« 東京酒場探訪2017⑥、いよいよ最終日、生憎の雨、それでも蕎麦、屋外ライブ、立ち飲み「エマノン」、あ、サイゼリヤも^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」更新しました~今日の店:阿部野橋の「巴うどん」、ビリヤード場で一献です、 »

2017年7月 5日 (水)

名古屋までライブ遠征、開演前にちょっと一杯は名駅の「立呑ばっかす」、綺麗なお店でした。

【2017年3月31日(金)】

名古屋 名駅 立呑「ばっかす」

今日は名古屋までライブ参戦ですnote

小さな(といっても100人くらい入ってた)ライブハウスで泉谷しげるのステージがありますshine

東京まで行くのに比べると、時間も費用も随分と助かりますwink

予定では朝から名古屋へ向かう予定でしたが、

仕事が入り、やきもきしながら対応coldsweats01

なんとか仕事を済ませて新幹線に飛び乗りますbullettrain

名古屋到着が17時頃、

ライブ開始まで少し時間があるので、

気になっていた立ち飲みをシバいていくことにしますhappy01

お目当ての店は名古屋駅からすぐのはずです、

ビルの地下にあるようです、うん、あのビルねflair



と、なんとなく分かったつもりになって、揚々と歩きます、

でも、生憎の雨だったので地下街から行くことにします、店も地下だからね、

が、、、やはり地下街は難しいsweat02

大阪の地下街なら隅々まで知り尽くしていますが、

名古屋駅前の地下街はやはり
難しかった、

なんとなくこっちかな?と歩いてみたのですが、どうも間違ったようですsweat01

なんとか軌道修正しながら、
ちょっと迷いながら、

なんとかお目当てのビル名案内表示板を発見good

『センチュリー豊田ビル』、ここ、ここ、ここですね、ヨカッタhappy01

地下街からビルの地下へと入って行くと、

はい、ありました、「立呑ばっかす」、

ほ~、綺麗な店ですね、ま、ビルも立派だしね、新しいビルなのかな?

時間は17時過ぎ、もう開店しています、

外から見ると大きめのコの字カウンターが見えます、

すでに先客がおられるようです、

013kai
014kai

表にはこんなディスプレイが並んでいました、(ありゃ、外観全体の写真無しsweat02)

日本酒の揃えの良さもウリのようですね、

ではでは、入りましょうdash

どうも~、

フロアの女性が数人、カウンターの中にもお二人、

奥には板場がおられるようです、充実のシフトですね、

それもそのはず、カウンターの脇にはテーブル席があり、

右手奥には座敷席が拡がっています、大きな店なんですね、

どこへでも、という感じなので、

入ったところ大きめのコの字カウンターの真ん中に陣取ります、

え~っと、生は回避して「ハイボール」390円也にします、

そして、最初のオーダー定番の「マカロニサラダ」280円也、

これで一段落ですhappy01

017



メニュー多いですね、

立ち飲みと云うより居酒屋さんの中の立ち呑みコーナーという感じです、

ぼつぼつとお客さん入店、

でも基本テーブル席、座敷席ご希望のお客さん、

立ち呑み客は少ないです、

でも、流行っていますね、

なにやら店員さんの話を聴くともなく聴いていると、

どうやら今日の座敷は予約でほとんど埋まっており、もうすぐ座敷は満席になるようです、

流行っていますね、ま、金曜日の夜ですからねshine

さて、ハイボールを2杯飲みました、

せっかくですから、ここは日本酒を飲んで行きましょう、

メニューでじっくりと吟味、ここは飲んだことのない銘柄にしました、

「仙禽」、

021

始めただと思います、栃木の蔵だったかな、“せんきん”と読むようです、

しかし、この“きん”、“金”ではなく“禽”=猛禽類の禽ですね、

なんか凄い名前やなあ、

日本酒の名前としては結構チャレンジャーな感じがしますよねhappy01

と、調べてみたら、、、由緒ある名前でした、

HPから引用です、

仙禽(せんきん)は、江戸時代後期の文化三年(1806年)に栃木県さくら市に創業した蔵元です。

仙禽(せんきん)とは、

仙人に仕える鳥「鶴」を表し、この蔵の名前として代々、受け継がれてきました。

商品ラベルに書かれた「仙禽」の文字は、よく見ると鶴が羽を広げている様に見えます(「仙」の字の右側、「禽」の字の上側)。

なるほど!鶴のイメージなんですねflair

なんか“禽”の字から違うイメージが膨らみました、

たしかにこうして理解してから見ると、、、鶴に見えますわwink

肝心の味は、、、

比較的スッキリで旨味もあるタイプですね、はい、美味しいですheart02

料理をもう一品、せっかく名古屋に来たのでこんなメニューをお願いしました、

「味噌串カツ」3本で480円也、

018

これはこれで美味しいんだな、

名古屋に来たら味噌系の味付けが好きになりますheart02

立ち飲みで、大鍋の味噌煮込みに串カツを浸して食べるスタイルが好きなんですが、

さすがにここは上品な店なので、そういうなんはなしhappy01

さて、これでお勘定です、2180円也、

名古屋駅近く、『センチュリー豊田ビル』地下の「立呑ばっかす」、

まだ新しいのかな?改装したのかな?

綺麗なお店、立ち飲みカウンターもありますが、テーブル席座敷席がメインな感じ、

日本酒も揃っています、名古屋駅周辺でちょっと一杯、という時に使えますね、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

|

« 東京酒場探訪2017⑥、いよいよ最終日、生憎の雨、それでも蕎麦、屋外ライブ、立ち飲み「エマノン」、あ、サイゼリヤも^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」更新しました~今日の店:阿部野橋の「巴うどん」、ビリヤード場で一献です、 »

名古屋岐阜」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1144211/70818208

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋までライブ遠征、開演前にちょっと一杯は名駅の「立呑ばっかす」、綺麗なお店でした。:

« 東京酒場探訪2017⑥、いよいよ最終日、生憎の雨、それでも蕎麦、屋外ライブ、立ち飲み「エマノン」、あ、サイゼリヤも^^) | トップページ | 「テリー・イシダの独酌酔言」更新しました~今日の店:阿部野橋の「巴うどん」、ビリヤード場で一献です、 »