« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

芦屋に餃子専門店が2店あるそうです、行ってみましょう^^)芦屋の餃子専門店「大鳳」と「福福」。

【2017年10月12日(木)】

兵庫 芦屋 餃子「大鳳」と「福福」

大阪と神戸の間にある芦屋市、高級住宅街として有名ですが、

結構下町もあり、角打ちが少なくとも3軒あるのは先日紹介しましたhappy01



で、今日は餃子専門店へ行ってみることにしますdash

芦屋には餃子専門店が何軒かあります、ひょっとすると比率高いかも?

なんでだろう??

とにかく1軒目は「大鳳」、

阪神電車「芦屋」駅の北側の道を西へ5分ほど(あ、ここもう神戸市かもcoldsweats01)、

010kai

餃子専門店らしく、いろんな変り餃子を出しておられます、、、

どうなんだろう、、、と、気になっていました、

とりあえず、入ってみましょうwink

入ったところがカウンターで、奥にはテーブル席もあります、

時間は18時前、テーブル席に先客が一組4人、

カウンターの中にはお母さんが一人、

時間が早いからか?一人で対応中な感じ、忙しそうです、

とりあえずの「生中」480円也、立ち飲みに慣れた身としては高く感じます、

メニューには餃子だけ、でも10種類以上の餃子があります、

「プレーン餃子」が310円也、

他の餃子も300円台までと良心的です、

一番高いのは、、、

メニュー右下に「マカロン餃子」なる文字が、むむむ、なんじゃこりゃ?happy01

005kai

どうやら7色の小さな餃子の詰合せ(違うか!?happy02)みたいです、

梅.紫蘇.チーズ.キムチ.イカ墨.たけのこ. すじ.ゆず.ポテトの9種類、

1人前900円也(9個)みたいです、

見た目が“マカロン風”、これがよくメディアで紹介されているみたい、、、

は、いきなり「マカロン餃子」に行くのは抵抗がありますsweat02

あくまで酒場探訪の一環です(キリッ!)

ということでまずは「プレーン餃子」310円也をいただきました、

小さめの餃子が6個、

007kai

普通に美味しいです、、、

が、やはり「餃子の王将」の餃子の方が好きかなcoldsweats01、、、

 タレは酢醤油と味噌ダレの2種類、味噌ダレが美味しいですheart02

二皿目は「トマト餃子」370円也にしました、これも人気メニューらしいです、

大き目の餃子が3つ、塩で頂きます、

008kai

うん、これはイケますねlovely

なんかチーズとかが欲しくなる感じイタリアン風かな?

他のお客さんとお母さんが話しておられたのですが、

この餃子店、ルーツは福岡県大牟田市らしいです、

町名が出ていました、「大牟田」駅のすぐ近くにルーツの店があるようですねshine

はい、これでお勘定は1250円也、

芦屋の餃子専門店1店目は「大鳳」、

いろんな餃子を少しづついただく、必然グループでの入店が似あいそうな感じです、

女性を意識したメニューも多いです、このターゲティングは正しいかも、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね!heart04

で、翌週は同じく芦屋市にある港式餃子舗「福福」を探訪しています、

ここ、人気のお店なんですね、評価高いです、知りませんでした、

国道2号線業平橋を西へすぐ、北側です、

004kai

ちょっと時間があったので一杯だけ、一皿だけの探訪、

10席ちょっとのL字カウンターだけ、カウンターの中にはお母さんとお父さん、

時間が早い(18時過ぎ)ので一番客でした、ちょっと緊張しますhappy01

「生中」500円也を頼んで手元のメニューをチェックします、

メニューは「焼き餃子」に「水餃子」、

他に「むしどり」、「鶏のゴマソース」、「豚バラ肉のネギニンイクソース」、「チャーシュー」、「くらげの和え物」、

漬物系に、「ローメン」、「ねぎ汁そば」、「中国粥」と、

いたってシンプルながら、なかなかお洒落で美味しそうなラインナップですshine

が、今日は都合によりワンドリンク一品のみの呑み予定、

ここは「焼き餃子」7個450円也をオーダー、

焼き上がるまではおとなしくビールをちびっといただいて待ちます、

なんせ客一人ですから、、、緊張しますhappy01

BGMは洋楽のポップスですnote、80年代かな?お父さんの好みか?

はい、「焼き餃子」焼き上がりました、

007kai_2

珍しいですね、

普通焼き面を上に出て来る餃子が多いと思いますが、ここは焼き面下です、

よく考えると、料理としてはこちらの方が綺麗なような気がしますなwink

やや小振りの餃子、

でも口に入れると存在感があります、餡がぎゅっと詰まってる感じですheart02

なるほど、シンプルでたしかに美味しい、人気の源泉はこの辺りですかねshine

今日はこれでお勘定です、もちろん明朗会計、

芦屋の港式餃子舗「福福」、

今日は餃子一人前だけなので、まだまだ探訪が必要です、

餃子以外の一品やそば、粥も気になります、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

振替休日の翌日火曜日は要注意です^^)振替休み連続!で、新世界「酒の穴」から天下茶屋「酒解」へ、お酒は安いし、美味しい料理、人気の核心です。

んぞ【2017年10月10日(火)】

大阪 新世界「酒の穴」~天下茶屋 「酒解」

所用終わりで阿倍野へ、

あべのハルカスで開催中の「北斎展」heart02を観に来たのですが、、、

なんと休館日heart03

そうか!flair

昨日の月曜日が振替休日だったから、今日は休館日か、、、

なんと!がっくしcoldsweats02、、、

まだ16時前ですが、、、もう飲むしかないかな~coldsweats01

ということで、この辺りでこの時間、

あ、新世界の「平野屋」が開いてるな、

阿倍野天王寺からなら動物園の中を通れば5分ほどで新世界です、

さ、もう今日は飲もう!happy01

と、着くと、、、

あらら、「平野屋」も休んでいますsweat01

月曜定休のはずですが、、、

ここも昨日の祝日は営業していたんでしょうな、で、今日は振替休日sweat02

仕方ないです、ならばすぐ近くの「酒の穴」で飲みましょう、

2軒並んでいる座り飲みの「酒の穴」、

011kai

ここも左側の「酒の穴」はシャッターが降りていますsweat02

振替休日の翌日は要注意ですcatface

013
016

で、右側の「酒の穴」で軽く一杯飲みながら今後の展開を検討happy01



ちなみに、この左右の店、両店とも「酒の穴」ということで良いようですが、

定休日が左右で違います、

右の入口がおそらく“本店=吞み処=木曜日定休”、

左の入口が“支店=お好み焼き=火曜日定休”ではないかと踏んでいます(未確認ですcoldsweats01)

