« なんばで人気の立ち飲み「赤垣屋」、なぜか未探訪でしたので、夏期集中講義と相成りました^^) | トップページ | 『テリーイシダの独酌酔言』記事更新しました、~今日のお店:天満駅前のもつ焼き「寅屋」。 »

2017年11月 6日 (月)

福島のあの店の流れだそうです、新進気鋭、洒落た名前の立ち飲みは実力派でした、天満の「あずき色のマーカス」。

【2017年8月16日(水)】

 大阪 天満 「あずき色のマーカス」

今日は大阪天満の新進の立ち飲み「あずき色のマーカス」を探訪です

また洒落た名前です、よう分かりませんが

“マーカス”ってなに~??な感じで魅かれるネーミング、

福島の「ジャックとマルチダ」の流れのお店だそうです、、、



ということは“マーカス”も人名か?

しかし、それでは“あずき色”が説明できない、、、

まあええわ、あとで店の人に訊いてみよ、

 

JR「天満」駅を降りて立ち飲みが並ぶ通りに吸い込まれます、


「肴や」を過ぎた辺りの右手に看板がありました、

「あずき色のマーカス」、

021kai

お店自体はこの奥、突き当りにあるようです、

ちょっと分かりにくいけど、実力のある店なら問題ないですな、

022kai

看板のところに“女性限定貸し靴あり”との情報が、

うん?一瞬、靴脱いで上がるのか?とか思ってしまいましたが、、、

立ち飲みなのでヒールとかだったら疲れるから、履き替えてね

という事でしょうね

ではでは、この奥まで行って入店です 

033kai

「ジャックとマルチダ」同様の明度やや低い店内、

家具什器の類の雰囲気も似ていますね、

 

大き目の逆Lカウンターに壁テーブル、

奥には島テーブルもあったかもしれません、
 

先客女性が一人奥目のカウンターに着いておられたので、

入ってすぐ左手の逆L字底辺カウンターに着きます、

 

夏の暑い盛り、なんかグビッと行きたいところです、ビールでもイイんだけど、

「ざく切り凍らせレモンのチューハイ」380円也というのが目につきました、

これにします、

 

小振りの上品なグラスで出てきました、

025

レモンたっぷり、チューハイは必然少な目

 

料理も美味しそうなメニューが並んでいます、 

まずは「アスパラとクレソンのポテサラ」180円也にします、

 026

手作り感満載、フレッシュな具材、ややゴロッとした食感、美味しいです

 これは料理は期待できますね

 

BGMは桜井クンのカバーアルバムが掛かってました、これも好物です

 「凍らせレモンのチューハイ」はすぐになくなったのでお代わり、

料理をもう一品、「空芯菜の炒め物」380円也、

 029kai

塩とニンニク?シンプルな味付けが美味しいです、

ほんと料理は立ち飲みレベルを超えていますね
 

ウンターの中にはお兄さんが二人、

お一人がコックさんのようです、ちゃんと修行積んでます、な感じ、

 

「凍らせレモン」またもやお代わり、 

飲み物担当の方のお兄さんからアドバイス、

 レモンが融けて来たら潰して飲むのがエエらしいです、

 なるほど、たしかに、

初めての店なのでちょいと上品に飲んでました

というか“潰して飲む”と云う発想が湧かなかったワタシがレアなんでしょう、普通潰しますよね

 

日本酒も揃っているようです、

今は“生酛造り”に拘った揃えになっているようです、

 

“生酛造り”って、最近流行ってます?

灘の酒も『酒は生酛で旨くなる』とか云うてますね、 

昔ながらの日本酒の醸しかた、ということで良いでしょうか、

 

お兄さんによると(たしか)島根発祥説のある造り方やそうです、 

この前、奈良に行ったら“菩提酛”つう造り方が再興されたと聞きましたが、そんな感じ?

あ、それはまたちょっと違うんです、

そうですか、日本酒造りはいろいろと難しいですなあ

 

で、日本酒は飲んだことがない宮城の「田林」生もと純米380円也にします、

 一瞬、秋田?の「田人人」を連想させる名前だったのでこれにしました、

あら!写真ないです、話に夢中になって忘れたか、、、

辛くて個性的、旨味があってガツンと主張もある好みのお酒でした、 

日本酒の肴は「秋刀魚のわた醤油和え」380円也、

032kai

さんまの身にわたが絡んでるんや、なるほど~

これはホンマに日本酒の肴ですな、

 料理はいちいち美味しい、これはもうなにを頼んでも間違いないいでしょう

 

これでお勘定にしました、

天満に出来た「あずき色のマーカス」、

料理間違いなし、店の雰囲気も由、店員のお二人もエエ感じ、

さすが「ジャックとマルチダ」の流れ、足腰がしっかりしています、

再訪間違いなし、次回は日本酒をしっかり飲みたいですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますね

、店名の由来訊くのを忘れた~

|

« なんばで人気の立ち飲み「赤垣屋」、なぜか未探訪でしたので、夏期集中講義と相成りました^^) | トップページ | 『テリーイシダの独酌酔言』記事更新しました、~今日のお店:天満駅前のもつ焼き「寅屋」。 »

大阪天満」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島のあの店の流れだそうです、新進気鋭、洒落た名前の立ち飲みは実力派でした、天満の「あずき色のマーカス」。:

« なんばで人気の立ち飲み「赤垣屋」、なぜか未探訪でしたので、夏期集中講義と相成りました^^) | トップページ | 『テリーイシダの独酌酔言』記事更新しました、~今日のお店:天満駅前のもつ焼き「寅屋」。 »