« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新します~今日のお店:ビジネス街の真ん中の立ち吞み「ひらやま」。 | トップページ | GW連休後半の初日、高砂の山の後はまたもや「鹿間酒店」へ、そして明石の「三国屋酒店」~立ち呑み「ポンコツ」へ。 »

2018年7月15日 (日)

地酒ワンカップ・コレクションNo.15~新潟 「ふなぐち菊水」一番しぼり元祖生原酒。

地酒ワンカップ・コレクションNo.15

新潟 「ふなぐち菊水」一番しぼり元祖生原酒、

 



コンビニなんかでも、比較的よく見るワンカップですね、あまり期待せずに飲んだら、、、濃厚な旨味の酒、好きなタイプの生原酒でした、

 

日本酒では珍しいアルミ缶容器、ガラス、紙に次ぐ3種目の素材登場です、

缶にはアルミ缶のメリットも含めて4つの特徴がびっしりと書かれています、なるほどね~、ここまで書かれると結構洗脳されます、

 

紫外線シャットアウト、コクのあるうまくち、変化が楽しめる元祖生原酒(へ~、初めて生原酒を常温流通したらしいです、なので“元祖生原酒”か)、新潟県産米100%、これはちと弱いけど、まあ由とします、

 

目一杯の情報量ですが、パッケージはそんなに嫌いじゃないです、デザインの勝利かな?

 

003kai
004
005kai
006kai
007kai

購入月:2018年4月

購入場所:酒ディスカウント「やまや」

容量:200ml

価格:286円(外税)

蔵元:新潟県新発田市 
菊水酒造㈱



|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新します~今日のお店:ビジネス街の真ん中の立ち吞み「ひらやま」。 | トップページ | GW連休後半の初日、高砂の山の後はまたもや「鹿間酒店」へ、そして明石の「三国屋酒店」~立ち呑み「ポンコツ」へ。 »

地酒ワンカップ・コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ワンカップ・コレクションNo.15~新潟 「ふなぐち菊水」一番しぼり元祖生原酒。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新します~今日のお店:ビジネス街の真ん中の立ち吞み「ひらやま」。 | トップページ | GW連休後半の初日、高砂の山の後はまたもや「鹿間酒店」へ、そして明石の「三国屋酒店」~立ち呑み「ポンコツ」へ。 »