« 地酒ワンカップ・コレクションNo.1~奈良県吉野郡北岡本店 「やたがらす」吉野千本桜本醸造。 | トップページ | このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。 »

2018年4月 9日 (月)

今日は道頓堀辺りで夕御飯です、創業明治35年、名物はかやくご飯の「大黒」、エエ言葉も聞けました。

【2018年1月31日(水)】

大阪 なんば 「兵吾」~「大黒」

今日はなんばでライブ参戦です

で、ライブ前に食事を済ませておきたいので思いつきました

未探訪のあの店で夕ご飯を食べていきましょう

でも、その前に、、、やっぱりフライング

裏なんばの「兵吾」、

017kai

「風の森」の蔵元、奈良油長酒造直営?の立ち飲みです、
(たぶん、そうやと思いますが未確認)、

10人ほどで満員の小さくてシンプルな立ち飲み、で、料理が美味しい、

日本酒は「風の森」が3種類ほど置いてあります、

美味しい好みのお酒なので3種もあれば十分です

早い時間から開いているようですが、いつもエエ感じで温まっています、

この日も先客5人ほど、入り口近くのカウンターに着きます、

もちろん、いきなり日本酒に行きます、

「風の森」の中でも好みは「秋津穂」、

発泡感があって米の味もしっかり、大好きな銘柄です

今日はちょっと寒いので燗にしてもらおうかと訊くと、

「秋津穂」は燗酒でも美味しいですよ、とのこと、ではそれで、600円也、

もちろん湯煎、ちろりで出てきました、へへ、エエ感じですね

067kai

錫のぐい飲みに注ぐと、、、へへ、燗にしてもシュワシュワしてますわ、

うん、美味しい

料理は「肉牛蒡」300円也、

068

はい、ちゃんとしたお料理、このあたりが人気の源泉、嬉しいですね~、

ちびちび飲んで、もう一品、おでんの「エビ天」200円也と「玉子」100円也、

071

へへ、「エビ天」にはちゃんと尻尾も付いています、これも嬉しい

フライングはここらで〆ます、明朗会計、

裏なんばの「兵吾」、

好きな「秋津穂」飲めるし、料理は安定感抜群、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね!

さて、そろそろエエ時間になって来ました、

このあとにライブが控えています、

今日のお目当ての店へ急ぎましょう

御堂筋を渡って、道頓堀の南側2筋目を西へ入るとすぐにありました

「大黒」、

073kai

夜も営業している、かやく御飯が名物の食堂という事で良いでしょうか?



エエ店構えですね

一度入ろうと思いながら未探訪でした、申し訳ございませんでした、

本日は入店させていただきます、

暖簾には“創業明治三十五年”と染め抜かれています、

西暦で云うと1902年です!

20世紀をまるまる生き抜いてきた老舗ですね、素晴らしい

暖簾を分けて入ります、

思ったより狭い店内、大きなテーブルが2つ、先客が4組ほど、

必然相席となります、

お母さんに一人客であることを告げると、左側のテーブルを示されました、

はい、こちらのテーブルには上品な先輩ご夫婦と一人客の若者、

スイマセン、失礼します

この雰囲気、ちょっと緊張します、

小心者ですから、初めての店はホント緊張します

相席ならなおさらです、

メニューと先客の注文を見ながらオーダーを検討します、、、

というか考えてるふりをしながら、先客の注文を参考にしています

え~っと、「瓶ビール」550円也と「かれいの煮付け」600円也、

それと「かやくご飯」の中450円也をください、

「鯛の子」も頼みましたが、生憎今日はもう売り切れ

では、これでお願いします、

これに「粕汁」を付けるのが定番のようですが、

076kai

ビールを飲むのでまずはこれでいきます、

これで一段落、ふ~、無事注文完了、

やっと店内をゆっくりと見回す余裕が出ました、

うん、やはりエエ感じですね、積み重ねた時間が沁み着いています

椅子の背もたれもこの貫禄

082kai

この立地で良く残ってくれています、これからもヨロシク

料理が来ました、

「かれいの煮付け」、照りっ照りです

080kai

美味しい、ビールではもったいなかったか

ここも燗酒の方がヨカッタか?

先客の老夫婦のお話を聞くともなしに聞いていると(聞いてんねや)、

言葉遣いがあの“船場言葉”のようです、非常に上品な話し方

そして、“こいさん”という言葉も飛び出しました、これにはビックリ

はい、まさしく「細雪」の世界です、小説や映画の世界です、

『こいさんがな、いわはるねん』、、、みたいな、

生の会話で“こいさん”!人生で初めて聞きました



いや~、エエもん聞かせていただきました、耳の正月ですわ

「かやくご飯」ももちろん美味しいです

081kai

これを平らげて、ビールも飲み干して、、、

ワタシが先にお勘定をして身支度、

この日は毛糸の帽子を被っていたのですが、

それを見て、先の老夫婦のお母さん、

『ほら、ああいう帽子、ええでしょ、ねえ、寒いから帽子買いなさいって云ってるんですよ』

お父さん、

『どうしようかと思ってたんですが、あなたの帽子を見て気に入りました、買いますわ』

あは!はい、寒いですからね、これ暖かいですよ、ぜひ

という事でお勘定です、明朗会計、

道頓堀南側の「大黒」、

はい、良いお店でした、

酒場ではないですが、少しのお酒はエエんとちゃうかな、
(ワイワイと飲む店ではありませんのでご注意を)

店の格、みたいなんがしっかりあります、

お客さんも皆さん、店の雰囲気に浸りながら食事されていました、

再訪確実、次回は日本酒を少し飲みたいです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

|

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.1~奈良県吉野郡北岡本店 「やたがらす」吉野千本桜本醸造。 | トップページ | このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。 »

大阪ミナミ(心斎橋難波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は道頓堀辺りで夕御飯です、創業明治35年、名物はかやくご飯の「大黒」、エエ言葉も聞けました。:

« 地酒ワンカップ・コレクションNo.1~奈良県吉野郡北岡本店 「やたがらす」吉野千本桜本醸造。 | トップページ | このスタイル、新しい!時間制限なしの“飲み放題”♡「日本酒が永遠に飲める店 たまり場PON」。 »