« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

大正区小林にあった「さのや」が大正駅前に移転していました!知らなんだ、で、相変わらず料理が安定して美味しいです♡

【2018年3月13日(火)】

大阪 大正 「さのや」

久しぶりの大阪は大正探訪ですhappy01

今日の目論見は、大正に3軒ある“畑酒店”の関係性についての考察、

な感じで、まずは駅の北側、立ち飲みの「畑八酒店」へでも行ってみるつもりですshine

「クラスノ」の一つ手前?ここかな~、

な感じで路地に入ると、奥のほうに「畑酒店」の看板が見えます、

うん、ここ、ここ、「畑八酒店」目指して歩いて行くと、、、

あれ?手前右側に新しい店が出来たみたいですね、

003kai

臙脂色の暖簾が掛かりガラス越しに光が洩れています、

なにやら盛り上がっている雰囲気もいっしょに洩れて来ていますhappy01

気になったので近寄ってみると、、、

硝子に小さく“立ち呑みの さのや”の文字がflair

003kai2

え!?「さのや」ってsign02

たしか、大正区小林だっけ?あそこにあったあの「さのや」ですか?

大正駅からバスで10分くらいの小林にあった「さのや」、

わざわざバスに乗って行く値打ちのある料理が美味しい立ち飲みですheart02

たしか、最初は定休日で敗退、その後、2回入店しています、

おそらく、あの「さのや」ですよね、直感的に確信lovely

と、引き戸が開き女将が顔を出されました、

あ!間違いないです、「さのや」の女将ですflair

 

何人ですか?

一人です、あの~、、、ここは、、、移転してきたんですか?

あ、そうです、小林にも来ていただきました?

はい、2度ほど、移転知りませんでした、

スイマセン、黙って移転して、、、

いやいや、常連ではありませんのでhappy02

黙って移転していただいて当然です、恐縮、

では、カウンター奥にどうぞ、

という事で予定変更です、

今日は大正駅前に引っ越してきた「さのや」へ入店ですdash

奥に長い鰻の寝床型のお店、

左が壁、右がカウンター、ほぼ満員、めちゃ流行っていますwink

先客たちの背中をかわしながら奥へ入ります、

なんとか一人分のスペースがありました、

すぐに飲み物のオーダー確認、思わず「生ビール」を注文、

カウンターを見ると、あら、SAPPORO「赤星」もありますね、

次回はそうしようhappy01

メニューは目の前のカウンターに丸まって輪っかの挟まっています、

017kai
(写真は2回目探訪時のもの)


「さのや」の印象はとにかく料理が安定していること、

刺身系、焼き鳥、肉料理が充実good

その他の一品料理も全部美味しいheart02、そんな印象です、

ますは刺身から行きますか、「鯛」350円也と「赤貝」380円也をお願いします、

006

う~ん、美味しい、さすがレベル高いですね、満足ですshine

たしか海老もウリでしたよね、

フライに天ぷら、エビチリといろんな料理がお願いできます、

「エビチリ」330円也にします、

008

あ、また思い出したhappy02

「エビチリ」は確かにこんな感じでしたね、

中華風ではなくてんぷらにソースが掛かっている感じ、

カウンターの中は4人ほど、

女将と右腕らしき焼き方、他の2人はまだ慣れていないようです、

日本酒のメニューもあったので「東一」にします、佐賀の好きなお酒、

009

酒はカウンターの中で注がれたので瓶は見れずsweat02、、、

本当は瓶を見せて注がないといけないのですが、、、



この繁盛ぶり、

慣れないスタッフ、日本酒には詳しくないようですし仕方ないです、

ここはあきらめますhappy01

もう一品、「ひね鳥柚子胡椒焼」280円也、

012kai

うん、これも安定しています、魚介・肉系の管理、エエですねhappy01

この日はこれでお勘定、豪勢に注文したので2470円也、納得です、



で、翌週に即再探訪dash

そりゃそうでしょ、もう行きたくて行きたくてhappy01

カウンターには美味しそうな大皿料理が並んでいます、

008kai



ビールは前回の反省を活かして「赤星」、(他でも反省を活かしてくださいcoldsweats01)

005

そして「ほうれん草・韮と牛肉炒め」200円也、美味しいshine

同じく大皿から「ぜんまいの炊いたん」180円也、

007kai

料理、間違いないですgood、これも美味しい、

今日も流行っています、

カウンターの中は4名、今日は男子が一人居られます、

「赤星」を少し残して「バリキングハイボール」にします、

009_2

SAPPOROのビール代替焼酎系飲料ですね、

なんばに出来た立ち飲み「仮)ニューダイトン」で初めて飲みました、

飲みやすく“チューハイ”のような甘さはないので好きです、

300円也か?350円也か?

063kai

ドリンクメニューにこれだけ値段が書いてないsweat01ので、一応不明coldsweats01

さらにカウンター大皿にあった「鶏唐揚げらっきょタルタルソース」300円也、

014

唐揚げをあっさりいただけますshine

らっきょも効いています、美味しい、

こういう一工夫してあるのが「さのや」の料理、女将の技か?happy02

この後も梯子の予定なのであまり食べられないsweat02

でも焼き鳥を1本、「ねぎま」120円也、さらに「つぶ貝」160円也、

021

「ねぎま」旨!これが120円也は値打ちですheart02

「つぶ貝」は香ばしいshine、これも値打ちあります、

大正駅前の「さのや」、

この後も探訪は続いています、

この店が「大正」駅前に来てくれてホントに嬉しいです、

でも、小林の人は悲しんでるか?仕方ないか、、、

いつも満員のようです、そりゃそうだよね、この料理だと人が集まります、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



(追伸)

つい先日、探訪したところ“定休日設定”が変っていました、
(現状水曜日定休、木曜日休みの場合もあり)

6月の定休日予定はこちら、

074kai

女将に訊くと、定休の曜日をずらして、

いろんな曜日に休みが設定されるようです、

ユニークな考え方、エエんとちゃいますhappy01



金土日は必ず営業してます!とのことでした、

はい!了解ですgood



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

東京酒場探訪2018、最終日は大井町の「晩杯屋」から蓮沼の月曜日限定"ほっとする居酒屋"へ、ここが特別な場所でした。

【2018年3月12日(月)】

東京 大井町「晩杯屋」~蓮沼“ホッとする居酒屋”(「だんだん」)

東京酒場探訪2018も最後の記事ですhappy01

関西へ帰る前に、蒲田の「まるやま食堂」で美味しいトンカツをいただき、

腹ごなしに蒲田の街を探訪、も、昼飲みできる店は見つからずheart03



で、ここは「大井町」に移動することにしました、

大井町の路地裏なら開いている店があるかもしれません、

京浜東北線で蒲田から大森、そして次が大井町、すぐに到着です、

「大井町」駅、北口になるのかな?

目の前に、おそらく闇市の名残りと思われる路地裏が拡がっています、

ここもエエ感じの飲み屋街ですbleah



が、昨今の傾向から云うと、早晩この飲み屋街も消えてしまうかもしれません、

今のうちに歩けるだけ歩き、飲めるだけ飲みたいものですdash

さて、時間はまだ14時頃、

ちょっと休憩したいので、まずは反対側(西側)の綺麗な街区をぶらり、

少し歩きましたがとくに見るべきものは見つからずbearing

ヨーカドーの中に大きなフードコートがあったので、そこで少し休憩shine

で、その後に東側の路地裏に踏み込みました、

321kai_2

「肉のまえかわ」も開いてない(月曜定休だったかな?)、

「ブルドック」は営業していました、ここで飲んでもエエけど、、、まだお腹減ってない、

突き当りまで行くと”鰻串”の「三代目むら上」も健在でしたが、もちろん開いていませんsweat02

う~ん、どうしようかな?

ちょっと表通に出ると、こんな店がありました、

文字通りの店名happy01、「うなくし」、

323kai_2

串で食べる鰻ですね、東京の文化?関西にはないんじゃないかな?

中野の「川二郎」とか、
(ここだけ未探訪、二度チャレンジしましたが長蛇の列でしたsweat01)

新宿思い出横丁の「カブト」、

自由が丘の「ほさかや」、

国立の「うなちゃん」など、
東京には“鰻串”の有名店がいくつもありますheart02

この「うなくし」は新しいチェーン店なのかな?

一瞬魅かれましたが、、、串は夜しかないみたいです、昼は鰻丼みたい、

うむ、ここはスルーしますsweat02

ということで、結構時間を潰しまして、やっと16時、

もう限界です、飲みたいhappy01
(って、平日の16時でっせ、堅気の方々は働いてます)

路地裏にある16時開店の「晩杯屋」へ駆け込みました、

331kai_2

「晩杯屋」、チェーン店ですがとてもリーズナブル、というか安い!

武蔵小山が本店だっけ?たまたま見つけて探訪しましたね、

あとは大山店も探訪、

その後も続々店舗展開しているようです、大繁盛、

ではでは、入りましょうdash

おお、4時ちょっと過ぎですが、すでに先客がお一人おられます、

路地を跨いであるお店なので、店の両側から入れますが、南側からの入店を推奨されています、

入り組んだ変形コの字カウンター、立ち呑みテーブルもあるのかな?

2階もあります、

カウンターの中には女性ばかり3人ほど、

下ごしらえに余念がありません、が、ちゃんと注文も訊いてもらえます、

とりあえずの「ホッピー」セット370円也、

327_2



肴は好物の「はまち」200円也、

326

即、冷蔵ケースから皿ごと出てきましたが、、、美味しいですwink

見ていると包丁専門の女性がどんどんまぐろを捌いておられます、

作り置きですが美味しそう、



その他の料理もどんどん製造中、

チーフの女性は外国人の方、女性ばかり3人(いや4人目も登場)なので口数は多いですhappy01、ずっと喋っているsweat01

でも、仕事もしっかり、口が動いていても手も動いています、

効率的な仕事に進め方に感心しましたshine

ホッピー「中」をお代わりして、すぐ出そうな「煮込み」130円也も注文、安!

330

次のお目当ての店は17時開店とのこと、そろそろ時間です、

これでホッピーを飲み干してお勘定です、920円也、納得happy01

大井町の「晩杯屋」、

チェーンの立ち飲み屋さんですが(座れる店もあるみたい)、

個々のお店のオペレーションがしっかりしているイメージ、

料理も各店で手作りされているのではないかな?