で、閃きました、そうだ天下茶屋へ行こう!flair

先日、阿倍野の「酒解」を探訪しましたが、

その本店が天下茶屋にあります、まだ未探訪です、

天下茶屋までは地下鉄で一駅、歩いてもそんなには掛かりません、

うん、歩いてみましょう、GOしながらねhappy01



ジャンジャン横丁から飛田本通り商店街を抜けて、あと少し歩くと天下茶屋、

何度も飲みに来ています、駅前は酒場も多いし、アーケードの商店街もある元気な街です、

044kai

ここもずっと気になっていますが未探訪、そのうち入ってみましょう、

、「酒解」はというと、、、ありましたshine

042kai

駅前の立ち飲みの並び、「たゆたゆ」のすぐ向かいでした、

おそらく何回も前は通っていますが、チェックした憶え無しsweat02

でも、最近はよくSNSで名前を拝見します、

人気なんですね、ではでは入ってみましょうdash

ちょっと暗めの店内、それなりに年季入っている感じ、

カウンターの足元には荷物が置けるバー、

054

好感、床が土間チックな感じも好感ですheart02

カウンターとテーブル、すべて立ち飲みですね、

先客が一人、同時入店の3人組、まだ静かです、

カウンター奥目に着きます、

タイムサービスだったかな?「ジムビームハイボール」が100円也、

迷わずそれにしますhappy01

肴は「塩だれキャベツ」150円也、

049

やはり安いですな、人気の源泉shine

もう一品、「日向地鶏のタタキ」350円也、

052

お!これは旨い!heart02流石な感じです、安い、早い、旨いhappy02

どんどん入店があり、17時30分頃にはほぼ満員になりました、

客層も広い、サラリーマンから若い男性、そして若い女性が多いのも特筆もの、

やはりこの値段で飲める、美味しく食べられる、と云うのは万人の魅力なんですねwink

さすがに100円「ハイボール」はすぐになくなるのでお代わり、

「ハイボール」に合いそうな「フライドポテト」190円也、

058

こんな長いフライドポテトでしたhappy02

メニューの核心はホルモン料理のようです、好物なのでもちろん頼みます、

カウンターの中のお兄さんに訊きます、

これって“串”ですか?

いえ、皿で出します、

阿倍野の店と一緒ですね、

なるほど、ではとりあえず一品だけ頼みましょう、「がつ」290円也下さい、

それと「ハイボール」お代わりと、

はは、100円なので3杯もハイボール飲んでますhappy02

ガツ、小振りです、

062kai

関西のホルモン料理はおおかたこんな感じで小振りですね、



東京の焼きとんは、小振りなのから大振りまでいろんなバリエーションがあります、

関西で大振りなのは、なんといっても天満駅前の「寅屋」さんですね、

千葉のお店の流れですから、

で、ここの「がつ」、うん、ちゃんと美味しいですよheart02

これでお勘定にしました、1380円也flair

3杯飲んで4品頼んで、、、たしかにこれは安いなあ、

財布には取っても優しいお勘定でした、

天下茶屋の「酒解」、

評判通りの安くて美味しい立ち飲みでした、

サラリーマンや若者にはありがたい店ですね、

東京で云うと、あの店、え~っと、、、

武蔵小山とかにある「晩杯屋」だっけ?

あそことちょっと似た雰囲気ですね、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月25日 (月)

大阪北新地の「堂島精肉店」の“牛タン専門”の店が出来たみたいです、行ってみましょう♡「牛たん堂島精肉店」。

【2017年10月4日(水)】

大阪 北新地 「牛たん堂島精肉店」

北新地にある「堂島精肉店」、

文字通りのお肉屋さんだったと思いますが、

7年ほど前にお店に小さなカウンターが出来て、

ワインとかと一緒に肉料理もいただけるようになりましたhappy01



今時で云うと“イートイン”的な感じ?

肉屋で肉を食べるんだから“肉屋の角打ち”とも云えるかもhappy02

何度か探訪していますが、、、

先日、何かでこちらの店名を発見、、、「牛たん堂島精肉店」sign02

へ~、どうやら別の場所で「堂島精肉店」が始めた牛タンのお店らしいです、

よし!これは行かねば!と思ったものの、

食べログで見ると、少々お高い店みたいですcoldsweats01

一人でふらりと入って一杯飲む、というスタイルではなく、

きっちりコースで料理をいただくようです、

うむ、これは一人での探訪は無理だねsweat02

 

と、手元で温めていたのですが(はあ?happy01)、

ちょうど3人で飲む機会がありましたshine

大人の飲み会なので、それなりの店でも大丈夫、

よし!では、この機会に「牛たん堂島精肉店」へ行ってみることにしましたdash

電話で19時に予約しました、

が、、、なんか電話が繋がる前に転送されました、

訊くと、はい、こちらは堂島精肉店でお受けしています、とのこと、

あ、なるほどねflair

と、なんとなく納得して当日を迎えました、

「牛たん堂島精肉店」は「堂島精肉店」の並びにあるのかな、と思っていたら違いましたcoldsweats01

地図をよく見たら一筋北の通りです、思い込みで動いたらアキマセンsweat01



さらに、小さな飲食ビルの4階にあり、

とくに大きな看板が出ている訳でもなく、結構分かりにくいです、

隠れ家的なアプローチなんでしょうか?などと思いながら、ビル4階へ、

と、目の前に「牛たん堂島精肉店」の暖簾が!!なんとか無事到着ですgood

安堵のためか、暖簾の写真を撮り忘れていますheart03

店内には小さなL字っぽいカウンターとテーブル席がありました、

カウンターの中には大将一人、カウンターに案内されます、



一番乗り、他のお客さんもいらっしゃらないので少し大将と話します、

ここ、予約オンリーなんですflair

そうだったんだ、いや、知りませんでした、



で、今日の予約は我々1組だけだそうです、

ゆっくりしてください、荷物もそこに置いていただいて結構ですよ、とのこと、



予約のない日は店も開けてないんですわ、

なるほどね~、

隠れ家というより、予約が入ったら開けますよ~的なお店ですな、

ビールを飲みながら待ちます、

3人目が案の定、店の場所が分かり行くかったらしく、

すぐ近くで迷ってウロウロしてましたhappy02

ではでは乾杯、

いよいよコース料理がスタートです、

今日のコースは確か5,000円也のコース、もうひとつ7,000円のコースもあります、

まずは「牛たんの味醂付」、だそうです、

012



ここで、今日焼いていただく肉のご紹介がありました、

013kai

タンはもちろん、あとはサーロインとイチボやそうです、

肉はタンオンリーではないのです、

これは?「サーロイン」かな?

014kai

こっちが「イチボ」?

015kai

もちろん、美味しいです、脂身が少ないので助かります~wink

そして、メインの「タン」、

020kai

く~、これだけの「タン」を食べられる幸せheart02

タン塩ってほんと美味しいですよね、満足満足happy01

そうそう、タンの前にちょっと休憩で「トマトのおでん」!

018

「ブロッコリーとセロリのポタージュ」

019

お酒はワインのボトルにしています、

016

3人ですからね、あっという間に無くなります、

次は「タンシチュー」、

022

ゴクリ、旨そうhappy01、いや、美味いsign01

ラストが「スジ煮込み」だったかな、

025kai

これにご飯と生玉子が付きます、

023kai

玉子掛けご飯ではなく、すき焼の要領で溶き玉子に通していただきますheart02

026kai

スジ煮込み、ご飯に合いますわshine、ここまででお腹一杯です、

デザートにプリンをいただきコースお終い、一人7,000円くらいでした、、

027

大阪北新地の「牛たん堂島精肉店」、

予約オンリー、コース料理オンリーです、

肉食べたい!タンが食べたい!!と云う気分ならここじゃないですか、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

良い評判を聞いたので行ってみましょう、あべのの立ち飲み「大黒屋」、うん!評判通りのエエ立ち飲みです。

【2017年9月29日(金)】

大阪 あべの 「大黒屋」

大阪阿倍野にエエ立ち飲み屋が出来たらしいです、行ってみますhappy01

日本一の高さの「あべのハルカス」周辺は再開発とっても綺麗になりましたshine、がsweat02、、、

当然ながら、エエ感じの路地裏も減ってしまいましたheart03

ま、でもまだ昭和の名残がいくつか残っている、

旨い日本酒が飲めるビリヤードsign02の「ともえ」なんかが残っているの救いですな、

そんな一角を通り過ぎて南へ、少し静かな雰囲気になった辺りにありました、

「大黒屋」、

108kai

2017年夏頃に出来たのでしょうか?

なにやら良い評判を聞きつけたので探訪です、ではでは入りましょうdash

流行っています、

時間は17時半頃ですが、すでに店内ほぼ埋まっています、人気していますねshine

カウンターに空きを見つけてなんとか入店完了、

詰めれば10人ほど立てるL字カウンター、壁際に立ち飲みテーブル、

あ、奥にも少し大きめの立ち飲みテーブルがあるようです、

とりあえずは「芋ロック」250円也、

カウンターの上には大皿、冷蔵ショーケースには小鉢・小皿料理がわんさか並んでいます、

大皿はかしら煮付け、カマ、唐揚げ、イカ天ぷらとかみんな美味しそう、

料理の皿を見ただけで、これはええ店やな!と感じますheart02

大将愛想ええです、初めての客なのでいろいろとフォローしてくれはります、

で、大将のお勧めで好物の「はまち刺身」350円也、

112kai

うん、美味しい刺身です、

見た目より旨い!量も多い!いきなり好感ですhappy01

冷蔵ショーケースには、ポテサラ、ちくぜんに、タラコしらたき、タラコ、笹かま、玉子焼き、海老、クジラベーコン、茄子煮浸し、らっきょう、ふぐ皮?ぶり南蛮漬け?ピリ辛キュウリなどなど、料理満載lovely

116kai

大将に訊くとすべて手作り、朝から店に来てとにかくずっと料理を作っているそうです、



うむ!この手間の掛け方が店の人気の源泉ですね、間違いなしです、

これだけの手作り料理が並ぶ立ち飲み、そりゃ流行るでしょう、

2品目は「肉豆腐」250円也、

120

こちらは意外とアッサリな見た目ですが、これまたちゃんと美味しいです、

やりますなhappy02

そうそう、支払いはキャッシュオンです、

満員になると20人近く入る店を一人で切り盛りされています、

キャッシュオンの方が時短効率的です、

少し時間がある時に店の由来を訊いてみました、

が、酔っぱらってきましたので詳細を失念sweat02、不覚ですweep

記憶を辿ると、、、

あべのにあるルシアスビルの地下の「スタンドふじ」の流れの店で、

近くに「ゑびす」という店があるので「大黒屋」になった、



ということだったと思いますが、、、

詳細が定かではありませんsweat01、次回、ちゃんと訊きましょう、

なんかのはずみで隣の常連さんと山の話になりました、

氷ノ山近くと蒜山出身のお二人、氷ノ山も登ってみたいのです、

氷ノ山、エエ山よ、

蒜山もエエよ、と楽しい山話ができました、

はい、ぜひ登ってみますgood

最後に、“仕入れすぎたので助けて!”とのキャッチコピーが付いていた「蟹ミソ」250円也、

122

「芋ロック」は2杯?3杯飲んだかな?

はい、これでお勘定です、キャッシュオンなので総額不明happy02

もちろん、めちゃくちゃリーズナブルですheart02

大阪阿倍野の「大黒屋」、

エエ店です、好みのタイプのお立ち飲みです、

こういう料理がたくさん、それも美味しい料理がたくさん並んでいる立ち飲み、好きですheart02

新世界の「平野屋」とか、肥後橋の「おたやん」(2017年秋廃業閉店)辺りとダブりますね、

再訪確実です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね、heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました~今日のお店:心斎橋の「上かん屋久佐久」、旨い燗酒がいただけます。

「テリー・イシダの独酌酔言」記事更新しました、

ついに女性のパンツ幅が拡がりましたね、これって景気回復の前兆とちゃいます!?

今日のお店:心斎橋の「上かん屋久佐久」、旨い燗酒がいただけます。



記事はこちらから ⇒ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

大阪あべのキューズモールに出来た立ち飲み「酒解」(さかとけ)へ、そして再訪、だいぶ分かって来ました^^)

【2017年9月29日(金)】

大阪 阿倍野 「酒解」(さかとけ)

最近開店した話題の立ち飲みへ行ってみることにしますhappy01

2017年の夏に阿倍野キューズモールに出来たらしい「酒解」、

なかなかの評判ですshine

天下茶屋にある「酒解」の支店ということになるんでしょうか?
(天下茶屋
も未探訪sweat02)

キューズモールの建物には「明治屋」「正宗屋」などが入っている「ヴィアあべのウォーク」という飲食店街がありますが、

そこではなく、北側の外周歩道に面した方にあるようですwink

「あべの銀座」のある辺りやね~、とか思いながら歩いてると、、、

その「あべの銀座」の西隣りにありました、「酒解」(さかとけ)、

090kai

2店、同じような感じで仲良く並んでいますなhappy01、ではでは入りましょうdash

「あべの銀座」とは逆向きのレイアウト、

左側にカウンター、奥はL字になっているようです、

時間は16時30分頃、先客が2組4人ほど、入ったとことのカウンターに着きます、

カウンターの中にはお姉さんとお兄さん、若いお店ですね、

お姉さんが入口寄りのカウンター内におられますが、、、

特にアプローチ無し、愛想もありませんhappy02

店内の紹介ポスターで分かったのですが、この方、接客が苦手だとかsign02

お~い、苦手か~いhappy02

でも、それはそれでもエエやんね、まあ、

な感じに持って行く力が彼女にはあります、オモロイhappy02

とりあえずメニューをさっと見て「角ハイ」260円也にします、

あ、「デュワーズハイボール」は190円也やわ、失敗かsweat01

ベジファーストで「野菜サラダ」150円也、

092

フレッシュな感じ、良心的なサラダですgood

ハイボールは氷が多いので、すぐに空きました、

2杯目は即座に「デュワーズ」に切り替えますcoldsweats01

メニューは刺身系から肉系まで何でもありますが、

店の核心と思われるのが“能登豚ホルモン”、

石川県産の豚でしょうか?知りません、
 

豚のホルモンは嫌いではない、というか、好きなのでここから行くことにします、

まずは定番の「ガツ」290円也、

一応先にお兄さんに確認しました、ホルモンは串ですか?

いえ、皿で出します、

はい、では「ガツ」をお願いします、

小振りの皿で出てきます、

097kai

割りと浅目の焼き具合、旨いです、量もまずまず良心的です、

「アスパラバター焼き」300円也を挟んで、

103

「デュアーズ」お代わりと、「のどぶえ」230円也、

104kai

これもまずまず、

この日はこれでお勘定です、1771円也、外税ですね、

たしかに安いような気もします、が、店の印象は普通な感じ、

店員さんも愛想がないのであまり印象に残らず、、、

でも、やっぱりエエかな?と微妙に気持ちが振れる不思議な店ですwink



で、後日再訪していますdash

再訪は連れ飲み、

2回目連れ飲みなのでメニューをいろいろ試してみる余裕があります、

でも、「デュワーズ」が安いことをまた見逃して「生中」290円也、

ま、これも安いですけど、

とりあえずの「オニオンスライスポン酢」200円也、

 

019_2

そしてまた核心から、

が、この日はホルモンが欠品だらけ、あご、オタフク、はつもとなし!heart03

で「ほほ」300円也、

020

「ちれ」も頼んだみたい、

040kai

面白いメニューがいろいろありました、

まずは「今日のあれ」80円也happy02、ま、特売品ですわな、

023

今日は「サーモンのフライ」にソースが掛かってました、

なんせ80円也ですからhappy01

食べな損!メニューから「トロいわし造り」184円也、

024kai

これはホンマに食べな損!でしたshine、値打ちありますheart02

地酒もあります、

これは佐賀だっけ?「三井の寿」ポルチーニ490円也にしてみます、

039

小さめのグラス、100mlかな?120mlだったかな、

ここでは地酒は高級メニューです、

ホワイトボードのおススメメニューからは「骨付きまぐろ中オチ」280円也、

036kai

これ凄いな、インパクトある外観、

なかなかほじくれなかったけどsweat01、なんか楽しいしお得感ありますwink

「麻婆豆腐」も面白かった、辛さが7段階あります、

026kai

1辛UPで100円UP、どこまで行けるんだろうか?

と検討を重ね、「賢者」650円也にします、

043kai

うん、美味しい、イケるshine、辛いけど、当たり前かhappy02

ということで、あべのキューズモール「酒解」、

やはり再訪するといろんなことが見えてきます、

お姉さんは相変わらずの素っ気なさですが、慣れるとどってことはありません、

メニューは、おススメとか本日の食べな損!みたいなのに素直に乗っかる、

酒は「デュアーズ」でhappy02

そんなんが「酒解」を楽しむコツみたいです、

だいぶ分かって来ました、次回はもっと楽しめそうです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月18日 (月)

芦屋にも角打ちがあります^^)新しく見つけた芦屋市3軒目の角打ち「弓張月」、いつ出来たんだろう?

【2017年9月26日(火)】

 芦屋 「弓張月」

芦屋というと、これはまず間違いなく“高級住宅地”というイメージでありますhappy01

ま、それはそれで間違いないのすが、

芦屋自体は歴史のある古い土地柄で遺跡もあれば下町もありますshine

飲食店に限っていうと、、、

洒落たBarや洋食レストランが主流で酒場系はやはりどちらかというと少ないです、

それでも、阪神「芦屋」駅近くの「宿六」、

阪急「芦屋川」駅駅近くの中華料理「三十番」、

とそれなりにワタシ好みの店も点在、

そして、角打ちも少なくとも2軒ありますflair

 

1軒目は「上條酒店」、

茶屋之町にある酒屋さん、ずっと角打ちがあるのを知りませんでした、

003

入口からは酒販店としか見えませんが、店内左側に角打ちコーナーがあります、

一度だけ探訪、

もう1軒は呉川町の「増井酒店」、

016

国道43号線と宮川が交わる交差点の角にあります、

こちらもずっと角打ちをやっている、との認識がなかったのですが、、、

間違いなく角打ちやってますshine、一度探訪、



そして今回、ここが芦屋市3軒目の角打ちではないかというお店を見つけましたflair

こちら、「弓張月」という店名が出ています、

003kai

ビルの1階、ビルの壁にはキリンラガービールの張出看板があり、

入り口の感じも如何にも酒屋といった風情です、

近づいてみると、、、

どうも最近酒場を開業された感じでメニューなどの手書きポスターや看板があります、

004kai

015kai



その中に“田寺米穀酒店”の文字が!

よく見ると暖簾の端にも“田寺”の文字がflair

やはり元は米穀酒店、これはもう立派な角打ちですheart02

これで芦屋市3軒目の角打ちに認定!です、

と、いきたいところですが、

場所は阪神芦屋駅の北西方向、歩いて7~8分のところ、

この辺りは芦屋市と神戸市の市境が入り組んでいるところですsweat02

ここはひょっとしたら神戸市東灘区の可能性もあります、どうなんだろう?

この南側は東灘区なんだけどcoldsweats01

このあたりはなんか芦屋市のような気もしますhappy02

ま、それはあとで確かめるとして、

せっかく見つけた角打ちです、入ってみましょうdash

ちわ、

左側に5席ほどのカウンター、

右側には簡素なテーブル席があります、座り飲みです、

先客が一人、カウンターの中には大将、、、

まだなにか素人の気配が漂っているのはワタシの気のせいかな?

什器や椅子もまだしっくりとは来ていない感じ、やはり最近出来たのかな?



さてどうしましょうか、

表の看板には“ワンコインセット”や“レモンサワー”、“おでんとの晩酌セット”、

そして“団体さん歓迎”などといろいろと書いてありましたが、、、

いっぱい書いてあったので、この時点ではすでに忘れてしまってますheart03

情報は絞り込まないといけませんhappy01

書けば書くほど伝わらない、の良い例かもsweat02

初入店でいろいろ訊くのもアレなので(なんなんですか?happy02)、

ここはシンプルに「芋ロック」320円也にします、

肴のメニューはおでんを筆頭にそれなりに揃っています、

なんか努力姿勢がよく見られます、

まずはカウンターの上に並んでいた小鉢から選んだのか?

ホワイトボードのメニューから選んだのか?

食べるの初めてかもしれません、「サツマイモのつる」350円也、

016kai

昔はみんな食べたんだけどね、

そうですか、

たしかに戦時中~戦後にかけて“サツマイモにつるを食べた”という話を母親からも聞いた憶えがあります、

お!この煮物、美味しいですlovely、味付け上手ですねgood

 へ~、大将が作っておられるそうですが、

これがなかなかの腕前です、やりますな~、

先客は顔見知りのようで、ぼちぼちとあれこれ話されています、

最近出来た店なのか?分かりませんが、

常連さんもいらっしゃるようで個人名がよく出てきます、

ワタシは淡々と呑み食べ進めます、まだ馴染んでいません、

「芋ロック」を飲み干してお酒にします、

「白鶴純米」500円也、量は思ったほど多くありません、

019

肴はおでんにします、

「厚揚げ」と「玉子」、

021

追加で「餅巾着」も頼んだようです、

024

これでお勘定にしました、1410円也、

芦屋市の「弓張月」、

最近出来たのか?まだ酒場としてしっくりと馴染んでない感じ、

しかし大将の感じはエエし、料理も美味しかったです、

なんか、一所懸命な感じが好感です、

もう少しいろんな料理を食べてみたいですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

なんとなく座り飲み強化月間^^)谷町4丁目の大箱酒場「四季」、久しぶりですが今も健在でした♡

【2017年9月22日(金)】

大阪 谷町4丁目 味自慢「四季」

なんとなく座り飲み強化月間のこの頃、今日も座り飲みですhappy01

今日は谷町4丁目近くの小さな居酒屋さんで斉藤哲夫さんのライブがありますnote

楽しみ~shine



でも、ほんとに小さなお店にぎゅうぎゅうに客が入ります、

食事をしながらゆっくりライブを聴く♪なんてことは難しいので、

食べて(もちろん飲んで)から参戦することにしますdash

谷4か、、、お!久しぶりにあそこへ行ってみましょうかflair、座り飲みやしね、

地下鉄「谷町4丁目」駅から地上へ出ます、

中央大通りと阪神高速高架が通るちょっと見た目が味気ない交差点ですが、

すぐ近くに酒場がありますgood

中央大通りを西へ向かうと左側にあります、「四季」、

005kai_2

たぶん6~7年振りです、ご無沙汰しております、

時間は17時過ぎ、開店したところですね、ではでは入りましょうdash

あら、、、一番客ですねcoldsweats01

広い店内、左右にテーブルが8つほど並んでいます、

右側は8人掛けの大きなテーブルですから相当広いですね、

そして、その先に厨房スペースがあり、

さらに、その奥にもテーブルスペースがあります、

これは相当広い、100席近くあるのではないでしょうか?happy02

記憶があやふやですが、

ここは元々一つの店ではなく、屋台村のようなスペースがあったそうで、

それが今は一つの店になったので、こんなに広大な酒場になった、、、



と云うような話をどこかで聞いたような、なにかで読んだような、、、

そんなかすかな記憶があります(違うかもしれませんsweat02)、

ネットで探してみましたが、確認できませんでしたので間違いかもしれません、

さて、左側の4人掛けのテーブルに案内されます、

 ま、一番客ですし、カウンター席はないようなので(厨房のところにあったかな?)

ここらも久しぶりなのであやふや)気兼ねなしに広いテーブルを使いますhappy01

まずは「生中」480円也にします、

008kai

最近の居酒屋感覚からすると高いsign02

でも、これくらいでしたよね、生ビールって、

今はどこでも390円、290円、安いと190円也なんていう店もあります、

ま、その分、生中の量が生小になってますけどhappy02

料理は「なす田楽」400円也、

011

出て来るまでに少し時間が掛かります、

ちゃんとした手料理ならこれくらいかかるのが普通、

「生中」をすっと飲み終えて「芋ロック」にします、

ロックで飲むのは珍しいです、

先日、屋久島へ行った時に「三岳」のロックが美味しかったので憶えましたhappy01

ロックって、焼酎の量が「水割り」より多いみたいですね、

たしか「芋水」よりも高かったような気がします、

料理をもう一品、「生たこバター焼き」600円也、

「蛸の天ぷら」が好物なので迷いましたが、

蛸のバター焼きが珍しいのでこっちにしましたshine



これ、美味しかったのですが、見た目のイメージが違いました、

013kai

勝手に“蛸のぶつ切り”(サイコロ状にゴロッと切ったやつね)を期待していたのですが、薄切り蛸でした、

 うむ~、ちょっと残念sweat02

やっとピンのお客さんが2名来店、

ライブの時間も近づいてきたので、入れ替わりでワタシはお勘定です、

2190円也、

最近の居酒屋感覚からするとやや高い感じ?

谷町4丁目の「四季」、

大箱の座り飲み酒場、他にこういう感じの店あったかな?

関西では思いつかないかもしれません、

東京王子の「山田屋」が近い感じかな?

「山田屋」の方が大衆酒場感は強いですが、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:神戸水道筋の「高田屋旭店一色屋」、名前の由来は?

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、

髪の毛、短くしてます、散髪2週に1回行ってます、1,080円ですけど^^)



今日のお店:神戸水道筋の「高田屋旭店一色屋」、名前の由来は? 、、、


記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

東京から先輩が来阪、芝田町辺りで吞むとなると、、、思いつきました、おでんの「すえひろ」、エエ酒場です。

【2017年9月20日(水)】

大阪 芝田町 「すえひろ」

大阪梅田の芝田町の交差点、この辺り結構エエ酒場があったエリアですshine

数年前にグランフロント大阪が出来て、結構この辺りも変っては来ていますが、

JRAの裏のほんの少しの一角はまだ昭和の名残が残るエリアとなっています、

その一角にある結構古いビルの1階、狭い通路の奥にエエ酒場があります、

おでんの「すえひろ」、二度ほど探訪しています、



この辺りは新入社員の頃から縁があり(古sign01)、

なんとなく知っていたし気になっていたのです、

で、ある時飛び込んでみたら、、、良き酒場でしたheart02



小さな店内にはきっちりとコの字カウンター、

で、美味しい一品とおでん、女将と若大将、奥には板場さん、



これだけステレオタイプな酒場、

もう大阪にはあんまり残ってません、だけに貴重な店ですhappy01

で、今日は東京から先輩が急な来阪、

もちろん時間空いています、ではでは、飲みに行きましょうdash

泊りが芝田町交差点角の新阪急ホテル、

必然、待ち合わせは新阪急ホテルロビーとなりました、

となると、芝田町エリアで呑みたいところです、

間違ってもグランフロントのレストランフロアという訳にはいきませんsweat01

で、思い付いたのが「すえひろ」、うん、いいんじゃないでしょうか、

東京のおでんとは一味違う大阪のおでんを味わっていただきましょうhappy01

時間は18時前、この時間ならまだ大丈夫でしょう、

芝田町の交差点から2分と掛かりません、

古いビルの細い通路を入って引き戸を引きます、

どうも、、、あら、結構混んでいますね、

でもまだ席は空いています、大丈夫でしょうwink

スイマセン、2人なんですが、

あ、あの予約ですか?

え、いや予約はしていませんが、、、



どうしよう、、、

どうやら予約が立て込んでいるようですsweat01

「すえひろ」は17時からの営業かな、

さっき待ち合わせの時間に電話しておこうかと、一瞬思い浮かんだのですが、、、

ま、大丈夫だろうと高を括ってしまいましたcoldsweats02

失敗したかなsweat01

コの字カウンターの中の女将と若大将がなにやら確認相談中、、、

で、、、

入れましたsign03

お二人ですね、大丈夫です、こちらの奥の席でお願いします、

ほ、危ない危ない、ヨカッタヨカッタ、なんとか無事入店ですheart02

しかし、人気していますね、

そういうと去年か一昨年に雑誌に紹介されていたような気もしますshine

次回からは予約してくるようにしましょう、

では、とりあえずのビールで乾杯です、

「突出し」は貝でした、、、名前分からず、「ばい貝」かな?

026

まず二人とも「鱧の落とし」、

027

おでんの店ですが刺身や一品料理も充実しています、

で、もちろん「おでん」にします、

028kai

これは「すじ」、「さえずり」と「ころ」かな?

東京にはないおでんタネです、

追加でこんなタネもね、

029

やはり出汁が美味しいですね、関西のおでんは、

一品料理、こちらは「あわび」の蒸し物です、

032kai

ちょっと贅沢wink

「かれいの煮付け」、

033kai

お酒は日本酒を燗でもらったような気がします、

お勘定は、、、先輩持ちでしたflair、ご馳走様happy01

大阪梅田の芝田町すぐ近くの「すえひろ」、

とにかく、この一角に昭和の雰囲気が残っているのが嬉しい、

店内は完璧な酒場の雰囲気、この感じが残っているのが嬉しい、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

とにかく、料理が美味しい、日本酒が揃っている、なのにこの雰囲気、この店名、めちゃユニークな店です、東三国の「華酒舞乱家」。

【2017年9月20日(水)】

大阪 東三国 「華酒舞乱家」(かさぶらんか)

今日は高校の同級生のミニクラス会、

皆でワイワイと飲んだので酒場記事にはならないのですが、、、

でも、面白い店なので、やっぱり記録しておこうと思いますhappy01

なんせ、ここ、とっても個性的ですshine

料理が美味しい、店内の雰囲気は喫茶店か?な感じ、

日本酒の揃えが凄まじい、

で、なんといっても店名が酒場史上もっともイケてませんhappy02

東三国の「華酒舞乱家」(かさぶらんか)、

なんで~~、な店名heart02

つっこっみどころ満載の店ですが、これがまたエエ感じなんですhappy01

3度目の探訪です、

地下鉄御堂筋線「東三国」駅が一番近いかな?

JR京都線「東淀川」駅からも、「新大阪」駅からも歩けます、

建物の1階、前は喫茶店かなんか?居抜きですか?な雰囲気、

で、店名再確認、

003kai

あ、お酒のメニューも写ってますね、

生ビールの後はいきなり日本酒三昧でした、

好みの「而今」から始まり、

004

「十四代」、おいおい、贅沢な呑み方やな~coldsweats01

006

「飛露喜」、この辺りも好きです、

010

大将が出て来て進めてくれた「鍋島」純米吟醸雄町、

016

日本酒にお詳しそうなんで、これも飲んでほしいとのこと、

いやいや、素人です、でも嬉しい、美味しい!「鍋島」heart02

〆は「悦 凱陣」オオセト純米、

021



おっと、料理は「刺身盛」2人前、

005kai

「てっさ」、贅沢~happy01

007



「鶏唐揚げ」、

008

「水茄子のサラダ」、

009

これは「帆立のグラタン」だったかな、

011kai

途中で焼肉もやってますflair

こんな“かんてき”?(で、いいのか?sweat02)でテーブルで焼きます、


015kai

「タン」、

012

これは???なんか難しい名前の部位、ミスジかな?忘れましたheart03

014kai

まだ頼んでます、「カキフライ」、

020

〆も大将のお勧めです、たしか「ドライカレー」だったと思いますが、、、

024kai

ルーも掛かってました、

すべて美味しいです、

ホント、喫茶店の椅子みたいなんに座って、これだけの料理がいただける不思議なお店ですhappy02

お勘定は一人@6,000円いくらだったかな、

 

東三国の「華酒舞乱家」、

いやはや、こんなユニークな店、他にないです、

料理はどれも美味しいです、日本酒揃っています、

上品な雰囲気や、渋い割烹がお好みなら行かなくていいです、

ワイワイ数人で楽しむのが良いと思います、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

帰りは新大阪まで歩いてエキナカの「今井」で「きつねうどん」までcoldsweats01

031

そして、一人が新横浜まで戻る予定だったので、全員新幹線で京都まで同行bullettrain

はは、贅沢な夜でしたhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

火事消失からの復活開店です、十三の「十三屋」から「十三トリス」へ、また新しい歴史の始まりですね♡

【2017年9月12日(火)】

大阪 十三 「十三屋」~「十三トリス」

あの「十三屋」が元の場所近くで再開店したそうなので行ってみますhappy01

火事で横丁の大半が焼失したのが2014年3月、

もう2年半以上経つのですね、早いものです、

人気だった典型的大衆酒場「十三屋」も完全に消失heart03

比較的早くに、駅の反対側に新店舗が開店していましたが、

このほど、元の場所に新しい「十三屋」が再開店したそうですbell

これは行かなければなりませんhappy01

前回、立ち飲みの「十三屋大光」を探訪しましたが、

その隣に新生「十三屋」が再開店していました、

025kai

こちらは座り飲みですね、間口はだいぶ狭くなりましたが、

とにかく再開店、おめでとうございますwink

ではでは入りましょうdash

随分と狭い店内です、

L字カウンターは7~8席、テーブルが2つと半分?(2人席)みたいな感じです、

カウンターが満席で入ったとこのテーブルに案内されます、

もちろん相席です、向かいの方がお勘定、すぐに2人組の新規さんが座られます、

とりあえずのビールは大瓶450円也にします、

なんかここは瓶ビールの気分でした、

「ぬた」と、

015



と、カウンターが空いたので移動します、

はい、ワタシも気楽に飲めるカウンターの方がエエです、はい、移動します、



L字の底辺に着きます、

流行ってますね、再開店してからも少し時間が経っているからか?

以前の店の常連さんが戻ってきているのか?

とにかく、店とお客さんがすでにしっくりと馴染んでいますwink

カウンターの中のお兄さんも元気です、愛想がよろしい、明るい店ですねheart02

狭い店内だと思っていたら、、、

どうやらここも2階席があるようです、隣りの「十三屋大光」と同じ感じですね、

018kai



よく見ると天井が吹き抜けになっていました、これはまたなぜ?

2階はコの字回廊のような状態になっているのでしょうか?

上っていないので不明、今度は2階席へ上ってみますか、

2品目は「蛸の天ぷら」400円也、

017kai

タコ被りですcoldsweats01、でも食べたかったの、

日本酒にします、ぬる燗、「日本盛」のガラス瓶250円也、

021

ガラス瓶が出て来ると、なんかシミジミしてしまいますhappy02

なんやろな、条件反射かhappy02

もう一品は「肝塩焼き」300円也、

023

串で出てきました、

肝には塩、これだけでとっても美味しい、抜群の相性ですheart02

これでお勘定にしました、明朗会計、

 

阪急「十三」駅西口すぐの「十三屋」再開店です、

レイアウトや広さは、前のスクエアな広めの店からだいぶ変わりましたが、

店内の雰囲気は何か昔の「十三屋」のDNAが引き継がれている感じ、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

さて、もう一軒、行かなければなりませんwink

並びにある「十三トリス」です、

新入社員時代から最もよく通った店のひとつです、

若いころは一人飲みなどほとんど経験ないですが、

ここは1978年頃からずっと通っていました、

もつ焼きの「七つ海」から「十三トリス」、黄金コースでしたshine

火災の少し前にも久しぶりに入ったのですが、その後まさかの焼失heart03

先日、再開店したとの情報で探したのですが、、、なぜか見つからずsweat01

今日はしっかりと目を凝らして路地を歩くと、、、ありましたflair

ここか、前回は見逃してるんだろうな、即入ります、

026kai

以前より少し幅が狭くなっているのかな?

でも、以前と同じく反対側の通りまで通り抜けられる便利な造りはそのままのようです、

で、カウンターの中には、、、

あら、マスターがいらっしゃいます、それも一人でhappy01

焼失した「十三トリス」もまずは北新地に新店をオープンさせました、

マスターはその「十三トリス北新地店」にいらっしゃるとばかり思っていました、

どうも、こっちにいやはるんですか?

いや、今日はシフトの都合で急遽、、、もうすぐ一人来るんですけど、、、

客は5~6人、でも勘定や新規の来店でマスター一人で大忙しです、

もうすぐ来るはずなんですけど~、

思わず手伝いたくなるような感じですhappy01

あ、そうそう、ワタシはこの店での定番「白ハイ」590円也、

027



料理も定番の「玉子焼き」810円也、

ちょっと待ってくださいね、手が空いたら作ります、

はい、ゆっくりで結構です、

ほどなくバイトの可愛い女の子が入店、

やっと2人体制になってマスターも一段落です、

「玉子焼き」、

035kai

上手いこと焼いてあるなあ、これは真似できなませんわwink

というか、ワタシ、玉子焼き、めちゃ下手なんですcoldsweats02

これでお勘定です、明朗会計、

 

「十三トリス」、前の店のあの末枯れたBar感は無くなりましたが、

これからまた数多の夜の歴史を作っていくんでしょうね、

そうそう、帰りは反対側から出ました、

うん、これこれ、こんな感じで飲んでいたのを思い出します、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:京都駅近くの「山本」でまんぼ焼き!

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、

2つ一緒にやろうと思ったらダメです、必ず1つ忘れます!



今日のお店:京都駅近くの「山本」でまんぼ焼き!

記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

なんとなく座り飲み強化期間、今日は堂山交差点近くの「大黒」です、魚系は間違いのない「大黒」、ここも美味しいです。

【2017年9月5日(火)】

大阪 堂山 「大黒」堂山店

なんとなく座り飲み強化期間、どんどん行ってます、今日は「大黒」ですgood

大阪の座り飲み老舗酒場の屋号といえば、

「正宗屋」、「大丸屋」辺りがぱっと思いつきますがflair

 

「大黒」も結構店舗があり、そしてどこも魚系が美味しい素敵な酒場なのですshine

チェーン店と云う訳ではなさそう、暖簾分けとかそういう感じなのでしょうか?

では、今日は「大黒」堂山店へ行ってみましょうheart02

132kai

1階にカウンターと小上がり、2階もありますが床席です(数年前の記憶)、

先客2組ほど、カウンター真ん中に陣取ります、

と、外は夕立になりました、それもきつい雨脚rain

まあちょうどイイですわ、止むまで飲むことにしましょうhappy01

とりあえずは「芋水」、

127

黒霧で370円也、



カウンターの上には大皿、

どこの店でもカウンターの上にある大皿は美味しいのが多いので好物ですwink

端の方は良く見えないので、フロアの若いお兄さん(スタイリッシュなお兄さんshine)に訊きます、

向こうのは何ですか?

え~っと、向こうからいわし煮付け、鯵の南蛮漬、鳥ひも、里芋云々、、、

ベジファーストで「里芋」にします、

120

柔らかくて美味いshine、300円也、

BGMはなぜかJPOPです、大将の好みかな?

なんか合わんけど、まあエエです、

森田健作、大橋純子、さだまさし、円広志、中島みゆき、みんな声若いです、

中村雅俊と太田裕美が声が変わってないように聴こえます、得ですねhappy01

「芋水」お代わりして、カウンター上大皿からもう一品、「鯵の南蛮漬」300円也、

125kai

ボリュームあり、鮭と鯵か?魚は2種類入ってます、効率的素材活用happy01

で、これもまた旨し、味も食感もグッドですheart02

そろっと日本酒にします、

メニューには10銘柄ほど並んでいます、

その中から飲んだことのない静岡の「日本刀」にしてみます、

“日本刀”と書いて、“かたな”と読ませるみたいです、

オーダーすると升とコップで出てきたのかな?、、、失念、写真無しsweat01

瓶が見れなかったので、お願いして出してもらいました、

日本酒は瓶が見れないとねwink

129

超辛口とありますが、、、

たしかに辛口ですが旨味もしっかり感じます、美味しいお酒でしたwink

もう一品頼みましょう、

オーダーを聞いていると、「自家製おから」300円也と、「特製ぬた」450円也が良く出ています、

これが名物な感じですね、

どちらもまだ食したことがないので、「特製ぬた」にしましたhappy01

130

ボリュームあります、

葱に揚げ、人参、タコ、貝に茗荷、きくらげetcと具だくさん、

なるほど、これは名物になりますね、

ボリュームあるし、辛いので汗だくになって食しましたhappy01

隣りに座られたお父さん、埼玉からの出張だそうです、

「大黒」がお気に入りで、大阪に出張に来るとかならずここに来るそう、

埼玉にはこんな良い店はないですよ、と力説、

オーダーは「骨蒸し」650円也、

これも写真を撮れ!との指示があったのでパチリhappy02

131kai

鍋ですね、ポン酢で頂きます、たしかにこれならリーズナブルかもheart01

ワタシはこれでお勘定です、2500円くらいかな?

大阪堂山交差点近く、JR環状線ガード下にある「大黒」堂山店、

カウンターの中の大将の腕ですね、料理が美味しい、

人柄もエエ感じの大将、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

座り飲み強化期間です、ならばなかなか行けない京都梅津の「とよ」へ行ってみましょう、エエ店のようです。

【2017年9月1日(金)】

京都 梅津 「とよ」~木屋町三条「よしみ」

座り飲み強化期間ですhappy01

今日はKaさんに、京都梅津の「とよ」を探訪しますshine

で、ネットで場所を確認すると、、、うむ、これはなかなか手強いですねcoldsweats01

「とよ」、、、最寄の駅がありましぇん!sweat01

ワタシも京都生まれですが、この辺りは土地勘がなく、

なんとなく電車ないなあ、と思っていましたが、ホンマに最寄駅がありませんheart03

近い駅となると阪急京都線の「西院」駅から西へ、

同じく阪急京都線の「西京極」からは西北へ、

阪急嵐山線「松尾大社」駅からなら東へ、

嵐電「太秦広隆寺」からは南へ、

 いずれも徒歩で20分前後でしょうか?この4駅のちょうど真ん中辺りにありますsweat02

「西院」駅からなら市バスが割とたくさん走っているようです、

さて、ワタシは梅田から阪急京都線で向かいますtrain

どのルートでアプローチするのか?迷いましたが、今回は「松尾大社」駅からのんびり歩くことにしました、

「桂」駅で特急を降り、嵐山線の乗り換えて「松尾大社」駅に到着です、

すぐ目の前の道(この道、四条通りです)を東へ取ります、

すぐに松尾橋で桂川を渡って、その後はひたすら歩きます、

今日は比較的涼しく歩きやすいです、

振り返ると愛宕山も綺麗に見えますshine

しかし、街の風景的にはあまり起伏がなく、ちょっと長く感じる距離、

なんとか四条梅津段町の交差点に到着、

ここを右へ、で少し行くとそれらしい店が左手に見えてきます、

002kai

噂の「とよ」、やっと到着です、自宅から2時間くらい掛かりましたhappy02 

時間は17時過ぎ、もう開店していますね、ではでは入りましょうdash

綺麗な店内、住宅地によくある居酒屋割烹な感じ、

左手にカウンター10数席、右手には大き目の小上がりスペース、

奥には仕切りのある個室風のスペースもありますね、

先客がカウンターに2~3組、入ったところのカウンターに着きます、

元気なお姉さんが飲み物を訊いてくれます、

「麦水」400円也にします、

料理は、、、ちょっと待ってくださいね、考えます、

はい、

「突出し」が出ました、

003

一品目はなんか美味しそうな「生春巻きサラダ」400円也にします、

カウンターの中の板場さんに直接発注しました、

外観はこんな感じでしたhappy01、ちょっと意外、

004kai

が、、、

美味しいです!ハムに掛かっているマヨネーズ以外はドレッシングなし、

だけど中の具が美味しいup

上手いこと出来ています、、あ、小海老天が入ってるなあheart02

料理、しっかり安定している感じですね、

「麦水」をお代わりして、もう一品を検討します、が、、、

イカ姿焼き、ホタテとも切れているそうheart03

で、思わず好物の「鶏天ぷら」500円也にしますhappy02

008kai

こちらもボリューム満点、ポン酢、辛子で食べるスタイル、

まず塩でいただき、後半ポン酢辛子で頂きましたが、辛子は要らんかな?

ご近所の先輩常連さん、家族連れの入店でぼちぼちと賑わいます、

座敷も奥の部屋もだいぶ混んで来ました、

皆さんお酒は焼酎のボトルですね、僕だけショットで飲んでます、

焼酎のボトルが2500円也、そら、その方がお得ですよねwink

妙に気も使わず、見栄も張らずに楽しめる、この辺りが近所の店のエエところです、

最後に寿司を一貫だけ、「かんぱち」300円也をいただきます、

017

もちろん美味しいですhappy01

メニューには“寒八”と書いてましたね、初めて見たかも、、、

これでお勘定です、2800円也、

うん、料理のクオリティを考えると高くありません、

京都梅津の「とよ」、町内のエエ感じの居酒屋割烹、

料理がしっかり美味しいです、近くにあったら絶対に行きたい店、

おおきにごちそうさん、また来ますねheart04 

この後は、市バスで河原町四条まで、

西木屋町の酒場や会員制立ち飲み!?を狙ったのですが、、、

019kai

入れずsweat02

ではと、座り飲みの老舗酒場の「よしみ」で燗酒をいただきました、

燗酒は「ねのひ」、京都ですな、ぬるめ、

031kai

辛めの酒は湯煎で温めていただけます、、一升瓶から銚子へ、エエ感じです、

「鱧卵煮」500円也、

033

京都らしい一品、

そうそう、付き出しは「豆腐」をそのままで、美味しい豆腐です、

032kai

上に乗ってるのは?なんだろう、

と、大将に訊くと“塩麹”やそうです、いちいち手が込んでますhappy01

京都の酒場です、おでんをよそうのも、ゆっくりゆっくり丁寧に、

店員さんもどこかのんびりしています、

燗酒お代わりして1830円也、

木屋町三条上る西入ルの「よしみ」、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »