑みスペース「いっぷく横丁」で一杯、そして「風和利」で夕食です。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/74499890

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ワンカップ・コレクションNo.29~山形「米鶴」。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:新梅田食道街の老舗焼鳥「とり平」。 | トップページ | 金沢・富山探訪⑦近江町市場内の立ち呑みスペース「いっぷく横丁」で一杯、そして「風和利」で夕食です。 »