« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

神戸新開地で一人飲みです、「高田屋京店」の後は「貝つぼ焼き大谷」へ、が品切れであっけなく終了、「丸萬」で吞んで帰りました。

【2017年7月1日(土)】

 神戸 新開地 貝つぼ焼き「大谷」~「丸萬」

土曜日、早い時間からの一人飲み、場所は新開地です

008kai

まずは「高田屋京店」でビールと白鶴の燗酒を頂いた後です、

今日のお目当ての店、貝つぼ焼き「大谷」を目指します

この辺りは何度も歩いていますし、商店街辺りの酒場や焼鳥の老舗「八栄亭」、

老舗酒場「丸萬」と結構飲み歩いているのですが、

「貝つぼ焼き大谷」だけがなぜかまだ未入店

時間が早すぎたり、臨時休業だったり、

開店していてもなんかタイミングが悪く入らなかったり、

今日はどうでしょうか?土曜日は営業しているはずだし、、、

今日は1軒目の「高田屋京店」でそれなりに飲んだので、もう19時前、

時間的にも大丈夫のはずです、

今なおちょっと猥雑な匂いがする通りを歩くことしばし、

うん?まだ先かな?

あ、一つ通りを間違えてるね、もう一つ向こうの通りだわ、

と、次の角に近づくといきなり、貝つぼ焼き「大谷」が現れました、

024kai

やた!ちゃんと暖簾が掛かっています

開店していますね、やっとは入れそうです、

ではでは入店です

ちわ、、、

おお、混んでいますね、予想より広い店内、

カウンターに5〜6席、小さな4人テーブルが6つかな、

で、左側の隅には微妙な3人テーブル掛けの変形テーブルが一つ、

いつものように指で一人客であることを示します、

フロア担当のお母さんが席を見回して、

隅の3人掛け変形テーブルを示されました、

そこで良いですか?

はい、もちろんイイですよ、ということで無事着席、

メニューを見ると、、、ほう、予想とは違います、

メインの貝は(といっても一品モノですが)は、「貝つぼ焼き」「貝バター焼き」のみ、

あとは「おにぎり」、「だし巻玉子」、「手羽先」、「砂ぎも」、「もも焼き」、

そして、“雑炊”が充実で、貝、鳥、梅、鮭、牛スジのラインナップ、

 “一人鍋”も湯豆腐、鳥、貝と揃っています、あとはおでんとお漬物、

なるほどね~、こういう感じの構成なんですね、

“貝”といくつかの素材の料理に絞ってる食堂な感じですね、

営業時間が26時までとのこと、

ちょっと小腹が空いたり、飲んだ後の〆とかで使う感じでしょうか?

ここはやはりまずは「貝つぼ焼き」600円也にしましょう、

それと燗酒をお願いします、ここもやはり白鶴ですね

029

大きな利き猪口で出てきました、

そして、「貝つぼ焼き」、こんなんでした、

030

思ったよりシンプル、この野菜の下に貝の身が潜んでいます、

ワタシは箸で食べましたが、

慣れた人は串で器用に取り出して食べたはりますね、
 

出汁が美味しいですね、なに貝になるんだろう

すぐになくなったので次は「貝鍋」900円也にしようかと思ったら、

なんと売り切れですと

じゃあ「鳥鍋」800円也でもエエか、、、と思ったらこれも品切れ、、、

あら~、まだ19時頃ですが、、、いつもこんな感じなんでしょうか?

いや、26時までの営業ですから、そんなことはないと思うのですが、、、

雑炊系には触手が動かなかったので、

いきなりのここで終了!と相成りました

期待してきた割りにはあっけなくお勘定、、、ちょっと残念、、、1080円也、

新開地の名物店「貝つぼ焼き大谷」、

夜遅くに〆とか、腹ごしらえに来るのが良いのでしょうか?

真髄が分からぬままの初探訪でした
 



これでは収まらないので、そのまますぐ近くの「丸萬」に流れました、

033kai

ここは何度も来ています、間違いなくエエ老舗酒場です

燗酒は、ここもやはり白鶴です、白鶴シェア率凄い!

034

「きずし」300円也、

036

ここは料理が美味しいです、間違いない

この「きずし」も美味しい、リーズナブルというより値打ちがあります

店内の短冊メニューでは「生すし」と書いてあったような気がします、

たしか「高田屋京店」もこの書き方やったんとちゃうかな、神戸の書き方かな?

燗酒をお代わりして、食べたらない貝を注文、

「大貝」600円也、これも美味しかったです

041

これでお勘定です、1700円程かな?

新神戸の「丸萬」、

ここはエエです、店の雰囲気がよろしい、

039

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました~今日のお店:十三の大箱角打ち「イマナカ」。

『テリー・イシダの独酌酔言』記事更新しました、

都市部の電車って“秒単位”でダイヤ運行してるんですね、凄い、



今日のお店:十三の大箱角打ち「イマナカ」。


記事はこちらから ⇒





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

最初で最後の探訪になりました、2017年6月末廃業閉店、ミナト神戸の「ヤスダヤ」。

【2017年6月28日(水)】

 神戸 神戸 「ヤスダヤ」

すでに2017年6月末で閉店している神戸の「ヤスダヤ」の記事です

雑誌か何かで情報は貰っていたので、

いつか行かなきゃ、と考えていたのですが
 

SNSで、なんと“2017年6月末で廃業閉店”とのNEWSが飛び込んで来ました

え!?来週末で閉店ですか!?

 このNEWSを知ったのが前週末、これはいけません

ここは躊躇なく行くことにしました

6月28日の水曜日、30日の金曜日が最終営業日らしいです、

あと3日、ギリギリで間に合いました、ヨカッタ

しかし、人気店の閉店は悲しいですね、いろいろ事情はあるんでしょうが、、、

駅でいうとJR「神戸」駅が一番近いようですが、

この日は阪神阪急乗り入れの「高速神戸」駅から歩きました、

ちょっと方向を失いながら(ここら辺りは東西というより斜めに線路が走っています)、

JR東海道線の高架を潜り、

上を阪神高速が走る国道43号線を越えるともうすぐみたいです、

エエ感じの通りです

001kai

なんか昭和な店やビルがまだ散見できます、



この店名で酒処!?

004kai



お目当ての「ヤスダヤ」はそのすぐ先にありました

005kai

正面から見るとこんな感じ、

006kai

テントにはカタカナで“ハクツル”と“ヤスダヤ”、カタカナ祭りです

渋い暖簾にもやはりカタカナで“ヤスダヤ”、

もう、これ見ただけで エエ店ですね~、な感じ

もっと早く来ておくべきやったね、最初で最後の探訪です、

時間は18時頃、明後日で廃業閉店ということは皆さんご存知でしょう、

混んでるやろな、と暖簾を分けて入ります、

ほう、予想を裏切る明るい店内、清潔なお店ですね、なるほど

カウンターが10数席?

よく見えませんが奥にはテーブルスペースもあるようです、

当然、すでにエエ感じで暖まっています、

カウンターの中にはお母さん、お父さん、娘さん?息子さん?と手厚いスタッフィング、

家族経営です、よね?

いや、よく知りませんがきっとなんかそんな雰囲気がプンプンしています、

いつものように人差し指を出して一人であることを示します、

お母さんがどうぞ~と迎えてくれます、ヨカッタ!入れるようです、

入口近くのカウンターの空き席に着きます、

え~っと、とりあえずビール小瓶にします、

生もあると思いますが、なんか瓶ビールが似合いそうな気がしました、

カウンターの上には大皿が並んでいます、

大皿にはムシ豚、酢豚、子持ちイカ?、焼きサケ、焼きサバ、チューリップ、、、

野菜系は、向こうの方にありますね、

お母さんに訊きます、

あれはなんですか?菜っ葉、はい、揚げと菜っ葉ですね、それ下さい、

それとその鍋は?スジコン、それもください、

なんか、ちょっと興奮して一気に2品注文してしまいました、

こちらが「スジコン」400円也、

008kai

絶品!これは美味しいです、これがなくなるのは勿体ないなあ

そして「菜っ葉」、

009kai

こちらは予想より味が濃いです、ここらのミナト神戸の味付けかな?

小瓶を飲み干して「芋水」にします、

丁寧に作っていただいて出てきます、

010

「芋水」のグラス(大きい方)と一緒に水のコップ(小さい方)も出てきました、

珍しい出し方ですね、これもミナト神戸の流儀かな、

カウンターの中にはさらに別のお母さんが登場、

ますます手厚い陣容になります、

お客さんも回転しながら、ほぼ満席が続いています、

常連さんが挨拶しながらどんどん入って来られます、

なんか、閉店と聞いて初めて来た我が身がなんとなく恥ずかしい

肩身が狭いです

3品目は「サラダ」350円也、

他の人の注文を見ていると、どうも「スパサラ」みたいなもんみたいです、

あそこにあるやつやな、それ下さい、

スパではなく、これはペンネだっけ?で良かったですか?

013kai

凄いボリュームです、“サラダ”と云うより“〆のパスタ”です

燗酒にします、ぬる燗でお願いします、

 「白鶴」の燗酒はコップで出てきました、

一升瓶の酒でうめてもらい“ぬる燗”です

刺身にしようかと物色、すでに売り切れがあり「ハマチ」か「鱧」、

ハマチは好物なんですが、、、なんか、こっちの方が気になりました

「サラダ」同様、注文が良く入っている名物らしい「蒸し豚」600円也、

大きな塊から削り出すスタイル、美味そうです、こちらにします、

来ました、

015kai

こちらも凄いボリューム、人気の源泉の一つですかね、これも、、、

もうお腹一杯です、これでお勘定は3020円也、これはリーズナブルですね

 

神戸の「ヤスダヤ」、

残念ながら廃業閉店してしまいました

エエ店でしたね、明るくて清潔で、気取らない、

人気の源泉はCPの良さ、ボリュームも人気だったんでしょうね、

でも、一番の人気の源泉は接客だったような気がします、

気さくで丁寧な接客でした、

おおきに、ごちそうさん!長い間お疲れ様でした

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

十三東口商店街に新規開店した立ち飲みの焼鳥屋「炭心」、早速行ってみました。

【2017年6月21日(水)】

大阪 十三 「炭心」

飲み友達から新規立ち飲み情報をいただきました、

十三に立ち飲みの焼鳥屋が新規開店したそうです



このところ、新規探訪ネタがなくって困っておりました、

渡りに舟、情報を聞いて1週間で探訪実施です

スピードが酒場探訪の命です(なんのこっちゃ)、

阪急「十三」駅、今日は東口から出ます、

001kai

角打ちの「イマナカ」がある方ですね

道幅が広い商店街のアーケードの端まで行くと、、、

005kai_3

エエ感じのホルモンうどんの店とか、

004kai_2

お、立ち飲みもありますね

で、今日のお目当ての焼鳥屋さんは、、、、お、こちらのようですね、

003kai

開店祝いの花が飾られています、「炭心」さん、

店名はなんて読むんだろう?“たんしん”?それはないか、

お祝いのお花のカードを見ると、、、“すみしん”みたいですね、そりゃそうか

予想外の白いスコッタ壁みたいな外観のお店です、

ではでは入ってみましょう

思ったより狭い店内、L字のカウンターとテーブル席だったかな?

テーブル席には先客、カウンターの中には若い大将がいらっしゃいます、

ちわ、一人です~、ここで?はい、

ということで、入ったところのカウンターに無事着きます、

とりあえずの「生」380円也、と「もやしナムル」280円也を注文、

と、突出しが出てきました、「きゅうり」、

007

そして、「もやしナムル」、小さな皿で少なめ、

009_3

ちょっと忙しそうな大将ですが、焼き鳥を注文します、

1本づつで大丈夫だそうです、120円也~180円也、150円也が中心価格帯、

では、、、肝、つくね、ねぎま。かわ、ぼんじりの5本を注文、

ゆっくりと順番に出てきました、これはありがたいですな

まずは「肝」、

011kai

お奨めのレアです、うん、美味しいです

「つくね」、

013

これもふわふわでイケます

「ねぎま」、

014_2

肉が“せせり”みたいなプリプリした感じ、

ここらで「ハイボール」380円也を注文、

012

ラストは「かわ」と「ぼんじり」、

015

うん、まずまず美味しいです

大将に訊くと、前は天満でやったはったらしいです、

で、十三で新規開店、ガンバてください

これでお勘定、1950円也、

阪急「十三」駅東口商店街の立ち飲みの焼鳥「炭心」、

これからな感じですが、焼き鳥は安定しています、

もう少し経ったらまた一度寄ってみましょう、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね



で、つい最近ひょんなことから再訪することに相成りました



今回は「刺身盛り」を頼みました、

025kai

胸、心臓、ズリ、肝、つくね、

うん!美味しいです、お値打ち



ウリの「手羽先」、

030kai

ふっくらというか、ムチッとした厚みたっぷりの手羽先、

これは必食です、こんな手羽先初めてかも



現在は「突出し」が無くなりました、

そして、テイクアウトも始められたようです、

これからが楽しみですね



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました~今日のお店:京都の老舗酒場「よしみ」。

『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました、 

風が気持ち良い季節になりましたが、、、電車の窓は開きません、



今日のお店:京都の老舗酒場「よしみ」。

記事はこちらから ⇒ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

初探訪、裏なんばの「とき寿司」へ入りました、なるほど、こんな感じの店なんだ、その後は「もんぞう」~「日本酒と私」、久々の梯子。

【2017年6月27日(火)】

 大阪 裏なんば 「とき寿司」~「もんぞう」~「日本酒と私」

今日は裏ナンバ梯子探訪となりました

1軒目の「とき寿司」のみが初探訪です、

 

立ち飲み「ひでぞう」の真向かいにある「とき寿司」、

009kai

リーズナブルな寿司屋、いつも満員ですね、

今まで入ったことなかったのですが、、、なぜか、今日は入りました、

というのも、開店時間に店の前を通ってしまったからです

「とき寿司」はお昼も営業されているようですが、

その後、休み時間があり、夕方の営業は17時から、

ワタシはと云うと、

立ち飲みの「もんぞう」で美味しい刺身を食べようと企んでやってきたのがちょうど17時、

「ひでぞう」、「もんぞう」とも17時開店だったと思いますが、

「とき寿司」も時を同じくして開店のようです、

お待ちの1組が開店と同時に入店するのを目撃

こうなると、なにか入らなければもったいないような気になる、

損をしたような気になる貧乏性です

先客に引きずられるように、す~っと入店です

ちわ、どうも、一人です、はい、では、カウンターで、はい、

なんか、妙に気恥ずかしい、寿司屋への一人で入店

逆L字カウンターとテーブル席があるようです、

さらに、なんと2階席もあるんですね



なんかもっと狭い店を想像していましたのでちょっとびっくり、

この辺りの安いお寿司屋さんって狭い店が多いもので、、、

思い込みはあきませんな、

とりあえずの「生」450円也と、

好物の「はまち」780円也を刺身でお願いします、

でも、、、そんなに安くないやん、という感じになりますね、

そう、初めてなのでワタシの注文も慣れていない、ワタシがイケてない

どうやら、この店のウリは“にぎり”が安いことみたいです、

壁のネタメニューを見るとたしかに安い、

“トロ”でも“あわび”でもなんでも、ほとんどが1個150円也みたいです、

はは~ん、そういうことですか、ここは“にぎり”を注文するのが筋なんですね



と、一人得心していると「はまち刺身」が来ました、

010kai

もちろん美味しいです、でもこの値段なら他でもありますね、

カウンターの中には職人さんが二人、

フロア担当は若い外国人の女性、飲み放題もあるみたい、

なにかと独特の方針で努力してます!感満載のお寿司屋さんです

「生」を少し残して「日本酒」350円也をぬる燗でもらいます、

フロアの女性、ぬる燗ちゃんと分かりました

で、寿司を握ってもらいます、「トロ」、「鯛」、「あわび」、

たしかに1個150円也ならビビらずに注文出来ます 

というか逆に高いモンばかり注文感が出てそうでなんか恥ずかしい

011

当然美味しいです、、、それなりに、、、

「煮穴子」と「生蛸」、

012

もうなんか「イカ」とか「たまご」が頼めない、この貧乏性

さすがに「さざえ」はちょっと小さく、、、ピンボケ

013



これでお勘定にしました、2350円也、外税ですね、



初めて入った裏なんばの「とき寿司」、本店になるのかな?

なんとなく要領が分かりました、

ちょっと小腹を満たしたい時に、さっと握りを注文するのが良いみたいです、

回らないけど、お安くいただける寿司屋さん、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね



この後は、予定通り向かいの2階の「もんぞう」へ入店、

 「芋水」350円也と「刺身五種盛り」650円也、

014

美味しいです、さすがの立ち飲み最高レベルです

日本酒は「奈良萬」400円也をいただきました、

016

意外とあっさりな感じでした、

「クリームチーズ味噌漬け」350円也、

020

あ、旨い!なんか、味噌が美味しいです

もう一杯、「山男山」、ジャケ買いです、

021

こちらもスッキリとした飲み口でした、

これでお勘定、2110円也、

 「魚屋ひでぞう」の上の立ち飲み「もんぞう」、

あ~、やっぱりこちらの方が性に合うみたいです

 酒も肴もエエ感じでフィットします、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね




そして、すごく久しぶりに「日本酒と私」に入りました、

現在のマスターはお姉さんですね、 

定番の「三種盛り」と日本酒一杯で1100円也、

040



日本酒はこれ、「洞」、

038kai

これもたしかスッキリ系だったような、、、気がします、

あ、なんとキャッシュオンに変っていました、

店内禁煙になったそうで(前もそんなに気にはならなかったけど)、

料理の感じも変わりましたね、

店もすこしづつ変って行きます、

「日本酒と私」、もう出来て4年くらいになりますか?もっと?

 立ち飲みと日本酒の革命を起こした店のひとつであります、

まだまだ、気張ってくださいませ、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

十三2軒目は東口の商店街の一番先、立ち飲みの「まる」、シンプルで気持ち良く飲めました。

【2017年6月21日(水)】

大阪 十三 立ち吞み処「まる」

十三東口に新規開店した立ち飲みの焼鳥屋「炭心」で飲んだ後です

「炭心」の並びに立ち吞み処「まる」がありました、

004kai

○で“まる”と読ませます、

ここも入ったことないですね、外から見る限り、カウンターだけの小さなお店のようです、

先程、「炭心」に入る前に見た時はそれなりに混んでいましたが、今は空いていますね、

ここは、ちょっと入ってみましょう

7~8人で一杯になりそうな逆Lカウンター、

先客がお二人、逆Lの底辺におられます、

カウンターの中には、、、誰もいらっしゃいません



あは、なんか奥で用事をされているようです、

しばらくするとお姉さんが出て来られました、



あ、いらっしゃい、

はい、一人です、

飲み物は?

え~っと、お酒、燗でお願いします、



「燗酒」260円也、嬉しい価格

024



シンプルですが、美味しそうな肴、料理のメニューが壁一面に貼ってあります、

019kai

横の白板辺りにもメニューがありました、

あ、山掛けにしよう

え?切れた、そうですか、では

「ブリ造り」300円也にします、

021



あ、キャッシュオンですね、失礼しました、

こんな皿で支払います、

022

キャッシュオン、支払金額がはっきり分かるので好きです



先客のお二人の話を聞くともなしに聞いていると、、、

会社の同僚のようですが、どうやらワタシより先輩のようです、

で、現役で働いておられます、管理職と役員?エライな~



「炭心」から飲み始めてます、トイレに行きたくなったのですが、

どう見ても店内にトイレらしきドアはありません、



お姉さんに訊きます、トイレはあります?

スイマセン~トイレないんです、

そこのパチンコ屋さんか、向こうの神社にありますけど、

なるほど、ではちょっと用を足して来ます



どうしようかと思いましたが、神社に向かうことにします、

少し歩くのかと思いましたがすぐでした、

023kai

『神津神社』というようです、

境内の中に公衆トイレがありました、お借りします、



帰ってきて、燗酒をお代わり、

料理は「シーチキン」300円也にします、

025kai

缶詰がそのまま出て来るのかと思いきや、

ちゃんと皿に盛られて出てきました

ちゃんとした小鉢になってます、サラダ付きが嬉しいです



空いていた店内に2組3人が入店、先客は退店、

では、ワタシもこの辺りでお勘定にしましょう、

おっと、キャッシュオンでしたか
支払いは1120円也かな、 



十三東口の商店街の先の方にある立ち飲みの「まる」、

小さいお店ですが、居心地ヨロシイ、

料理もシンプルですが、ちゃんと手が入っていて好感です

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

この商店街にはこんな店もありました、

027kai

「焼肉やっちゃん」、こちらも新規開店でしょうか?

トラの選手のお祝いの札が掛かっていました、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました~今日のお店:大阪オンリーワンの老舗酒場「白雪温酒場」。

『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました、

玉子かけご飯、アナタは“ズルズル派”?“ネットリ派”?



今日のお店:大阪オンリーワンの老舗酒場「白雪温酒場」。


記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

「奢酌楽」と書いて“ジャグラー”と読ませるようです、心斎橋から歩いて数分の洒落た立ち飲みです。

【2017年6月16日(金)】

大阪 心斎橋 立ち飲み「奢酌楽」~「もりた屋酒店」

本町~心斎橋間、最近、所用でこの辺りに来ることが多いのですが、

先日、こんなところに立ち飲みがあることを発見

004kai

「奢酌楽」と書いて“ジャグラー”と読ませるようです、

心斎橋から北東へ歩いて数分のオフィスビルが立ち並ぶビジネス街の立ち飲みです、

提灯にはBIOワインの文字も、、、

場所柄か、なんかお洒落な雰囲気ですね、

今日も夕刻に所用終わり、

せっかくですので今日は「奢酌楽」へ入ってみましょう

左にカウンタースペース、右側は変形スペースにテーブルが並んでいます、

カウンターは賑わっています、

一人であることを示して右側中程のテーブルに一人で着きます、

飲み物は、、、お、ハートランドの瓶がありますね、

これは好きなビールです

なんか美味しい気がするグリーンボトル、これにしましょう、

アテはとりあえず「じゃこおろし」300円也、

007kai
006

これで一段落、、、と、思いきや!あ~!!の声が、、、

隣りのテーブル席から奇声が上がりました、

え!?と見ると、、、

わ~~!!とワタシも叫んでいました

ビックリです、隣りのテーブルにデザイナーのKクンがいました、

なんと!ビックリです、

Kクンとは先日までHP制作の仕事をしていたのですが、彼が転職、

もう会うこともないかな、という関係でしたが、

なんとここで再会です

いやはや事実は小説より奇なり

しばし歓談、転職先もこの近所だそうで、

新しい職場のメンバーと一緒に飲んでました、

いやいや、元気でなにより、これからも活躍してくださいね

さて、ワタシの2杯目は日本酒にしましょう、日本酒も揃っています、

では、飲んだことがないと思われる「千の福」600円也にします、

“千福”とは違うんですね、



広島は呉のお酒だそうです、へ~、エエじゃないですか、

009kai

それに純米大吟醸です、

さすがにすっきりしていますが、旨味もちゃんとあります

料理は「たこ天」450円也、

010kai

こちらもちゃんと美味しい料理です、

酒も料理も安定している感じですね

なかなかエエ店です、流行っているのも頷けます

さて、ワタシはこれでお勘定です、

2000円也ほどだったかな?外税かもですね、

Kクンとも挨拶をして失礼します、また会いましょね



心斎橋近くの立ち飲み「奢酌楽」、
 

場所柄、おしゃれな造りの立ち飲みですが、料理もお酒もしっかりしています、

会社の近くにあったら愛用すると思います、エエんじゃないでしょうか、

おおきに!ごちそうさん!また来ますね

さて、帰り掛けにもう一軒、

こちらもつい先日発見、探訪した「もりた屋酒店」、街の角打ちです、

017kai



「燗酒」と、

014

「チーズ」でトラの試合をTV観戦、

楽天相手の交流戦、リードしてますやん、

「するめ」も追加して粘ります、

016

トラの勝利を確認してみなさんお勘定です、ワタシもお勘定520円也、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね



では、ぼちぼち帰りましょか、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました、~今日のお店:相合橋の「正宗屋」、変わらないのが魅力の店です。

『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました、

プロ野球選手って、なんであんなに珍しい名前が多いんでしょうか?理由があるのか?



今日のお店:相合橋の「正宗屋」、変わらないのが魅力の店です。、、、

記事はこちらから ⇒




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

西九条の2軒目はトンネル横丁の「せぞん」へ、リーズナブル、こちらも料理が美味しいです。

【2017年6月15日(木)】

大阪 西九条 「せぞん」

今日は人間ドック明け、

ランチから映画、そして西九条の「大黒」で一杯飲んだ後です

もう一軒行きましょう

すぐ近く、JR大阪環状線の高架下に“トンネル横丁”があります、

049kai
036kai

渋い酒場が並んでいますが、

このところ店が入れ替わったり、なくなったりでちょっと元気がない感じかな

でも、この横丁はなくならないでしょう、

はい、なんかそんな感じがしています

その“トンネル横丁”の南側入り口にあるのが「せぞん」、

037kai

友達からよく評判は聞いていたのですが、なぜか未だ未探訪です、

今日は入ってみしょう

間口が広い細長い店、

途中に柱もありますが、17~8人は座れそうな逆Lカウンターがず~っと続いています、

向かって右側には先客がいらっしゃたので、左側の方から入ります、

カウンターの中には調理上着のマスター(な感じ)とお母さん、

ほう、なんか外観のイメージが違いますね、

そういうと表の看板には“居酒屋グルメ”とあります、

なにやら料理が美味しい予感

「麦水」300円也と、

039

「もろきゅう」250円也にします、

041



お!もろきゅうの“もろみ”が美味しい!

なんというか、味噌に近い感じ

“もろみ味噌”というのがあるようですが、これはそうなんかな?

とにかく美味しいです、

さすが調理上着を着た貼るだけのことはあります(なんのこっちゃ)、

先客は常連さん、マスターとあれこれやり取りしながら楽しんだはります、

後からのお客さんも常連さん、

手慣れた感じで注文、やはりエエ店は皆さんよく御存じです、

壁の短冊メニューを見ると、とにかく料理が安いですね、

焼き物や揚げ物が280円也から、一番高いメニューでも400円也ほどです、

それできっと美味しいのでしょうから、ここらが人気の核心なんでしょうね

「麦水」をお代わりして、

ちょっと肉が食べたくなったので肉メニューを探して、、、

「豚みそステーキ」400円也にします、

あら!?一品目も“味噌系”で今回も味噌焼きですか、味噌好き?

いや、偶然です、というか気が付いてない(酔っぱらいか!?)、

047kai

う~ん、期待通りのボリュームです、

そして美味しいです、こりゃ人気しますね

これでお勘定にしています、明朗会計、



大阪西九条の高架下、“トンネル横丁”の「せぞん」、

ここもまた料理が美味しい、リーズナブルです、

マスターもなんかエエ感じ、人柄がお店の雰囲気を作っています、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

久しぶりに西九条の「大黒」へ、、相変わらず美味しい魚料理と日本酒をいただきました。

【2017年6月15日(木)】

大阪 西九条 「大黒」

今日は年に一度の人間ドック、午前中に終了であります

で、ランチは西中島南方のイタリアン「チェーロ」、

「ローメンレタスとツナのアンチョビバターソース」、美味しい

014
015kai
016kai

サラダとデザート(“ドルチェ”やて!!)付きで1100円也は満足度高し

人気の店のようで待ちの列が出来ていました、



で、梅田に戻って映画「光」を観て、、、

時間は16時過ぎ、ほな飲みに行きましょか

さて、どこがイイかな~、梅田でもエエけども、どっか他はどうだ?

福島はこの前行ったしな、天満か?

で、思い付きました

西九条の「大黒」にしましょう、このところしばらく行ってません、

美味い魚料理がいただけます、日本酒も揃ってます、

そしてたしか16時開店のはず、

こちらも人気店、結構混んでますがこの時間なら大丈夫でしょう、

JR大阪環状線で「西九条」駅までものの6分ほど、

駅を降りて阪神なんば線の高架を潜るとすぐに「大黒」があります、

021kai

大阪に5~6店舗ある「大黒」、

チェーン店ではないような感じですが、どの店も間違いなく美味しい魚が食せます、

時間は16時半過ぎ、さすがにまだ空いています、

どうも、いつものように指で一人客であることを示しながら入店です

カウンターにどうぞ、入ったところのカウンターに着きます、

15人くらい座れそうなカウンターとテーブル席が3つか4つほど、

真ん中のテーブルには予約席の札が立っています、

とりあえずの「生ビール」にします、

それと「じゃこおろし」250円也、

024kai

ボリューム満点、値打ちあります、

刺身は「活けたこぶつ」450円也にします、

“活けたこ”好き、あればたいがい注文します、

025

うん!大振りで茹で加減もヨロシイ、美味しいです

ビールはすぐに飲み干して、早速日本酒にしましょう、

029kai

(これで片面、両面メニューがあります)

地酒が20種類ほど揃っています、今日はこれにしました、

027_2

「一白水成」特別純米610円也、

米の旨みがしっかり味わえる好きなタイプの酒です、

028

升にたっぷり、八勺くらいはある?いや一合かな? 

これでゆっくりと飲みすすめます、

ぼちぼちと来店、予約のお客さんも入ってきて店が暖まって来ます、

もう一品、揚げ物かな、、、え~っと、名物のこれにしましょう、

「いわしの梅肉揚げ」390円也、

033

う~ん、これも美味しい!手作り感満載、アツアツ、

もちろん梅肉がアクセントなんですが、鰯が主張しています、

いやいや、さすがでございます

薬味にきめの細かい塩がついています、この塩も美味しいです、

これでお勘定にしました、2000円ちょっとだったかな?失念、

西九条の「大黒」、普通の酒場ですが、やはり料理のクオリティは高いですね、

で、リーズナブルな料金ですから人気するのも頷けます、

日本酒の揃えも分かりやすく、価格も良心的です、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »