« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:裏なんばの角打ち「桝田酒店」。 | トップページ | 今日は九条で忘年飲み、その前に一人でフライング、まずは未探訪だった「安井酒店」へ。 »

2018年3月 2日 (金)

なんばの交差点近く、地下に降りる階段の踊り場にある「大ざわミナミ店」、1966年開店の老舗酒場です。

【2017年12月26日(火)】

大阪 なんば 「大ざわ」

この店、ずっと“大さわ”だと勘違いしていましたsweat01

過去の記事もたぶん“大さわ”と書いていると思いますが、、、

正確には「大ざわ」でした!すいましぇん!!coldsweats02

ほんと、齢を取ってくると、

当たり前のことが当たり前にできなくなってきますなあ、情けないcatface

ということで、反省を込めながらなんばの「大ざわ」の記事を書きましょう、

今日のお店は地下中1階というか、うん、やっぱり地下中1階かな、

014kai

地下鉄御堂筋線「なんば」駅の改札がある地下フロアと地上を繋ぐ階段の踊り場にある店です、

「大ざわ」はミナミに2軒あり、

こちらが「大ざわミナミ店」で本店でもあるようです、



で、もう一軒はなんばウォーク内、西側にあります、
(別途探訪記事末に紹介)

そちらは「大ざわニシ店」(カタカナ表記?)という事みたいです、
(「大ざわ」HPでは“なんばウォーク店”表記)

現在はキタのホワイティ・ウメダ地下街にももう1店あります、

これが「大ざわキタ店」、

こちらは、元は「おみき茶屋」という店でしたが、

7年ほど前に居抜きのような感じで「大ざわ」の変りましたね、
(もう7年前か、早!)

こちらは探訪記事を書いています、

やはり、ちょっとミナミの「大ざわ」とは雰囲気が違うように感じています、



さて、こちら本店の「大ざわミナミ店」ですが、

開店が1966年(昭和41年)とのこと、

今から52年ほど前、すでに半世紀を超えている、

これはまあ、間違いなく老舗酒場と云って良いでしょうhappy01

開店当時からこのビルの地下中1階だったのか?

分かりませんが、1966年開業となると地上の路面店だったかもしれませんね、

ちなみに現在の“なんばウォーク”の前身“虹の街”地下街(懐かしいhappy02)が開業したのが1970年(昭和45年)、

大阪万博の年のようです、

それ以前は地下街が無かった(たぶん)訳ですから、

1966年開業の「大ざわミナミ店」は当然地上にあったと想像できます、

で、“虹の街”地下街工事で地下に降りた、

という事ではないでしょうか?(未確認です)

ま、お店の人に訊いたらすぐに分かると思いますがhappy01

というのも、

ここ「大ざわミナミ店」にはベテランの料理職人のお父さんがいらっしゃいます、

特段安い訳でもないし、狭い店やし、

でも、このベテラン職人のお父さんなら開業当初の様子もご存じに違いないと踏んでいます、

このお父さんの仕事ぶりがまた素晴らしくheart02

それが好きでこの店は再訪を重ねていると云って良いと思いますwink

店は変形のコの字カウンター10数席、

カウンターの中には料理担当のお父さんと、

お姐さんがお二人ほど、というのが標準フォーメーション、

料理はほとんどお父さんの担当です、

お父さんの揚げる天ぷら、フライがまた美味しい、揚げる手際もヨロシイgood

もちろん刺身も切ります、

盛り付けもします、

時間が空けば黙々とキャベツを千切りにしたはりますheart02

「チーズクラッカー」のオーダーがあれば、

なんと!クラッカーも包丁で丁寧に切ったはりますhappy02

おそらく開業当初からずっとここで板場をやっておられる、、、

のかもしれません(未確認coldsweats01)、

でも、全然偉そうな感じやない、

黙々と仕事に打ち込んでいる!感じ、



お父さんの仕事ぶりを見るには、

店に入ってすぐ右手のカウンターに座るのが良いです、

こういう綺麗な仕事ぶりを観ながら飲む酒はホント美味しい、大好きですlovely

ということで、この日は「生中」390円也、
(ジョッキ、小さいです!はい!)

「揚げ出し豆腐」350円也、

016

もちろん通し揚げ、お父さんの仕事です、盛り付けも美しく美味しい、

「燗酒」320円也は湯煎やったかな?

020

もう一品は「いわし煮付け」380円也、
(うわ!写真無しheart03スイマセンsweat02)

これで1440円也、

大阪なんばの「大ざわミナミ店」、

今は地下街の片隅にある店ですが、

老舗の雰囲気とちゃんとした料理をお父さんが守っています、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



で、なんばウォークにある「大ざわニシ店」も探訪wink

004kai



「生中」は400円也でした、

006

ビールジョッキの大きさはこれくらいね、小さいのは本店と同じhappy01



「湯豆腐」300円也に、

005kai

「串カツ」300円也、

008



こちらには渋い料理人さんがお二人、おられましたhappy01

コの字カウンターが左右で分かれており、テーブル席は両端に、

そのためか、お姐さんは5人体制と多めです、



便利な場所にあるけども、、、ワタシは本店のほうが好みかなheart04



|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:裏なんばの角打ち「桝田酒店」。 | トップページ | 今日は九条で忘年飲み、その前に一人でフライング、まずは未探訪だった「安井酒店」へ。 »

大阪ミナミ(心斎橋難波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/72922679

この記事へのトラックバック一覧です: なんばの交差点近く、地下に降りる階段の踊り場にある「大ざわミナミ店」、1966年開店の老舗酒場です。:

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:裏なんばの角打ち「桝田酒店」。 | トップページ | 今日は九条で忘年飲み、その前に一人でフライング、まずは未探訪だった「安井酒店」へ。 »