« 裏なんばの「桝田酒店」、エエ感じの角打ちですが、日本酒の揃えもさすがです、「長門峡」と「十水」で納得。 | トップページ | 和歌山駅前「多田屋」のあとは、「酒屋の酒場」へ、メニューにあった“マルシンハンバーグ”が美味しかった^^) »

2018年4月25日 (水)

山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^)

【2018年2月17日(土)】

和歌山 和歌山駅前 「多田屋」

今日は大阪府から和歌山県へ山越えのハイキング、

で、和歌山駅前で飲んでいます

JRきのくに線「山中渓」駅は大阪府最南端の駅になるんでしょうか?

そこから、和歌山県の「六十谷」駅まで歩きました、

県境を山で越えるのは初めてではないかな?

4時間ほどのソロハイク

楽しみはもちろん下山後の一杯であります

和歌山で飲むのは久しぶり、

数年前に、加太、さらに白浜と何軒か飲みましたね、

さて、今日は下山した「六十谷」駅から2駅のJR「和歌山」駅周辺で飲む算段です、

さすがに、ちょいと下調べをしています、、、



その数年前に見かけたエエ感じの大衆割烹「丸万」、

0491

今度行った時は入ろうと考えていたのですが、、、

あえなく廃業閉店したようです

遅かった、由良の助、、、

さらに駅前と、少し離れた場所の2軒あった「酒屋の酒場」のうち、

0451

駅から離れた方の店(京橋店?)も廃業閉店したようです、

遅かった、、、美樹克彦、、、

という事で、本日の目標は「酒屋の酒場」駅前の方の店と、

すぐ近くにある「多田屋」のダブルスタンバイで臨みます

ちなみに「酒屋の酒場」という店名、

東京は北千住にも同名の酒場「酒屋の酒場」があります

なかなかエエお店で2回ほど探訪していますが、

和歌山の店とは縁もゆかりもないように思えます、



こういう発想の店名が被るというのも面白いです、

ま、これで2つの店が実は繋がっていた!

という方がもっと面白いですけどね

閑話休題、

「和歌山」駅到着が14時過ぎ、

まずは駅から徒歩2分の「酒屋の酒場」を覗きますが、、、まだ開店前です



店の前に立っていると、ちょうどお母さんが来られました、

これから開店準備なのでしばらくかかります~、とのこと、

了解です、また後で来ますね

では、これまたすぐ近くの「多田屋」へ向かいましょう、



途中の商店街、ちょっと元気ないですね、店もあまり開いていないです、

028kai



すぐに「多田屋」に到着、、、

031kai

参った、、、

めちゃめちゃエエ店ですやん

なんで、前回和歌山探訪時に見逃しているんやろ、情けない



もう、外観を一目見て気に入りました、

さらに、入り口に貼ってある張り紙を見て、もうメロメロになりました

069kai

“お酒の歴史は数千年 多田屋はまだまだ90年”

もう、アキマセン、これは間違いないです、エエ店に決まってます、

ではでは、入りましょう

やっぱり、、、店内もサイコーの景色です、

今日の山行で観た景色より、こちらの景色の方が感動しました

コンクリート打ちっぱなしの床、大理石(模様?)のコの字カウンター、

向かいも一升瓶が並んだカウンター、

奥にテーブル、さらに座敷?という大箱です、

エエわ、もう最高ですわ、堪りませんわ

店員のお姐さん方、揃いのうぐいす色の上着に頭巾、

これもキュンキュン響きます

コの字カウンターの奥、壁側に案内されます、

とりあえず下山後なので、他のお客さんが飲んでおられた「赤星」大瓶にします、

032

ビールグラスも泣かせますね~

ここ「多田屋」もまた角打ち=酒屋さんの酒場のようです、

ビール銘柄、各社揃っているみたいです、

料理はまず「ニラ玉」420円也、

035

値段はそんなに安くい訳ではありません、

が、そんなことはどうでもいいくらい、エエ感じで飲めます

ここで「ホッピー」があることに気付きました

そっか~、ここは酒屋なんや、あとで飲もう!

目の前のおでん鍋には串に刺さったおでんの具が、

039

古いタイプのおでんのカタチが残っています

 

お姐さんに訊くと、昭和2年創業、

昨年2017年が90周年、今年2018年は91年目だそうです、

キュン~

こんな酒場が和歌山に残っていたとは、ホントありがたいことです、

お姉さん曰く、そこの「和歌山」駅ができる前から営業しているとのこと、

ええ?ホンマですか?

『しかし、このままいけば100周年も問題なく行けそうですね』、

『そうやね、イケると思うわ』、

この賑わいで100周年とは、ホントに立派です、ぜひ、続けてください

他のお客さんの注文が美味しそうやったので「かき揚げ」280円也、

おでんの汁、かけますか?

はい、お願いします、

045

うん、美味しい

ここらでホッピーも注文、「ホッピー」セット白氷あり350円也、

041



おでんは「厚揚げ」130円也と「すじ」150円也、

059

日本酒は奥の方のリーチインに入ってました、

051kai



入って右のカウンターの前にもメニューと一升瓶が並んでいます、

056kai



せっかくなので和歌山の酒をいただきましょう、「黒牛」、

061



肴は「うなぎ肝焼き」400円也、

063

ふ~、下山後という事もあり、大いに飲み食いしました

さすがにこれでお勘定です、3180円也、

和歌山駅前の「多田屋」、

久しぶりに大好きな酒場に行き当たりました、

ワタシ的には理想的な酒場です、

ここならもう何時間でも飲んでられそうです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

そうそう、

この時、お姐さんから「山中渓」駅は桜の名所だと教えていただきました

その時にまた来てくださいね、

了解!絶対にまた来ます!



ということで、この後、月に一度は通うことになります、、、

これはまたあらためて・・・

|

« 裏なんばの「桝田酒店」、エエ感じの角打ちですが、日本酒の揃えもさすがです、「長門峡」と「十水」で納得。 | トップページ | 和歌山駅前「多田屋」のあとは、「酒屋の酒場」へ、メニューにあった“マルシンハンバーグ”が美味しかった^^) »

日本酒」カテゴリの記事

関西周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山行のあとは和歌山駅前の「多田屋」を初探訪、気に入りました!!もうサイコーの酒場です♡、存分に飲みました^^):

« 裏なんばの「桝田酒店」、エエ感じの角打ちですが、日本酒の揃えもさすがです、「長門峡」と「十水」で納得。 | トップページ | 和歌山駅前「多田屋」のあとは、「酒屋の酒場」へ、メニューにあった“マルシンハンバーグ”が美味しかった^^) »