« このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、~本日のお店:やさしい「しゅうまい」が美味しい「一芳亭」船場店。 »

2018年4月12日 (木)

東京の“やきとん”感が楽しめます、ホッピーも梅割りもある♡三宮の「四文屋」、一番客で再訪です。

【2018年2月6日(火)】

神戸 三宮 「四文屋」(2回目)

今日も神戸三宮で“やきとん”食べてますhappy01



関西にも確実に根付いてきた感のある“やきとん”、もしくは“もつやき”、

東京勤務時代に覚えました、関西にはなかった串料理ジャンル、

いや、十三にもつ焼き「七つ海」がありましたね(懐かしい)、

たしか“牛もつの串焼き”です、エエ店でしたねshine

残念ながら2001年に閉店してしまいましたsweat02

東京では最もポピュラーな大衆居酒屋のスタイル“やきとん”、

そら、関西でもそろそろ出て来るでしょう、安いし美味しいですからねgood

ということで、神戸三宮でも東村山流儀のやきとん「龍」、「龍家」を探訪、

そして、関東圏でチェーン店を展開している「四文屋」もあります、

「四文屋」は、チェーン店という事からスルーしていたのですが、

先日、3軒目で初探訪、その実力の片鱗を味あわせていただきました、



チェーン店と見くびっていました、スイマセンsweat01

とても美味しかったですheart02

これは礼を尽くして1軒目で探訪、しっかり呑んで食さないといけません、
(いやいや、そないなこともない)

ということで、今日はしっかりじっくり呑み食べるつもりで、

1軒目でやって参りましたdash

が、ちょっと“リキ”が入り過ぎかなhappy02

時間は17時30分頃、三宮中山手通の「四文屋」へ到着です、
(“食べログ”では、「四文屋」2号店となっています、詳細不明)

014kai

あら、一番客ですねsweat02

店員さん、みなさん一心不乱に下ごしらえ中です、

 ちょっと早かったか?勇み足?でも、もう営業しているはずです、

ちょっと怯みながらも、一番客として入店です、

前回と同じ、短いカウンターに着きます、

飲み物はもちろん「ホッピー」セットで400円也(中250円也)、

015

く~、ホッピーも美味しいですheart02

痛風があるのでビールをグビグビという訳にもいかないので愛飲しております、

呑み慣れると、ビールよりも喉越しが良く、

で、ビールよりもじっくり飲める感じがするので重宝しています、

まずは刺身から行きましょう

たしか前回は「刺し盛り」(ハツ、タン、ナンコツ)をいただきました、




では、今日は「センマイ刺し」250円也にしましょう、

017

うん、美味しいですね、、、

あれ?これって“牛”か、、、ま、いいやcoldsweats01、、、

もう一品「煮込み豆腐」350円也、

019

白味噌仕立て、時間が早かったからか、

煮込み具合がちょっと浅かったイメージ、

ぼちぼちと入店がありますが、一番客ですので注文もすぐに来ます、

テンポよくホッピー「中」をお代わりして、

このままの調子で焼きに行きましょうwink

「ナンコツ」と「ガツ」、

そして、目の前のお奨めボードから「アゴ肉」と「レバねぎ塩」、

いずれも@100円也、この価格設定も嬉しいですねhappy01

まずは「レバねぎ塩」、

023

おお!美味しい!これは旨い!lovely

う~ん、「四文屋」やりますなgood

これで@100円也はめちゃ値打ちです、3本くらい注文したくなりました、

「ガツ」と「あご肉」は塩で、

025kai

「ガツ」は肉付きの良い部位、

「あご肉」には葱が挟まっています、まずまず、

ここらで「梅割り」350円也にしています、

027

葛飾区立石の「宇ち多”」の定番酒ですねhappy01

焼酎(「宇ち多”」では寶焼酎)ストレートに”謎の梅エキス”(今は入手できるのかな?)を垂らしたもの、

ま、ストレートの焼酎です、酔いが回るのも早いので要注意の飲み物ですsweat01

ここ「四文屋」でも『お一人3杯まで』の注意書きが貼られていますcoldsweats01

焼酎に梅エキス、ちょっと”ドヤ”な感じですが、これが美味しいhappy02

とくに「宇ち多”」で呑むと、ホンマに美味しいheart02

で、こちら「四文屋」の「梅割り」ですが、

おそらく焼酎も梅エキスも別物のようです(未確認です)、

香は同じような感じ、味はやや甘いしストレートな感じ、

キレはあるけど深みがない、ってことかな?

いやいや、ワタシの舌はエエ加減なもんですsweat01

店の雰囲気とか、看板で呑んでるとこもあります、

真偽は不明という事でお願いいたしますwink

次回も「梅割り」呑んで見聞を深めていきましょう、

「ナンコツ」が追加で来ました、

030kai

コリコリ、うん、美味しいshine

さらに焼きを追加、「たんすじ」と「はらみすじ」、

こちらも@100円也、コスパ高いですね、



これが「たんすじ」かな?

「梅割り」効果で酔いが回ってますsweat01

031kai



「はらみすじ」、

033kai

これでお勘定です、2484円也、外税ですね、

三宮の「四文屋」、

はい、気に入っています、

東京の”やきとん”が楽しめます、コストパフォーマンスも高い!

「ホッピー」も「梅割り」もあるのも嬉しい、

これからもお世話になると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

|

« このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、~本日のお店:やさしい「しゅうまい」が美味しい「一芳亭」船場店。 »

神戸三宮元町明石姫路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/73210410

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の“やきとん”感が楽しめます、ホッピーも梅割りもある♡三宮の「四文屋」、一番客で再訪です。:

« このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。 | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、~本日のお店:やさしい「しゅうまい」が美味しい「一芳亭」船場店。 »