« 兵庫 神戸東灘 「たかしま酒店」~「ヴァンダンジュ」、綺麗な洋風の「大黒正宗」に特化した角打ちです。 | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:老舗酒場の貫禄、でも、、、京橋の「京屋本店」。 »

2018年7月26日 (木)

なかなか開店日に当たらなかった水道筋の「百万両」、偶然の導きで入店出来ました!やはりエエ酒場でした。

【2018年5月27日(日)】

神戸 水道筋 なだ中央市場内 「百万両」

水道筋商店街から少し山側へ、

アーケードのある大きな商店街から狭い路地商店街へ入るとあります、

「百万両」、

ここ、2年越しくらいで何回か探訪を試みたのですが、

すべて休業日だったようで開いていませんでした、で未探訪

土曜日は休み?平日なのに休み!?お盆の前後も休み?

と、3回くらい振られてちょっとめげてしまい、

このところ寄っていませんでしたが、、、

この日は偶然、開いていました、それも日曜日の16時頃、

水道筋の「百万両」、

040kai

え~、日曜日、開いてるんや!!それもこんな時間に!?

な感じ、ちょっとびっくりしました

でも、この幸運を逃すわけには行きません、入りましょう!

この日は山行の帰り、摩耶山に登ってきました、

水道筋、東の端っこのほうの「灘温泉」でさっぱりした後です、

039kai

メンバーは4人、

暖簾が掛かっているので大丈夫かと入りましたが、、、

カウンターの中ではお母さんが一人、

どうもまだ下ごしらえ、開店前の準備中のようです、

もう大丈夫ですか?

ああ、何人?4人、、、ま、もうすぐできるからどうぞ、

奥の座敷でもカウンターでも、どうぞ、

ほう、奥に座敷があるようですが、厨房とは仕切りがあって良く見えません、

4人なので座敷もありかと思いましたが、

山靴を脱ぐのが面倒、ここはカウンターで良いか



とカウンターに座ろうとするとお母さんから、

やっぱり、座敷にして、、、その方が楽やから、、、

うむ、座敷にいちいち料理を運んでもらうのもきづつないですが、

そう仰るならと、4人で奥の座敷に座りました、

と、おお!こういうことになっているのか、

052kai

そら、お母さんもこの方が楽かもね



奥の座敷とカウンター内の厨房との間にはこんな窓がありました、

料理や酒はここから直接搬入可能、こりゃ便利です、納得

これはエエ感じです、老舗の酒場です、

いろいろとお母さんと話したいですが、

 

まずはとりあえず銭湯の後です、

急いでビールを体に注入したい!

瓶ビールだったかな?いや、「生ビール」があったような気もしますが、、、

とりあえず乾杯
(4人なのであまり写真撮れてないです)

この後の注文は、すぐ出てくるもので「ぬた」、

043

お奨めの「刺身盛り」、

044kai

うん、刺身も新鮮で美味しいです

エエもん仕入れているので美味しいよ!とのこと、

お母さん、やりまんなあ~

こちらもすぐできるので「おでん盛り」、

046



まだまだお母さん仕込みをしながらの対応です、

ほんで、「豚足」、

051

これも美味しかったです

日本酒は「沢の鶴 吟醸瑞兆」、

048

ぐい飲みはやはり「百万両」、

049

お母さんといろんなことを話しました、

というかお母さん、ずっと喋りながらの仕込み

4人飲みなのであまりよく憶えていませんが、

お母さん御年80数歳、お元気です

この店は昭和27年からこの場所で営業されているそうです、

その前から働いておられるようで、もう65年以上ずっと働いている、

とのこと、素晴らしい

細かいところはよく分からないですが、

お母さん、長崎出身でキリスト教信者、隠れキリシタンの末裔

というお話でした、本当のようです、

こちらも、山行からの温泉、

そして、ビールからの日本酒と大いに盛り上がってるので、

ちょっと記憶が曖昧、スイマセン、

もっと詳しく訊きたかったのは清酒「百万両」の宣伝酒場だった件、

暖簾にもはっきりと“直売宣伝酒場”と書かれていました、これも珍しい

水道筋には同じく清酒「金盃」の宣伝酒場だった「高田屋旭店一色屋」がありますが、

この様な“直売宣伝酒場”というストレートな表記は初めて

この清酒「百万両」は残念ながら震災で無くなってしまったようで、

だから、今は「沢の鶴」と仰っていました、

ちょっと調べると、たしかに「百万石酒蔵」と云う会社があったのですが、、、

たしかに今はもうないみたいです

暖簾の表記でもう一つ、

向かって左側には“一品料理 東洋”と染め抜かれています、

040kai_2

うん?この“東洋”というのはなんだ?店名のように見えます、

ひょっとすると昔は「東洋」というお店だったのかしら?

お母さんに聞いてみようと思ってましたが、

話があちこちに飛び、いろいろ話しているうちに、、、失念

次回はぜひ聞いてみたいです、

これでお勘定、4人で、、、忘れました、@2000円ちょっとだったかな、

水道筋からちょいと北へ、

なだ中央市場の細い路地にある「百万両」、

やっと入れました、予想通りの良き酒場でした、

お母さんの話をもっと聞きたい、解明したい“東洋”の謎もあります、
(謎って)、

再訪確実です、絶対に行きますね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« 兵庫 神戸東灘 「たかしま酒店」~「ヴァンダンジュ」、綺麗な洋風の「大黒正宗」に特化した角打ちです。 | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:老舗酒場の貫禄、でも、、、京橋の「京屋本店」。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなか開店日に当たらなかった水道筋の「百万両」、偶然の導きで入店出来ました!やはりエエ酒場でした。:

« 兵庫 神戸東灘 「たかしま酒店」~「ヴァンダンジュ」、綺麗な洋風の「大黒正宗」に特化した角打ちです。 | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:老舗酒場の貫禄、でも、、、京橋の「京屋本店」。 »