« 地酒ワンカップ・コレクション No.7~新潟県魚沼市【NewCup NIIGATA清酒(緑川酒造)】  | トップページ | 東京酒場探訪2018、最終日は蒲田のトンカツ「まるやま食堂」でのランチからです。 »

2018年5月28日 (月)

「いせや」の後は、錦糸町まで移動、また呑みたくなってきたので「小松」でホッピーと「まぐろぶつ」、ここも間違い店です。

【2018年3月11日(日)】

東京 錦糸町 「小松」

東京酒場探訪2018、日曜日の今日は、、、山行から「いせや」

陣馬高原口から陣馬山~景信山~高尾山口までの縦走(20km6時間)

吉祥寺の「いせや」で下山後の一杯を楽しんだ後です

いや~、山行は疲れたけど、久しぶりの「いせや」はヨカッタね、

美味しいし安いし、やはり「いせや」は不滅やな、満足、満足

時間は17時頃、では、中央線に乗って宿へ帰りましょう、

心地良い疲労感、シャワーも浴びたいしね、

宿は東駒形の民泊、そう、東京のホテルは高くて泊まれないよ、もう



途中で乗り換えて最寄駅の「本所吾妻橋」駅まで帰ることもでるけど、

面倒なので、ここは「水道橋」駅で総武線に乗り換えて「錦糸町」駅で降りることにしました、

ここから宿までは15分か20分くらいかな?十分に歩いて帰れます、

でも、う~ん、電車に乗ってちょっと落ち着いたら、、、

まだ、飲めそうです

錦糸町にはエエ酒場が何軒もあります、ここはもうちょっと飲んで帰りましょう

でも、日曜日でもやっている店と云うと、、、ここですね、駅から3分、近いしね、

京葉道路に面したアーケードの商店街にある「小松」、

287kai

前回東京探訪時に初めて探訪

ホッピーも飲めるし、末枯れていて、大将の仕事ぶりも好きになりました、

今日はここで飲んで帰りましょう、入店です

入ると縦棒の短いコの字カウンター、常連さんで6分の入り、

カウンターの中には大将、

ここの大将、結構存在感あります、パワー強いです、圧感じます

一人客であることを示します、

大将の圧にちょっと腰が引けながら入ったところの席に着きます

とりあえず、飲みたかった「ホッピー」セット390円也、

288kai

そして、「まぐろぶつ」350円也を即注文、

288kai2

前回探訪時にここの「まぐろぶつ」がとても美味しかった記憶があります

「いせや」でもつ焼きを食べた後なので、

ちょっと魚系が欲しい口になっていました、

う~ん、美味しいです、やはり東京はマグロが美味しいです~

そういうと錦糸町駅前には、なんか美味しそうな魚屋も並んでいます、

錦糸町はとくに美味しいのかな?(そんなことないか)

料理のオーダーが入ると大将は奥に発注、

料理が出来ると、奥からお兄さんが出て来られて料理を配膳、

家族経営?どうでしょうか、なんかそういう雰囲気を感じます、

「ホッピー」中をお代わりして、料理は「マカロニサラダ」350円也、

290

先客のオーダーが美味しそうだったので注文です、

お、こりゃ手作りですね、

玉葱がたっぷり入っています、珍しいですね、「マカサラ」にタマネギ、

でも、とっても美味しいです、さすがですね、

はい、これで満足です、

勘定をお願いすると大将が即答、1090円也、

うお!やはり、ここの大将、なんか凄いです、

すでに私の勘定を見越して計算されていたみたいです

 

錦糸町の「小松」、

好きな感じの街の酒場です、大将の存在感も凄い、

この辺りは随分前に再開発されていると思いますが、無事生き残っています、

これからも元気で営業を続けてくださいませ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

これで宿に戻ると思いきや、、、

今日はまだ蕎麦を食べていないのを思いだした

両国まで歩いて「いろり庵きらく」で「かき揚げ蕎麦」を食べました

302



行く途中で気になる店が2軒ほど、

「酒蔵 駒忠」両国店、

294kai

「駒忠」って、何店舗かありますね、蔵前にもあったような気がします、

一度、入ってみるかな?

そして、「東京立呑倶楽部」、

298kai

2階がなんとか「ぎょうざ会館」というのも受けました

ここも一度入ってみましょうか?

|

« 地酒ワンカップ・コレクション No.7~新潟県魚沼市【NewCup NIIGATA清酒(緑川酒造)】  | トップページ | 東京酒場探訪2018、最終日は蒲田のトンカツ「まるやま食堂」でのランチからです。 »

墨田区(押上本所石原錦糸町)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いせや」の後は、錦糸町まで移動、また呑みたくなってきたので「小松」でホッピーと「まぐろぶつ」、ここも間違い店です。:

« 地酒ワンカップ・コレクション No.7~新潟県魚沼市【NewCup NIIGATA清酒(緑川酒造)】  | トップページ | 東京酒場探訪2018、最終日は蒲田のトンカツ「まるやま食堂」でのランチからです。 »