迷った時は入って間違いないです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



さて、東京酒場探訪2018、

最後の店を目指して蒲田に戻り、東急池上線で「蓮沼」で下車、

一駅ですhappy01、これなら飲み屋街を歩いて来てもヨカッタかも、

やはりこの辺りで飲む手はあったか、、、ちょっと後悔coldsweats01

お目当の店は、、、

会社の大先輩Nさんが週に一度、月曜日だけ“ほっとする居酒屋”なるものを出している、

という情報をいただいたので探訪することにしました、



Nさんは退職後、東京神谷町で長年イタリアンのお店を出されていたプロの料理人ですshine

が、、、駅に着いても“ほっとする居酒屋”の場所が分からないsweat01

週に一度、間借りをして開店営業されているイメージ、

元はなんなんなのか?しっかり聞かずに来てしまいましたcoldsweats02

蓮沼駅徒歩すぐ、とのことでしたので見つかるかと思っていましたが甘かったheart03

しばらくグルグル歩き回りながら、SNSで連絡、

「駅前にいます」、

と、駅前に迎えに来ていただけました、ヨカッタheart02

ちわ、ご無沙汰しております、

ということで月曜日だけの“ほっとする居酒屋”はこちら、

334kai

「蓮沼」駅からすぐ、駅の西側でした、

お店の名前は「だんだん」というみたいです、

中はなんというか、明るいシンプルで綺麗な店内、喫茶店?食堂?な感じ、

カウンターにはNさん手作りの料理が並びます、

333
332_2



とりあえず「麦水」をいただき、

料理も適当に盛っていただきます、、、お久しぶりですhappy01



で、この“ほっとする居酒屋”の経緯顛末を聞いてびっくりsign03

なんと、ここ「だんだん」は、

今や全国に広まっている「子ども食堂」発祥の店だそうです、

知りませんでしたsweat01、これは失礼いたしました、

このお店の内装もTV番組「有吉ゼミ」でタレントのヒロミさんがリニューアルされたそうです、凄!heart02

「子ども食堂」を立ち上げられたKさんとも名刺交換、

いや~、なにも下調べせずにいきなり来てしまい、恐縮です、

その節は失礼いたしました、スイマセンでしたsweat02

他のお客さんともなにやらお話をし、ほのぼの、

“ほっと”しながら2杯ほど飲みました、

さて、新幹線の時間が近づいてきたので今日はこれで失礼します、

 

蓮沼の月曜日限定“ほっとする居酒屋”(「だんだん」)、

いや~、別の意味でイイお店を教えていただきました、

また、なにかご縁があれば嬉しいなあ、と思ってます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

東京酒場探訪2018、最終日は蒲田のトンカツ「まるやま食堂」でのランチからです。

【2018年3月12日(月)】

東京 蒲田「まるやま食堂」

さて、東京酒場探訪2018最終日ですhappy01

荷物をまとめてチェックアウト、

宿からテクテク歩いて「文殊」両国駅前店へ、今回2回目の入店です、

306kai

朝ご飯は「もり」かき揚げトッピングです、

東京に来たら、とにかく蕎麦を1日1食happy02

夜の新幹線で関西へ戻りますbullettrain

その前に蓮沼(という駅、初めての地です)のお店へ行く予定がありますshine

さて、荷物をどこかのコインロッカーに預けたいですね、

最終探訪地が東急池上線の蓮沼、蒲田から一駅目の駅のようです、

これはやはり、「品川」駅から新幹線に乗る確度が高いので、

第一希望としては荷物を「品川」駅のコインロッカーに預けたい、のですが、、、

1年前にコインロッカー難民になった記憶が蘇りますcoldsweats02

品川駅には多量のコインロッカーがあるのですが、

1年前はなんと・・・すべて使用中でしたsweat01



仕方なく京浜東北線の大井町駅へ一駅移動、

が、駅構内のコインロッカー(数は少ない)はここも全滅heart03

「大井町」駅の駅員さんに訊くと、改札の外、ビルの脇の屋外にもコインロッカーがあるとの情報、

折しも雨が降っていましたが、その屋外のコインロッカーへ行くと、やっと空きを発見flair

雨に濡れながらなんとか荷物を預けることが出来ました、

という顛末がありましたsweat02

東京は何でも膨大な量がありますが、それを余さず消費しています、

凄い都市ですwobbly



おそらく、JR「品川」駅構内には1000個近いコインロッカーがありますが、すべていつも一杯、どないなってるねん、東京!

と、田舎者が理不尽な怒りを東京にぶつけながら、品川駅でコインロッカーを探します、、、



今年は、、、ありました、なんとか端の端の端の方で数個空いてました、

ヨカッタshine

無事荷物を預けて、身軽になりましたhappy01



さて、身軽になってからも思案です、

事前の目論見では立石の「宇ち多”」へ行く予定でしたが、

平日の今日の開店は確か14時、まだ3時間くらいあります、

うむ、それに地理的にも遠いsweat02

 

いや、酒場探訪では”遠いとか近いとか”、そんなことは云ってはいけないsign03のですが、、、やはり遠いcoldsweats01

品川、大井町、蒲田辺りで完結させたい邪心が、、、

で、まず目指したのが「蒲田」駅、

ここに「まるやま食堂」というトンカツの店があります、未探訪、まずは早めのランチと決めましたgood

309kai

ここですね、うん、エエ感じ、

ソロソロと満席になりそうなのでそのまま入店です、

メニューはこんな感じ、

310

ワタシは「まるとくロースかつ定食」1000円也にします、

ホントはビールも飲もうと考えていたのですが、

なんか皆さんガッツリランチの雰囲気、誰も飲んでません、

ので、、、ワタシもビールなし、根性なしcoldsweats01

あ、朝には蕎麦を食していますので、ご飯は小にしてください、

はい、

「まるとくロースかつ定食」、

311kai

この写真を失敗しました、

これではこの店の良いところが見えません、スイマセンsweat02



このカツがぶ厚いのです、だいぶ分厚いのですsign01

そのぶ厚いカツを細かく切られて出てきます、

断面が見える写真にすべきでした、失敗heart03

カツは柔らかくて食べやすく美味しかったです、人気するはずです、

はい、ごちそうさまでしたhappy01、お勘定は1000円也、



ふ~、さて腹ごなしに蒲田をぶらり探訪してみましょう、

お!これは知りませんでした、不覚、

「三州屋」の本店がありました、ここですか本店はflair

314kai

銀座に2軒ある(今でもあるよね)「三州屋」、

他にもありましたね、どこだっけ?

新小岩、あれは「魚三酒場」か?、、、八重洲か、、、ま、いいや、、、

ランチ時の食堂使い、夜の酒場使いと重宝します、ここが本店なんだ、

けど、本店はランチ営業はやっていないようですね、残念heart03

少し歩くと、、、

蒲田で初めて飲んだのがここ、「さしみや五坪」、1階の方の立ち飲み、

315kai

少し離れた角の2階にも店舗あります、

316kai

ここの1階の鰻串「かるちゃん」は未探訪だな、

旗の台の鶏料理の名店「鳥樹」の支店、

318kai



イワシ料理の老舗「スズコウ」と、

320kai

飲みたい店が並びますがどこも昼は営業していませんsweat02

駅の反対側の「鳥万」も夕方からの営業、、、う

む、酒場難民です(普通は昼からは呑まないのだcoldsweats01)、

仕方ないです、ここはなんかありそうな「大井町」へ移動しましょうtrain

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

「いせや」の後は、錦糸町まで移動、また呑みたくなってきたので「小松」でホッピーと「まぐろぶつ」、ここも間違い店です。

【2018年3月11日(日)】

東京 錦糸町 「小松」

東京酒場探訪2018、日曜日の今日は、、、山行から「いせや」happy01

陣馬高原口から陣馬山~景信山~高尾山口までの縦走(20km6時間)dash

吉祥寺の「いせや」で下山後の一杯を楽しんだ後ですwink

いや~、山行は疲れたけど、久しぶりの「いせや」はヨカッタね、

美味しいし安いし、やはり「いせや」は不滅やな、満足、満足shine

時間は17時頃、では、中央線に乗って宿へ帰りましょう、

心地良い疲労感、シャワーも浴びたいしね、

宿は東駒形の民泊、そう、東京のホテルは高くて泊まれないよ、もうsweat01



途中で乗り換えて最寄駅の「本所吾妻橋」駅まで帰ることもでるけど、

面倒なので、ここは「水道橋」駅で総武線に乗り換えて「錦糸町」駅で降りることにしました、

ここから宿までは15分か20分くらいかな?十分に歩いて帰れます、

でも、う~ん、電車に乗ってちょっと落ち着いたら、、、

まだ、飲めそうですhappy02

錦糸町にはエエ酒場が何軒もあります、ここはもうちょっと飲んで帰りましょうheart01

でも、日曜日でもやっている店と云うと、、、ここですね、駅から3分、近いしね、

京葉道路に面したアーケードの商店街にある「小松」、

287kai

前回東京探訪時に初めて探訪shine

ホッピーも飲めるし、末枯れていて、大将の仕事ぶりも好きになりました、

今日はここで飲んで帰りましょう、入店ですdash

入ると縦棒の短いコの字カウンター、常連さんで6分の入り、

カウンターの中には大将、

ここの大将、結構存在感あります、パワー強いです、圧感じますcoldsweats01

一人客であることを示します、

大将の圧にちょっと腰が引けながら入ったところの席に着きますhappy02

とりあえず、飲みたかった「ホッピー」セット390円也、

288kai

そして、「まぐろぶつ」350円也を即注文、

288kai2

前回探訪時にここの「まぐろぶつ」がとても美味しかった記憶がありますheart02

「いせや」でもつ焼きを食べた後なので、

ちょっと魚系が欲しい口になっていました、

う~ん、美味しいです、やはり東京はマグロが美味しいです~shine

そういうと錦糸町駅前には、なんか美味しそうな魚屋も並んでいます、

錦糸町はとくに美味しいのかな?(そんなことないかhappy02)

料理のオーダーが入ると大将は奥に発注、

料理が出来ると、奥からお兄さんが出て来られて料理を配膳、

家族経営?どうでしょうか、なんかそういう雰囲気を感じます、

「ホッピー」中をお代わりして、料理は「マカロニサラダ」350円也、

290

先客のオーダーが美味しそうだったので注文です、

お、こりゃ手作りですね、

玉葱がたっぷり入っています、珍しいですね、「マカサラ」にタマネギ、

でも、とっても美味しいですshine、さすがですね、

はい、これで満足です、

勘定をお願いすると大将が即答、1090円也、

うお!やはり、ここの大将、なんか凄いです、

すでに私の勘定を見越して計算されていたみたいですhappy01

 

錦糸町の「小松」、

好きな感じの街の酒場です、大将の存在感も凄い、

この辺りは随分前に再開発されていると思いますが、無事生き残っています、

これからも元気で営業を続けてくださいませ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

これで宿に戻ると思いきやsweat01、、、

今日はまだ蕎麦を食べていないのを思いだしたsign01

両国まで歩いて「いろり庵きらく」で「かき揚げ蕎麦」を食べましたhappy01

302



行く途中で気になる店が2軒ほど、

「酒蔵 駒忠」両国店、

294kai

「駒忠」って、何店舗かありますね、蔵前にもあったような気がします、

一度、入ってみるかな?

そして、「東京立呑倶楽部」、

298kai

2階がなんとか「ぎょうざ会館」というのも受けましたhappy02

ここも一度入ってみましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

地酒ワンカップ・コレクション No.7~新潟県魚沼市【NewCup NIIGATA清酒(緑川酒造)】 

地酒ワンカップ・コレクション No.7

【NewCup NIIGATA清酒(緑川酒造)】

 

013
015kai
014

緑川酒造のワンカップということではなく“NewCup NIIGATA”というワンカップ商品のようです、

 

カップ裏面のコピーは『米の本場のうまい酒 新潟清酒 ニューカップ・ニイガタ』、

製造元表記は『新潟県酒造組合』となっています、

 

このまま解釈すると、新潟県酒造組合が作っている“NewCup NIIGATA”というブランドという感じです、

 



表面には“緑川酒造”のシールが貼ってあります、

緑川酒造の他にもこの“NewCup NIIGATA”を作っている酒蔵があるんでしょうか?新潟の酒蔵興しみたいな感じなのでしょうか?

 

味は、、、美味しい、辛口で旨味のある酒です、最初は辛さが前面に出ていますが、少し経つと旨味が増して来ました、

 

こんなワンカップが飲める新潟の人は幸せです、

 

購入月:2018年4月
購入場所:JR芦屋駅近くの奥田酒店
価格:286円
蔵元:緑川酒造(新潟県魚沼市)

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:福島の「ジャックとマルチダ」、料理が美味しい立ち吞みです。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、

ヒトの脳は固有名詞から忘れていくらしいです、



今日のお店:福島の「ジャックとマルチダ」、料理が美味しい立ち吞みです。


記事はこちらから ⇒



、 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

東京酒場探訪2018、4日目は山行からの吉祥寺「いせや」でまずは一杯です、久しぶりです。

【2018年3月11日(日)】

東京 吉祥寺 「いせや」

東京酒場探訪2018、4日目は山行から始まりますhappy01

2015年10月から始めたハイキング、

いままで、ほとんどやったことなかったのですが、すっかり嵌ってしまいました、

2016年と2017年は年間で40山ほど、

2018年は毎週1回のペースで登っていますgood

今回の東京酒場探訪を決行した一つの目的が、、、

関東の山も登ってみたい!dashという想いでしたhappy01

で、今日3月11日(日)は「高尾」駅北口からバスで「陣馬高原下」バス停まで、

ここから陣馬山~奈良小峠~景信山~小仏峠~高尾山~高尾山口駅まで、

206kai
221kai
249kai

約20km、6時間ちょっとの山行でしたdash

20kmも山道を歩くとさすがに疲れます、ここは疲労回復の源泉が必要です、、、

ま、それがモチベーションで歩く訳ですがhappy02

と云うことで、、、JRに乗って吉祥寺に向かいます、

久しぶりの「いせや」総本店がお目当ですheart02

2005年に東京へ単身赴任した時、

そのうちに「いせや」へ行って高田渡さんに会おうsign03

と目論んでいたのですが、

なんとその年の春、4月16日に高田渡さん急逝sweat02

「いせや」での一献は叶わぬ夢となりました、

残念無念ですsad

直後から幾度となく「いせや」を探訪、

酒場探訪のきっかけとなった店の一つでありますshine

JR中央線でいつもと反対側から「吉祥寺」駅に到着、

久しぶりです、吉祥寺、

高架下の食料品店街を抜けて交差点に出ると「いせや」が見えます、

283kai

今日も煙モクモク出しています、元気に営業中ですねhappy01

表の立ち飲みカウンターに立ちたかったのですが、

常連さんや若者で満員happy02

284kai

ザックを担いだまま横から店内に入って、一人客であることを示します、



時間は日曜日の16時過ぎ、佳境の時間帯です、店内も満員の様子、

表にはグループが数組入店待ちで並んでおられます、、、

こりゃ並ぶかな?と思っていたら、

お!カウンターに1席だけ空きがありました、

無事即入店、ラッキーですshine

 

とりあえず下山後なのでカラダがビールを欲しています、

「いせや」はホッピーないですからね、

263

SAPPORO「赤星」で一人乾杯~、

今日はよく歩きました、自分で自分を褒めてあげますhappy02

料理は即焼き物にします、タン、カシラ、ガツ、シロ、塩で、

あ、シロだけタレでお願いしますwink

店内のカウンター席は、焼き場を挟んで、

265kai

表の立ち飲みカウンターと向き合うカタチになります、

イケメンの焼き方の手慣れた動きを肴に一献wink



ワタシの串はあれかな~?

あのお兄さんが焼いているのは“持ち帰り”用やな、

なるほど、持ち帰りも多いのね~、

てな感じで、焼き上がるまで楽しめますhappy01

はい、大振りの串で出てきます、これが人気の源泉、

268

「カシラ」はアブラの多いタイプ、

「タン」もインパクトあります、

これでいまだに@90円也、そりゃ人気するわなshine

「シロ」はタレで、

269

「シロ」さえなんとこんなに大振りです、抜かりはありませんhappy02

さっと1本飲んで引きあげる予定でしたが、、、

あかん、もうちょっと飲みたい、もっと食べたいheart02

と云うことで、燗酒と焼きを追加、タレでツクネ、ナンコツ、ぼんじり、、、

277

え?「つくね」、「ぼんじり」って“鶏肉”ですやんね?

はは、気にしない、気にしないhappy02



関東圏の大衆酒場では串に肉をさして焼く料理はすべて“焼鳥”、もしくは“焼きとん”と一括りで称します、

牛であろうと、豚であろうと、もちろん鶏であろうと、

串に刺して焼けば“焼鳥”もしくは“焼きとん”と一括りでOKですsign02

もちろん鶏肉専門の美味しい“焼鳥屋”さんも多いですが、

大衆酒場のメニューでは肉の種類に関わらず“焼鳥”“焼きとん”、どちらかの統一表記が多いです、



関西人には理解に苦しむところですがsweat02、、、

全国的にみるとこの“焼鳥・焼きとん、なんでもエエやん寛容論”を採用している地域、結構多いみたいです、

事実は小説より奇なり、目から鱗、で無問題ですhappy01

はい、来ました!

奥からツクネ、ナンコツ、ぼんじり、

280

「つくね」、好物ですlovely

「ナンコツ」まで大振りです、凄いhappy02

「ぼんじり」はさすがにそこまで大きい感じでなない、

はい、これでお勘定、1480円也、安!

久しぶりの吉祥寺の「いせや」、

今の新店舗になったのが2008年らしく、もう10年、

それなりに年季が入ってきました、

そして、相変わらずの人気、立ち飲みの常連さんにグループ、若者、家族連れ、

みなさん、大いに楽しんでいます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

今回の東京探訪で行きたかった店、人形町の「酒喰洲」はまさかの移転開店初日!で敗退、月島の「牛若」で一献。

【2018年3月9日(金)】

東京 人形町「酒喰洲桜井水産」(入店できず)~月島「牛若」

さて、今回の一年振りの『東京酒場探訪2018』が実現したのは、ホントにいろんな偶然の賜物でしたshine

もちろん、久しぶりに東京の酒場で飲みたい!

