« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪中津「大西酒店」。 | トップページ | 宣伝酒場「百万両」がもう1軒ある!?水道筋で教えていただき、兵庫駅前の「百万両」を探訪しました。 »

2018年10月 1日 (月)

2度目の探訪です、水道筋の「百万両」、女将からいろんな話を聞きました、そして真の店名が判明!?

【2018年7月12日(木)】

神戸 水道筋 「百万両」

神戸水道筋の市場アーケードにある酒場「百万両」、



タイミングが合わず、3度ほど休業日に当たり未入店だった店sweat02

ずいぶんと時間が掛かりましたが、

今年2018年の5月に山行の帰りに幸運にも入店、

積年の願いを叶えたわけですがhappy01

その時に女将がいろいろと昔話、店の由来などを話してくれました、

が、グループで吞みながらのとぎれとぎれの話wink

今ひとつよく分からなかったところもあるので、、、

今日はその話の続きでも聞こうかと2度目の探訪でありますdash

水道筋商店街からアーケードのある通りを北へ、山のほうね、

で、また細いアーケードの路地に入ります、



今日はどうかな?と覗いてみると、、、お、もう暖簾が出ていますね、

022kai

立派な「百万両」の暖簾、、、暖簾の右端には“直売宣伝酒場”の文字が、

が、、、左端には“一品料理 東洋”と染め抜かれています、、、

これは???、、、

はい、これが今日解決したい宿題の一つですhappy01



ここは「百万両」というお店だとばかり思っていました、

ネットでも食べログでも店名は「百万両」となっています、

では、この“東洋”というのは、、、いったい、、、

これはお母さんに訊くしかありますまいdash

ということで本日も無事入店です、

時間は16時半頃、16時からの営業です、

今日も一番客、そのままL字カウンターの縦棒中程に着きます、

どうも、はい、2回目です、

この前は山からの帰りで奥の座敷で、4人で、

はい、はい、分かりました、そうですか、

という事で無事分かり合えましたhappy02



まずは「生」とすぐに出る「おでん」、

023

そして、日本酒に変えました、「大黒正宗」があります、

029

銚子に並々と入れていただきます、銚子は「沢の鶴」ですhappy02

026



刺身もお願いします、あ、はい、適当に、

027kai_2

「トロ」と「ヒラメ」「タコ」が出てきました、高そうcoldsweats01

「大黒正宗」をお替りしたころに一人客の常連さんがお二人、

その方がフライを注文、

海老とイワシ、両方揚げて、の注文にワタシも便乗して「海老フライ」をwink

030kai

と、これでお勘定にしました、、、が、、、

常連さん二人が来られるまでの1時間半ほど、

女将と二人でずっと話しをしていましたshine

あはhappy01、ホントにいろんなことを話していただきました、

女将の波乱万丈の人生、長崎の隠れキリシタンの話、戦争を生き抜いた話、

いや、ほんとに大変でしたね、ご苦労様でした、



ま、プライベートの話は置いておいて、

店の暖簾の話もしっかり聞けたので書いておきましょうgood

暖簾にある通り、ここは灘の清酒「百万両」の直売宣伝酒場として戦後(昭和27年)開店したようです、

宣伝酒場は当時、各蔵元が推し進めていた流通網確保と宣伝を兼ねた販売戦略、



同じく灘の「金盃」の宣伝酒場「高田屋」が今も3店ほど残っていますshine

他にも「万長」なんかも宣伝酒場だったんだと思います、

しかし、1995年の阪神淡路大震災で「百万両」の蔵元が甚大な被害を受け廃業heart03

蔵元からお店に社長が来られて、

『もう百万両は続けられないから他の蔵元を紹介する』

『今までと同じ条件で取引してもらえるから』ということになり、

いくつかの銘柄を奨められ、その中から今の「沢の鶴」になったそうです、

「沢の鶴」の偉い方も店に来られて、

『暖簾を作り換えましょうか?』、

という話もあったそうですが、それまでのままで行くことにしたそうですhappy01

というのも、お客さんはみんな、この店のことを「百万両」と呼んでいるから、

店の名前を「百万両」だと思い込んでいるsign02

変えたらややこしい、、、とお母さん、

やはり、思い込んでいるということは、本当の店名は違うんですね、

そうよ、この店の名前は「東洋」って云うのよsign03

やっぱりそうですかflair、ここは「東洋」なんですね、

そう、お父さんがこの店を始める時に付けたの、

なんかこう、ひろ~いイメージでね、「東洋」、

いや~、やっと一つ疑問が氷解しました、

ここはやはり「東洋」だったのですflair

しかし、誰もが「百万両」と呼ぶのでここは「百万両」に、、、

エエと思いますhappy01



こういのをなんと云うんでしたっけ?本名よりも姿形から呼ばれること、

なんか諺があったように思いますが、、、

“氏より育ち”か?ちょっと違うsweat01

「百万両」の宣伝酒場は他にもあったのですか?

『たくさんあったよ、長田大橋にあったし、ジャンジャン市場にもたしかあったよ』、

“長田大橋”は橋ではなく町名です、現在の「新長田」駅の南側、



そして、出た!「ジャンジャン市場」sign03

神戸にも“ジャンジャン”があったんですshine

「ジャンジャン市場」は戦後の闇市から出来た飲み屋街で、

昭和30年頃に現在の三宮交差点の南西辺りにあったようです

ここの店舗が地下に降りて現在の「さんプラザ」、「センタープラザ」に収容されているのかな?

また、どこかのお店で訊いてみましょう、

さらにお母さん、

『兵庫の店はまだあるはず、「酔心」という屋号に変ったって聞いたけど、、、』

おお、もう一軒あるのですねheart02、元「百万両」の宣伝酒場、

ということで、今日は長居をしましたが、ここらでやっと腰を上げました、



水道筋の「百万両」、実は本当の店名は「東洋」、

今もしっかり仕入れて美味しい料理を出されています、

一品料理「東洋」ですから、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

で、女将に聞いた兵庫の「百万両」、まだあるのか?

確かめてみることにしましたdash

このままJRで兵庫駅を目指しますtrain

続きは明日、、、

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪中津「大西酒店」。 | トップページ | 宣伝酒場「百万両」がもう1軒ある!?水道筋で教えていただき、兵庫駅前の「百万両」を探訪しました。 »

日本酒」カテゴリの記事

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/74153981

この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の探訪です、水道筋の「百万両」、女将からいろんな話を聞きました、そして真の店名が判明!?:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪中津「大西酒店」。 | トップページ | 宣伝酒場「百万両」がもう1軒ある!?水道筋で教えていただき、兵庫駅前の「百万両」を探訪しました。 »