« 久しぶりに大正の「クラスノ」を探訪、二代目三代目がしっかりと継いでいただいていました。 | トップページ | 立派な酒場ですが、ここもまた“角打ち”と云うことで良いでしょうか?大正の「畑分店」。 »

2018年3月20日 (火)

大正の「乃ノ家」、美味しい“やきとん”がいただけます、即再訪してメニュー確認も実施^^)

【2018年1月9日(火)】

大阪 大正 「乃ノ家」

大正の「クラスノ」で飲んだ後です、

さて、もう一軒行きましょか

たしか立ち飲み角打ちの「なかのぶんてん」が閉店して、

新しい店に変っているはず、

未探訪ですので、ちょいと覗いてみることにしましょう

「クラスノ」から駅前の大通りを渡って、路地に入るとすぐ先の角にあります、

ここですね、

024kai

外観は随分変わっていますが、、、

よく見ると入口なんかは「なかのぶんてん」(中野分店、ここについては別の記事で触れます)当時のままのような気もします、

店名は「乃ノ家」かな、

暖簾に大書されたメニューからすると“やきとん”の店のようです、

たしか近所に同名の座り飲みの店「乃ノ家」があったと思います、

そこの立ち飲み店という感じかな

店名は特に変わらず「乃ノ家」という事で良さそうです、

さて、関西での“やきとん侵攻計画”絶好調ですね

「たゆたゆ」などの関西流やきとん派とも云うべき“川端屋系”に始まり、

立石の「宇ち多”」リスペクトの天満駅前「寅屋」、

三宮には東村山やきとんを称する「龍」、

同じく三宮のリーズナブルで本格的な「四文屋」と、

本格的なやきとん(もしくは”もつ焼き”)のお店が続々と開店

で、こちらの「乃ノ家」も、先に書いてしまうと、、、

なかなかエエ感じの”やきとん”出してくれました

開店してもう2年くらいになるようです、

知らなかった、、、アクション遅すぎるやろ、、、

酒場探訪の極意を極めるには、まだまだ修行不足です

もっと、ちゃっちゃと呑みに行かんとね(お体は大切に)、

ということで(どういうこと?)「乃ノ家」に入店です



お、中のレイアウトは「なかのぶんてん」時のままですね、

居抜きというやつです、

でも、奥のほうには立ち飲みスペースや、

座りのテーブルもあるようです、少し手は加わっているかな、

入ったところのカウンターに着きます、

お、「ホッピー」もありますね

028kai

ここは迷わず「ホッピー」400円也です、”氷あり”でお願いします、

料理は好物のガツ系から行きましょう、「ガツシン刺身」300円也、

030kai

お、えらい柔らかいガツシンですね、これは期待が高まります

壁のひときわ大きい短冊メニューに並んでいるのは、

028kai2

「バラ軟骨煮込み」、「モツ豆腐煮込み」、「豚足煮込み」、

いずれも300円也、どれも美味しいそうです!

が、今日は「クラスノ」からの2軒目、

もう結構お腹が膨らんでます(食べんでも膨らんでますが)、

ここは焼きにします、

これまた好物のカシラ・コメカミ系で「コメカミ」2本で300円也、

塩で焼いてもらいました

038

東京の好みのやきとんに比べるとやはり小振り、関西の主流の大きさ、

でも、美味しいですよ~

うん、イケます、

たしか「ホッピー」の”中”をお願いして、お勘定は1200円也、

“中”は200円という事ですね、



はい、エエ感じです、やきとんのレベルも高いです

あの大きな短冊メニューの3品には手(いや、腹か)が届きませんでした、

これは再度あらためての探訪が必要ですな、、、



ということで、3日後に再探訪を敢行(気合はいっとるなあ)

同じ立ち位置、一番客です、

もちろんこの日は一軒目、「ホッピー」をグビリといったら

さっそく大き目短冊メニューをお願いします、

まずは「バラ軟骨煮込み」玉子付き300円也、

020

きゃ!こういう感じ、このビジュアルなんですね、

玉子は半熟トロトロ

021kai

関西も東京に追いついてきましたわ

「モツ豆腐煮込み」300円也、

023kai

こちらははんなりと関西風かな、

うんうん、エエ感じです、今日は飛ばしますよ

「ホッピー」”中”追加して、「焼き三種盛り」400円也、ちょっとお得です、

「ガツ」、「タン」、「レバー」だったかな?

029kai

なかなかのビジュアルです、前回の「カシラ」は少し上品でしたが、

今日の串はインパクトあります、好きな感じです

飲み物は「梅割り」300円也にします、

こちらは立石「宇ち多”」方式の焼酎に梅エキスを垂らすだけのやつ、

026kai

焼酎おストレートですから結構酔います、

ので、一人3杯までの制限付き、

梅エキスは「宇ち多”」同じかな?

ちょっと甘めに感じたけど、よく分かりません
 



焼きをもう少し、

美味しかったので再び三種盛り、

再度「レバー」、そして「コメカミ」と「テッチャン」、

031kai

うん、一通り堪能しました、満足です、

大正の「乃ノ家」、

レベルの高い”やきとん”がいただけます、

「ホッピー」や「梅割り」がすっと飲めるのも嬉しい、

しばらくここは定番店として探訪頻度高くなると思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね



|

« 久しぶりに大正の「クラスノ」を探訪、二代目三代目がしっかりと継いでいただいていました。 | トップページ | 立派な酒場ですが、ここもまた“角打ち”と云うことで良いでしょうか?大正の「畑分店」。 »

大阪大正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大正の「乃ノ家」、美味しい“やきとん”がいただけます、即再訪してメニュー確認も実施^^):

« 久しぶりに大正の「クラスノ」を探訪、二代目三代目がしっかりと継いでいただいていました。 | トップページ | 立派な酒場ですが、ここもまた“角打ち”と云うことで良いでしょうか?大正の「畑分店」。 »