« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:裏なんばの「兵吾」、秋津穂が美味しい。 | トップページ | 山行きからの下山後の一杯、これがサイコーなんです^^)高槻の「なじみ野」を初探訪です。 »

2018年2月19日 (月)

ずっと通えるエエ角打ち、大阪中津の「大西酒店」、と関西の角打ち事情考察??^^)

【2017年12月6日(水)】

大阪 中津 「大西酒店」

梅田からGOに引っぱられて茶屋町辺りから、

さらに中津へと踏み込んでしまいましたsweat01

ホント、この寒いのによくやるよねcoldsweats01

しかし、こう寒いとどうしても燗酒が恋しくなります、

ま、GOも一段落したので「大西酒店」へ行って燗酒を一杯飲んで帰りましょか、

happy01

東京単身赴任から戻ってきたのが2009年の秋、

東京で覚えた“酒場探訪”、もちろん大阪でも即開始、

吉田類さんのお蔭ですでに酒場巡りはブームの兆しがありましたが、

それでも情報はまだ限られていました、

東京の下町にあったような末枯れた街中の酒場を探して、

関西のあちこち歩き回りました、が、

なかなか、東京の下町にあるような酒場に巡り合えないsweat01

そのうちに、大阪は立ち呑み、角打ちが多いことに気付き始めますflair

東京の酒場探訪はその9割が座り飲み、

駅前の下町に必ず一軒は末枯れた座りの酒場がある、という様な感じでしたが、

関西は座りの酒場の代わりに立ち呑み、角打ちがその役目を担っているようですflair

とくに角打ちは、ぞの数で云えば関西の方が圧倒的に多いと感じています、

東京で行った角打ちと云うと、、、

すぐには全部を思い出せませんがsweat02

神田に3軒ほどあったのが印象的なくらいで、

良い酒場はすべて座り飲みだったようなshine、、、

関西の角打ちは数が多い分、その規模と形態はバリエーション豊かですwink



シンプルな角打ち型(コップ酒とおつまみのみ)に始まり、料理充実型

角打ち酒販混在型、角打ち・酒販別店舗型、酒販消滅型(角打ちのみ)、

本格料理型、日本酒充実型、座り型、コンテポラリー型などなど、

って、ワタシが勝手に書いてるだけですけどねhappy02

で、今日のお店「大西酒店」は、日本酒充実・料理充実・角打ち酒販混在型の雄の一店ですね、

似た店としては、こちらもとても良い店、

天五中崎商店街の「稲田酒店」ととてもよく似ています、

日本酒の揃えでは両巨頭かな、

「稲田酒店」は完全な角打ち・酒販分離型ですが、

「大西酒店」は大人気で今や酒販コーナーも満員の勢いですので、そこがちょっと違うかな、



ということで、今日もちょこっとだけ「大西酒店」で飲んで帰りましょうhappy01

時間は17時半頃、角打ちコーナーに入りカウンターに着きます、

まだ空いている時間です、

まずは「ビール小瓶」と「ポテサラ」、

008

ここの「ポテサラ」はボリューム満点です、ありがたい、



酒場の定番「ポテサラ」、

これは東西を問わず不動テッパンのおつまみですな、

ビールを少し残してすぐに燗酒を所望します、

カウンターの中のお母さんから、

『今日の燗酒は若戎ですよ』と声を掛けてもらいます、

お!蔵開きにも行ったことありますね、青山町だっけ?いや、伊賀市かな?

美味しいお酒ですheart01

こんな張り紙もありました、

010kai

銘柄を聞いてから飲むと、コップ酒も一段と美味しくなります、

011

肴は大きなおでん鍋で煮えているおでんもエエですけども、

014

この日はなんかケチャップが掛かった「オムレツ」が食べたくなりました、

012

ほら、美味しそうでしょhappy01

これで燗酒を追加、

でも“半分”だけね、コップに半分だけ(半分より多いような気がする)、

壁には日本酒のラベルがずらり、

009kai

これ縮小コピーかと思いきや、全部大将の手書きですsign03

器用、たいしたもんです、

今日は燗酒でしたが、常温・冷やの日本酒の充実度も随一ですね、

これでお勘定は1400円也位かな?

帰り際に酒販コーナー(この日は立ち飲みの客で溢れていましたが)で「MIYASAKA7」を購入good

009_2

美味しい日本酒が飲める、買える、これまた「稲田酒店」と同じですね、

大阪中津の「大西酒店」、

ずっと通える、文句なしの角打ちです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

|

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:裏なんばの「兵吾」、秋津穂が美味しい。 | トップページ | 山行きからの下山後の一杯、これがサイコーなんです^^)高槻の「なじみ野」を初探訪です。 »

大阪中津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/72907717

この記事へのトラックバック一覧です: ずっと通えるエエ角打ち、大阪中津の「大西酒店」、と関西の角打ち事情考察??^^):

« 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:裏なんばの「兵吾」、秋津穂が美味しい。 | トップページ | 山行きからの下山後の一杯、これがサイコーなんです^^)高槻の「なじみ野」を初探訪です。 »