« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪駅前第4ビル、串カツの「七福神」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNO.22~青森県 西津軽郡 山廃純米「白神山地の橅(ぶな)」。 »

2018年9月 3日 (月)

仙台探訪⑤偶然通りかかった壱弐参横丁、ここで飲んで行きましょう!で、「金八」に入店。

【2018年6月21日(木)】

仙台 壱弐参(いろは)横丁 「金八」

仙台探訪⑤

なかなか予定通りの店に入店できない仙台酒場探訪



でも、これが酒場探訪の醍醐味でもあります、予備知識なしでお店に飛び込む、

当たるも八卦、当たらずも八卦、、、ちょっと違うか

さて、仙台銀座近くの「キンタロウ」で美味しい刺身をいただいた後です、

なんとなく、一番町?の「黒田」か「ぼんてん酒場」辺りを目指して歩きます、

大きな交差点をちょいちょいと越えて、一筋目を右に入ると、、、

あら、またここへ出ますか、な感じのここは『壱弐参横丁』ですね、

074kai

この隣に「源氏」がある『文化横丁』もあります、

位置関係が良く分かっていないので、これはまったくの偶然

そうか、ここではまだ呑んだことないですね、

良さげな店が何軒もあるのですが未探訪、

うむ、何かの縁です、ここで呑んで行きますか?

だいたい、この横丁の名前もうろ憶え、「壱弐参横丁」と書いて、、、“ひふみ横丁”だっけ?

とか思っていたのですが



久しぶりに来てみるとずいぶん綺麗になっているというか、手が入っています、

入口のこの看板も6年前はなかったような気がするなあ、

ここ、「壱弐参横丁」って書いて「いろは横丁」って読むんだ、と今頃認識

通りは2本あって、そこを2回ほど行ったり来り、

069kai

共同トイレも増えていますね、結構なことです

こういう戦後の闇市がルーツの路地裏は今、

活性化していくか、消滅するかの岐路に立っている場合が多い、
(と思う、勝手な解釈)

ここは活性化している方ですね、

店も入れ替わって新しそうなエエ感じに盛り上がっています

調べてみると、ここ「壱弐参横丁」は、

やはり戦後の混乱期に原型が出来たみたいですが、

闇市がそのまま、、、という経緯ではないようで、

“公設市場”というカタチで発展してきたようです、

その辺りの事情が今の活性化の礎なのかもしれません、



元々、2本の通り別にそれぞれお店の業種が決まっていたようですが、

今はごちゃまぜ、飲食店だけではなく衣料雑貨の店も多くあり、

これもまた横丁を支えている要因か?とも、、、

さて、ここで蕎麦を手繰っても良いし、

070kai

前から気になっているここで呑みますか?

068kai

と、ここは戸を開けてみましたが、

なんと予約で満席とか、流行っていますね

で、入店したのがここ、「金八」、

072kai

店先にはこんな名言が、、、

073kai

ほほ、どうやら釣り好きの方のお店のようです、

魚もきっと美味しいに違いない、とか思いながら入店です

小さなお店、末枯れた店内、

カウンター5席に座敷が一つ、カウンターに3席空きがあります、

常連さんと大将とお母さん、店内は賑やかです、

入店OKとのこと、入ったところのカウンターの端に着きます、

これはもうお任せな感じですね、

飲み物は燗酒にしたのかな?

248kai

「太平山」、秋田のお酒ですね、

“太平山”は秋田市のシンボル的な山らしいです、

未だ探訪できていない、秋田県、死ぬまでに行くぞ

すぐに小鉢が3つ出てきました、これがここの流儀のようです、

250kai



え~っと、「イカ煮付け」、

251

「がんもどき」、

252

これは「インゲン」かな、

253

座敷のお客さんとカウンターのお客さん、

別々の入店のようですが、みなさん一緒にえらい盛り上がっています

座敷のお客さんは久しぶりに来られたからか、なんせ大盛り上がり、

みなさん、焼酎のボトルでグイグイ飲んだはります、そんな感じです、

当然、どこから来たの?から始まって、ワタシも話の輪に入れていただきます、

今日行ってきた山寺の話、

途中の電車が凄く高い渓谷の上の鉄橋を走っていた!怖かった!な話、

大将によると、あの渓谷がNIKKAの蒸留所を呼び込んだそうです、

ありましたね、NIKKAの蒸留所、寄れなかった

あそこ辺りは“宮城峡”と云うらしく、

県名の由来の土地だそうです、知らなんだ

もう一人、一人客が入って来られてほぼ満席、

こちらは常連さんでなにかと所作がスムーズです、

ワタシには刺身も来ました、「トビウオ」、

254

ねっとりと柔らかな身、

これも釣果なのかな?違うかな?

お酒をお替り、大将の釣りの話も聞かせていただきました、

なんかもう酔っぱらってるのと、

店内一体となって、話がいっぱい飛び交ってまして

よく憶えておりません

これでお勘定にしました、1800円也、

仙台「壱弐参横丁」の「金八」、

良心的で良いお店です、勘定も納得、

狭いので常連さんと一つになって呑む覚悟は必要ですが、

みなさん、とっても明るい、気持ちよく飲めました、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

さて、時間はまだ20時前ですが、、、もう飲めません、やめておきましょう、

呑み過ぎは禁物です、



「黒田」よ、今回は残念、またあらためて行きます!

今日はこれにて酒場探訪、閉店です、

お休みなさい

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪駅前第4ビル、串カツの「七福神」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNO.22~青森県 西津軽郡 山廃純米「白神山地の橅(ぶな)」。 »

日本酒」カテゴリの記事

仙台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台探訪⑤偶然通りかかった壱弐参横丁、ここで飲んで行きましょう!で、「金八」に入店。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪駅前第4ビル、串カツの「七福神」。 | トップページ | 地酒ワンカップ・コレクションNO.22~青森県 西津軽郡 山廃純米「白神山地の橅(ぶな)」。 »