« 地酒ワンカップ・コレクションNo.32~愛知県清須市 「武将ノ誉」。 | トップページ | テリー・イシダの「独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:日本酒どれでも1杯200円!?大阪駅前第2ビルB1Fの「竹内酒造」。 »

2018年11月22日 (木)

「神戸立ち呑み巡礼」探訪⑤~神戸東川崎町の角打ち2軒、ともに正しき角打ちの姿を守っておられます、「石井商店」と「菊池酒店」。

【2018年8月28日(火)】

神戸 東川崎町 「石井商店」~「菊池酒店」(「神戸立ち呑み巡礼」探訪⑤)

早い時間からJR「神戸」駅近くの「ズドコノン」で少し呑みました、

で、今日はそのまま南の方へ下って角打ちを2軒回ります

このところの大きなミッション、

「神戸立ち呑み巡礼復刻版」掲載店の探訪です

JR「神戸」駅から南東へ、

大きな国道と阪神高速の高架を越えると東川崎町があります、

この辺りは不勉強で角打ちがあるのも知りませんでした、不覚

で、なんとなく前に一度来た「ヤスダヤ」の前も通ります、

名物店だったのですが、ワタシが探訪したのが閉店の直前の一度きり、

2017年6月に閉店しました、残念、

往年の「ヤスダヤ」

006kai

で、この先を右に入ると東川崎町かな?

あ、こんな座りの酒場「正宗屋」も発見

017kai_2

こんなところにもあった!「正宗屋」、

ここも、あらためて探訪しなきゃ

とか思いながら歩いていて、、、

なんか様子が違うので気付きました

間違っています、東川崎町はもっと北です

「ヤスダヤ」の前を通りたくて1本道を間違いました、戻ります

でも、そんなに重症ではありません、ものの数分で東川崎町に入りました、

この辺り、その名のとおり“川崎重工”さんの大きな工場があるみたいです、

で、東川崎町

ということは当然、酒場も角打ちもそれなりにあるのが必然

等間隔で路地裏通りが並ぶエリアに入るとありました、

まずは「石井商店」、

023kai_2

大きな酒屋さん、

表のテントの下のスペースも呑めますね、これは、うしし



左側が角打ちスペースへの入り口です、時間はちょうど17時、開いたとこ、

ではでは、入りましょう

明るくて広い店内、L字カウンターに壁カウンター、

奥にはテーブルが2つあるようです、

カウンターの中にはお父さんお母さん、それにお手伝い?の若いお兄さんも、

17時を5分くらい過ぎたとこですが、すでに猛者が数名、

和やかなお父さんから飲み物を訊かれます、

缶ビールは無いそうです、珍しい、瓶各サイズと生ビール、



迷った末に「芋水」にします、料理は「厚揚げ」をお願いします、

025

と、どんどん入店、ちょうど川崎重工さんの仕事終わりでしょうか?

あっという間にカウンターは一杯になりました、繁盛しています、

角きりタイプの「厚揚げ」、

027

この切り方の方が美味しい様な気がします

何かのはずみで大将から教えてもらえました、

若いお兄さんは御次男さんとの事、

今だけのお手伝いのようですが、家族経営、繁盛の源泉ですね、

エエことです

はい、もう一軒行くのでこれでお勘定です、

神戸東川崎町の「石井商店」、

もう、完全に川崎重工さんの憩いの場所、

明るく健全、安心して呑める角打ちです、

好きです、またゆっくり飲みに来たいと思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

さて、もう一軒、すぐ近くに「菊池酒店」があるはずです、

同じように並んでいる路地を数本覗きながら行くと、、、

あ、こんな看板がありました

022kai

この路地の奥にあるみたいですね、親切

はい、「菊池酒店」、

024kai

こちらも表に呑めるスペースがありますね、

エエです、エエです

サッシ戸を開けると、すぐにお勘定場な感じのカウンターがあります、

うん?と思っていると、なにしましょう、とお母さんが来られました、

ちょっと慌てながらプリン体なしの缶ビールを頼みます、

どうやらキャッシュオンです、

で、料理の小皿もここに並んでいて、

034kai

お酒と料理を一緒にお願いしてお勘定をしてから、カウンターに着くシステムのようです

珍しいですが、ま、合理的、

で、小皿もラップに値段が書いてあるやつ、これも分かりやすい

「餃子」200円也をお願いして、奥のカウンターに向かいます、

キャッシュオンで390円也、

035

クランクカウンターに壁カウンター、

アイランドテーブルも、ここも広い角打ちですね、

それでもそれなりの入り、やはり仕事終わりでどんどん入店があります、

「餃子」は温めていただいたのかな、

036_2

たしかカウンターまで持って来てくださいました

壁にはこんな言葉が貼ってありました、

040kai

こんなんも、、、

042kai

はい、勉強になります

角打ちは修行です、呑みながら心に刻みます

お勘定場を見ていると、

瓶ビールとかを抱えて表へ出ていく若者がおられます、

でも、店の前で呑んでいる訳でもないようです

帰り掛けに確認したら、、、

なんと店の向かい側にも別のテーブルスペースがありました

たしか椅子もあったような、、、

数人のグループはこちらで飲んでおられるようです、



2軒合わせて収容人数、計40人はイケるか?

大規模角打ち

はい、ワタシはこれでお勘定、、、はもう済んでます

空き缶と皿をお勘定場に戻して退店です、

神戸東川崎町の「菊池酒店」、

エエですね、東川崎町、仕事終わりに健全に気軽に飲める角打ち、

正しい角打ちの姿を守っています、

こちらもぜひ再訪してゆっくり飲みたいですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.32~愛知県清須市 「武将ノ誉」。 | トップページ | テリー・イシダの「独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:日本酒どれでも1杯200円!?大阪駅前第2ビルB1Fの「竹内酒造」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「神戸立ち呑み巡礼」探訪⑤~神戸東川崎町の角打ち2軒、ともに正しき角打ちの姿を守っておられます、「石井商店」と「菊池酒店」。:

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.32~愛知県清須市 「武将ノ誉」。 | トップページ | テリー・イシダの「独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:日本酒どれでも1杯200円!?大阪駅前第2ビルB1Fの「竹内酒造」。 »