« 今回の東京探訪で行きたかった店、人形町の「酒喰洲」はまさかの移転開店初日!で敗退、月島の「牛若」で一献。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:福島の「ジャックとマルチダ」、料理が美味しい立ち吞みです。 »

2018年5月24日 (木)

東京酒場探訪2018、4日目は山行からの吉祥寺「いせや」でまずは一杯です、久しぶりです。

【2018年3月11日(日)】

東京 吉祥寺 「いせや」

東京酒場探訪2018、4日目は山行から始まります

2015年10月から始めたハイキング、

いままで、ほとんどやったことなかったのですが、すっかり嵌ってしまいました、

2016年と2017年は年間で40山ほど、

2018年は毎週1回のペースで登っています

今回の東京酒場探訪を決行した一つの目的が、、、

関東の山も登ってみたい!という想いでした

で、今日3月11日(日)は「高尾」駅北口からバスで「陣馬高原下」バス停まで、

ここから陣馬山~奈良小峠~景信山~小仏峠~高尾山~高尾山口駅まで、

206kai
221kai
249kai

約20km、6時間ちょっとの山行でした

20kmも山道を歩くとさすがに疲れます、ここは疲労回復の源泉が必要です、、、

ま、それがモチベーションで歩く訳ですが

と云うことで、、、JRに乗って吉祥寺に向かいます、

久しぶりの「いせや」総本店がお目当です

2005年に東京へ単身赴任した時、

そのうちに「いせや」へ行って高田渡さんに会おう

と目論んでいたのですが、

なんとその年の春、4月16日に高田渡さん急逝

「いせや」での一献は叶わぬ夢となりました、

残念無念です

直後から幾度となく「いせや」を探訪、

酒場探訪のきっかけとなった店の一つであります

JR中央線でいつもと反対側から「吉祥寺」駅に到着、

久しぶりです、吉祥寺、

高架下の食料品店街を抜けて交差点に出ると「いせや」が見えます、

283kai

今日も煙モクモク出しています、元気に営業中ですね

表の立ち飲みカウンターに立ちたかったのですが、

常連さんや若者で満員

284kai

ザックを担いだまま横から店内に入って、一人客であることを示します、



時間は日曜日の16時過ぎ、佳境の時間帯です、店内も満員の様子、

表にはグループが数組入店待ちで並んでおられます、、、

こりゃ並ぶかな?と思っていたら、

お!カウンターに1席だけ空きがありました、

無事即入店、ラッキーです

 

とりあえず下山後なのでカラダがビールを欲しています、

「いせや」はホッピーないですからね、

263

SAPPORO「赤星」で一人乾杯~、

今日はよく歩きました、自分で自分を褒めてあげます

料理は即焼き物にします、タン、カシラ、ガツ、シロ、塩で、

あ、シロだけタレでお願いします

店内のカウンター席は、焼き場を挟んで、

265kai

表の立ち飲みカウンターと向き合うカタチになります、

イケメンの焼き方の手慣れた動きを肴に一献



ワタシの串はあれかな~?

あのお兄さんが焼いているのは“持ち帰り”用やな、

なるほど、持ち帰りも多いのね~、

てな感じで、焼き上がるまで楽しめます

はい、大振りの串で出てきます、これが人気の源泉、

268

「カシラ」はアブラの多いタイプ、

「タン」もインパクトあります、

これでいまだに@90円也、そりゃ人気するわな

「シロ」はタレで、

269

「シロ」さえなんとこんなに大振りです、抜かりはありません

さっと1本飲んで引きあげる予定でしたが、、、

あかん、もうちょっと飲みたい、もっと食べたい

と云うことで、燗酒と焼きを追加、タレでツクネ、ナンコツ、ぼんじり、、、

277

え?「つくね」、「ぼんじり」って“鶏肉”ですやんね?

はは、気にしない、気にしない



関東圏の大衆酒場では串に肉をさして焼く料理はすべて“焼鳥”、もしくは“焼きとん”と一括りで称します、

牛であろうと、豚であろうと、もちろん鶏であろうと、

串に刺して焼けば“焼鳥”もしくは“焼きとん”と一括りでOKです

もちろん鶏肉専門の美味しい“焼鳥屋”さんも多いですが、

大衆酒場のメニューでは肉の種類に関わらず“焼鳥”“焼きとん”、どちらかの統一表記が多いです、



関西人には理解に苦しむところですが、、、

全国的にみるとこの“焼鳥・焼きとん、なんでもエエやん寛容論”を採用している地域、結構多いみたいです、

事実は小説より奇なり、目から鱗、で無問題です

はい、来ました!

奥からツクネ、ナンコツ、ぼんじり、

280

「つくね」、好物です

「ナンコツ」まで大振りです、凄い

「ぼんじり」はさすがにそこまで大きい感じでなない、

はい、これでお勘定、1480円也、安!

久しぶりの吉祥寺の「いせや」、

今の新店舗になったのが2008年らしく、もう10年、

それなりに年季が入ってきました、

そして、相変わらずの人気、立ち飲みの常連さんにグループ、若者、家族連れ、

みなさん、大いに楽しんでいます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« 今回の東京探訪で行きたかった店、人形町の「酒喰洲」はまさかの移転開店初日!で敗退、月島の「牛若」で一献。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:福島の「ジャックとマルチダ」、料理が美味しい立ち吞みです。 »

吉祥寺国立」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京酒場探訪2018、4日目は山行からの吉祥寺「いせや」でまずは一杯です、久しぶりです。:

« 今回の東京探訪で行きたかった店、人形町の「酒喰洲」はまさかの移転開店初日!で敗退、月島の「牛若」で一献。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:福島の「ジャックとマルチダ」、料理が美味しい立ち吞みです。 »