« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都駅前 大鍋煮込みの「へんこつ」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪大正のやきとん「乃ノ家」。 »

2018年8月16日 (木)

大阪福島の「ジャックとマルチダ」の姉妹店?「アバンギャルド」、ここもまたエエ立吞み間違いなしのようです。

【2018年6月15日(金)】

大阪 福島 「アバンギャルド」

さて、金曜日です、呑みに行きましょう

本町で仕事終わり、どこで飲むか?

イメージが湧かずに梅田まで戻ってきました

うむ~、どこへ行くかな、、、



お!そうや

たしか福島の「ジャックとマルチダ」の近くに姉妹店?がオープンしていましたな、

あそこはまだ未探訪、うん、あそこへ行ってみましょう

たしか、「ジャックとマルチダ」の店先にその新しい店の地図がありました

では、とりあえず「ジャックとマルチダ」目指して歩きましょうか、

(今考えると、この頃はまだ今夏の灼熱の暑さはなかったんですね、梅田から福島までのんびり歩いています)

「ジャックとマルチダ」の店先にちゃんと地図がありました、

ちらっと見て、大丈夫、すぐ近くですね、はいはい、分かりました、

と、少し東へ移動して路地に入って、、、

ここら辺りですかね、、、と探しますが、、、見つかりません

あれ~、間違いなくこの辺りのはずですが、

「ジャックとマルチダ」からは徒歩1分、間違いようがないはずですが

ぐるっと回って見当たらず、

もう一度地図を見に「ジャックとマルチダ」に戻る始末

はい、今度はちゃんと見て、ね、この路地ね、はい、

なにごともエエ加減にしたらアキマセン、はい

という事で、また同じ方向を向いて出発、

この路地のはずですが、、、、ない?あれ?

あ!これですか、、、

ここはさっき一度、反対側から歩いて来て見逃していますね

はい、こちらが「ジャックとマルチダ」の姉妹店?

店名は「路地裏アバンギャルド」と云うようです、

008kai2

名前のイメージとは裏腹に、民家をリノベーションしたお店ですね、

軒には住所番地表示が付いたまま、

へ~、こんな感じなんですね、ではでは入りましょう

外観のままのイメージの店内、

でも、しっかり使いやすいようなお店になっています、

入ったところから奥に逆L字カウンターが続いています、

先客が奥に一組、ワタシはカウンター中程に立ちます、

さて、何を呑みましょうか、歩いてきたのでまずはビールですかね、

メニューを見るとビールはSAPPOROの黒☆生ビールと瓶の赤☆、両方あります、イイですね

日本酒も10種類くらいの銘柄が並んでいました、

でも、ビールの横に“キンミヤ酎”という表示がありました

お、こう来ますか

残念ながらホッピーはないですが、甘くないレモン、トマト、塩(!?)、紅茶、カルピス、ひげ茶ハイ、さんぴんハイと並んでいます、

なんか力入っていますね、

ここはビールを回避してこっちで行きましょか

「キンミヤの甘くないレモン」390円也にします、

肴は「ポテサラ」200円也に、

「キンミヤ酎甘くないレモン」、

010

はい、その通りです、スッキリごくごく飲めます、満足

そして「ポテサラ」、これが凝ったモノでした、

013kai

写真で見ると、茹で玉子!?横にあるのは牛蒡です、

その下にマッシュポテト様のポテトだったかな?

これを混ぜて食べるのですが、、、これが美味しい



見た目も美味しい、食べても美味しい、で200円也、

こんなことをサラリとやってのけるのは「ジャックとマルチダ」と同じセンスですね、



この料理だけで、店が流行りそうな気がします

うむ~、やはりこの系列、ただモノやおまへんな

もう一杯も“キンミヤ酎”から「さんぴんハイ」390円也にします、

って、これなに?な状態です、カウンターの中のお兄さんに訊きました、

なんでも、沖縄のお茶の一種らしいです、さんぴん茶、知りませんでした、



味は、、、普通の番茶?のような味、癖のないお茶のようです、

(実際にはジャスミン茶のように香りが付いているようです)

あ、、、写真無しです、スイマセン、

そしてもう一品、「JとM」系は料理は何でも予想を上回ってくれるので注文するのが楽しみです

で、「台湾風酢豚」490円也なるものをオーダー、

カウンターの中はお兄さんが3人、うちお二人が料理担当のようです、

スタッフ配置も料理重視のようです、

はい、「台湾風酢豚」、

014kai

うひょ~、これまた立呑みレベルを軽く超えてますね

豚肉とタマネギ、そしてトマトの酸っぱさと甘み、

美味しいです、豚肉もめっちゃ軟らかい、

ここの料理、本当に意表をついてきますね、感服

これでお勘定にしました、1580円也、

福島の「アバンギャルド」、

まだ初見ですが、「ジャックとマルチダ」同様、めちゃめちゃ良いお店ではないかと思われます、

とくに独創的な料理のレベルの高さは満点、

こんな店をあっさり作ってしまう極意を知りたい、

もうちょっと通っていろいろ食べてみたい、再訪確実です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

帰り掛けに奥のトイレを借りて、向かい側にもカウンターがあるのを発見

逆Lではなくコの字でした、

でも、奥のカウンターからは表へは出れませんでした、行き止まり、

メイズカウンターでした

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都駅前 大鍋煮込みの「へんこつ」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪大正のやきとん「乃ノ家」。 »

大阪野田福島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪福島の「ジャックとマルチダ」の姉妹店?「アバンギャルド」、ここもまたエエ立吞み間違いなしのようです。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都駅前 大鍋煮込みの「へんこつ」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:大阪大正のやきとん「乃ノ家」。 »