« 富山・金沢探訪① 初の北アルプスハイキングです、ワクワク、その前にまずは富山駅前の「親爺」で一杯。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立ち吞み最強店、京都四条大宮の「庶民」。 »

2018年10月25日 (木)

富山・金沢探訪② 富山の2軒目は総曲輪商店街近くの焼鳥「両国」へ、完全マイペース営業のお店でした^^)

【2018年8月7日(火)】

富山・金沢探訪② 富山 総曲輪 焼鳥「両国」~蕎麦「ゆで太郎」

立山室堂へ上る前日、富山探訪の2軒目です

明日は室堂まで早朝のバスで上がるので今日は軽くね、

ということで、もっと飲みたかったけど「親爺」を早めに退店、

せっかく富山に来たんだから、もう一軒くらいは飲んでいきしられ!?
(富山弁、知らないのでエエ加減です)

な感じで、駅前から富山城址の方向に歩きます、

夕方、時間があったので下見はしてあるので自信満々

050kai

城址公園を越えて左手に入ると、

アーケードもあるちょっとした繁華街があります、

総曲輪(そうがわ)と云う商店街のようです、

このアーケードから1本入った通りにありました、焼鳥の「両国」、

056kai
033kai

2枚目の写真は下見の時に撮ったもの、

名前も外観も気に入りました、2軒目はここにします、

時間は18時半を回っています、提灯にも灯が入ってもう開店していますね、

看板には“加賀の菊酒 萬歳楽”の文字、

あら、こちらも加賀の酒が定番ですか?

ではでは、入りましょう

おっと、一番客です

10数人座れるL字カウンター、中には大将とお母さん、

お母さんはすぐにどこかへ行かれました、2階かな?

焼酎の水割りを頼みます、芋とかを所望したのですが、、、

無かったのかな?

甲類焼酎の水割りが出てきたと思います、

突出しに「枝豆」、

057



木札のメニューが壁に掛かっていますが、、、

もう掠れて読めません

062kai

でも、カシラとかレバー、シロという文字が見えますので鶏だけではないようです、

なるほど、富山も“串に刺して焼いたら全部焼鳥”文化圏のようです

何度となく書いておりますが、

関西で焼鳥と云うと、出てくるのは間違いなく“鶏”なのですが、

関東では豚も鶏も、串に刺して焼いているのは全部“焼鳥”です、



どうやら、この店もそのような料理を出すようです、

何か注文しようとしますが、メニューが判然としません



と、大将が何か焼こうか?と訊いてくれました、

はい、お願いします、

という事でお任せで焼いてもらうことに、こういうスタイルの店のようです、

しばらくして焼鳥が出てきました、

これは、、、「シロ」ですね、たぶん、、、

061kai

タマネギが挟まっていて、別に白葱の串も1本、

うん、美味しいけど、、、

タレが辛いです、ワタシには凄く辛いです、

うむ~、ワタシが甘いタレが好きなのか?、、、ホント辛い、、、

特長的なのは“串”がなんか長いです、

東京でも大阪でもある普通の串よりちょい長い、これはなんか珍しいです、



下の写真は、この店とは関係ないですが、

富山の焼き鳥と云うと、こういう長い串で出てくるみたいです、

065sankousyasin
(参考写真)

関西だと、串カツでこういう長い串で出てくる食材はありますが、、、

大将に訊いてみました、串長いですね、(なんという質問)

うん?な感じの大将、

富山の焼鳥はみんなこんなに串が長いのですか?(被せて質問)

そうよ、富山はみんなこの長さ、

ほう、これはなんでだろう、

うん?そういうと焼鳥チェーンの「秋吉」(福井本社)の串も、

少し長かったか?(ネタによるか?)

北陸全体の傾向なのか?また一つ宿題が生まれました

大将、手酌でビールを飲み始めました、

はは、ま、こちらは問題ないですが

これもここのスタイルなんかな?なんか面白い店です、

さらに串が2本、「カシラ」だそうです、

063kai

やはりタレが辛い

「焼酎水割り」をお替りします、

そして、これも食べる?と「めざし」が一尾、、、一尾だけ、、、

064kai

奥には2階へ料理を上げる小さなエレベーターがあります、

前は2階も営業されていたようですね、今はその気配はありませんが、

大将が何か合図をされたようで、

2階からエレベーターでタバコが降りてきました(たぶん)、

はは、お母さんは2階におられるようです、

これでお勘定にしました、2000円也、

お、案外しますね、

先程の「親爺」同様、まるっとしたお勘定です、

富山式なんかな?

富山総曲輪辺りの焼鳥「両国」、

完全マイペースで営業されています、これはこれで有り、

外でお酒を飲む習慣があまりない、と聞いていた富山、

最近の若い人はそんなこともないでしょうが、

昔ながらの酒場となるとやはり限りがあるようです

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

帰り掛けになんかカジュアルな蕎麦屋「そば太郎」があったので入店、

チェーン店?でもなさそうな気もする、

065kai

明日は朝からバス移動、そのまま登りますのでカロリー補給します、

「そば太郎」で「冷やしとろろ」680円也、

067kai

とろろ、海苔、ネギ、ワカメ、かまぼこ、と具だくさん、

蕎麦は平めんで美味しいです、アタリです

でも、たっぱりツユはちょっと辛い

富山の味なんでしょうね、知らんけど、、、

という事で、今日はこれでお終い、

明日はちゃんと登りましょう、、、



帰り道にちょっとした歓楽街が、、、

富山、スナックとか風俗、寿司屋はあるけど飲屋街がない!

でも、「ハッスルキャバレー」というキャバレーがありました、

ウケる

明日もハッスルだあ!!ハッスルパンチだあ!!(爆)



 

 

|

« 富山・金沢探訪① 初の北アルプスハイキングです、ワクワク、その前にまずは富山駅前の「親爺」で一杯。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立ち吞み最強店、京都四条大宮の「庶民」。 »

金沢富山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山・金沢探訪② 富山の2軒目は総曲輪商店街近くの焼鳥「両国」へ、完全マイペース営業のお店でした^^):

« 富山・金沢探訪① 初の北アルプスハイキングです、ワクワク、その前にまずは富山駅前の「親爺」で一杯。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:立ち吞み最強店、京都四条大宮の「庶民」。 »