« GW連休後半の初日、高砂の山の後はまたもや「鹿間酒店」へ、そして明石の「三国屋酒店」~立ち呑み「ポンコツ」へ。 | トップページ | テリー・イシダの「独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:六甲山への玄関口、高座の滝の「滝の茶屋」。 »

2018年7月18日 (水)

車窓から見つけた、福島の「炭と日本酒 仁」、日本酒も料理も美味しいとってもエエ店です。

【2018年5月10日(木)】

大阪 福島 「ジャックとマルチダ」~「炭と日本酒 仁」

そう云うとここも車窓から見つけたんですね

大阪福島の「炭と日本酒 仁」、

JR神戸線の大阪行き車窓北側から見えます、

あの日本酒立ち飲み「仁」の2号店のようです

2号店が出来たとは聞いていたのですが、場所は車窓から確認、

お!あそこですか!!な感じ

行かなきゃ、行かなきゃと思いながら延び延びになっていました、

ので、今日は行きます!



でも、その前に練習しとかなきゃ、はい、準備運動ね、

で、こちらも久しぶり、まずは立ち吞み「ジャックとマルチダ」へ入店です、

002kai

「赤星大瓶」490円也、

006

そして一人客専用?の「いい感じの肴四種盛り」690円也、

007

たしかにエエ感じ

ヒラメ縁側に真鯛焼き霜造り、ズッキーニとパプリカの浅漬け、

ホタルイカとエリンギのクリーム煮、な感じかな、

どれも美味しいねえ

日本酒は次の「炭と日本酒 仁」でいただくつもりが、、、うっかり発注

好みの「山形政宗」とか「風の森」あるけど、ここは「三重錦」390円也、

010kai

三重錦、たしか京都の西大路御池の角打「高木酒店」で飲んだよね、
(その時の記事はこちら)、

追加で「唐揚げ」2個@90、

014

これも美味い!上げ方上手や!!

料理も酒も人もエエ、女性客が多いのも頷けます、

なんぼ頑張ってもアカン店はアカンのになあ、

こういう店がサラリとできてしまうのはなんやろ?たいしたもんです

これでお勘定は、1890円也、納得!

福島の「ジャックとマルチダ」、

エエ立ち飲みですね~、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

では、予定通り2軒目は「炭と日本酒 仁」へ行きましょう

歩いて2分、JRの高架を潜ればすぐ目の前です、

016kai_2

“伯楽星”の幕が掛かっています、

毎度の如く予備知識なし、“炭と日本酒”か、

どんなんかな~(なんで仁鶴師匠やねん)のまま入店です、

シックなトーンの木製の店内(なんちゅう表現や)、

居抜きかな?ここは前はなんだっけ?焼肉?焼鳥?

何度も見ていたはずなので、

「店が変ると前の店が思い出せなくなる」の法則

入ったところのカウンターの中に「仁」の大将がいらっしゃいました

あら、こちらにおられるんだ、

はい、今はこっちに出てるんです、

進められるままに目の前のカウンターに着きます、

ここは、とりあえず日本酒だわな



おっと、ドリンクメニューにはいきなり日本酒が60銘柄くらいならんでいます、

それももちろん厳選銘柄、やはりここも凄い店です、

さらりとこういう感じでやってしまう地力があります

価格ランクは2つしかなくて、

レギュラー(40銘柄以上ありました)がグラス350円、一合580円、

高いクラス(10銘柄ほど)がグラス500円、一合820円也、

価格ランクが二つしかないのは分かり易くて親切、

高いクラスの銘柄が少ないのも嬉しいです、好感

その中から目ざとく見つけたのは「伊予賀儀屋」、

高い方のクラス、グラスで500円也、
愛媛のお酒です、



たしか、高槻の立ち呑み「すーさん」で何度か飲んでいますね、

旨味が強くて美味しいお酒です、

017

「和み水」も云わなくてもすぐに出てきます、

肴のメニューも絞っていますね、

魚の刺身がないです(たしか)、店名通り、基本炭を使う料理がメインなのかな?

あ、刺身ありました、「上肝のお造り」350円也、

022

美味しい!胡麻油と塩のタッグが大好きなのです、

上肝のチーズの様な味わい、

さしみのつまは大根とネギ、これもヨロシイ

二杯目は「伯楽星」純米吟醸350円也、

027

たしか宮城のお酒、「愛宕の松」も作っている新澤醸造店のお酒ですね、

好きなタイプ、もちろん美味しいです

肴は「幻のもものタタキ」350円也、

028

これが350円也はリーズナブル、料理も安定しています

どうしようか迷いましたが、酒も料理も美味しいです、ここはもう一杯、

「黒龍」いっちょらい350円也、これは本醸造かな?

030

で、メニューにあった“灰干し”と云うのをいただくことにします、

これまた初めて聞きます、“灰干し”、

たしか大将に説明聞いたと思うのですが、、、

干物のこと?干し方が違うのか?、、、

定かではありません、何やっけ?、、、忘れました、スイマセン、

で「鯖の灰干し」700円也、

033

これが美味しかった!

干物ですね、でも身が厚く旨味が凝縮していました、

でも、塩っぱくありません

へ~、初めての灰干し、好感、好きになりました

これでお勘定にしました、2800円也、納得、

福島の「炭と日本酒 仁」、

なるほど、こういうことですか、日本酒と美味い料理、

店のコンセプトがすっと腑に落ちる、

どうしたらこんなに上手に店が創れるんやろ?

“灰干し”も気に入りました、他の魚も食してみたい、再訪確実です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« GW連休後半の初日、高砂の山の後はまたもや「鹿間酒店」へ、そして明石の「三国屋酒店」~立ち呑み「ポンコツ」へ。 | トップページ | テリー・イシダの「独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:六甲山への玄関口、高座の滝の「滝の茶屋」。 »

大阪野田福島」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車窓から見つけた、福島の「炭と日本酒 仁」、日本酒も料理も美味しいとってもエエ店です。:

« GW連休後半の初日、高砂の山の後はまたもや「鹿間酒店」へ、そして明石の「三国屋酒店」~立ち呑み「ポンコツ」へ。 | トップページ | テリー・イシダの「独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:六甲山への玄関口、高座の滝の「滝の茶屋」。 »