« 地酒ワンカップ・コレクション No.10~富山【立山 本醸造】 | トップページ | 気になっていた阿倍野の「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」を解消すべく「ヱビス屋」へ。 »

2018年6月18日 (月)

やっと入れました、京都吉田山辺りの「きくた」、やはりとても良いお店、京大生の思い出が一杯でした。

【2018年3月24日(土)】

京都 今出川通吉田山辺り 「きくた」

今日のお店「きくた」の前まで来たのは、今日で4回目happy01

一番最初は2017年の末、銀閣寺手前のカフェで開催されたライブへ行く途中、

歩いていて偶然見つけましたflair

029kai

この外観、店構え、これは良い店に違いありませんsign03

これはゼッタイに探訪するぞ!!



で、少しネットで調べるとランチの営業もしておられる、というような記述もあり、

さらに、なんと“ホッピー”も飲める!!らしいとのことheart02

う~ん、これはますます行かなければなりますまいdash

ということで、2回目は2018年1月の山行:大文字山からの下山時、

13時頃に行ってみたのですが、開いていませんでしたheart03

3回目は2月、昼飲みで飲む気満々で向かったのですが、、、

やはり開いていませんでしたcoldsweats02

0292kai

どうも、今はランチ営業はされていないのかもしれませんheart03

ということで、今日は18時ジャストに店の前へ、、、



やた!看板と提灯に灯が入っています、暖簾も掛かっています、

間違いなくやってますねshine

032kai

この提灯の灯を遠目から見た時の興奮は如何ばかりだったかhappy02

苦節4回目での初探訪と相成りました、感慨一入(ひとしお)、

ではでは入りましょうdash

貫録のある店内、逆Lカウンターに10席ほど、

右側は座敷で大き目のテーブルが3つ、

もちろん一番客ですcoldsweats01



フロアにお母さん、カウンターの中には若い大将がいらっしゃいます、

ちょうど開店準備の真っ盛りな感じ、

カウンター中程に着きます、

とりあえずホッピーにしたいですね、



あの~、ホッピーがあると聞いたのですが、

はい、ありますよ、でも黒だけですけど良いですか?

はい、黒で大丈夫ですhappy01

後で聞くと、常連さんにホッピー好きな方がおられ、それで入ってるそうです、

その常連さんは黒ホッピーしか飲まれないので、黒しかない、

なるほどflair、ワタシは白が好きですが大丈夫です、

034

ホッピー大好きwink

料理のメニューを見て「煮込み」をお願いするも、開店早々、煮込み中とのこと、

そりゃそうだ、まだ18時5分ですhappy01

すぐにできるものから「ホタルイカ」を注文、

と、入れ違いで突出しの「釘煮」が出てきました、

036

これでしばらく呑み進めます、

訊くと、ここ「きくた」は創業79年目、来年で80年になるそうです、

ということは1939年(昭和14年)創業という事になりますね、素晴らしいですshine

カウンターに関西のTV番組でやっている「となりの人間国宝さん」の賞状が立ててあります、

あ、これに出はったんや、ほう、

あ~はい~、円(まどか)さんが来られたんですわwink



なるほど~happy01

有名店なのか?ワタシが知らなかっただけなのかhappy02

「ホタルイカ」、

038kai

うん、大振りでプリプリで美味しいgood、イケます、

この辺りは京都大学の学生さんの街、

昔は学生さんのランチと夕食を担っていたそうです、

もちろん夜の宴会もね、

お母さんによると(お母さんはここに嫁いできて54年になるそうです)、、、

学生さんの気質もずいぶん変わった、とのこと、



今は飲まない子が多いsweat02

昔はたらふく飲む、朝まで吞むのは当たり前、

朝まで座敷で寝て、そこから授業に向かう学生も多かったとか、



亡くなった先代の大将が学生さんの世話をするのが好きだったそうで、

そんな時は店の戸の鍵を掛けずに、朝まで座敷を開放していたそうですhappy01

そんな時代ですよね、

あ、カウンターの中の大将は三代目、息子さんだそうです、

後継ぎ万全、ヨカッタwink

ちょうど今のシーズン(3月)なんかは就職祝いの宴会が連日続き、

朝まで飲んで、そのまま東京の会社へ初出勤で行くとかhappy02

豪快、如何にもありそうなエピソードです、

ツケはしなかったけど、お金がなかったら、、、

もう、飲んでけ!と学生さんを可愛がっていた、

二代目(先代が二代目らしいです)がそういう人やった、

今でもOBの京大生が訪ねて来るそうです、

もう還暦越えの人とかが懐かしがって来られる、

う~ん、エエ話ですheart02

いろいろ楽しい思い出がたくさん、やはりエエ酒場です、「きくた」、

 

「燗酒」にして、

料理はお奨めの「キンキの煮付け」600円也、

041kai

美味しいheart02、若大将も料理はお上手ですgood

小さな子供を連れた顔見知り家族連れが入店、座敷で夕食です、

店の雰囲気に違和感なし、

ここは家族でもゆっくりできるお店なんですな、

そのお客さんが「だし巻」を注文、

ここの「だし巻」は名物らしい、気になります、お奨めメニューのようです、

ならば、と、ワタシも注文、「だし巻」500円也、

あ、燗酒ももう一本happy01

045

これでお勘定にしました、3100円也、

京都、今出川通の吉田山辺り(銀閣寺の西側になります)の「きくた」、

やはり、めちゃめちゃ良いお店でした、

創業79年、三代目の大将がしっかりいらっしゃる老舗酒場、

いや食堂かも、そんな家庭的な雰囲気、

京大生の思い出が濃密に染み込んでいる、たいへん良き店であります、

絶対にワタシ好み、再訪確実、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

|

« 地酒ワンカップ・コレクション No.10~富山【立山 本醸造】 | トップページ | 気になっていた阿倍野の「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」を解消すべく「ヱビス屋」へ。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/73644343

この記事へのトラックバック一覧です: やっと入れました、京都吉田山辺りの「きくた」、やはりとても良いお店、京大生の思い出が一杯でした。:

« 地酒ワンカップ・コレクション No.10~富山【立山 本醸造】 | トップページ | 気になっていた阿倍野の「恵比寿屋⇒大黒屋≠エビス屋な問題」を解消すべく「ヱビス屋」へ。 »