« 三宮に「べらみ」という立ち飲みがあるそうです、なにやら洒落た名前ですな、探訪してみましょう^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:天満の老舗酒場「天満酒蔵」。 »

2018年1月18日 (木)

なんば座裏で放浪、新規開拓で焼鳥の「南蛮亭」に飛び込みます、結構イケます^^)

【2017年11月6日(月)】

大阪 なんば座裏 「南蛮亭」

今日は月曜日ですが、珍しく飲んでいます



心斎橋で所用終わり、そのままなんばまでGO!、さて、どこで飲みましょか?

そうそう、屋号巡りの次回テーマになりそうな「丸一屋」

大阪にざっと7~8店舗あるみたいです、

そのうちに集中探訪を目論んでいますが、

その「丸一屋」リストに中に“なんばの「丸一屋」”があります、

う~ん、なんばにあったけなあ?な感じなので、確かめてみましょう

場所は「かどや」や「能登屋」がある辺りです、

座裏を通り過ぎて高架下を越えると、、、ありました、「丸一屋」、、、

002kai

やはり、、、酒場ではないですね、うどん屋さんです



酒場「丸一屋」だったのがうどん屋へ転身したのか?

もともと、うどん屋だったのか?定かではありません、

入ってみて由来を訊いてみたい気もしますが、

ここは守備範囲外ということで、今日はスルーしましょう、



さて、どうしましょうか?

「かどや」や「能登屋」、「ニューダイトン」がすぐ傍ですが、なんか新規開拓したいところです

で、ふと思い出したのが座裏の狭い路地にあるらしい立ち飲み、

うろ憶えですが、たしか立ち飲みがあったはずです、行ってみましょう

工事中?の歌舞伎座裏の狭い路地に入ります、

この通りになんかありそうな気がしていたのですが、、、

3回くらい行ったり来りしたのですが、発見できませんでした

それらしい店はあるのですが、どうも初見で入るのが難しそうで、、、断念、、、

さ~て、どうします?

また移動するのも億劫なので座裏で飛び込むことにしましょう、



で、選んだのはここ、焼き鳥の「南蛮亭」、

003kai

大衆的な焼鳥屋さんですよね、

結構流行っているようなので美味しいかもしれません、

事前情報まったくないですが入ってみましょう

間口が広く2つの店が並んでいるように見えますね、右側から入ります、

テーブル席がたくさん、カウンターもありますね、

いつものように指で一人客であることを示すとカウンターへ案内されます、

飲み物は「生中」490円也、立ち飲みより高いです

「突出し」が出ます、160円也、

004

カウンターの中のお兄さんから注文の作法を教わります、紙に書くそうです、

011kai

なるほどね

え?注文の紙は2枚までにお願いします?

ほう、チャンスは2回ということですか?なかなか厳しいですな

レギュラーメニューの他に、壁に数量限定メニューが貼ってありました、

007kai

せっかくならこっちから行ってみたいですね、

え~っと、ハツモト、ムナスジ、フリソデか、

全部、頼みましょか、

え?ムナスジが今日は入ってない、そうですか、

じゃあ、「ハツモト」と「フリソデ」ください

で刺身を少し食べたかったのですが、この日は刺身もなし、ガクッ、

この時点では、どうも品揃えが良くないなあ、という感じからスタートです、

「ハツモト」2本で260円也、“ココロの血管”とのこと、

009

タレで出てきました、

そういうと“塩・タレ”は訊かれませんでした、デフォルトで決まっているようです、

安いですね、好きな食感です、タレも美味しいと思います

「フリソデ」、こちらも2本で260円也、胸脇の肉らしいです、

008

こちらは塩で出てきました、

胸肉に筋が入った感じ?

ぱさっとした食感ですが、まずまず美味しいです、

この辺りで少し好感持ち直して来ました



飲み物は「黒霧」ロック410円也に、

鉄板焼きの仕事がよく見える席だったのですが、

何やら美味しそうな注文が続いています、

あれは?と訊くと「れんこん肉詰め」とのこと、

注文通してからの肉詰め手作りなんですね、ここでも好感

それも下さい、注文紙に書いた方が良いですか?

書かなくて大丈夫です、つけときます

おおきに~、結構臨機応変なんですね、助かります

「れんこん肉詰め」410円也、

013kai

なんと!なんと大き目のが3つも出てきました

こりゃボリューム満点です、というか一人だと多すぎるかも

作っておられる時は、一つで一人前かと思って観ていました

しっかりした味付けのつくねが美味しいです、好感度上昇

最後に焼きで「きも」を頼んだら『白きも』にしましょか?とのこと、

そういうと、おすすめメニューのTOPに書いてありますね、激レア白きも!

はい、それでお願いします

「白きも」お値段はレギュラーと同じ3本で330円也かな?

015

うん、柔らかいこの食感がウリでしょうね

はい、これでお勘定は1920円也、安いですね

なんば座裏の焼鳥「南蛮亭」、

大箱の大衆焼鳥、でも焼鳥は安い!コストパフォーマンスは高いです、

それなりの焼鳥感も楽しめました、

外観が好みではないので今まで入りませんでしたが、有りですね、

数人で飲む時には使えます、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね

|

« 三宮に「べらみ」という立ち飲みがあるそうです、なにやら洒落た名前ですな、探訪してみましょう^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:天満の老舗酒場「天満酒蔵」。 »

大阪ミナミ(心斎橋難波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんば座裏で放浪、新規開拓で焼鳥の「南蛮亭」に飛び込みます、結構イケます^^):

« 三宮に「べらみ」という立ち飲みがあるそうです、なにやら洒落た名前ですな、探訪してみましょう^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:天満の老舗酒場「天満酒蔵」。 »