« 京都駅近くの路地裏に潜む名店!?迫力のある刺身が楽しめました、「きさいち」で一献。 | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました~今日のお店:京都高倉錦上ルの「松川酒店」。 »

2016年11月21日 (月)

なになに?“天空の立ち吞み”ってなんですか?行ってみれば分かります、京都タワー傍の「とさか」へ。

【2016年9月28日(木)】

京都 京都駅前 「とさか」

京都駅前から少し歩いて「きさいち」で飲んだ後です

「きさいち」では日本酒常温を2杯飲んで結構酔っぱらっています、

が、もう一軒行ってみましょう

お目当て2軒目は立ち飲みの「とさか」、京都タワーのすぐ西側にあるようです、

この辺かな~、と歩いていると看板が目につきました、

016kai

ショルダーコピーが面白い、『天空の立ち呑み』

ひょえ~、なんか凄いですなあ、天空の立ち飲みって、、、ワタシ、高いところ怖いのですが、、、

どうやらビルの3Fにある立ち飲みのようです、なるほど、それで“天空”ですか

たしかに3Fにある立ち飲みは珍しいかも、、、ワタシの記憶でも浮かんできません、

立ち飲みというとだいたい1Fにあります、

B1Fにある店も何軒か、2Fも何軒か思い浮かびますが、、、3Fは、、、たしかにないかも、、、

3Fの立ち飲みがないということは、それだけ商売が難しいという事でしょうね、

わざわざ3Fまで上って立って飲む客、いますか?ってことですよね

「天空の立ち飲み」は、そういう店の弱点を逆手に取ったポジショニング、逆転の発想

なかなか巧みであります
 

では、ワタシもわざわざ3Fまで上ることにします、

階段?はないようです(あるんでしょうが気付きませんでした)、

エレベーターで上がるようです、

3Fでエレベーターのドアが開くと、、、そのまま、ほぼ店内でした、

洒落た雰囲気の立ち飲み、です、

立ち飲みでなくても良い雰囲気ですが、あくまで立ち呑みにこだわったようです、

キッチンを取り巻くL字カウンターと立ち飲みテーブル、

いつものように指で一人客であることを示してカウンターに着きます、

飲み物は「黒霧島」350円也の水割り、

021

肴は、、、メニューにいろんな料理があるので、迷った末に「ぜいたくなカニクリームコロッケ」400円也、

019

盛り付けも小洒落た感じで出てきます、

時間は20時30分頃、普通の立ち飲みならピークを過ぎている時間ですが、

こちらは大いに盛り上がっています、

サラリーマンのグループで大賑わい、一人飲みは少ないです、

立ち飲みと云うスタイルの洋風居酒屋な感じですな、内装も小洒落てます。

3Fからは夜景が見えた(かな?)、

さだかではありまあせんが、たしかに“天空の立ち呑み”感はありました

「黒霧」お代わりして、もう一品、

なんか燻製も力入っているようだったので「うずら玉子の燻製」300円也にします、

023kai

これでお勘定にしました、たしか明朗会計、

京都タワーのすぐ近く、天空の立ち呑み「とさか」、

立ち飲みですがビルの3Fです、ひょいと入る、という訳にはいきません、

一人飲みを楽しむより、数人でさくっと飲みたい時に便利な店かもしれません、

おおきに、ごちそうさん!また来ますね、

|

« 京都駅近くの路地裏に潜む名店!?迫力のある刺身が楽しめました、「きさいち」で一献。 | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました~今日のお店:京都高倉錦上ルの「松川酒店」。 »

京都駅周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なになに?“天空の立ち吞み”ってなんですか?行ってみれば分かります、京都タワー傍の「とさか」へ。:

« 京都駅近くの路地裏に潜む名店!?迫力のある刺身が楽しめました、「きさいち」で一献。 | トップページ | 『テリー・イシダの独酌酔言』更新しました~今日のお店:京都高倉錦上ルの「松川酒店」。 »