« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

地酒ワンカップ・コレクション No.4~兵庫県姫路市【龍力 特別本醸造】。

地酒ワンカップ・コレクション No.4、

 

【龍力 特別本醸造】

 

006
005
003

さすが「龍力」、ワンカップながら、呑み応えのある力強いお酒です、

 

 

購入日:2018年4月26日(水)

 

購入場所:神戸三宮「山下酒店」

 

価格:300円

 

蔵元:本田商店(兵庫県姫路市) 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:京都大学近くの「ハイライト食堂」。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、

あ~なんか、タンス預金が増える気持ち、ちょっとだけ分かりました^^)



今日のお店:京都大学近くの「ハイライト食堂」。




記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

和歌山駅前「多田屋」のあとは、「酒屋の酒場」へ、メニューにあった“マルシンハンバーグ”が美味しかった^^)

【2018年2月17日(土)】

和歌山 和歌山駅前 「酒屋の酒場」

大阪府最南端の駅?「山中渓」駅から和歌山の「六十谷」駅まで歩き、

和歌山駅前の「多田屋」で存分に飲んだ後ですhappy01

最初に下見をした「酒屋の酒場」、

開店準備のお母さんに“あとで来ます”と云ったので、、、

ここは律儀に梯子しますhappy02

歩いてすぐ、もう開店してました、「酒屋の酒場」、

074kai

看板には日本酒の銘柄が並んでいますねwink

店名からして、ここも元は角打ち?

今はそんな風情はないですが、そうかもしれません、

前に和歌山探訪した時の2軒「酒屋の酒場」を見つけましたが、どちらも未探訪、

そのうち、和歌山駅から遠い方の店(京橋店)は、残念ながら廃業閉店したようですheart03

そちらの店も、記憶ではこんな風な店構えだったような気がします、、、

探すと、写真がありましたshine

0451

これが、在りし日の「酒屋の酒場」京橋店、



ついでに、同じ時に見つけた大衆割烹「丸万」、

0491

こちらも残念ながら廃業閉店してようです、

両店とももっと早く探訪しておくべきでした、残念sweat02

駅前ほうの「酒屋の酒場」は、幸いまだ健在、

今日はしっかり探訪しておきましょうgood

 

ちわ、もう大丈夫ですか?

はい!ああ、さっきの、ホントに来てくれたんだ、

はい、「多田屋」さんで飲んでました、

ということで無事一番客で入店、

予想と違い、小綺麗な店内、カウンターのみのお店?と思いきや、、、

ずーっと奥に広いスペースがあるみたいですhappy01

後で分かりましたが、奥のスペースではもう2組ほどが飲んでおられました、

一番客じゃなかったcoldsweats01

「突出し」が出た、はずですが、、、写真無し、憶えていませんsweat02、あちゃ、

酒は、やはり和歌山の日本酒をいただきましょか、

メニューには和歌山の酒が並んでしました、そりゃそうか、

083kai
082kai
075kai

「紀土」しぼりたて580円也にしました、

多目に溢していただきましたhappy02

ちょっと刺身が食べたかったので「まぐろ刺身」780円也、

085kai

ちょっと炙ったのもあり、まずまず、

ここでいろいろお母さんと話したんですが、、、

ちょっと酔っぱらいで、あまり憶えてませんhappy02

店名「酒屋の酒場」の由来とか、

ここは元酒屋だったのか?とか、

北千住の「酒屋の酒場」とは関係があるのか?

とか、今考えると、いろいろと訊いておけばヨカッタと思いますが、、、

この時はホント世間話だけしてました、、、反省、、、sweat02happy01

もう一品、なんか、、、と、

メニューにあった「マルシンハンバーグ」が目に留まりましたflair

あは!懐かしいなあshine

酒場でこのメニューは初めてかもしれません、

ここは味違いでいっときましょ!

「マルシンハンバーグ」280円也、

091

ホンマに懐かしいshine

そして、、、なんか酒の肴になってます、美味しいwink

さて、これでお勘定にしましょう、1980円也、

あ~、今日はよく飲みました、満足満足、

和歌山駅前の「酒屋の酒場」、

もう一店のほうが無くなったのは残念ですが、

こちらの店だけでも来られて良かった、

割と早い時間から開いているようで、昼飲みに使えそうです、

次回はもうちょっと料理を頼んでみましょうね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^)

【2018年2月17日(土)】

和歌山 和歌山駅前 「多田屋」

今日は大阪府から和歌山県へ山越えのハイキング、

で、和歌山駅前で飲んでいますhappy01

JRきのくに線「山中渓」駅は大阪府最南端の駅になるんでしょうか?

そこから、和歌山県の「六十谷」駅まで歩きました、

県境を山で越えるのは初めてではないかな?

4時間ほどのソロハイクshine

楽しみはもちろん下山後の一杯でありますbeer

和歌山で飲むのは久しぶり、

数年前に、加太、さらに白浜と何軒か飲みましたね、

さて、今日は下山した「六十谷」駅から2駅のJR「和歌山」駅周辺で飲む算段です、

さすがに、ちょいと下調べをしています、、、



その数年前に見かけたエエ感じの大衆割烹「丸万」、

0491

今度行った時は入ろうと考えていたのですが、、、

あえなく廃業閉店したようですheart03

遅かった、由良の助sweat01、、、

さらに駅前と、少し離れた場所の2軒あった「酒屋の酒場」のうち、

0451

駅から離れた方の店(京橋店?)も廃業閉店したようです、

遅かった、、、美樹克彦、、、happy02

という事で、本日の目標は「酒屋の酒場」駅前の方の店と、

すぐ近くにある「多田屋」のダブルスタンバイで臨みますdash

ちなみに「酒屋の酒場」という店名、

東京は北千住にも同名の酒場「酒屋の酒場」がありますflair

なかなかエエお店で2回ほど探訪していますが、

和歌山の店とは縁もゆかりもないように思えます、



こういう発想の店名が被るというのも面白いです、

ま、これで2つの店が実は繋がっていた!

という方がもっと面白いですけどねhappy01

閑話休題、

「和歌山」駅到着が14時過ぎ、

まずは駅から徒歩2分の「酒屋の酒場」を覗きますが、、、まだ開店前ですsweat02



店の前に立っていると、ちょうどお母さんが来られました、

これから開店準備なのでしばらくかかります~、とのこと、

了解です、また後で来ますねwink

では、これまたすぐ近くの「多田屋」へ向かいましょう、



途中の商店街、ちょっと元気ないですね、店もあまり開いていないです、

028kai



すぐに「多田屋」に到着、、、

031kai

参った、、、sweat01

めちゃめちゃエエ店ですやんhappy02heart02

なんで、前回和歌山探訪時に見逃しているんやろ、情けないsign01



もう、外観を一目見て気に入りました、

さらに、入り口に貼ってある張り紙を見て、もうメロメロになりましたlovely

069kai

“お酒の歴史は数千年 多田屋はまだまだ90年”heart02

もう、アキマセン、これは間違いないです、エエ店に決まってます、

ではでは、入りましょうdash

やっぱり、、、店内もサイコーの景色です、

今日の山行で観た景色より、こちらの景色の方が感動しましたhappy01

コンクリート打ちっぱなしの床、大理石(模様?happy01)のコの字カウンター、

向かいも一升瓶が並んだカウンター、

奥にテーブル、さらに座敷?という大箱です、

エエわ、もう最高ですわ、堪りませんわshine

店員のお姐さん方、揃いのうぐいす色の上着に頭巾、

これもキュンキュン響きますhappy01

コの字カウンターの奥、壁側に案内されます、

とりあえず下山後なので、他のお客さんが飲んでおられた「赤星」大瓶にします、

032

ビールグラスも泣かせますね~wink

ここ「多田屋」もまた角打ち=酒屋さんの酒場のようです、

ビール銘柄、各社揃っているみたいです、

料理はまず「ニラ玉」420円也、

035

値段はそんなに安くい訳ではありません、

が、そんなことはどうでもいいくらい、エエ感じで飲めますgood

ここで「ホッピー」があることに気付きましたflair

そっか~、ここは酒屋なんや、あとで飲もう!happy01

目の前のおでん鍋には串に刺さったおでんの具が、

039

古いタイプのおでんのカタチが残っていますshine

 

