« ここにもありました!偶然見つけた大阪横堤の「大丸屋」で一献です。 | トップページ | 酒場本「神戸立ち呑み巡礼」の店を探訪する①、まずは大開の「西脇酒店」を探訪してみました。 »

2018年10月16日 (火)

やっと記事になりました、神戸三宮の「守破離」、東京下町酒場と大阪西成の楽しい酒と肴と話。

【2018年7月24日(火)】

神戸 三宮 「守破離」

あの~、今日の記事、長いです

神戸三宮に、東京の酒場が好きなマスターがやっているホッピーを呑ませる酒場があるらしい

ずいぶん前から情報は貰っていたのですが、なかなか行けませんでした、

で、やっと探訪です、

というか3回目の探訪でやっと記事になりました



最初に探訪したのが春頃、

夕方、どこで呑もうかと三宮をウロウロしていた時に思いつきました

そうだ!あの店に行ってみよう

そのまま、店の場所を確かめて直行、ドアを開けました

カウンターだけの店、カウンターの中にはマスター、、、

ではなく、女将がいらっしゃいました、

あら、なんか知らんけど“東京の酒場が好き”という情報だけで男性と思いこんでいました、

アカンやつです



先客がお二人、

スイマセン、一人なんですが、、、

と、いつもの調子で入店をお願いしますが、、、

なにやら微妙な雰囲気、、、

あの~、予約いただきました?

え!?いや、していません(冷や汗が出ます)、、、

聞くと、ここ「守破離」は基本予約が必要なお店でした、

あちゃ



だいたい飛び込みが多く、

事前情報を意図的にあまり摂取しないようにしているので、

“食べログ”の記載をちゃんと読んでいませんでした、

スイマセン、、、

 

で、2回目はちゃんと電話して営業確認と予約を入れていきました、

当日、今から行きますって、、、

この日も営業されていたので、無事入店できたのですが、

できれば事前に予約をいただいた方が料理の準備が整うとの事、、、

なるほど

またもやちゃんと理解していなかったですね、申し訳ない、

予約の状況に合わせて料理を準備されているのです、

スイマセン、、、

どうもぼんやりしています、アカンやつです、スイマセン、



ということで、今回は3回目の探訪、

やっとちゃんと事前に予約を入れました、はい!

やればできる大人です、ワタシは

3回目のこのドア、もうすっと入れますが最初はこのドア、怖かったなあ

061kai

ドアには、キンミヤ認定のシャリキンの看板と共に、

写真撮影禁止のマークもあるし

今日は記事にすることもお伝えしているので撮影OKです

はい、こんばんは、カウンターについて「ホッピー」をお願いします、

最近は関西でも「ホッピー」が呑める店が増えましたが、それでも探すのに苦労します、

こうやって東京の酒場を意識して「ホッピー」を出していただけるのはとても嬉しいですな

こちらの「ホッピー」の出し方は“三冷氷なし”、

しっかりと冷やしたジョッキーとホッピーと中(もちろんキンミヤです)、

痛風対策でビールをあまり飲まなくなってから、

ホッピーがより大好物になっています、

014

さすがに「ホッピー」は330mlのワンウエイ瓶、

関西はこれしか飲めません、

いつか関西でも、リターナブル瓶(360ml)が呑める日が来る事を願っています

料理はコースがメインとなります、

3品1000円也と6品2000円也のコースがあります、

今日は記事を書く前提ですので、6品のコースをお願いします、

まずは「マカロニサラダ」、

015

好物です、一手間入っていて美味しいです、

こちらは「ホルモンの煮込み」、

017_2

透き通ったスープ、フワとシロかな?

こちらの「煮込み」は、

西成の「きらく」の煮込みがお手本になっているらしいです、

あ、あのいつもアブラギッシュな「きらく」さん、好きですよ、



あとに出てきた「おでん」と共に西成ルーツの料理、

なるほどね

東京下町と西成ルーツ、かなり強力な組み合わせです

おでん、こちらも西成「深川」の真似をしているとのこと(女将曰く)、

019

残念ながらワタシは「深川」に入店したことがないのですが(今度行きます)、

かなり濃厚な味付け、ワタシはこういうのも好きです、

なんかちょっと、京都タワー袂の「へんこつ」を連想させます

そこから「へんこつ」の女性入店禁止の話題に、

女将、なんでもよう知ったはりますわ

ここらで「ホッピー」お代わり、2杯目は氷を入れてもらいます、

すこし薄くなっていくホッピーも好きなんです(なんやそれ)、

「茄子の煮浸し」、

022

はい、ここらであっさりとね、美味しいです、

なんかのはずみで東京下町酒場の話になります、

もちろん、望むところです

「大林」やら「丸千葉」、「大坪屋」に「銚子屋」辺りの話題で盛り上がります、

面白い~

この前は「岩金酒場」へ行ったとのこと、

え、ワタシも春に行きましたよ!、あそこもエエよね、と盛り上がります、



神戸で東京下町酒場の話が出来るのは嬉しい、ホントに嬉しい

東京下町の酒場はワタシの酒場遍歴のルーツ、

話をしているとまた無性に行きたくなりますわ

日本酒にします、

日本酒の揃え感覚もなかなかエエ感じです、

で、今日はまず「褒紋政宗」、白鷹の料飲店向酒やそうです、

021kai

へ~、知りません、知らないこと多いなあ



“コップ酒”な感じで飲んでほしいとの事、

はい、ワタシもコップ酒は大好きです、

コップでいただきましょう、



なんか、コップ酒にはコップ酒の旨さがあるというか、

ちゅ~っと吞んでる感じがエエんですな、これが(酒好き)、

はい、イケます、コップで飲むのが似合う感じ、

グビ、美味い、グビグビ、

料理はこの後、「アジフライ」、

024kai



「トマトと茄子の素麺」、

これも嬉しい、炭水化物も食べたいです

028kai



それでも、日本酒をもう一杯、

こちらも初めての「宮の雪」、

032kai
031kai

こちらはキンミヤ焼酎の「宮崎本店」が醸している日本酒やそうです

またもや知らんがな、修行は道半ば

まだまだ青いなあ~、半分、青い。(なんのこっちゃ)

これでお勘定、4600円也、

そうそう、お勘定にはこの本の代金も入っています、

「神戸立ち呑み巡礼」復刻版(芝田真督:著)、

008kai

これも女将の紹介で知り、1冊分けてもらいました

これまた、神戸の未探訪の立ち吞み店が多数掲載されていました、

うれしい~、こちらも行くぞ~

三宮の「守破離」、

基本、予約が必要な店です、で、一人客が基本だそうです、

東京の下町と大阪西成が大好きなら間違いなく楽しく飲めます、

個人的には、ホッピーを飲みながら東京酒場の話が出来るのが嬉しい、

これからもガンバって続けてください、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« ここにもありました!偶然見つけた大阪横堤の「大丸屋」で一献です。 | トップページ | 酒場本「神戸立ち呑み巡礼」の店を探訪する①、まずは大開の「西脇酒店」を探訪してみました。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと記事になりました、神戸三宮の「守破離」、東京下町酒場と大阪西成の楽しい酒と肴と話。:

« ここにもありました!偶然見つけた大阪横堤の「大丸屋」で一献です。 | トップページ | 酒場本「神戸立ち呑み巡礼」の店を探訪する①、まずは大開の「西脇酒店」を探訪してみました。 »