« 三宮さんプラザB1Fの「一寸法師」、小さなお店ですが想いがギュッと詰まっている感じ^^)「寿司」と「海鮮丼」いただきます。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」、記事更新しました~今日のお店:山の中でスペアリブ、「再度山荘」。 »

2018年11月13日 (火)

「神戸立ち呑み巡礼」探訪③~西元町の「須方酒店」を探訪、静かな時間が流れていました、で、立ち呑み天ぷら「國」へ。

【2018年8月21日(火)】

神戸 西元町辺り 「須方酒店」(「神戸立ち呑み巡礼」探訪③)~神戸 立ち呑み天ぷら「國」

酒場本「神戸立ち呑み巡礼復刻版」の店を探訪する、の3回目です

008kai

今日は西元町の「須方酒店」を目指します

三宮から元町へ歩き、そのまま山手の道を西へ向かいます、

花隈と云うのかな?この辺は、

途中で「ほうち酒店」を発見!

こちらも「神戸立ち呑み巡礼八十八カ所」に掲載されていますね、

041kai

向かって左側が酒店、

手前がその「ほうち酒店」直営の立ち吞み「のんでこー屋」のようです、

「のんでこー屋」はまだ開店前ですな、

写真を撮っていると「ほうち酒店」から若い大将?が出て来られたので少し話しました

どうも~、

現在は「ほうち酒店」の角打ちは無く、

「のんでこー屋」での吞みになるようです、

なるほど、そうなんですね



こちらは立ち呑みのようですが開店は18時と遅め

残念ですが、今日はスルーさせていただきます、

また来ますね



そのまま西へ向かいます、

適当に道を選びながら比較的大きな通りの1本山寄りの道を行くと、、、



有りました、「須方酒店」

044kai

うむ、エエ店構えです、

ガラスが3枚はまった木枠の引き戸が3枚、

このような引き戸3枚の店、もうほとんどないのでは?

中の様子も良く見えます、だれもおられません、、、、

ま、入るしかないですね

ちわ、、、奥の方から大将が出て来られました、

一人です、呑めますか?

はい、どうぞ、

ということで無事入店、ほっ、

いくつになっても初めての店に入る時はドキドキしますわ

年季の入った木の“二の字カウンター”に、

年代物の木製ビールケースを使ったテーブルが一つ

051kai

左側のカウンターに着きます、

え~っと、飲み物は青い「淡麗」500mlにします、プリン体0、糖質0!

046_2



小さな黒板にメニューが書いてありました、

今日は「さしみ盛り合せ」と「ごーやいため」が棒線で消されています、

で、「とうふ」150円也を「奴」で、

そして「なすいため」160円也をお願いします、

大将、奥に戻って行かれました、

奥からはTVの音声も聞こえてきます、

折しも夏の甲子園では決勝戦をやっていたはず



大将に訊くと、大阪桐蔭が優勝、連覇を達成したとか

そうか、、秋田の金足農業にも勝たせてやりたかったけど、

ま、勝負事なので仕方ない、

肴がほぼ同時に来ました

「奴」と「なすいため」、

047kai_2

「奴」は葱と鰹節が乗ってます、醤油をかけていただきます、



「なすいため」は、、、美味しい!

おお、なんか期待以上の美味しさに感心しました

やりますな、大将、

お一人様入店、大先輩の常連さんです、

大将も静かにお迎えしておられます、
上品な店ですね、

そうそう、大将は二代目とお聞きしましたが、、、

ワタシよりも先輩とお見受けします、

もう、角打ちの高齢化は止められないね~

これでお勘定にしました、570円也、「淡麗」は260円也ですね、

西元町の「須方酒店」、

老舗の角打ちですね、歴史がギュッと詰まった店内、

シンプルだけど、美味しい肴もちゃんとあります、

もう少し、これからも営業を続けて欲しいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

この後は神戸方面へ歩いて、天ぷら立ち呑みの「國」へ、

たいへんご無沙汰しております

定番酒の「雪の茅舎」と、

059kai

「天ぷら お任せ4品」500円也、

062

海老、茄子、蓮根、ウインナ、



「鮭のなめろう」、

065

「冷凍レモンサワー」600円也、

071

中はキンミヤ焼酎です、

「半熟玉子」と「鶏肉」の天ぷらを追加してお勘定にしました、

074kai



てんぷら立ち吞みの「國」、

天ぷらが美味しい綺麗な立ち呑みも、もう丸3年、4年目くらいですか?

女性客も多いし、米粉の天ぷらも美味しいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« 三宮さんプラザB1Fの「一寸法師」、小さなお店ですが想いがギュッと詰まっている感じ^^)「寿司」と「海鮮丼」いただきます。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」、記事更新しました~今日のお店:山の中でスペアリブ、「再度山荘」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「神戸立ち呑み巡礼」探訪③~西元町の「須方酒店」を探訪、静かな時間が流れていました、で、立ち呑み天ぷら「國」へ。:

« 三宮さんプラザB1Fの「一寸法師」、小さなお店ですが想いがギュッと詰まっている感じ^^)「寿司」と「海鮮丼」いただきます。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」、記事更新しました~今日のお店:山の中でスペアリブ、「再度山荘」。 »