お姐さんに訊くと、昭和2年創業、

昨年2017年が90周年、今年2018年は91年目だそうです、

キュン~heart02

こんな酒場が和歌山に残っていたとは、ホントありがたいことです、

お姉さん曰く、そこの「和歌山」駅ができる前から営業しているとのこと、

ええ?ホンマですか?sign02

『しかし、このままいけば100周年も問題なく行けそうですね』、

『そうやね、イケると思うわ』、

この賑わいで100周年とは、ホントに立派です、ぜひ、続けてくださいshine

他のお客さんの注文が美味しそうやったので「かき揚げ」280円也、

おでんの汁、かけますか?

はい、お願いします、

045

うん、美味しいheart01

ここらでホッピーも注文、「ホッピー」セット白氷あり350円也、

041



おでんは「厚揚げ」130円也と「すじ」150円也、

059

日本酒は奥の方のリーチインに入ってました、

051kai



入って右のカウンターの前にもメニューと一升瓶が並んでいます、

056kai



せっかくなので和歌山の酒をいただきましょう、「黒牛」、

061



肴は「うなぎ肝焼き」400円也、

063

ふ~、下山後という事もあり、大いに飲み食いしましたhappy01

さすがにこれでお勘定です、3180円也、

和歌山駅前の「多田屋」、

久しぶりに大好きな酒場に行き当たりました、

ワタシ的には理想的な酒場です、

ここならもう何時間でも飲んでられそうです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

そうそう、

この時、お姐さんから「山中渓」駅は桜の名所だと教えていただきましたflair

その時にまた来てくださいね、

了解!絶対にまた来ます!



ということで、この後、月に一度は通うことになります、、、

これはまたあらためて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

裏なんばの「桝田酒店」、エエ感じの角打ちですが、日本酒の揃えもさすがです、「長門峡」と「十水」で納得。

【2018年2月16日(金)】

大阪 裏なんば 「桝田商店」

今日はなんばで梯子酒していますhappy01

1軒目は未探訪だった「大ざわ」西店、なんばウォークにある店です、

「生中」と「湯豆腐」「串カツ」、

005kai
008

料理や仕組みは“本店”と一緒の感じですが、、、

やはり“本店”の方が好みですhappy01

2軒目はすぐ近くにある串カツの「ヨネヤ南店」へ、

016kai

昔から梅田地下街にある「ヨネヤ」にはお世話になっていますが、

こちらも未探訪、

表の看板にあった980円也のセットに釣られて入りました、

013

うん、まあ、こんなもんですね、



さて、さっと2軒探訪しましたが、これで終わるのはちょっと寂しいなあ、

日本酒が飲みたいですね、どこへ行きましょかね、

この辺りだったら「兵吾」か「ひでぞう」「もんぞう」かなshine

と、地上に出て裏なんば方面へ向かいます、

「ひでぞう」「もんぞう」、どちらかに入ろうかなと角を曲がると、

あ!ここがありましたねflair、「桝田商店」、

026kai

日本酒の揃えが良い立ち飲み角打ちです、

ちょっとご無沙汰していますね、

お!表の看板にはお薦め・入荷の銘柄が書いてあります、

025kai

信濃錦、出羽の雪、長門峡、千代菊の名前が見えます、え~ですね~heart02

なかでも「長門峡」あらばしり生原酒にピンと来ましたgood

「長門峡」は呑んだことないですが、

なんか、ワタシの好みの酒のような予感がしますlovely

名前からして山口の酒ですよね、きっと、

山口も美味しい酒が多いですshine

予定変更!

酒場探訪のモットーは“臨機応変”です(ホンマかいなhappy02)、

3軒目は「桝田酒店」に入店ですdash

入ります、お久しぶりです~happy01

右手に大き目の立ち飲みテーブルが3つ、左に1つ、

その奥には、飲めるとこはどこでも飲める感じで、

小さなテーブルやカウンターがあります、

左手の料理皿が乗っているカウンターの中の定位置にはお母さんが座っておられますwink

この日は、めずらしく奥のテーブルやカウンターが満席、

一人客はたいてい奥に行くことが多いのですが、

今日は珍しい右手の大きなテーブルに案内されました、

さっそくお母さんに日本酒を注文します、

『すいません、ながときょう、ください』

『え!?』

『表の看板に書いてあった、ながときょう、、、ください、、、』

『え???・・・』

『ながときょう・・・』

『あ! ちょうもんきょう ね!!』

あた!やっちまいましたcoldsweats01

「長門峡」、てっきり“ながときょう”かと思い込んでましたsweat01

「長門峡」は“ちょうもんきょう”と読むんですね、お恥ずかし~、

ちなみに“長門峡”は山口県山口市と萩市にある渓谷の名前だそうです、

まだまだ勉強不足です、失礼いたしましたsweat02

お母さん、右手の酒販コーナーまで瓶を取りに行っていただきます、

はい、コップ一杯いっぱい、「長門峡」430円也、

027kai

安いですね、角打ちの真髄ですな、

ありがとうございますshine

うん、美味しいです、予想通り!

旨味たっぷりの酒です、アタリ~wink

料理はカウンターの上から「鮭塩焼き」、

033kai
029

あと、おでんの「厚揚げ」と「おでん」をいただいたのですが、、、

写真無いですheart03

というのも、隣りのテーブルで飲んでいたお客さん、

お勘定の段になって“財布がない!”と、

無銭飲食ではなく、本当に財布がどこへ行ってしまったみたいですsweat01

めちゃ焦ったはります、

謝りながらも、財布を探しておられますが、、、やはり見つからない様子、

ホンマに困っておられますcoldsweats02

と、お母さんが、

『いいですよ、つぎ来た時に一緒に払って』

おお、ニコニコしながらお母さんの神対応ですshine

さすがやな、こういう気持ちがエエ店を作るんですね~、きっと、

ワタシもこの日はこれでお勘定にしています、金額失念sweat02

で、「長門峡」の一升瓶を買って帰りましたhappy01、ホントに美味しい酒です、

裏なんばの「桝田酒店」、

この一等地で、よくぞこれだけリーズナブルな角打ちの灯を守ってくれています、

日本酒の揃えも由、常時25種くらいの日本酒が飲めます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね!heart04



で、後日、また探訪しています、

お目当ては「長門峡」、家で飲んでも美味しかったので、

再度、一升瓶購入の企てでした、が、、、

残念ながら「長門峡」はすでに売り切れ、そうか、残念heart03

お母さんと二人でリーチインの前に立って相談、

054kai

これが美味しいらしいですよ、

と奨めてくれたのが山形の「十水」、

046kai

ではでは、とカウンターで一杯飲んだら、これがまた美味しいshine

さすが、エエお酒、入れたはります、

という事で、この日もちょっと食べて、

051
052

この日も「十水」の一升瓶を買って帰りました、

おおきに、ありがとうございました!また来ますね!heart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