という強い欲求はずっとあるのですが、、、

昨日の記事で書いたように、東京旅行は日本で一番高くつきます、

交通費も宿泊費も高いsweat01

なので、なかなか実現できなくなってきています、

そりゃそうだ、2000円程の酒場数軒で飲むために、

5日間で7万円ほど旅費+宿泊費がかかる、

という事を家人は理解してくれませんcoldsweats01(普通そうかhappy02)、

でも、今回はいろんなことが重なりました、

土曜日にはライブがあります、行くかな~、と悩んでいたら、

出演者本人からお誘いのメッセージがありました、あらhappy01、行きますheart02

同じ土曜日には、友人主宰の『映画を観て相対性理論を学ぶ』みたいなイベントもありますflair

せっかくなら、初めての関東の山も登ってみたいと考えていましたshine

平塚に引っ越した同級生とも会いたいし、

それに、なんと仕事の打合せを東京で、という可能性も出てきました、

こりゃ、もう行くしかないか、、、

費用の件は家人には内緒にしておこうhappy01

ということで、今回の東京酒場探訪が実現したのであります、



で、本命の酒場探訪ですが、

好きな馴染みの店に行くのがメインではありますが、

新規で2軒、どうしても行きたい店がありました、

1軒は昨日の記事で書いた両国橋袂(中央区側)の「江戸政」heart02

エエ店でした、

そしてもう一軒は人形町の「酒喰洲」という立ち飲みです、

察しの早い方はもうお気づきかもしれませんが、2軒ともこちらの本に書かれていました、

『コンクリンさん、 大江戸を食べつく』、

Cokurin

詳しくはAmazonのページで確認してください、

この数年で何冊か出版されている“外国人から見たB級グルメ他”な本、

この前に『英国人一家、日本を食べる』、『米国人一家、美味しい東京を食べ尽くす』などがありました、

全部面白いのですが、

他の2冊と違い“コンクリン”さんは旅行者ではなく、

東京人形町に日本人の奥さまと暮らしておられますshine

旅行者目線での酒場やB級グルメ巡りもたいへん面白いのですが、

日本在住の“コンクリン“さんの東京観察は、

その洞察の奥深さと実体験に裏打ちされた正確さで群を抜いていますgood

本の帯は“なぎら健壱”さんが書いておられます、

なぎらさんは酒場探訪の師匠です(勝手にそう思ってますhappy01)、

これが知ったきっかけでした、

面白い本なのでぜひ読んでくださいlovely



で、「江戸政」と「酒喰洲」の2軒は、

この本の中でとても魅力的に紹介されているのですshine

これはもう絶対に行きたい!dash

ということで、この日は2軒梯子で探訪する予定でした、

実は「江戸政」に入店する前に時間があったので、

「酒喰洲」の場所を確認しています、

この2軒は徒歩で15分ほどの距離です、

住所を確認して行ったのですが、、、「酒喰洲」、見つかりませんheart03



ま、よくあることです、

何度か周辺を行き来して確認、

どうやらここが「酒喰洲桜井水産」みたいです、が、、、

105kai

開店していないみたいです、、、

というか、ホントにここで営業しているの?な感じ、

事情が良く飲み込めませんが、

スマホで調べてみると、、、どうやら移転しています、

水天宮寄りの人形町で新店舗での開店があるようです、

毎度のことながら、あまりよく下調べをせずに来ていますなあcatface

これもまあ、酒場探訪の楽しみの一つということで(負け惜しみcoldsweats01)、

で、「江戸政」探訪後に、「酒喰洲」移転先新店舗らしき住所を目指しました、



おお!ここです、「酒喰洲」(新店舗2018年3月移転)、

106kai

お祝いの花がいっぱい、

108

あ、なぎらさんからも花がhappy01、、、

ここで、平塚に引っ越した同級生と合流、

しかし、「酒喰洲」超満員です、移転開店したばかりのようですね、

表から様子を窺っていると、中の常連客の方から声を掛けていただきました、

「二人?なんとか入れるんじゃない」

「ここへ移転してきたんですね」

「そう、今日が移転開店初日だよ」

え~!!なんとまあ、もちろん知りませんでした、

今日が移転開店初日ですか、なんというタイミングsweat01

常連さんに口をきいていただきましたが、、、

お店側としては、もう今日は無理!手が回らない、申し訳ないです、

とのことで残念ながら入店できませんでしたheart03

ま、見ていても凄い賑わいで、

しっぽり呑むという感じでもなかったので、ここはこれでがヨカッタかもです、

しかし、、、先程の「江戸政」ではTVの取材クルーが入っていたし、

ここ「酒喰洲」は移転開店初日とは、、、

ま、今回の東京探訪は来るべくして来た!のかもしれませんhappy01



とにかく「酒喰洲」にはリベンジを誓って、

すぐ近くの居酒屋に同級生と二人で入ります、

前に一度、おそらく10年以上前に入店したことがある店ですが、、

店名も失念sweat02



とりあえずのビールを飲んで2品ほど、、、

121
122

で、河岸を変えることにしました、

2軒目に行ったのは月島の「牛若」、

079kai2

東京単身赴任時代にもっともよく行ったお店の1軒ですshine

今回は2年振りくらいの探訪、

どうも~、お久しぶりです、お元気でしたか、

え?いろいろあったけど、元気で、

そうですか、それはなによりですhappy01

ということで、同級生ともう一度乾杯、

「お通し」、

123

ここは鮪が美味しい、ので「まぐろ刺身」

124

今日も美味しいまぐろですheart02



玉子焼きも美味しいので「玉子焼き」、

125

あ、明太子入りにしたらヨカッタhappy02

燗酒をゆっくりと飲みました、いろんな話に花が咲きます、

〆は「茶蕎麦」、

128

これでお勘定です、金額失念happy01

月島の「牛若」、

大将もお母さんも元気でなにより、

煮込みも美味しいけど、今日は頼み忘れましたね、

いいです、また来ますから、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



さて、バタバタした1日が終りました、

明日も飲むぞ~、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

東京酒場探訪2018!2日目はまず両国橋袂の立ち呑み焼鳥「江戸政」へ、素晴らしいお店です。

【2018年3月9日(金)】

東京 東日本橋(両国橋袂) 「江戸政」

さて、東京酒場探訪2018!(タイトル、ついた!!happy02)2日目でございます、

今日は、今回の東京酒場探訪のハイライトの一つであります、楽しみshine

その前に、、、東京になかなか行けない件についてhappy01



東京行は日本国内旅行の中ではもっとも高価な旅になります、

新幹線も高いのですが、なんといってもホテル代がとんでもなく高いのですsweat01

5年ほど前まで出張で使っていたビジネスホテル(ま、小奇麗なホテルなんですが)、

6,000円位で泊まっていたビジネスホテルが、今は平気で1万円は取られますheart03

インバウンド効果、需給バランスとはいえ、、、

とにかく東京はホテルが希望通りに取れない、高いcoldsweats02

今回の東京行、

いくつかの動機とスケジュールが符合したのでなんとか実現したのですが、

4泊の予定、ホテルに泊まるとそれだけで4万円、

往復の新幹線代他を足すとあっという間に7万円位になります、

それに酒場での飲み代で、、、ざっと10万円仕事ですsweat01、、、

これはおいそれとは行けない、年に一度がやっとです、

仕事で、出張で東京へ行っていたのが如何に幸せなことだったかhappy01

身に染みておりますcatface

さて、今日のお目当は両国橋の中央区側の袂にある焼き鳥の「江戸政」です、

いつ出来たのか?東京単身赴任時は知りませんでした、



今回、「江戸政」を知ったのはこの本、

『コンクリンさん、大江戸を食べつくす』、

Cokurin_2

この本のよる影響と行動についてはまた明日にでも書くとして、



とにかく、人気店で数量限定みたいなメニューが多くて、

ルール作法もいろいろあって、

と、久しぶりにドキドキしながら、

でも毎度の如く詳細な研究、対応準備はせずにやって参りましたhappy01

開店は17時、15分前に着くとすでに列が、

さすがに早いな、もちろん並びます、8人目、

と、店の中からTVの撮影クルーがsign02

NTVの「メレンゲの気持ち」とかいう番組ロケだそうです、

え~、これって開店遅れるの?と瞬間的にビビりましたが、

そこはちゃんと配慮されていて、開店前に撮影終了みたいですgood

と思いきや、ADの方から、

『このあと、開店後の店内の様子を撮影させていただきます』

『顔出し大丈夫ですか?』

と、一人ひとりに確認されていましたhappy01

入店後の実際の撮影も立ち飲みには影響なし、

さすがプロの仕事やと感心しましたが、、、

ホントに感心したのは「江戸政」の仕事のほうでしたshine

さて、開店と同時に順番に入店、カウンターの中には大将とお姉さん、

立ち位置はお店の指示により決まります、

いろいろ作法があるんですhappy01



変形Jの字のようなカウンター、

順番に何らかの法則で左右に割り振られて(人数かな?)、

この辺りは立石の「宇ち多”」の客入れと似ていますね、



ワタシは8人目でJの字の縦棒下部に配置されました、

で、数人を残して満員に、全部で15~6人立てるかな?

開店から少し遅れて、ワイワイと楽しげに来られたグループのお客さんとかが、、、

すでに満員の店の状態を見て唖然茫然sweat02

え!?平日やのに、、、という感じで撤退されましたcoldsweats01

さて、まずは飲み物のオーダーを訊かれます、

よく分からないので、ワタシは「中瓶」500円也にします、

飲み物だけはキャッシュオンだそうです、

なんとなく前の人のやり方を観察しながら対応wink

で、あとはコースになっているようです、

というか、まずは基本コースが自動的に出てきます、

初心者としては、慣れた感じを演出しつつhappy02ドキドキしながら、

だまって流れに身を任せます、

まずは「つくね」、、、

110kai2

完全な生です、

生のつくねが2個、あまりのインパクトに、思わず一口齧ってからの写真ですsweat01

そうだ!「つくね」に関しては、

最初に、“生”か“タタキ”か?を訊かれたと思います、

うん、確か訊かれたはず、訊かれたような気がします、

もう初心者舞い上がってますcoldsweats01

なので、思わず齧ってからの、思い出して写真撮影、スイマセンsweat02

この「タタキ」、タレに浸っていて、ワサビと共に食すようです、

そのワサビの量がみなさん半端ないです、

ビックリするほど、めちゃくちゃ多量に取られてます、

ワタシは写真のように遠慮して少しだけ、

多い人はタタキの8分目くらいの量のワサビを取っておられましたsweat01

でも、それくらいイケました、美味しいワサビなのでイケます、

ワタシも足らなくなり追加しましたhappy01

そうそう、ワサビの容器などもみんなで共用、

必要な人に回しあう、愛溢れる作法があります、

結構ボリュームがあるので、ゆっくりと食して行きます、

その間も大将は焼きで大忙し、

次は「焼鳥」2本、

111kai2

うん、ボリューミーで見た目もイイけど、食べても美味しい!焼鳥、美味しい!!heart02

ビールはまだ少し残っていますが、燗酒にします、

ウイスキーがあったのか?焼酎もあったような気がしますが定かではないです、

お、「白鶴」の300ml瓶ですって、珍しいですね、初めて見ました、600円也、

113

これも現金先払いです、

つぎは「ピーマン肉詰め」、これも美味しかったheart02



のはずですが、なんと写真なし!heart03

完全に常軌を逸しています!平常心ではありません!sweat01

目の前に来た串にいきなりパクつきました、、、落ち込むcrying

そして次が「レバ」、

114

これもめちゃ美味しかったですheart02

うん!サイコーや、エエ仕事してますね~shine

これで基本コース終了、

で、入店順に追加オーダーを訊いてもらえます、

最初の方は「タタキ」、次の人は「皮」、「フジ」、うん??なんだ??

ドキドキしながら情報収集、

なるほど、そんな感じで頼むのねflair

順番が来ました、ワタシはとりあえず「タタキ」を注文good

「皮」とか「フジ」(これなに?な状態ですが)は次の回で頼もう、

とか、甘い考えを持っていたら、、、

ワタシの後で「皮」も「フジ」も続々売り切れにsweat01

あちゃ、そういうことですか、、、

注文は2品でもヨカッタみたいなので、先にもう1品注文すべきでした、

またまた失敗sweat02、、、

「タタキ」はこんなん、

116kai

中は結構レアな感じだったと思います、
(もうなんか全然余裕なし、忘れてるsweat02)

もちろん美味しかったですhappy01
(ホンマかいなsweat01)

ボリュームもあるので、これで結構お腹ふくれます、

そろそろと先着順にみなさんお勘定です、

粘る人でもあと一品くらい?メニューも品切れしてますからね、

で、ワタシもここでお勘定、1830円也、お酒題は別に先払いしてます、

東日本橋、両国橋袂の「江戸政」、

うん、評判通りの好みの店です、

立ち飲み焼鳥、焼き鳥はボリューミーで、メニューも魅力的、で美味しい、

さらに独自のルールや作法がある、というのも人気の源泉ではないかな?

今回は初探訪でいろいろとミスも犯しています、

もちろん、これではリベンジしなければなりますまい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

すでに日が暮れています、

117kai

さて、次の店に向かいましょうdash


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:南森町の「ミナミカワ」、とてもエエ角打ちです。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、

憧れの“カフェで打合せ”、なんか仕事が出来るような感じが^^)



今日のお店:南森町の「ミナミカワ」、とてもエエ角打ちです。 、、、



記事はこちらから ⇒




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

(番外編)東京蕎麦探訪~「歌舞伎蕎麦」、「雷門満留賀」、「文殊両国駅前店」、「いろり庵きらく」と食べ歩きました。

【2018年3月8日~11日】

 東京 蕎麦 
「歌舞伎蕎麦」、「雷門満留賀」、「文殊両国駅前店」、「いろり庵きらく」

さて、東京に来たらとにかく蕎麦を食べますhappy01

ランチはほぼ100%蕎麦です、間違っても、うどんは食しませんhappy02

蕎麦屋も老舗の上等な蕎麦屋ではないです、

だいたいが立ち喰い蕎麦とか、普通の街の蕎麦屋さん、

ま、そんな感じが好きなのですshine

で、東京酒場探訪2018の3日目の10日(土)はイベントが2件ありました、



午後からは、両国で「SF映画『インターステラ』で学ぶ、相対性理論超入門」、

141kai

はは、あまりに面白そうなのでわざわざ東京まで来てしまいましたhappy01



講師は東京工業大学理学院の山崎詩郎さん、

講演後のフリートークが大いに盛り上がり、

3時間ほどの予定を大幅にオーバーする事態に、

いや~、とても興味深かったし、来てヨカッタshine

夜はフォークライブnote

四角佳子さんのライブで、ゲストは佐久間順平さん、

161kai

こちらも楽しかったですgood

あれ?これでは酒場記事にはなりませんがなheart03

ねえ!こりゃまた失礼いたしましたcoldsweats01

 

今日は昼飲みを兼ねての蕎麦屋を紹介します、

今回は東京5日間毎日5回蕎麦屋へ行きました、

まずは初日、一番たくさん言っている東銀座の「歌舞伎蕎麦」で「盛りかきあげ」、

013

これは先日の記事で紹介しましたね、



2日目は朝から浅草を探訪、

067kai

不思議なだまし絵のような写真が撮れました、

いつもならこちら「翁そば」へ行くところですが、

「秋月」という蕎麦屋が気になり、開店を待っていたのですが、、、

11時30分を過ぎても開店の様子がなく断念sweat02

他にもいろいろ候補があったのですが、

なんとなく気になっていた、こちら「雷門満留賀」に入店、

071kai

ビールと「天ざる」、

070kai

ここは東京では珍しく“もり”ではなく“ざる”が定番みたいです、

蕎麦はそこそこ美味しかったですが、お店は明るい普通の蕎麦屋さん、

ちょっとおもしろくなかったなあcoldsweats01



で、3日目の今日土曜日は、

昼のイベント「SF映画『インターステラ』で学ぶ、相対性理論超入門」が両国開催という事もあり、

こちら「文殊両国駅前店」へ、

139kai

こちら、チェーン蕎麦店ですが、物凄く評価高いらしいです、

前にも入店した記憶がありますが、ここは確認のため行っておきましょう、

チェーン店ですが、椅子がありました、立ち食いではないようです、

この日のメニューは「春菊天蕎麦」に“竹輪天”をトッピング、

138kai

もちろん通し茹でのごく細い蕎麦、ほんとに美味しいですshine

それもそのはず、蕎麦も自家製の生麺のようです、

チェーン店の蕎麦でここまでのこだわり、凄いです、



5年間の東京生活経験があるので、醤油ベースの出汁も美味しく感じます、

これで480円はほんとうにリーズナブルですwink



「文殊両国駅前店」、東京最終日12日(月)のランチ時に再訪、

この時は「盛り蕎麦」に「かき揚げ」をトッピング、480円也、

306kai

調理の様子が見えたのですが、

「かき揚げ」のタマネギを店内でザクザク切っておられました、

すべて店内での手作りのようですね、素晴らしいshine

蕎麦は温かい蕎麦の方が合っているような印象でした、

そして、すぐ近くのJR総武線「両国」駅ガード下のある「いろり庵きらく」にも11日(日)の夜に行ってます、

299kai

錦糸町の「小松」で飲んだ後の〆ですwink

こちら「いろり庵きらく」も美味しいとの評判を聞きました、

「文殊」と張り合っている蕎麦屋さんらしいです、

こちらでは暖かい「かき揚げ蕎麦」420円也、

302

かき揚げも蕎麦も美味しいです、

が、個人的にはインパクトのある「文殊」の方が好みかな?

出汁も「文殊」に軍配を上げたい、

けど、このクオリティはやはりとってもリーズナブルですねhappy01

ほんとに安くて美味しい店がそこかしこにある東京は蕎麦天国でもあります、

まだまだ行かなきゃいけない蕎麦屋がたくさんあります、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

雨中の探訪、「丸好酒場」を目指しましたが、、、とりあえず「日の丸酒場」へ予定変更です。

【2018年3月8日(木)】

東京 八広 「日の丸酒場」

さて、東京酒場探訪2018の初日は雨中の行軍ですhappy01

押上から曳舟、そして東向島の「丸好酒場」を目指して歩いていますが、

途中で大衆酒場「岩金」に吸い込まれ、1杯飲んだ後ですshine
(昨日の記事参照)

まだ雨は降っていますが、お目当ての「丸好酒場」まではもうちょっとです、

気張って歩きましょうdash



東京単身赴任時代に覚えた“酒場探訪”、

おそらく数百軒の酒場を探訪したと思うのですが、

その中でも、もっとも頻繁に通った酒場の一軒が「丸好酒場」です、

探訪初期の頃に行った店です、

たしか、「下町酒場巡礼」(ちくま文庫)という本で一番最初に紹介されていたのが「丸好酒場」、

“日本で一番狭いトイレ”というのが印象的な店でしたhappy02

ちなみに、初期の酒場探訪のバイブルはこの「下町酒場巡礼」と、

なぎら健壱さんの「東京酒場漂流記」(ちくま文庫)でしたheart02

「丸好酒場」に初めて行ったのが2005年か2006年頃だから、

もう12年ほど前になるんだなあ、懐かしい~、

ヒミツのエキスの「丸好ハイボール」、大好き、

「煮込み」に「カレー」、ここのカレー好きなんです、

それに濃いタレが掛かった「ニラ玉」、みんな好きlovely

以前は「牛レバー刺し」が好物だったけど、いまはご法度heart03

ホンマなにすんねん!な気持ちですが仕方ないweep

一度、お母さんが怪我をされたのかな、

店を休んでおられたことがありましたが、また復帰されました、

とはいえ、また1年はご無沙汰していますsweat02

元気でいらっしゃると良いのですが、

大衆酒場「岩金」から歩いて7~8分程かな?

「八広」駅からの道との交差点を左折、
「丸好酒場」はもうすぐですshine

と、手前の土地が更地になっています、

う~ん、ここはなんだっけ?思い出せない、

ちょっと嫌な予感が過りますsweat02、まさかとは思いますが、、、

気が付くと無くなってた!!なんてことが良くある昨今の酒場事情ですcatface

少し早足になります、「丸好酒場」は、、、

有りました!ヨカッタ!happy01、、、

037kai

が、、、あちゃ、閉まっていますsweat01



今日は木曜日、たしか定休日ではないはずですが、

と、シャッターに貼り紙がしてありました、

『体調不良にて臨時休業させて頂きます』crying

036kai

そうですか、、、お母さんの体調かな?心配ですが、、、仕方ありません、

お大事にしてくださいconfident



ということで、残念ながら「丸好酒場」敗退ですheart03

さて、どうしましょうか?

ここら辺りは酒場が点在しています、エスケープルートはいろいろあります、

鐘淵の方へ歩いて「十一屋」という手もありますが、この雨です、、、

ここはすぐ近く、「八広」駅前の「日の丸酒場」にしましょうshine

2分ほどで「日の丸酒場」に到着です、

049kai

暖簾が逆にかかっています、縁起担ぎなのかな?

そしてここも暖簾は大衆酒場「日の丸」となっていますねsweat02

が、上の電飾看板は「日の丸酒場」表示shine

048kai

ほ、ここは「日の丸酒場」で良いでしょうhappy01

ではでは、入りましょうdash

この辺りの酒場の中では一番スクエアな酒場、

逆Lカウンターに座敷、座敷にも数組の客、流行っています、

カウンターの中には調理上着に調理帽をかぶった料理人、

酒場定番の木の椅子に、黒いタイルの床、

047kai

はい、きっちりスクエアな酒場ですhappy02

いつもは、入ったところの逆L底辺に座ることが多いのですが、

今日は先客あり、

奥の縦棒上の方に着きます、

「燗酒」にします、ここは湯煎ですね、可愛い銚子で湯煎です、

039

木札のメニューには「一級酒」250円也、「二級酒」200円也の表記、

頑としてこの表記ですhappy02

何も言わないとおそらく「二級酒」が出てきます、

料理は「肉豆腐」400円也、

041kai

カウンターの中のお兄さんは揚げ物他、

大方の料理や、酒の燗などをちゃっちゃっとこなされてます、
(奥にも厨房があり、刺身系とかは奥みたいです)

TVが入ったところの端、天井近くに設置されているので、

こちら側からはTVがよく見えます、

客もカウンターの中のお兄さんも、フロアの大将もTV観てます、

カウンターのお兄さん、野球好きみたいでシャドーピッチングも出ますhappy02

でも、料理やお酒を出す手は早いです、さすがプロですgood

他のお客さんのほとんどが「ハイボール」を飲んでおられます、

もちろん「焼酎ハイボール」、

焼酎を入れて、その上から炭酸入りの茶色いエキスが投入されますshine

氷は無し、

ま、この辺りの酒場は「焼酎ハイボール」が基本なんですが、

ここも、こういう出し方だったっけ?

ちょっと記憶にないです、

いや、ワタシの記憶があやふやなんだと思いますが、

とにかく、みなさんドンドン「焼酎ハイボール」お代わりなので、お兄さん忙しいですhappy01

ワタシはと云うと、

ちょっと雨の中を歩いてきたこともあり、「燗酒」をお代わり、

ここは“フライ系”が美味しいので、

なにか揚げ物と「焼酎ハイボール」に行きたかったのですが、

今日はもう無理、なんか飲めそうにないです、
(最近、めっきり酒量が落ちていますsweat01)

迷いながらも、酒場探訪はまだ明日もあります、ここは自重、

これでお勘定にしました、明朗会計、800円也、

京成「八広」駅前の「日の丸酒場」、

下町の酒場ではありますが、スクエアな酒場です、

料理もきっちりしています、

そのせいか、ここはなんか「燗酒」のイメージでしたが、

次回は「焼酎ハイボール」を呑んでみましょう、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



京成線で「本所吾妻橋」まで戻りました、

雨にむせぶスカイツリー、

055kai



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

さて、東京探訪初日の夜、まずは「丸好酒場」を目指しますが、その前に東向島の「岩金酒場」へ吸い込まれました。

【2018年3月8日(木)】

東京 東向島 「大衆酒場 岩金」

1年振りの東京酒場探訪2018happy01

本所吾妻橋の宿(民泊)に荷物を降ろして出掛けます、

計画では京成立石の「宇ち多”」へ行く予定でしたが、

偶然見つけた「野口鮮魚店」で「上ちらし寿司」を食べましたshine
(前の記事参照)

お腹がいっぱいなので、なんか「宇ち多”」は回避したい気分になりました、

雨が降りそうな天気ですが、

腹ごなしもかねてとりあえず歩いて東向島の「丸好酒場」を目指すことにしますdash

だいたいの土地勘はあります、

スカイツリーを横目に「押上」駅の横の橋を渡り、

そのまま京成「曳舟」駅を目指します、が、、、

思ったより遠かったですcoldsweats01

途中で見つけた揚げ物屋さん、

025kai

ささやかなサービス(カキふらいに注目happy02)に思わずニコリ、

京成「曳舟」駅に近づくと雨がぽつりぽつりと落ちてきましたsweat02

そして、、、あれ?なんか駅前の雰囲気が変わっていますね、



え!?「三祐酒場」って、ここらにあったんじゃなかたっけ?

あれ?、、、coldsweats02

たしかに、この辺りに「三祐酒場」(本店)があったはずです、

今は広い公開空地みたいな綺麗な空間になっていますheart03



うむ、、、こりゃ無くなったかな、残念無念sweat01

この辺りでは、ずいぶん前に「赤坂酒場」という店が閉店廃業しています、

「曳舟」辺りも寂しくなったなあsweat02、、、綺麗になったというべきか、、、think

傘を差して”水戸街道”?を歩きます、

ここまでくればあと15分もあれば「丸好酒場」です、

が、、、うむ、、、トイレに行きたくなってきましたcoldsweats02、結構冷えてますからね、

昔、ここの”ブックオフ”でトイレ借りたっけ?

とか思いながらズンズン歩きます、

しばらくすると「岩金酒場」があります、

027kai

ここも良い酒場ですheart02

トイレも行きたいし、、、

はい、まずはここで「焼酎ハイボール」を一杯だけ飲んで行きましょうhappy01

ということで、予定変更で「岩金酒場」へ入店ですdash

懐かしい店内、記憶そのまま、紫煙が漂っています、

入ったところの逆Lカウンターの底辺角に着きます、

とりあえずの「焼酎ハイボール」を注文、

傘やら濡れた上着やらの始末が忙しくしていると、

氷の有り無しを訊かれて反射的に”入れてください”と応えましたが、

ここはほとんどの方が”氷なし”でしたねcoldsweats01

028

ソーダは小瓶で出てきます、

即、トイレを借りて課題解消、スッキリhappy02

カウンターには一人客やカップル、テーブル席には家族連れ、

多彩な客層で変らぬ繁盛ぶりです、

カウンターの中にはお姉さんばかり4人ほど、豪華なスタッフィングですwink

料理は「ニラ玉」400円也、

031kai

なぜか、この店は「ニラ玉」のイメージなんだなあ、

毎回、頼んでいるような気がします、

あ、さっき入る時に気付いたのですが、

ワタシ、ここを”岩金酒場”と心の中で呼んでいますが、

暖簾も看板も”大衆酒場 岩金”なんですねhappy02

今日初めて気づきましたflair

026kai

この店は「大衆酒場 岩金」なんだね~、失礼しましたsweat01

壁のメニューの端っこに、

『代金に3%上乗せさせていただきます』みたいなことが書いてあります、

珍しいですね、3%上乗せ、

推測するに消費税5%から8%に上ったのが2014年、

その時にメニュー改定は無く、差額の3%をいただきます、という事でしょうか?happy01

はい、ここはこれでお勘定にします、1杯だけで申し訳ないです、

770円也、あは、しっかり3%上乗せされています、律儀happy02

「大衆酒場  岩金」、

ここもエエ酒場です、相変わらずの繁盛ぶり、

お店の方も、みなさんお元気でなにより、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、では今日のお目当の「丸好酒場」を目指しましょうdash

(つづく)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:高度な店舗運営でストレスフリー!?天満の「奥田酒店」。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、

車掌さんのアナウンス、次の停車駅を忘れてる!?時があるんですわ^^)



今日のお店:高度な店舗運営でストレスフリー!?天満の「奥田酒店」。


記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

地酒ワンカップ・コレクション No.6~京都市伏見区【玉乃光 純米吟醸】

地酒ワンカップ・コレクション No.6、

【玉乃光 純米吟醸】

001
002

純米酒以上しか醸さない京都伏見の玉乃光、

カップ酒も純米吟醸、

吞み口は辛口ですが、コメの旨味も後から追っかけてきます、

カップ酒でもしっかり造ったはります、

購入日:2018年4月21日(土)

購入場所:京都七条京阪 サークルK

価格:失念!

蔵元:玉乃光酒造(京都市伏見区)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

1年振りの東京探訪、まずは東銀座「歌舞伎蕎麦」から本所吾妻橋の「野口鮮魚店」でスタートしました。

【2018年3月8日(木)】

東京 東銀座「歌舞伎蕎麦」~本所吾妻橋「野口鮮魚店」

さて、ほぼ1年振りの東京に来ておりますhappy01

時間は結構あるんだけど、先立つものがなくって、なかなか来れない東京、

とくに東京のホテルはホントに高くなりましたsweat01

インバウンドの観光客が増えたおかげで、

普通のビジネスホテルまでが、

1泊1万円超も当たり前の世の中になってしまいましたheart03

で、今回も前回同様、民泊利用です、

1泊4500円位で4泊、これなら何とかなりますwink

ということで、お昼頃に東京駅に到着、

今回は山cherryblossomも登る予定なので、ザック担いでそのまま東銀座を目指しますdash

目指すは、、、「歌舞伎蕎麦」、

はい、東京来たならランチは蕎麦です、蕎麦好きですheart02

関西にも蕎麦屋は多くありますが、やはり東京の蕎麦屋の方が魅力的shine

とくに安い蕎麦屋でも、立ち喰いの蕎麦屋でも美味しいのが嬉しいです、

で、その代表格の一つが「歌舞伎蕎麦」です、

東京勤務地がすぐ傍だったので、5年弱、週に一回は通っていました、

間違いなく“人生で一番たくさん食べている蕎麦”が「歌舞伎蕎麦」の蕎麦ですhappy02

2013年の歌舞伎座改築のあおりで一旦閉店してしまいましたが、

常連さんの熱意ですぐ近くの別の場所に再開店、現在に至っています、

1年振りの「歌舞伎蕎麦」、ではでは入りましょうdash

昼時をちょっと過ぎていたので空いています、3人待ちくらいです、

自販機でチケットを買います、定番の「盛りかきあげ」470円也、安い、

けど、昔はいくらだったのかな?忘れちゃったなあ、370円だったかな?

そして、、、あ、お母さんも変っていますね、

前の店では大将とお母さんが仕切っておられました、



大将の無駄のないリズミカルな動きが大好きでしたheart02

どんどん来る注文に合わせて、蕎麦をゆでる、冷水で冷やす、盛る、

一連の作業がルーティーンになっており、その見事な動きに見とれていたものです、

新店舗になってからは大将に代わって若いお兄さんが出ておられました、

今日は女性二人、お母さんも引退されたんでしょうか?

はい、早々に順番が来ました、「盛りかきあげ」もすぐに出てきます、

014

イメージ通りの味ですhappy01

蕎麦は独特の食感、繊細な蕎麦ではなくゴロとした感じなんだけど、これが美味しい、

「かきあげ」は手で割って盛りに添えられます、

これも美味しい、なんか、今日は凄く甘く感じるなあ、この「かきあげ」好きheart02

はい、さっと食べて退店です、まだお待ちの方がおられます、



東銀座、路地裏に引っ越した「歌舞伎蕎麦」、

お母さんがおられなくなったのは寂しいですが、

相変わらず美味しい、好きな蕎麦屋、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

リュックを担いだまま宿のある「本所吾妻橋」駅に向かいます、

都営浅草線で1本、便利です、

駅のコインロッカーにリュックを預けて、宿の下見、

その後は京成「立石」のもつ焼き「宇ち多”」を目指すプラン、、、でした、、、

が、宿(民泊)の建物の場所を確認して駅に戻る途中で見つけました、

「野口鮮魚店」、

018kai

最初は魚屋さんかな?と思ったのですが、この時間でお待ちの列ができています、

へ~、なんやろ?と表に出ているメニュー看板を見ると、、、

017kai

なるほどflair、海鮮丼などがウリのお店みたいですね、

平日のこの時間でまだ並んでいるという事はエエのかな?

うむ、ここは入ってみましょうか?

ね、せっかくのご縁ですから(なんのこっちゃhappy01)、

さっき、蕎麦を食べたばかりですが、

ビールを飲めば入りそうです(食いしん坊happy02)、

という事で並びます、

結局、25分くらい並んで無事入店、

注文は「上ちらし」1400円也と「あら汁」200円也、

それに「生ビール」550円也、

020kai

たしかに見た目豪華、東京っぽい盛り具合ですwink

021kai

東京の人って、なんか「海鮮丼」好きですよね~、

でもないかな?観光客が好きなの?あ!ワタシも観光客だhappy02

たしかに美味しいのですが、イメージを越える美味しさ、という訳でもなく、

築地場外で食べる時とイメージ似てます、

ま、こんなもんかな、という感じ、

安いと云えば安いのかな、

はい、完食してお腹一杯になりました、



本所吾妻橋の「野口鮮魚店」、

ゆっくり飲む店ではないかな、ね、

夜(というか夕方)もやっているようですが、

やはりゆっくり飲む感じではないようです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

さあ、お腹がいっぱいになったので「宇ち入り」は延期ですcoldsweats01

とりあえず、先にチェックインして、墨田区の酒場を目指しましょう、

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

布施リベンジ探訪、2軒目は「大西酒店」、美味しい日本酒がリーズナブルにいただけます♡ここも再訪確実です。

【2018年2月27日(火)】

大阪 布施 「大西酒店」

さて、木曜定休日の失敗からのリベンジ布施探訪、火曜版happy01

四条通にある「三笠屋酒店」で2杯ほど飲んだ後です、
(昨日の記事参照)

しかし、「三笠屋酒店」はエエ店やったなあ~shine

さすが布施、居心地の良い角打ちでしたgood

で、2軒目はアーケードのある“ほんまち FLOWER ROAD”商店街にある「大西酒店」です、

036

しかし、この商店街も元気ですね、

ほとんどシャッターがありている店はありません、

で、ここが「大西酒店」、大きな酒店です、

038kai

前回探訪時はここもシャッターがしっかり閉まっていて、何もない状態、

寂しかったなあsweat02、、、

でも、今日は大丈夫wink

角打ちの入り口は右側のようです、

039kai
040

お、暖簾も出ているし、営業中の札も出ています、

ではでは入りましょうdash

明るい店内、7~8人立てる逆Lカウンター、立ち飲みコーナーは狭めですね、

先客が4人くらい、奥の方が空いていたので一番奥まで入ります、

カウンターの中には若いお母さん、え~っと、燗酒下さいshine

はい、

と、なんと錫のチロリで湯煎です、素晴らしいですね、

041

「白雪温酒場」と同じチロリですね、これだけで相当好感度高いですup

そして、燗酒の日本酒は「越州」でした、これまた贅沢ですねwink

043

角打ちの定番酒と云えば、灘か伏見の本醸造が多いと思うのですが、

「越州」とは、、、

お母さんに云うと、、、

あらそう、うちはいろいろエエお酒置いてますから、、、

東京の日本橋に「越州」のお店がありますよ、とのこと、

そうですか、ワタシは銀座木挽町辺りの「越州」で飲んだことありますhappy01

あ、あそこはもう閉まったかな?

なるほど、日本酒のレベルも高そうですね、



肴は「湯豆腐」、

042

もう一品、これは「うなぎの肝」だったかな?

047

これで「越州」の燗酒をチビチビといただきました、

この日の日本酒はこんな感じ、

044kai

量が分かりませんが、間違いなく安いでしょう、

さて、次は何を呑むかな?と検討していたら、

お母さんから「地酒三種飲み比べ」500円也を奨められました、

お得なので、みなさん喜んでおられますよ、

了解!それでいきます!!dash

おお、これで500円sign02、これはホントにお得ですねheart02

050kai

この日の三種は「奥」、「辨天」、「龍力」です、

これ、ほんまに500円ではありえないラインアップですね、

それもグラス(80~90cc?)並々、

これは参りました、文句なしのクオリティとCPですshine

「辨天」が美味しいですね、「奥」も好きなタイプ、

こうなると、料理も追加したくなったので「鯛の塩焼き」、

052

これも美味しいですやんlovely

鯛の白身で地酒をゆっくりいただきます、

隣りに来られた常連さん、結構なお歳とお見受けします、

動作はゆっくりですが、しっかり呑んでおられます、



ワタシ、サウナで足踏みして鍛えてます、

ワタシ、「三笠屋」では最年長ですわhappy02、とのこと、

なによりです、いつまでも元気でお酒を楽しんでください、

さらに入店があり、イイ感じで暖まって来ました、

ワタシはここらでお勘定です、1620円也、ここもまた安!

布施の“ほんまち FLOWER ROAD”商店街にある「大西酒店」、

日本酒のクオリティでは布施で一番やと思います、

こんな安くて美味しい日本酒がいただける店が近所にあったら、毎日通ってしまいますわ、

料理も安定して美味しいです、

これは再訪確実ですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04



駅に向かう途中で二条通を確認、

053kai

布施も古くからのエエ街です、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

前回、定休で未探訪だった布施の「三笠屋酒店」、のんびりと、楽しく飲める角打ちのような気がします。

【2018年2月27日(火)】

大阪 布施 「三笠屋酒店」

布施の酒場を探訪するなら、、、

一つだけ気を付けなければいけない、

一つだけ憶えておかなければいけないことがあります、

それは、、、

木曜日は避けろ!、、、ですhappy01

いやいや、そないたいそうなことでもないのですが、

前回、なにげなくフラっと布施を探訪したのが木曜日でした、

その日は未探訪の角打ち2軒を回るつもりだったのですが、、、

なんと、2軒とも木曜が定休日sweat02

あちゃ~な事態になってしまいましたcoldsweats01

木曜定休か、まったく考えていなかったなあ、

普段からあまり下調べはせずにフラっと行くことが多いのですが、

にしても、

布施まで行ってお目当2軒が共に定休日というのは堪えましたcatface

なので、布施の酒場探訪するなら木曜日は避けろsign03

あ、他の店の定休日もあるので、

ちゃんと調べて行きましょう!という意味ですhappy01



で、今日は火曜日、ちゃんと教訓を活かしています、
(それくらい誰でも考えるgawk)、

心斎橋辺りで仕事終わり、ふと布施探訪リベンジを思い付きました、

善は急げ、今日は火曜日だ、木曜日じゃないsign01happy02

ということで近鉄「難波」駅から「布施」駅へ到着、

お目当ての店の場所は前回の空振り探訪で熟知しています、

すぐに大きな商店街のアーケードを南へ向かいます、

300mほど歩いて、アーケードが切れたところを右折します、

034kai

このアーケードの通りは“ほんまちFLOWER ROAD”というみたいですねwink

で、この東西の通りは四条通という事みたいですflair

本町も四条通りもある(たしか二条通りもありました)、

さすがに布施も歴史のある街でありますshine

アーケード終わりを右折してすぐにお目当ての店がありました、

「三笠屋酒店」、

018kai

渋い外観と云う訳ではありません、間口も狭い、でも、、、

入りましょうdash

奥に長い店内、右側にカウンター、

奥には少し広いスペースがあってそこで何人かが飲んでおられます、

カウンターの中にはお母さん、

お父さんは、、、座り飲みの中のお一人が大将でしたhappy01

入ったところのカウンターに着きます、お母さんがすぐ対応してくれます、

アサヒの「小瓶」、

023

グラスは“若桜”、うん?どこの酒だっけ?

グラスの社名は“協和発酵工業株式会社”となっています、これは絶滅酒かなsweat01

たしかカウンターにショーケースがあって、その中から「チャプチェ」、
(でヨカッタっけ?sweat02)、

026



お母さんから訊かれました、どうして(なぜ)来られたの?

あは、そうですよね、このお店の客層とは違うんでしょう、

常連さん率が高いんでしょう、

正直に答えます、

こういう店が好きで飲み歩いています、ネットで見ました、

最近、そういう若い方がちょくちょく来られるんです、ありがたいですheart02

うちの店もネットに出てるらしいですね、

ワタシらは見てないですけど、

はい、ちゃんと“食べログ”にも出ていますよ、

部外者の入店、喜んでいただけるなら嬉しいですshine

奥の常連さんの宴会は大いに盛り上がっています、

空調の関係か?結構距離があるのに紫煙が流れてきます、

これはちょっと参った、次回は立ち位置も考えようhappy01

小瓶が無くなったので日本酒にします、

定番酒は?

「桜正宗」です、

ええですね、ではそれをお願いします、180ml320円也かな、

027

「桜正宗」は灘のお酒、

阪神間ではわりと見かける銘柄ですが、ここ布施で、珍しいですね、



昔からの定番みたいです、

桜正宗って結構良いお酒で、正宗の元祖だそうですよ、とのこと、

よく御存じで、

“正宗”系の銘柄の元祖はたしかに桜正宗なんですね、1717年創業、

“正宗”が全国に広まった経緯はこちらが詳しいです、

肴は「玉子焼き」

028

居心地が良かったからか?

「桜正宗」がナミナミとあるからか?

さらに「鯖塩焼き」も追加happy01

032

肴、料理はメニューがないので値段不明、

これでお勘定にしました、1420円也、安いですね、

布施の「三笠屋酒店」、

朝9時から営業、夜7時閉店、と云って8時くらいまで(お母さん談)、

創業70年ほど、戦後すぐの創業も酒屋では新しいほう、向かいの漬けもん屋はもっと古いらしい、

常連さんがのんびり飲んでる角打ち、

エエ店でした、好きなタイプの店です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

地酒ワンカップ・コレクション No.5~神戸市東灘区【神戸カップ(福寿)】。

地酒ワンカップ・コレクション No.5、

【神戸カップ(福寿)】

001
006kai
005kai

お!柔らかくて美味しいです、やるなあ~、福寿happy01

震災復興ラベル、

購入日:2018年4月7日(土)

購入場所:神戸 有馬温泉駅近くの酒屋

価格:失念!

蔵元:神戸酒心館(神戸市東灘区) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:ホンマの“せんべろ”です、萩ノ茶屋の「難波屋」。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、

家のプリンターが壊れました、代わりを買う?買わない?

今日のお店:ホンマの“せんべろ”です、萩ノ茶屋の「難波屋」。



記事はこちらから ⇒



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

今日は宇治で探訪です、宇治橋通り商店街の「寶屋酒店」、懐かしいフォークソングの話で盛り上がりました♪

【2018年2月22日(木)】

京都 宇治橋通商店街 「寶屋酒店」

今日は京都市の南、宇治市で飲みますhappy01

宇治には結構、同級生や知り合いが住んでいるんですよね、

最近は行っていませんが、

中の島での「桜まつり」でも何回か演奏させていただきましたねnote

もちろん宇治は古い街ですから、エエ酒場もあると思うのですが、、、

そういうと酒場探訪はまだしていませんでした、

と、その「桜まつり」のステージを誘っていただいたHさんが、

宇治で立ち呑みに行っておられる記事をFBで発見flair



行きます!happy01

宇治橋商店街にある酒店ですよ~shine

と、教えていただきました、これは行かねばなりますまいdash

ということで、今日は宇治へ向かっています、

宇治へ行くには京都駅からJR奈良線で行くか、

中書島駅から京阪宇治線で行くことができますtrain

今日は神戸方面からなのでJRが便利です、

JR「宇治」駅を降りて広い道を渡って突き当たると、古い街道筋のような通りがあります、

これが“宇治橋通”ですね、

アーケードがあるわけではないですが、この通りが商店街になっていますwink

毎度の如く、詳しい下調べはしていません、

とりあえずこの宇治橋商店街にあるんだから歩けば分かるでしょう、

ということで、繁華な左方面へ進むとこんな銭湯がありました、

014kai

エエ感じですgood

このまま進むと宇治橋や平等院へ繋がっています、

たぶん「寶屋酒店」はこの先のどこかにあると思うのですが、、、

念のため、右方面を先に探訪しておきましょか、、、

と、少し戻って右方面行くと、、、、

あら!いきなりありました!!「寶屋酒店」、

015kai

こちら側でしたか、ヨカッタ、

あのまま進んでいたら300mくらいは歩いたところですcoldsweats01

エエ感じの外観ですね、

なんかイメージ通り、ではでは入りましょうdash

あら、誰もおられませんね、

土間にカウンター、酒が並ぶ棚、奥のほうにはリーチインがあります、

017

へ~、エエ感じです、

と、奥から若い大将が出て来られました、

スイマセン、もう飲めますか、

はい、どうぞ~、

ということで、無事入店ですwink

とりあえずビールかなんか飲みたいのですが、

奥のリーチインから、はい、ちょっと見せてもらいます、

018kai2

「MALTS」のなんか新しいのん?これにします、

019



早々に大将に告げます、

Hさんが来られているのをFBで見かけて来たんです、


あ~、はいはい、それで、なるほどshine、ギター繋がりですか?

あ、はい、最近はあまりやってないのですが、OOOというバンドで、

聞いたことあります、伏見の醍醐とかでもやられてましたよね、

ということで、一気に話が進んで打ち解けますhappy01、ヨカッタheart02

「オイルサーディン」の缶詰が目に留まったので、それを所望、

今点けたばかりのストーブの上で温めていただきます、

それまでは、たしか「柿ピー」かなんか、乾きモノで繋ぎました、

大将、もちろんここ「寶屋酒店」の店主でありますが、

宇治橋通商店街の世話もされているようです、

やはり、古い商店街は苦しいようですが、

このところは外国人観光客も増えてきてshine

やっと成果が出て来たそうですup

この辺りももう酒屋の立ち飲みは少なくなりましたが、

大久保に一軒、まだあるそうです、

貴重な情報、おおきにです、今度寄ってみます、

そして、大将はアコースティックギターの調整修理もやっておられるそうですflair

へ~、

ちょうど修理が終わったところのMorrisのギターを持って来られました、

たぶん1970年代のモノと思われますが、

サウンドホール内にシールなどの型式や製作年度が分かるモノはありませんでした、

枯れてエエ音出てます、大将がちょっと、ワタシもちょっと弾いたりしてcoldsweats01

「オイルサーディン」が出来上がりましたshine

021



日本酒にしましょか、せっかくなのでこの近くの蔵の酒を所望、

で、これが出てきました、「城陽」、

022kai

城陽市は宇治市の南に位置する街、城陽市の「城陽酒造」の酒です、

城陽市は他にも美味しい酒があります、

日本酒造りが結構盛んなイメージです、

コップなみなみ入れていただきますlovely

うん、しっかり旨味のあるエエ酒ですgood

これでお勘定にしました、1250円也、

宇治橋通商店街の「寶屋酒店」、

JR「宇治」駅から徒歩2分、渋い感じで佇んでいます、

文字通り酒屋の角打ち、料理はそんなに揃っていません、

が、ギターや懐かしいフォークソングの話でついつい長居しました、

エエ気分です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

偶然、立ち飲み「最」の本町店を発見、昼間はみつからないですが、夜はすぐに分かります、日本酒も肴も安心の実力。

【2018月2月20日(火)】

大阪 本町 立ち飲み「最」本町店

この2年程、本町へ来る機会が増えました、

で、GOも含めてhappy01

中央大通りと長堀通、御堂筋と堺筋に囲まれたエリアを歩いていることが多いのですが、

偶然見つけましたflair立ち飲みの「最」本町店、

中央大通りの1本南の丼池筋にあるのを見つけました、

へ~、知りませんでした、

おそらくは裏なんばの「最」の支店、という事になるんでしょうね、

「最」と云えば、

裏なんばを中心に沸き起こった“立ち飲みで日本酒がちゃんと飲める店ブーム”の先駆けですねgood

結構、ワタシの好みの酒が置いてある(個人の感想です)ので好きなんですが、、、

狭い店だし人気しているので、なかなか入れない感じcoldsweats01

さらに「日本酒と私」、「兵吾」、「もんぞう」、「ひでぞう」などが出揃って、

そっちへ流れてしまった、な感じです、、、スイマセンsweat02

立ち飲みで云うと、場所が近いこともあり「丑寅」と同期生みたいなイメージ(個人の感想ですhappy01)、

いずれにせよ、裏なんばのフロンティア、

立ち飲み日本酒の先駆者であることは間違いないshine

その「最」の支店ですか?これは行かねば、と、

初めて見掛けた時は用事があったのでそのままスルー、

後日、昼間に探しに行ったのですが、、、発見できずsweat01

たしかここだったはず、

と思える場所には何もなく、ただシャッターが降りたビルの一角、

確信が持てぬまま、またもやスルーheart03

で、今日は、、、すぐ分かりました!

表には一升瓶がディスプレイされているので見逃しようがありませんhappy01

033kai

ただ、店自体はおそらくシャッターがありてしまうと、

痕跡をまったく残さないような作りsign01

「インディ・ジョーンズ 失われたアーク」に出てくる“異国の市場の隠しガレージのような店”です(なんのこっちゃhappy02)、

おそらく、、、

ではでは、入りましょうdash

小さなお店、カウンターで7~8人?壁には立ち呑みテーブルがあったかな?

先客は若い女性が一人、カウンターの中にも若い女性が一人、

うむ、なんか違う感じの店なんかな?sweat02

と一瞬不安が過りましたが、、、もちろん杞憂でしたwink

間違いなく“立ち飲みで日本酒がちゃんと飲める店”です、



日本酒は正面のリーチインに並んでいます、

035kai

「新政6」が何本みえますね、値段が650円、850円、1050円と見えます、

カウンターの中のお姉さんに訊きます、あの違いはなんですか?

米の磨きの違いですね、

なるほど、ではワタシとしてはあまり磨いてない方が好みなので650円也の「新政6」にします、

034

う~ん、やはり美味しいheart02

米の味がしっかりする好きなタイプ(個人の感想ですwink)、

肴はお奨めの「肴4種盛合せ」300円也、

これがまた良かった、お得感ありますgood

タコわさ、和風チーズ、いぶりがっこ、スパサラ、全部安定しています、

036kai

ま、本店の「最」もたしか料理は安くて美味しかったと思います、

DNAは受け継がれてる、

いや、支店やから、「最」の血がちゃんと流れている、かwink

もう一杯飲みましょう、好みを伝えて、お姉さんにお奨めを訊きます、

で、これに決定、初めて見ました、

新潟の「イットキー」生酒しぼりたて600円也(たしか・・・)、

038kai

濁ってます、、、

040kai

こんなん好きなんですheart02



で、辛い!(のはあまり得意じゃない)、が、

その後にグレープフルーツのような酸味が来ます、

これは珍しいお酒ですねshine、、、こういう癖のある日本酒、、、好きですlovely

お姉さん、ちゃんと日本酒のことご存知ですね、

説明も的確でした、やりまんな~happy01

この日は2軒目ですが、しっかり食べていなかったのでお腹が減りました、

メニューで気になっていた「素焼きそば」300円也を頼みます、

あ、お客さん、これもお奨めです、美味しいですよ~shine

と、サクサクと作っていただきました、

おお、たしかに「素焼きそば」ですが、

海苔と玉子のトッピング、一丁前です、

042kai

これも美味しかった、イケてます、満足のオーダーとなりました、

「素焼きそば」にはやはりビールか?、と、3杯目は「ハートランド」にしました、

043

これでお勘定は2520円也、外税ですな、

「最」本町店、

昼間は姿を隠していますが、夜はしっかり主張しています、

046kai

日本酒の揃えも良い感じ、

料理のクオリティが高いのは「最」の血脈、

まだ、場所に馴染んでないような気もするけど、まあ大丈夫でしょう、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »