« 地酒ワンカップ・コレクション No.3~奈良桜井市西内酒造【談 かたらい】。 | トップページ | 山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^) »

2018年4月23日 (月)

裏なんばの「桝田酒店」、エエ感じの角打ちですが、日本酒の揃えもさすがです、「長門峡」と「十水」で納得。

【2018年2月16日(金)】

大阪 裏なんば 「桝田商店」

今日はなんばで梯子酒しています

1軒目は未探訪だった「大ざわ」西店、なんばウォークにある店です、

「生中」と「湯豆腐」「串カツ」、

005kai
008

料理や仕組みは“本店”と一緒の感じですが、、、

やはり“本店”の方が好みです

2軒目はすぐ近くにある串カツの「ヨネヤ南店」へ、

016kai

昔から梅田地下街にある「ヨネヤ」にはお世話になっていますが、

こちらも未探訪、

表の看板にあった980円也のセットに釣られて入りました、

013

うん、まあ、こんなもんですね、



さて、さっと2軒探訪しましたが、これで終わるのはちょっと寂しいなあ、

日本酒が飲みたいですね、どこへ行きましょかね、

この辺りだったら「兵吾」か「ひでぞう」「もんぞう」かな

と、地上に出て裏なんば方面へ向かいます、

「ひでぞう」「もんぞう」、どちらかに入ろうかなと角を曲がると、

あ!ここがありましたね、「桝田商店」、

026kai

日本酒の揃えが良い立ち飲み角打ちです、

ちょっとご無沙汰していますね、

お!表の看板にはお薦め・入荷の銘柄が書いてあります、

025kai

信濃錦、出羽の雪、長門峡、千代菊の名前が見えます、え~ですね~

なかでも「長門峡」あらばしり生原酒にピンと来ました

「長門峡」は呑んだことないですが、

なんか、ワタシの好みの酒のような予感がします

名前からして山口の酒ですよね、きっと、

山口も美味しい酒が多いです

予定変更!

酒場探訪のモットーは“臨機応変”です(ホンマかいな)、

3軒目は「桝田酒店」に入店です

入ります、お久しぶりです~

右手に大き目の立ち飲みテーブルが3つ、左に1つ、

その奥には、飲めるとこはどこでも飲める感じで、

小さなテーブルやカウンターがあります、

左手の料理皿が乗っているカウンターの中の定位置にはお母さんが座っておられます

この日は、めずらしく奥のテーブルやカウンターが満席、

一人客はたいてい奥に行くことが多いのですが、

今日は珍しい右手の大きなテーブルに案内されました、

さっそくお母さんに日本酒を注文します、

『すいません、ながときょう、ください』

『え!?』

『表の看板に書いてあった、ながときょう、、、ください、、、』

『え???・・・』

『ながときょう・・・』

『あ! ちょうもんきょう ね!!』

あた!やっちまいました

「長門峡」、てっきり“ながときょう”かと思い込んでました

「長門峡」は“ちょうもんきょう”と読むんですね、お恥ずかし~、

ちなみに“長門峡”は山口県山口市と萩市にある渓谷の名前だそうです、

まだまだ勉強不足です、失礼いたしました

お母さん、右手の酒販コーナーまで瓶を取りに行っていただきます、

はい、コップ一杯いっぱい、「長門峡」430円也、

027kai

安いですね、角打ちの真髄ですな、

ありがとうございます

うん、美味しいです、予想通り!

旨味たっぷりの酒です、アタリ~

料理はカウンターの上から「鮭塩焼き」、

033kai
029

あと、おでんの「厚揚げ」と「おでん」をいただいたのですが、、、

写真無いです

というのも、隣りのテーブルで飲んでいたお客さん、

お勘定の段になって“財布がない!”と、

無銭飲食ではなく、本当に財布がどこへ行ってしまったみたいです

めちゃ焦ったはります、

謝りながらも、財布を探しておられますが、、、やはり見つからない様子、

ホンマに困っておられます

と、お母さんが、

『いいですよ、つぎ来た時に一緒に払って』

おお、ニコニコしながらお母さんの神対応です

さすがやな、こういう気持ちがエエ店を作るんですね~、きっと、

ワタシもこの日はこれでお勘定にしています、金額失念

で、「長門峡」の一升瓶を買って帰りました、ホントに美味しい酒です、

裏なんばの「桝田酒店」、

この一等地で、よくぞこれだけリーズナブルな角打ちの灯を守ってくれています、

日本酒の揃えも由、常時25種くらいの日本酒が飲めます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね!



で、後日、また探訪しています、

お目当ては「長門峡」、家で飲んでも美味しかったので、

再度、一升瓶購入の企てでした、が、、、

残念ながら「長門峡」はすでに売り切れ、そうか、残念

お母さんと二人でリーチインの前に立って相談、

054kai

これが美味しいらしいですよ、

と奨めてくれたのが山形の「十水」、

046kai

ではでは、とカウンターで一杯飲んだら、これがまた美味しい

さすが、エエお酒、入れたはります、

という事で、この日もちょっと食べて、

051
052

この日も「十水」の一升瓶を買って帰りました、

おおきに、ありがとうございました!また来ますね!



|

« 地酒ワンカップ・コレクション No.3~奈良桜井市西内酒造【談 かたらい】。 | トップページ | 山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^) »

大阪ミナミ(心斎橋難波)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏なんばの「桝田酒店」、エエ感じの角打ちですが、日本酒の揃えもさすがです、「長門峡」と「十水」で納得。:

« 地酒ワンカップ・コレクション No.3~奈良桜井市西内酒造【談 かたらい】。 | トップページ | 山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^) »