地酒ワンカップ・コレクション No.3~奈良桜井市西内酒造【談 かたらい】。

地酒ワンカップ・コレクション No.3、

【談 かたらい】

098
100

やや淡麗な感じ、あとから旨味が来ます、



購入日:2018年4月3日(火)

購入場所:奈良吉野山ハイキングのお土産

価格:250円(たしか・・・)

蔵元:西内酒造(奈良県桜井市)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

「テリーイシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:船場センタービル2号館「花華」。

「テリーイシダの独酌酔言」記事更新しました、

今時の高校って、授業でタブレット端末を使ってるんですね、

今日のお店:船場センタービル2号館「花華」。



記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

久しぶりに森ノ宮探訪、商店街の「ぞの」、そして高架沿いにある「酔楽」へ。

【2018年2月15日(木)】

大阪 森ノ宮 「ぞの」~「酔楽」

久しぶりに大阪森ノ宮で飲みます!happy01

JR環状線「森ノ宮」駅周辺、

エエ感じでJRの高架沿いに路地があり、

一つ東側の大きな商店街の通りも、まだまだエエ感じの店が残っていますshine

しかし、この一つ東側の商店街の通り、道幅がとても広いのです、、、

なんでやろ?なんか、不自然、この広さってなに?、

きっとなんか理由がありますよね、

で、まっすぐではなくて、150mほど南で緩やかに左へカーブしています、

これって、、、flair

「ブラタモリ」的な考察を行うと、、、おのずと理由が見えて来そうですなhappy02

どうやら、以前はここに川が流れていたようですwink

「猫間川」、

阿倍野区辺りから、南から北へ、流れていた川幅10mほどの川だそうで、

それを埋め立ててできたのが、この通りと云う事みたいです、

この猫間川、古くは“大坂夏の陣”関連書物に記述があるみたいで、

そう云われると、なんか聞いたことがあるなあhappy01、猫間川shine

なるほど、それでなんかこの辺りは異様に道幅が広いのか、、、

納得、

閑話休題coldsweats01

その道幅の広い通り、

あ、ここ、“森之宮商店街”という商店街みたいです、、、

ほとんど商店街感ないですがsweat02

その商店街を南へ150mほど行くと、今日の1軒目のお目当てがありました、

立ち飲みの「ぞの」、

036kai

随分前から気になっていたのですが未探訪です、今日は入りましょうwink

L字カウンターのシンプルな立ち飲み、Barのような雰囲気、

でも料理メニューも揃っています、期待shine

時間は17時過ぎ、さすがにまだ早いですが、外国人の先客が一人、

流暢な日本語でマスターと話されていますhappy01

まずは「ハイボール」をお願いします、

それと「豆腐サラダ」250円也、

037

期待通り美味しいです、手作りheart02

野菜が美味しい、トッピングされたフレークの食感も良し、

「ハイボール」をすぐに飲み干して、燗酒にします、

松竹梅の「豪快」、

039



もう一品は「なめろう」400円也、

042kai

好きなメニューです、「なめろう」lovely



関西ではあまり食べた記憶がなかったのですが、

東京では酒場の定番メニューの一品ですね、



関西へ戻ってきてからは、

意識してメニューから探しているせいかもしれませんが、

最近は関西でも「なめろう」、よく見かけるメニューになりました、

気のせいかな、



こちらも手作り、マスターがコンコンと作業されていました、

はい、美味しいです、マスター、料理上手ですねgood

どうしようか迷いましたが、これでお勘定です、1450円也、

酒類は400円也かな?

森之宮商店街南端の立ち飲み「ぞの」、

マスターの料理、美味しかったです、

「ぞの」という店名、ちょっと珍しいので由来を訊いてみたかったけど、

また次回ですね、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04



さて、JR高架沿いの方の路地に入り込みます、

ここにも飲み屋がずらりと並んでいます、

046kaikai

ちょっと更地も増えてきたような気がするので心配ですが、

戦後の闇市感を残す通りですwink

中程に前から目を付けている店が3軒ほどあります、

いずれも居酒屋と小料理屋の中間くらいの感じ、

今日は、そのうちの2軒、「翁庵」と「むらかみ」が閉まっています、

定休?いや、ひょっとすると、、、嫌な予感がしますsweat02

こういう感じの時は早めに行っておかないといけません、

次来た時には、もう廃業閉店!なんてこともあります、

では、今日もしっかり営業中の「酔楽」に入ってみましょう、

048kai

明るい店内、20人くらい座れる大き目のコの字カウンターの座りの酒場です、

なかなかエエ感じですよshine

入って左側のカウンターに着きます、先客は3組5人、

カウンターの中には大将とお母さん、家族経営な感じ、

うん、アタリかもしれませんなwink

燗酒にするかな、というつもりで入店したのですが、

存外に地酒が揃っていましたflair

059kai

ほ~、そう来ますか、これは嬉しいなあlovely

今日のメニューには、好物の「東洋美人」もありますが、

ここは「風の森」秋津穂450円也にします、これも大好きsign01

050

シュワシュワしてますheart02、いいね~、



突出しが出ました、「玉子とお豆さん」、

052

懐かしいメニュー、そういうと最近あまり見掛けないかも、

料理は「明石のタコぶつ」500円也、

056

まずまず、

これでTVを観ながら飲みます、

店の雰囲気、ゆっくりと少しづつ飲み進めるのが似合います、

これでお勘定にしました、1150円也、

森ノ宮、高架沿いの通りにある「酔楽」、

入ってヨカッタ、な感じ、エエ感じで呑めました、

次回は1軒目で入って、もうすこし料理を頼んでみたいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

淀屋橋でビアバーを探したのですが見つからず、無くなってしまったか?で、見つけたのが立ち飲み「こじま」、初探訪です。

【2018年2月13日(火)】

大阪 淀屋橋 「こじま」

堂島で仕事終わり、ちょいと所用があって淀屋橋まで歩いて来ましたshine

所用終了、

そろそろエエ時間ですので、久しぶりに淀屋橋辺りで飲みましょうかhappy01

たしか、この辺りにBeer Barがありましたよね、

ちょっとビールでも一杯飲みましょうか?beer

たしか、淀屋橋の交差点を東へ行って、一筋目?やっけ?

無いですね~、もう一筋東だったかな?

と、この筋にもないですね~、

うむ~、たしかこの辺りだったはずなんだけど、、、

大きな駐車場が出来ています、

ひょっとしてここだったのかな?、、、分かりません、

とりあえず、お目当ての店(名前も憶えてないheart03)は見つかりませんでした、

残念ながらギブアップsweat01

さて、どうしましょうか、、、

さっきからこの辺りを何回もウロウロしているうちに、立ち飲みを一軒見つけましたflair

「こじま」、

023kai

ここは入ったことないですね、この際です、入っときましょかwink

表の看板にはこんなメニューが、

022kai

「得々セット」、4品ついて520円也、ま、エエでしょう、

ちわ、まだ新しいのかな?よくある小奇麗な造りの店内、

緩い角度で拡がっている10人ほど立てるカウンターと、

壁際には立ち飲みテーブルが5つほど、

時間は18時前、カウンターに先客がお一人、

カウンターの中にはお兄さんがお一人、

開店はしていますが、まだゆっくりと暖気運転中な感じですなhappy01

とりあえず、表の看板にあった「得々セット」をお願いします、

お飲み物は?

燗酒でお願いします、

あら、さっきはビールが飲みたかったのに、

寒さの中、ウロウロしたので燗酒が恋しくなりましたhappy01

「得々セット」はこんな感じ、

010

揚げ物は「鰯フライ」でした、うん、サクッと美味しいですgood

揚げ物がお得意な感じですかね?



燗酒は調子ではなく、大きめのぐい飲みで、

011

これはちょっと風情がないかなsweat02、、、

日本酒のメニューに「雪の茅舎」450円也があります、

好きなお酒です、もう一杯日本酒いっときましょか、

016

期待より量、少なかったです、90ccかな?

「雪の茅舎」をレギュラーで置いている第1ビルの「上田酒店」のイメージで頼んでしまいましたsweat01

あそこは酒店ですからね、比較したらアカンかcoldsweats01

気を取り直して料理を頼みましょう、

メニューを吟味して、

なんか揚げ物が期待できそうなので「ささみしそ天巻」350円也にします、

2本出て来ました、ボリュームあり、これは正解ですな、

019kai

薬味に梅肉もついていますshine、これも親切good

「雪の茅舎」が無くなったので、「角ハイボール」300円也を追加、

021kai

揚げ物にはハイボール!?

まんまとサントリーさんにやられていますhappy02

これでお勘定は1620円也、

 

淀屋橋の立ち飲み「こじま」、

比較的新しい立ち飲みでしょうか?初探訪でした、

場所柄、サラリーマンの方が多いからか?

この辺りも立ち飲みが増えましたね、

初めてなので良く分かりませんが、ワタシ的には“揚げ物期待”です、

おおきに、ごちそうさん!またきますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

“やきとん”の「四文屋」の姉妹店?「牛の四文屋」、これは“やきぎゅう”ですか!?行ってみれば分かります^^)

【2018年2月8日(木)】

神戸 三宮 「牛の四文屋」

つい一昨日に三宮「四文屋」で“やきとん”を堪能したところですが、、、

今日は“やきぎゅう”をいただくことにしますhappy01



え?“やきぎゅう”??sweat01

はは、そんな料理はないですなhappy02

最近、関西への進出スピードが加速してきた“やきとん”、

関東ではとてもポピュラーな豚のホルモン串焼き料理“やきとん”、

一昨日、探訪した「四文屋」もこの“やきとん”がメインで、
(あ、“やきとり”もありました)

なかなかの実力派でしたgood

で、その「四文屋」の姉妹店がすぐ近くにあることが判明flair

その名も「牛の四文屋」shine

おお、これは“牛を串で食す”お店と推定できます、

これも関西にはあまりない料理ジャンル、だから“やきぎゅう”、、、

アカンかcoldsweats01

でも“やきぎゅう”がないこともない、

JR環状線「鶴橋」駅のガード下に並んでいる数軒のホルモン屋、

「松よし」「茂利屋」「大門」などが近いスタイルかもしれません、



とはいえ、関東文化の「四文屋」系、やはり少しテイストが違うような気がします、

だから“やきぎゅう”(しつこい!happy02)

とにかく、“やきぎゅう”は探訪しておかないといけません、

鉄は熱いうちに打て!(なんのこっちゃhappy01)

さっさと探訪することにしましたdash

場所は、、、あら、「四文屋」のすぐ南側ですね、

なにやらこの辺りは“やきとん”系の店が集中しています、



ビルの1Fにある「牛の四文屋」、

Img_7092

ホッピーの提灯が嬉しいなあshine

Img_7088kai
Img_7091

値段はやはり“やきとん”の「四文屋」よりは少し高めか?

“やきぎゅう”ですからhappy02

でも、予想よりはカジュアルな店みたいですね、では入りましょうdash

ちわ、

奥に伸びるカウンター9席ほど、奥にはテーブル席もあるようです、

時間は18時前、まだ空いていますね、でも先客が二人、

カウンターの中には若いお兄さんが二人、

お兄さんがイケメンなのは「四文屋」と同じですなhappy01

とにもかくにも「ホッピー」セット400円也、氷入れてください、

Img_7096

そしてメニューを検分、

なるほどflair、やはり“鶴橋ガード下”系とは少し趣が違うようです、

もちろん串焼きがありますが、その他にも刺身系や一品料理も揃っています、

ではまずは「赤身冷製」350円也を頼んでみましょう、

Img_7097kai

おお!美味しそうです、牛肉の“たたき”のような感じですね、

山葵醤油とカイワレと葱でいただきます、うん、美味しいですheart02

早くも「中」をお願いして、「牛つくね皿盛り」450円也、

Img_7100kai

こちらはハンバーグのような感じです、

トッピングはタマネギにカイワレ、葱、これも山葵醤油だったかな、

中は、こんな感じでレアです、

Img_7101

甘くて美味しいですが、もう少しボリュームがあると、尚嬉しいwink

全体に料理は上品で安定していますね、

もう一品、「コリコリキムチ」200円也にします、

Img_7102

“コリコリ”は、牛の何番目かの胃でしたっけ?あ!ちがう、大動脈か!sweat01

コリコリの食感とキムチがよく合います、

こちらは200円也ならお得感がありますwink

ふ~、だいぶエエ感じで呑み進んでいます、

ここらで焼きに行っときましょう、

オススメの「レバー葱塩焼き」150円也、

そして、「ツラミ」200円也と、「シマ腸」150円也にします、

こちらが「レバー葱塩焼き」、

Img_7104

ていねいな串ですね、ちょっと薬味をどけると、

Img_7107

う~ん、美味しそうですね、四角い棒状に切ったレバです、

もちろん、美味しかったですlovely

一昨日の「四文屋」でも豚の「レバー葱塩焼」、美味しかったhappy01

豚も牛もレバーはエライsign03

「ツラミ」、

Img_7109

こちらもトッピングがどっさり、丁寧な串です、ま、普通、

「シマ腸」、

Img_7110

これも美味しかったです、塩胡椒かな?エエ感じheart02

そうそう、「梅割り」の焼酎は「ダルマ焼酎」でした、

Img_7105kai

なんか、広島の焼酎らしいです、初めて見ました、

「梅割り」350円也をしっかり頼んでいますね、

これが酔うんだcoldsweats01

これでお勘定は2862円也、外税、

やはりやや高いですね、

三宮の「牛の四文屋」、

やはり“やきぎゅう”とも云うべきジャンルですな、

鶴橋の“ホルモン串焼き”とはちょっと趣が違います、

料理は安定感ありました、

さすがに“やきとん”「四文屋」よりは少し高くなりますが、まあ許容範囲内と云う事で、、、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

地酒ワンカップ・コレクション No.2、「沢の鶴」サワフレンド200。

地酒ワンカップ・コレクション No.2、

【「沢の鶴」 サワフレンド200】

灘の蔵本ですが、それほどメジャーじゃない、

こういう蔵も応援したいです、

019
006

思ったより、スッキリとしたお酒です、

応援し甲斐があります、




購入日:2018年4月6日(金)

購入場所:阪神間 自販機

価格:240円

蔵元:沢の鶴株式会社(神戸市灘区)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、~本日のお店:やさしい「しゅうまい」が美味しい「一芳亭」船場店。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました

サラリーマン時代にどんどん作ったクレジットカードが20枚ほど、、、整理中です。

本日のお店:やさしい「しゅうまい」が美味しい「一芳亭」船場店。




記事
はこちらから  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

東京の“やきとん”感が楽しめます、ホッピーも梅割りもある♡三宮の「四文屋」、一番客で再訪です。

【2018年2月6日(火)】

神戸 三宮 「四文屋」(2回目)

今日も神戸三宮で“やきとん”食べてますhappy01



関西にも確実に根付いてきた感のある“やきとん”、もしくは“もつやき”、

東京勤務時代に覚えました、関西にはなかった串料理ジャンル、

いや、十三にもつ焼き「七つ海」がありましたね(懐かしい)、

たしか“牛もつの串焼き”です、エエ店でしたねshine

残念ながら2001年に閉店してしまいましたsweat02

東京では最もポピュラーな大衆居酒屋のスタイル“やきとん”、

そら、関西でもそろそろ出て来るでしょう、安いし美味しいですからねgood

ということで、神戸三宮でも東村山流儀のやきとん「龍」、「龍家」を探訪、

そして、関東圏でチェーン店を展開している「四文屋」もあります、

「四文屋」は、チェーン店という事からスルーしていたのですが、

先日、3軒目で初探訪、その実力の片鱗を味あわせていただきました、



チェーン店と見くびっていました、スイマセンsweat01

とても美味しかったですheart02

これは礼を尽くして1軒目で探訪、しっかり呑んで食さないといけません、
(いやいや、そないなこともない)

ということで、今日はしっかりじっくり呑み食べるつもりで、

1軒目でやって参りましたdash

が、ちょっと“リキ”が入り過ぎかなhappy02

時間は17時30分頃、三宮中山手通の「四文屋」へ到着です、
(“食べログ”では、「四文屋」2号店となっています、詳細不明)

014kai

あら、一番客ですねsweat02

店員さん、みなさん一心不乱に下ごしらえ中です、

 ちょっと早かったか?勇み足?でも、もう営業しているはずです、

ちょっと怯みながらも、一番客として入店です、

前回と同じ、短いカウンターに着きます、

飲み物はもちろん「ホッピー」セットで400円也(中250円也)、

015

く~、ホッピーも美味しいですheart02

痛風があるのでビールをグビグビという訳にもいかないので愛飲しております、

呑み慣れると、ビールよりも喉越しが良く、

で、ビールよりもじっくり飲める感じがするので重宝しています、

まずは刺身から行きましょう

たしか前回は「刺し盛り」(ハツ、タン、ナンコツ)をいただきました、




では、今日は「センマイ刺し」250円也にしましょう、

017

うん、美味しいですね、、、

あれ?これって“牛”か、、、ま、いいやcoldsweats01、、、

もう一品「煮込み豆腐」350円也、

019

白味噌仕立て、時間が早かったからか、

煮込み具合がちょっと浅かったイメージ、

ぼちぼちと入店がありますが、一番客ですので注文もすぐに来ます、

テンポよくホッピー「中」をお代わりして、

このままの調子で焼きに行きましょうwink

「ナンコツ」と「ガツ」、

そして、目の前のお奨めボードから「アゴ肉」と「レバねぎ塩」、

いずれも@100円也、この価格設定も嬉しいですねhappy01

まずは「レバねぎ塩」、

023

おお!美味しい!これは旨い!lovely

う~ん、「四文屋」やりますなgood

これで@100円也はめちゃ値打ちです、3本くらい注文したくなりました、

「ガツ」と「あご肉」は塩で、

025kai

「ガツ」は肉付きの良い部位、

「あご肉」には葱が挟まっています、まずまず、

ここらで「梅割り」350円也にしています、

027

葛飾区立石の「宇ち多”」の定番酒ですねhappy01

焼酎(「宇ち多”」では寶焼酎)ストレートに”謎の梅エキス”(今は入手できるのかな?)を垂らしたもの、

ま、ストレートの焼酎です、酔いが回るのも早いので要注意の飲み物ですsweat01

ここ「四文屋」でも『お一人3杯まで』の注意書きが貼られていますcoldsweats01

焼酎に梅エキス、ちょっと”ドヤ”な感じですが、これが美味しいhappy02

とくに「宇ち多”」で呑むと、ホンマに美味しいheart02

で、こちら「四文屋」の「梅割り」ですが、

おそらく焼酎も梅エキスも別物のようです(未確認です)、

香は同じような感じ、味はやや甘いしストレートな感じ、

キレはあるけど深みがない、ってことかな?

いやいや、ワタシの舌はエエ加減なもんですsweat01

店の雰囲気とか、看板で呑んでるとこもあります、

真偽は不明という事でお願いいたしますwink

次回も「梅割り」呑んで見聞を深めていきましょう、

「ナンコツ」が追加で来ました、

030kai

コリコリ、うん、美味しいshine

さらに焼きを追加、「たんすじ」と「はらみすじ」、

こちらも@100円也、コスパ高いですね、



これが「たんすじ」かな?

「梅割り」効果で酔いが回ってますsweat01

031kai



「はらみすじ」、

033kai

これでお勘定です、2484円也、外税ですね、

三宮の「四文屋」、

はい、気に入っています、

東京の”やきとん”が楽しめます、コストパフォーマンスも高い!

「ホッピー」も「梅割り」もあるのも嬉しい、

これからもお世話になると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。

【2018年2月2日(金)】

大阪 千日前 「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」

呑み放題は苦手ですhappy01



ま、そんなに量が飲めるわけもなく(いやいや、よく飲んでますよsweat01)、

呑める酒の種類も限定されるし(それはそうやねconfident)、

なによりも”時間制限”がある、あれがイケません(そだね~happy02)、



なにも酒を短時間でガバガバ呑みたいわけではないのですから(ホンマに?happy01)、

宴が盛り上がった頃に『ラストオーダーです』とか云われて、

せっかくの盛り上がりに水を差される(そうそうwink)、

貧乏性ですから、ラストオーダーと云われるとつい、

飲みたくない酒も頼んだりしてしまう(居酒屋あるある)、

オーダーするのに一気に飲んでしまう(グラス交換制とかsweat02)など、

やはり飲み方としては良くない方向へ行ってしまいますheart03

なので、ワタシ主催の宴会では”飲み放題”や”時間制限”のある店へは行きません(ま、普通かhappy01)、

で、今日のお店ですが、、、”飲み放題”ですsign02

なんじゃそりゃ!という声も聞こえて来そうですが、

ここの”飲み放題”、根本的に思想が違います(エライたいそうな)、

時間制限がないのですflair

あは、これこそ真の飲み放題でありますdash

店名が奮っています、「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」、

そう、日本酒が永遠に飲めるんです、何時間でも飲めるんです、

って、また量を飲む方向に行きそうですが、、、それが違う、、、

時間制限がないという事は、、、

自分の呑み方で、呑みたい酒を、適量飲める!という事ですdash

量が増えるとか、安く呑めるとか、、、ではない(力説happy01)、

呑んだり食べたりをホントに楽しめるという事ですな、

ということで、本日のお店「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」、

システムは”飲み放題”で男性3000円也、女性2000円也というのがスタンダードプランのようです、
(変わっているかもしれません、利用の際はお店に確認してください)

内容は、、、

ビールや焼酎(ハイボールとかもあったような気がします)、日本酒が全部飲み放題、時間制限なしsign03

焼酎も日本酒も銘柄が揃っています、日本酒は100銘柄!

でも、料理メニューは、、、ないですsign02

そう、料理はすべて持ち込みとなります、



おつまみだけ持ち込んでチビチビの飲んでもOKですが、

それでは日本酒が引き立ちませんsweat01

おのずと“良い料理を持ち込みたい”欲望に駆られます、

グラスや器も無料で貸してもらえます、

基本的な調味料もあったように思います、

そして、鍋もカセットコンロも貸してもらえます、

そう、冬季なら鍋も出来るという事ですheart02

どう?単なる“呑み放題”と全然違うでしょ、
(詳細は変ってるかも、、、利用の際はお店に詳細確認してくださいねwink)



ということで、今日は呑み友のセッティング、

4人で「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」での鍋パーティとなりましたlovely

ビルの2階だっけ?綺麗でシンプルな店内、

002
(写真は食べログのお店提供写真から拝借)



ビールサーバーや酒類のリーチイン、

後はテーブルと椅子だけが並んでいます、

「生ビール」は自分で自動サーバーを操作して注ぎますgood

で、鍋です、「ぶりしゃぶ」、

008

「あんこう」lovely

003



そして「かき」、

010



野菜も持ち込んで、、、鍋完成happy01

011kai

他にもつまみや料理を持ち込んでの飲み会となりました、

もちろん日本酒もたくさんいただきました、

005kai

このリーチインからセルフで取り出して注ぎます、



020
022
021



“呑み放題”ですから、コップでもカタクチででも

007
015
012
017

たしか燗酒も出来たと思います(チンやったかな?確認してください)、

023
028

〆にはラーメンも入れて、、、

026

時間制限がないから思いのままに楽しめますshine



この日は4人テーブル、鍋をすると皿で結構一杯になりましたが、

8人くらいで囲める大きなテーブルもありました、団体でも利用できますwink

テーブルは立ち飲みできる高さ、

椅子もあるので、座り飲みでも立ち飲みでもOKです、

30人以上で貸切もできるようですflair

はい、お勘定は、、、

この日は“呑み放題”(クーポン利用)に材料費などを4人割り勘にして@4000円程でした、

料理を持って行くのが苦にならないなら、リーズナブルですねheart01

千日前の「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」、

なにより、時間制限がない、というのがよろしい、

たくさん飲める、というよりは、楽しんで飲む持ち寄りの宴会が出来るようになりました、

ワタシは、、、こんなん好きです、



冬場の鍋がベストだと思います、これからの季節は何が良いかな?

また行きたいので、料理メニューを考えます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

今日は道頓堀辺りで夕御飯です、創業明治35年、名物はかやくご飯の「大黒」、エエ言葉も聞けました。

【2018年1月31日(水)】

大阪 なんば 「兵吾」~「大黒」

今日はなんばでライブ参戦ですnote

で、ライブ前に食事を済ませておきたいので思いつきましたflair

未探訪のあの店で夕ご飯を食べていきましょうhappy01

でも、その前に、、、やっぱりフライングsweat01

裏なんばの「兵吾」、

017kai

「風の森」の蔵元、奈良油長酒造直営?の立ち飲みです、
(たぶん、そうやと思いますが未確認)、

10人ほどで満員の小さくてシンプルな立ち飲み、で、料理が美味しい、

日本酒は「風の森」が3種類ほど置いてあります、

美味しい好みのお酒なので3種もあれば十分ですwink

早い時間から開いているようですが、いつもエエ感じで温まっています、

この日も先客5人ほど、入り口近くのカウンターに着きます、

もちろん、いきなり日本酒に行きます、

「風の森」の中でも好みは「秋津穂」、

発泡感があって米の味もしっかり、大好きな銘柄ですheart02

今日はちょっと寒いので燗にしてもらおうかと訊くと、

「秋津穂」は燗酒でも美味しいですよ、とのこと、ではそれで、600円也、

もちろん湯煎shine、ちろりで出てきました、へへ、エエ感じですねlovely

067kai

錫のぐい飲みに注ぐと、、、へへ、燗にしてもシュワシュワしてますわ、

うん、美味しいgood

料理は「肉牛蒡」300円也、

068

はい、ちゃんとしたお料理、このあたりが人気の源泉、嬉しいですね~、

ちびちび飲んで、もう一品、おでんの「エビ天」200円也と「玉子」100円也、

071

へへ、「エビ天」にはちゃんと尻尾も付いています、これも嬉しいhappy02

フライングはここらで〆ます、明朗会計、

裏なんばの「兵吾」、

好きな「秋津穂」飲めるし、料理は安定感抜群、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね!heart04

さて、そろそろエエ時間になって来ました、

このあとにライブが控えています、

今日のお目当ての店へ急ぎましょうdash

御堂筋を渡って、道頓堀の南側2筋目を西へ入るとすぐにありましたflair

「大黒」、

073kai

夜も営業している、かやく御飯が名物の食堂という事で良いでしょうか?



エエ店構えですねhappy01

一度入ろうと思いながら未探訪でした、申し訳ございませんでした、

本日は入店させていただきます、

暖簾には“創業明治三十五年”と染め抜かれています、

西暦で云うと1902年です!

20世紀をまるまる生き抜いてきた老舗ですね、素晴らしいshine

暖簾を分けて入ります、

思ったより狭い店内、大きなテーブルが2つ、先客が4組ほど、

必然相席となります、

お母さんに一人客であることを告げると、左側のテーブルを示されました、

はい、こちらのテーブルには上品な先輩ご夫婦と一人客の若者、

スイマセン、失礼しますhappy01

この雰囲気、ちょっと緊張します、

小心者ですから、初めての店はホント緊張しますsweat02

相席ならなおさらです、

メニューと先客の注文を見ながらオーダーを検討します、、、

というか考えてるふりをしながら、先客の注文を参考にしていますhappy02

え~っと、「瓶ビール」550円也と「かれいの煮付け」600円也、

それと「かやくご飯」の中450円也をください、

「鯛の子」も頼みましたが、生憎今日はもう売り切れheart03

では、これでお願いします、

これに「粕汁」を付けるのが定番のようですが、

076kai

ビールを飲むのでまずはこれでいきます、

これで一段落、ふ~、無事注文完了、

やっと店内をゆっくりと見回す余裕が出ました、

うん、やはりエエ感じですね、積み重ねた時間が沁み着いていますshine

椅子の背もたれもこの貫禄shine

082kai

この立地で良く残ってくれています、これからもヨロシクwink

料理が来ました、

「かれいの煮付け」、照りっ照りですhappy01

080kai

美味しい、ビールではもったいなかったかsweat01

ここも燗酒の方がヨカッタか?

先客の老夫婦のお話を聞くともなしに聞いていると(聞いてんねやhappy02)、

言葉遣いがあの“船場言葉”のようです、非常に上品な話し方heart02

そして、“こいさん”という言葉も飛び出しました、これにはビックリsign03

はい、まさしく「細雪」の世界です、小説や映画の世界です、

『こいさんがな、いわはるねん』、、、みたいな、

生の会話で“こいさん”!人生で初めて聞きましたsign01



いや~、エエもん聞かせていただきました、耳の正月ですわhappy02

「かやくご飯」ももちろん美味しいですshine

081kai

これを平らげて、ビールも飲み干して、、、

ワタシが先にお勘定をして身支度、

この日は毛糸の帽子を被っていたのですが、

それを見て、先の老夫婦のお母さん、

『ほら、ああいう帽子、ええでしょ、ねえ、寒いから帽子買いなさいって云ってるんですよ』

お父さん、

『どうしようかと思ってたんですが、あなたの帽子を見て気に入りました、買いますわ』

あは!はい、寒いですからね、これ暖かいですよ、ぜひheart02

という事でお勘定です、明朗会計、

道頓堀南側の「大黒」、

はい、良いお店でした、

酒場ではないですが、少しのお酒はエエんとちゃうかな、
(ワイワイと飲む店ではありませんのでご注意を)

店の格、みたいなんがしっかりあります、

お客さんも皆さん、店の雰囲気に浸りながら食事されていました、

再訪確実、次回は日本酒を少し飲みたいです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

地酒ワンカップ・コレクションNo.1~奈良県吉野郡北岡本店 「やたがらす」吉野千本桜本醸造。

新シリーズ記事ですhappy01

地酒ワンカップ商品の紹介です、

栄えあるエントリーNo.1はこちらです、



【「やたがらす」吉野千本桜 本醸造】

096kai

スッキリ、旨い!お酒でしたheart02

購入日:2018年4月3日(火)

購入場所:奈良県吉野山ハイキングの土産

価格:240円(たしか・・・)

蔵元:北岡本店(奈良県吉野郡)

、 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:地鶏と日本酒、淡路町の立ち呑み「膠」。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました

へ~、親子で入学式とか卒業式へ行くんですね、



今日のお店:地鶏と日本酒、淡路町の立ち呑み「膠」、


記事はこちらから ⇒






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

今日は天満「なかなか」で日本酒会!初探訪ですが良いお店です!フライングは完全禁煙の「奥田酒店」。

【2018年1月29日(月)】

大阪 天満 「奥田酒店」~「なかなか」

普段は飲まない月曜日ですが、、、

今日は「日本酒会」みたいな会の宴会ですhappy01

ま、いろんな飲み会があるわけですが、

この「日本酒会」みたいな会、なにがエエかというと、、、

その、飲みっぷりでありますhappy02

参加者全員が日本酒好き!

この“全員”というところが宴会では重要ですgood



全員がグイグイ飲みます、バンバン食べます、ワイワイと話します、

ワタシはウーロン茶で、などと云う柔な方はおられませんhappy01

それが嬉しいlovely

ということで、

ワタシ的にはいくら飲んでも気持ちよく酔える素敵な会なのでありますshine

今日の会場は天満、

自然の流れに任せると1時間ほど早く天満に到着、

ここはちょっとだけフライングして行きますhappy01

JR大阪環状線「天満」駅を降りると、、、「銀座屋」があります、

いつも混んでますね、

お、左右で喫煙禁煙に分かれたのですね、エエことです、

ワタシも30数年喫煙しておりましたので(現在は非喫煙者wink)、

一緒に飲む友人の喫煙はあまり気にならないのですが、

混んでる酒場などで、すぐ隣であまりたくさん吸われる、やはりだめですねsweat02

店を変えることが多いです、

で、フライングはこちら、大箱の老舗立ち飲み角打ち「奥田酒店」です、

010kai

そのスクエアな店内、気風の良いお姉さん方、安くて美味しい料理、

文句なし、理想に近い立ち飲みであります、

そして、この大きさ、広さにもかかわらず“全面禁煙”です!

男前ですね~up

エエ酒場はこういう風にエエ呑み方をちゃんと教えてくれますwink

今の国会で審議されている「健康増進法」(受動喫煙防止法案)は、

広さにより店内での喫煙を認めるという骨抜き状態になりそうですsweat02

一部の国会議員が店の経営を心配して、
(完全禁煙にすると潰れる店がある!?)

骨抜きにしてしまいました、が、、、

「奥田酒店」見てみいな、完全禁煙でもこんだけ繁盛してまっせheart02

国会議員の方も一度「奥田酒店」へ視察に来るべきですわhappy02、いや、ホンマ、

閑話休題、

はい、「奥田酒店」では「芋お湯」と、

「湯豆腐」200円也、

004

このボリュームで200円也、安いわ、ほんで、出汁が美味しい、

ここへ来たら必ず頼む「げそ天」串@50円也、

005

お勘定は串の数でしてもらいます、

出て来た串はそのままはお勘定に回るので、床に落としたりしたらアキマセンhappy01

これでお勘定、明朗会計、

天満の大箱立ち飲み角打ち「奥田酒店」、

完全禁煙で大繁盛です、また来ますね!heart04



さて、そろそろと「日本酒会」会場に向かいます、

今日の会場は地酒屋「なかなか」、駅から大きな道路を渡ってすぐですね、

055kai

こちら、気にはなっていたのですが、どうも店構えがしっくり来ず、
(個人の感想ですsweat01)、

実はまだ未探訪でした、

で、さきに書いておきますと、、、

ワタシの個人的な感想が間違っていました!heart03スイマセン!!happy01

日本酒の揃えはエエし、日本酒への向き合い方もエエ!料理も美味しいshine

お値段も十分リーズナブルでした、

いやいや、スイマセン、

もっと早くに入っておけばヨカッタと思わせる充実の宴会となりましたheart02

宴会です、それも飲みっぷりサイコーの宴会です、

ワイワイと楽しく飲んだので、細かなところはよく憶えておりませんcoldsweats01

ご容赦くださいませ、

とりあえず料理はこんな感じ、

まずは「刺身盛合せ」、

020kai

「なまこ」、「ぬた」、「酒盗クリームチーズ」といきなりの酒の肴、

021
022
033

「てっさ」、注文豪快ですhappy02

024kai



「いわしつみれ煮」、

023kai



「カキフライ」に「だし巻」?

035kai
031

他にもいっぱいsign03

そして日本酒も飲んだ呑んだ、

026kai
027kai
028kai

店のお姉さん、若いけど日本酒のことよく御存じでしたgood

これ大切です、この勉強する姿勢ね、

030kai
036kai
037kai
038kai
041kai
044kai



この辺りは燗酒にしていただいたような、、、

047kai
050kai

はい、ということで楽しく飲ませていただきましたlovely

お勘定は、、、6000円位だったかな?忘れました、

さすがにそれなりですが、リーズナブル、納得の料金でしたheart02

天満の地酒屋「なかなか」、

今頃の初探訪sweat01、もっと早く探訪しておいたらヨカッタdash

日本酒も料理も納得のクオリティ、接客も気持ちヨカッタです、

これは一人で再訪確実です、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

法善寺横丁の手前、ずっと入りたかった焼き鳥の「おか輪」で一献、そこから「月ふたつ」へ、エエ感じの梯子です。

【2018年1月26日(金)】

大阪 なんば 焼鳥「おか輪」~「月ふたつ」

数年前に評判を聞き、何度か入ろうとチャレンジしましたが、、、

いつも満員の風情sweat02

狭い店なのかな?と思いつつ、未探訪のまま数年が過ぎてしまいましたcoldsweats02

外観の作りは新しい感じですが、

聞くと、この辺りで昔から営業されている老舗の焼鳥屋さんだとか、



ミナミはどちらかというと不得手、

若いころはほとんどキタで呑んでいたので、もちろん、この店も存じ上げないですsweat02

老舗か、やはり一度入ってみたいなあ、と常々思っておりましたshine

で、今日は仕事がなんば終わり、

さて、どこで呑みましょか、「二色」か「正宗屋」heart02

それとも、裏なんばまで行って立ち飲み「もんぞう」、「ひでぞう」辺りか、

「兵吾」でもエエかな?

とか考えながら歩いていて、ふと思いつきましたflair

時間はちょうど18時頃、

ひょっとすると、この時間なら「おか輪」に入れるんじゃないかな?

法善寺横丁はすぐ近くです、行ってみましょうdash

はい、こちらがお目当ての焼鳥「おか輪」です、

010kai

もちろん開店していますね、

で暖簾越しに見ると、、、あら、客はまだ入っていないようですcoldsweats01

誰もいないとなると、逆に緊張してしまいます、が、

せっかくのチャンス、ここで怯んではいけませんhappy01



酒場探訪の真髄は“勇気”です(ホンマかいなhappy02)、

意を決して、ここは入店ですdash

ちわ、

小さなお店です、逆L字カウンターに8席かそれくらい、

一番客です、緊張するなあ~coldsweats01



スイマセン、一人ですけど、

どこへでもどうぞ、

はい、

入ったところの席に着きます、

綺麗な店内、やはり改装されたのでしょうね、

飲み物を訊かれたので「瓶ビール」にします、

013

値段不明、KIRINラガーの中瓶です、

漬物が「つきだし」で出ました、

壁に短冊メニューはあったかな?

とりあえず“焼鳥”ですよね、

まずは3本、これは「身」と頼んだのか?

011



これは「ずり」ですな、

012

塩加減が良いです、美味しいheart02

そして「きも」、

014

こちらはタレで出て来ました、

新鮮で軟らかい、これも美味しいgood

燗酒にします、コップか猪口?も訊かれました、

コップでエエです、

灘のお酒だったような記憶、

なんせ大将と相対しているので、なんか緊張がほぐれませんcoldsweats01

追加で3本、

「ささみ」、

015

紫蘇の葉で巻かれて出て来ました、

焼き方はレア、これも美味しいshine

これは「ひも」だったかな?

016

珍しい部位なので大将と話しました、

普通「玉ひも」と呼ばれる部位の玉(きんかん)の部分を外して、

“ひも”だけを塩で焼いた、

という事だったように記憶します、たしかcoldsweats02、、、
(あ~、ここよく憶えていない、今日はなんか自信ないなあ)

最後はタレで「鴨肉」、

017kai

うん、美味しいshine

これでお勘定にしました、2500円なり、

なんば法善寺横丁の西側、「おか輪」、

上品で上手に焼く感じの焼鳥です、

結局、一人客だったので、分からないところ多いです、

再訪して、もう少し勉強させていただきます、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

この後は、「虎食堂」の後継店、独立されたのかな?

たしか「月ふたつ」という店名に変っています、

表示が小さいので分かりにくいですが、場所も中も変わっていません、

ちょうど空きがあり入れましたheart01

ここもL字カウンターに10人程の店、なかなか入れませんheart03

あ、二階もありましたね、

この日も宴会が入っていたようです、

「燗酒」、

020_2



ここも料理が美味しいんですよね、

カウンターの上の大皿から「貝肝と小芋のうま煮」350円也、

021

貝肝の料理って、初めてかもしれません、

美味しい、貝肝が肉肉していますshine

あ、蓮根も入っています!heart02

「燗酒」をお代わりして、

もう一品は目の前で煮込まれていた「牛すじ大根」450円也、

026kai

上品な味わいのトロトロ、牛すじもトロトロ、大根もトロトロでしたhappy01

これでお勘定は1680円也、この料理なら安いと思います、

路地裏の立ち飲み「月ふたつ」、

やはり、ここの料理も間違いないですね、

「虎食堂」の時から、なかなか入れない印象でしたが、今はどうなんだろう、

美味しい料理が食べたい時には絶対ここですね、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

この日の新梅田食道街「奴」はとくにヨカッタ!絶品河豚豆腐、そこからの「ダイワ食堂」本店。

【2018年1月23日(火)】

大阪 新梅田食道街 「奴」~神山町「ダイワ食堂」本店

さて、梅田で仕事終わりが16時30分頃、どうしようかな~happy01

今はサラリーマン時代と違って定時がありません、

仕事が終わったら、後はその日の都合次第、

何もなければ即閉店(閉業wink)、店を閉めてさっと呑めます、

ありがたいこってすshine

で、梅田で悩んだ時に真っ先に浮かぶのが新梅田食道街の「奴」です、

031kai_2

とにかく刺身のクオリティが半端なく高いup

好みの「はまち」はいつも絶品lovely

寒いこの時期は燗酒で刺身とか、、、サイコーですやんね、

いつもはもうこちらのBlog記事には書いてないのですが、

この日はとびきり充実した内容だったので書いときます、

ということで、とりあえずいつもの「奴」へ向かいましたhappy01

角度の緩いコの字カウンター、詰めれば10数人は入ちゃいます、

この時間でもほぼ満員ですからね、今日もなんとか無事入店です、

「燗酒」300円也だったかな、

028

アルミのチロリで出てきます、



壁のメニューに好みの「はまち」がない?すでに売り切れ!?か?

と「鯛」400円也、

024

よく見ると「はまち」もあったようです、なんか勘違いしたなsweat02

最近、ボケが酷いですcoldsweats02

「鯛」、

う~ん、ホント美味しいです、このクオリティとボリュームで400円也は他ではないですsign01

カウンターの上には小皿と大皿が並んでいます、

味違いで魅力的だったのが「カキフライ」、

029

旨い!heart02

大振りの牡蠣をサクサクに揚げてます、これも堪りませんな、

「燗酒」お代わり、

そしてもう一品、目の前で何か捌いておられるなと思ったら“河豚”でした、

これが鍋に入っていきます、

で、出来上がったのが「河豚豆腐」shine

盛り付けが始まるとどんどん注文が入りますhappy01

なんかめちゃ旨そうですやん、

ええなあ~、とか思てるうちにもどんどん注文が入ります、

ここは決断の時ですsign03(そないたいそうなhappy02)、

スイマセン!ワタシもそれ、お願いします!dash

ということで無事確保、この後すぐに完売となりました、

「河豚豆腐」、

030kai

これも絶品でしたgood

この冬、何度か河豚を食しましたが、

布施の「金八」と並んで、ここ「奴」の河豚が最高でしたheart02

立ち飲みでこのクオリティ、やはり魚系最高のクオリティを誇る店です、

はい、これでお勘定は1750円也、



新梅田食道街の「奴」、

いや~、今日は最高でしたね、「鯛」、「カキフライ」、「牡蠣豆腐」、

刺身、揚げ物、煮物と立ち飲みでコース満喫でした、

おおきに、ごちそうさん。また来ますね!heart04
heart04

さて、とても高揚した気分です、もう一軒行きましょかhappy01



ちょっと用事があって阪急東道理商店街を歩きます、

そういうとあそこはまだ入ってなかったね、

ちょうどイイや、あそこへ行きましょうflair

ということで、初探訪のお店はこちら、

032kai

扇町公園の手前にある「ダイワ食堂」です、

「ダイワ食堂」と云えば、天神橋五丁目のお店にいつもお世話になっています、

何度か出演した「天満音楽祭」の打上げは決まって「ダイワ食堂」天五店でしたnote

予約なしで5~6人で入れて、昼間からワイワイ飲んで食べて、
(食堂ですから料理メニューが多い)、

ほんで安い!という良店なのですwink

他に天神橋七丁目にもお店がありますね、

こちらの神山町の「ダイワ食堂」がどうも本店みたいです、

看板などの店名には表記されていませんが、

検索すると“本店”の表記が見れます、

どうなんだろう?たぶんそうなのかな、、、happy01

こちらもすっと入店です、

“食堂”の冠が付いていますが、中は、、、居酒屋さんの雰囲気ですhappy01

五丁目の店は、明るくて白いデコラテーブルど~んみたいな食堂テイストなんですが、

こちらは照明も椅子も居酒屋テイストですwink

カウンターとテーブル席が5つほど、

先客がテーブルに2組だっけ?カウンターに着きます、

ここでも「燗酒」350円也と「白子ポン酢」480円也にします、

034

この日は完全に海鮮系に嵌っていますな、“白子”も大好物heart02

チビチビと飲み進めていると、お客さんの入店が続きます、

もちろん食堂使いは無し、みなさん居酒屋使いです、

遅くまで営業しているみたいだし、夜は完全に居酒屋のようですね、

メニューに地酒もありますけど、銘柄が書いてないsweat02

037kai

味の特徴だけが書いてあります、珍しいなあcoldsweats01

ちょっと飲んでみようかと思い、フロアの女性に訊ねてみましたが、、、

日本酒の事、よく分からないsweat01ようなので断念heart03

「燗酒」お代わりして、「づけマグロやまかけ」580円也、

040

まずまず、、、しかしホンマに、今日は海鮮ばかり頼んでいますhappy01

これでお勘定は1900円位だったかな?

扇町公園近くの「ダイワ食堂」本店、

夜は完全な居酒屋さんでした、

地酒があるようですが、銘柄が分からないのが惜しいsweat02

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »