« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

さて、岐阜最大のお目当ての店は「水谷本店」です、名古屋スタイルの焼き鳥と煮込みの店、好きです♡

【2016年7月16日(土)】

岐阜 長住町 「水谷本店」

久しぶりの岐阜、「仙波」で蕎麦とビールを楽しんだ後ですhappy01

帰りもバスで岐阜駅前まで戻ります、

JR「岐阜」駅行きのバスですが、一つ手前の名鉄「岐阜」駅辺りの停留所で降りますgood

この辺りが岐阜駅前の盛り場のようです、

岐阜2軒目のお目当ては「水谷本店」shine

岐阜の酒場といえばここ!という酒場のようですが、前回岐阜訪問時は情報を掴むことが出来ず、未訪問です、

今日はやっとイケますね~heart02

時間は13時10分ほど前、

土曜日の「水谷本店」は13時開店ですから、ちょうど良いんじゃないですか、

この通りを進めば右手にあるはずですよ、、、

うん?あれかな?、、、

なんか、賑わっていますがshine、、、

たしかにここですね、「水谷本店」、

014kai

13時開店です、、、が、、、もう、表まで溢れて飲んだはります~happy02

もう満員ですheart03

あちゃ、こりゃ甘かったかsweat01

「宇ち多”」とかと同じパターンですね、もう開店時間前から並ぶから開けちゃいます!!のパターンですね、

そうか~、ちょっと怯みますが、ここは突入しかないでしょうhappy01

店は女性ばかり3人で仕切っておられるようです、

表の方の配膳を担当されている方に一人であることを告げます、

一人です、

はい、
すいません、ちょっと待ってください、

はい、待ちますhappy01

ということでしばし待ちますが、早くも一巡目の方がお勘定のようです(いったい、何時から開店してるんだろうcoldsweats01)、

おもての二人席と中の島テーブルに一席、同時に空きました、

お母さんから、どっちが良い?と訊かれます、

ワタシの後はご夫婦らしき2人組、

ではワタシは中に入りましょう、せっかくですから中の方がいいよねwink

中は島テーブルが一つ、そこに10人くらい座ったはります、

テーブルには「土手煮込み鍋」と「おでん鍋」がビルトインされてます、

023
022

なるほどflair、これは中が正解ですね、

え~っと、どうしたらエエのかな?

まずはお酒、はい、では日本酒を、普通のやつを常温で下さい、はい、

それと、、、初めてなので、はい、、、お姉さんに正直に申告します、

と、隣りの常連さんがいろいろと教えてくださいましたlovely

まずは焼き物ですね、

「ぼんじり」はこの段階ですでに売り切れ!(どんだけ早い)、

では「レバー」、「心臓」、「とん焼き」をください、

「とん焼き」というのは豚のホルモン系のようです、

中を仕切るお母さんから、、、焼けるまで「土手煮」はどう?とのお奨め、

はい!いただきます!ということでこれ、

016

大阪とか東京で「土手煮」と聞くと器に入った煮込みを連想しますが、

名古屋ではあくまで”串”です、串ホルモンですね、(門前仲町の「大坂屋」な感じです)

これが「ホルモン鍋」に入っています、

勘定は串の数のようなので、手が届くなら自分で勝手に鍋から引き抜いてもOKみたいですhappy01

どこから来たの?常連さんに訊かれます、

はあ、神戸の方から、

観光で?

いや、恥ずかしながら、この店に来るためにcoldsweats01、、、

あ、そう、最近はね多いよ、”食べログ”とかね、

ああ、いうのを見て来ました、

あちこちから来るよ、店も流行れば良いしねwink

なら、これも食べた方がいいよ、

と勧められたのが「串カツ」、はい、それもいただきたいと思ってましたheart02

目の前の冷蔵ショーケースには串のネタが並んでいます、

その上には串カツ、なんば、椎茸、ししとう、などの具材が乗っていました、
 

もう残り3本くらいしかない「串カツ」、食べたいと思ってました、

それをね、10分くらい煮込みの方の鍋に浸すそうですshine

宣言すれば自分で勝手にして大丈夫です、

10分も浸すんですね、

うん、中まで味が沁みた方が美味しいのよ、と、常連さん、

なるほどflair

ちなみに「おでん鍋」の方の出汁は透き通っています、

ほう、おでんはあっさり味なのかな?

と、あれこれやりとりしている間に、焼き物が焼き上がり!です、

まずは「レバー」、

017

たれ、大きい、旨しheart01

そして「心臓」とともに??が来る、

018

これは、「ねぎま」ですよね、お母さん、これ頼んでないけどsweat02、、、

え?だれ?分からないの、、、

焼き方のお姉さんも大量の注文を捌くのに必死ですhappy01

結局よく分からないので、、、では、いただきますhappy02

うお!「ねぎま」塩味で美味しいっすheart02

あとは!「とん焼き」、

019_2

「とん焼き」も美味しい!heart02

さすが、このへんの基本形がしっかり美味しいんですね、人気の源泉、

さきほど味噌鍋に投入した「串カツ」が完成、もうイイですかlovely

020

なるほどflair、厚めの皮に鍋の味噌味が染み込んでます、美味しいhappy01

タレ味、塩味、味噌味、このコンビネーションで楽しむのが岐阜の焼鳥?ですね、

美味しかった「ねぎま」をもう一本頼んでますshine

024

さて、表はもちろんお待ちの方で一杯です、

日本酒を2杯飲んでお勘定にしました、

え!?これで1300円くらいでした、安!!happy02

串の値段、忘れましたが、とりあえず高いはずはないです、

岐阜駅前の「水谷本店」、エエ店でした、

串焼きも土手煮も美味しい、そしてなにより店の雰囲気が好きheart02、お店の方も常連さんも優しいです、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました:今日のお店:阪神「御影」駅近くの「ライオン堂」。

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、

008kai

そろそろ、エスカレーターの片側を開ける習慣、失くしてもええんとちゃいますかね~今日のお店:阪神「御影」駅近くの「ライオン堂」。

記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

2回目の岐阜探訪、お目当ては2店、まずは蕎麦の「仙波」で“鴨せいろ”をいただきます。

【2016年7月16日(土)】

岐阜 岐阜 蕎麦「仙波」

久しぶりに2回目の岐阜探訪ですshine

前回は名古屋へ行く道すがら、という感じで、

しっかり下調べもせずに岐阜に降り立ったので、大事な店を見落としていましたheart03

ので、今回はしっかり情報収集しての岐阜入りですhappy01

神戸方面から在来線を乗り継いて2時間半くらい、11時過ぎ頃に「岐阜」駅着、

001

信長公にご挨拶wink

で、駅前のバスターミナルで行先を確認、

うん、このバスで近くまで行けるね、

ほどなく来たバスに乗り込みます、

バスは北上、大きな川(たぶん長良川)を越えた辺りで運転手さんに経路を確認、

ここで曲がるんですね、

はい、

では、ワタシはここら辺りで降ります、ありがとうございますwink

まず、最初のお目当ては蕎麦の「仙波」、

念のため、ちょっと手前の停留所で降りました、テクテク、

次のバス停留所が一番近かったみたいですが、それでも概ねOK、少し歩くだけで無事到着です、

003kai

予想通りの店構えです、

時間は12時頃、幸い並びの列はないようです、ではでは入りましょうdash

民家のような引き戸を引くと広い玄関で出迎えてもらいます、

お一人?

一人です、

では、こちらのカウンターでお願いします、とのこと、

右手の部屋に入ります、なるほど、短いカウンターとテーブルは一つ(確か)、

反対側の方がテーブル席の広いスペースがあるようで、3人連れのグループはそちらに案内されています、

ふ~、では蕎麦をいただきましょう、 

「ざる蕎麦」が1枚950円也、2枚で1650円也、とちょっと高め、

2枚目までデフォルト表示ということは量も少ないのかもしれない予感、

迷いました、ここは基本形で「ざる蕎麦」を2枚戴くのが良いのか?

それとも、好きなメニュー「鴨せいろ」にすべきか?happy01

「鴨せいろ」は1枚1600円也、2枚で2200円也とこれも値が張ります、

迷った末に“鴨”の誘惑に負けました、

「鴨せいろ」1枚と瓶ビールにします、やっぱりこれだよね、てなオーダー満足感ありhappy02

日本酒も何種類かありましたが、ここはビールで行きます、

ビールは「EBISU」の中瓶、嫌いではありません、

008

これで渇いたのどを潤してゆっくりと蕎麦を待ちます、

存外に早く「鴨せいろ」到着、

009kai

うん、美味しそうですheart02

蕎麦は繊細、細い短いな感じ、美味しいですshine

が、ややモサモサ系、個人的にはもう少し喉越しが欲しいところですが、

まったく問題ございません、美味しい蕎麦です、

ボリュームも極端に少なくはなかったです、

そして、鴨の身が厚い!こりゃ嬉しい、

010

「つくね」も入っていて食べ応えがあります、

この頃に団体さんの入店がありました、

カウンターから玄関は見えないので、やり取りの声だけ聞いていると、、、

どうやら6人客みたいですが、同一テーブルでは座れないようです、

いや、空いていないという事ではなく、店の方針として5人以上の団体さんはお断りしているみたい、

入店拒否ではなく、テーブル2つに分かれて欲しい、とお願いされています、

静かに蕎麦を味わって欲しい、という事のようです、

で、どんなお客さんか分かりませんが、、、帰られましたsign03

え~!!??な感じsweat01

こんな蕎麦屋で6人一緒に座らなくてもイイじゃん、と思ってやり取りを聞いていたので、ちょっとビックリ、

ここはわざわざ来ないといけないような立地です、

車で来る人も多いような場所です、そこまで来て、1テーブルではないから帰るって、、、

まあいいや、人の事ですhappy01

はい、美味しくいただきました、

で、メニューをもう一度しげしげと眺めると、、、

あら、蕎麦が2種類あったようで、

ざるの2枚目は“太打ち蕎麦”にも出来たようです、

あ~、そういうことで2枚目表示があったのか!?

と、ここでちょっとオーダー失敗の念が沸々とsweat02、、、ちっちゃいおっさんですcoldsweats02

はい、これでお勘定、明朗会計、税別です、

岐阜の蕎麦「仙波」、美味しい蕎麦でした、少々値が張りますが仕方ない、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

では、次のお目当て目指して、またバスに揺られて岐阜駅前に戻りますbus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

2度目の春日出探訪、大通り沿いにある立派な酒販店「とみなが」の立ち飲みに入ってみます。

【2016年7月14日(木)】

大阪 春日出 角打ち「とみなが」

2回目の春日出探訪に出発ですhappy01

どこ?春日出って?ですよね、

ワタシも先日初探訪するまでは知りませんでしたsweat02

大阪市此花区、USJがあるのが此花区happy01

此花区はあまり電車が走っていません、

かろうじて阪神電車なんば線の「千鳥橋」、「伝法」両駅が此花区じゃないかな?

春日出はその「千鳥橋」駅から徒歩で10分弱くらい、

西の方向の梅香交差点を越えると春日出のようです、

前回は四貫島から北側の「伝法」駅からぐるっと回り込んで春日出探訪、

「小林商店」他、計4軒の立ち飲みを発見しました、

そのうちの1軒が今日のお目当て、角打ちの「とみなが」ですshine

北港通りというのかな?、

大きな通りの梅香交差点を過ぎて少し行った左手にあります、

 

この日は「大阪」駅前のバス停からバスに乗って、

のんびりと春日出を目指します、そんなに遠くないはずですが、、、

やはり30分以上かかりましたねcoldsweats01



はい、「とみなが」、

015kai

立派な酒店ですねshine

左が酒販店、右のこの暖簾が立ち飲みコーナーの入り口です、

003_2

ではでは入りましょうdash

末枯れた立ち飲みです、くたびれた感がありますが、

004

よく見ると立派な一枚板のカウンターhappy01

今はこんな立派ンカウンター、高いですよ~、

中にはお母さん、

他にもお父さんらしき方もいらっしゃいますが、家族経営ではないのかも、な印象、

先客お一人、折しも大相撲夏場所で盛り上がっています、

とりあえずの焼酎にしますが、、、

005kai

焼酎のメニューが豊富です、値段もいろいろ、

ここは定番酒と思われる「ごりょんさん」の芋280円也にします、

甕のサーバーから注がれました、

で、肴はカウンター上に並んでた小皿から「めざし」にします、

と、お母さん『何匹しましょ?』、

え!?めざし、“匹売り”ですかsign03、こりゃビックリポンですhappy02

ちょっと頭がクラクラしましたが、なんとか『3匹』と応えましたhappy01

009_2

10数人の逆Lテーブル、奥にはテーブルスペースがあるような感じですが詳細不明、

立ち飲みテーブルもありますが、いろんなものが置いてあるので、稼働率は低いのでしょう、

TVの大相撲、盛り上っています、面白いですよね、

今場所も稀勢の里の綱取りが掛かっています、

先客のお父さんの薀蓄を聞きながら焼酎のお代わりです、

料理はカウンター上のショーケースに入ってた「厚揚げ」にします、

012

少し焼いて、こんな薬味で出てきました、案外ボリュームありshine

床は打ちっぱなしの好きな感じ、

008

カウンターショーケースの上に、こんな「サバ缶」がありました、

013_2

洒落たデザイン、レモンバジル、へ~、こりゃ美味しそうやね、

そして「サヴァ缶」の文字、

うんうん、意図は十分に伝わってますよ~good

今日は時間がないので、これでお勘定にしました、1060円也、案外高いですな、

近くの「小林商店」立呑み処もそうでしたが、そんなに安くない、

この辺りは競合関係も手薄で、独自の立ち飲み商圏を形成しているようです、

「めざし」は1匹@50円也かな?

「厚揚げ」は350円也?ま、ええか、

春日出の角打ち「とみなが」、地域密着、独立商圏確保のお店です、

サクッと飲んで帰るのが良いみたい、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、終りました~リオ・オリンピック、凄い逆転の連続、勝負のアヤが目立ちました~今日のお店:天満の大箱、スクエアで男前な立ち飲み「奥田酒店」。

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、

036



終りました~リオ・オリンピック、凄い逆転の連続、勝負のアヤが目立ちました~今日のお店:天満の大箱、スクエアで男前な立ち飲み「奥田酒店」。

記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

北新地に良い日本酒Barがあるらしいです、行ってみましょう、「山吹」、フライングは「スリール」で^^)

【2016年7月13日(水)】

大阪 北新地 「スリール」~「山吹」

北新地に「山吹」という店があるらしいですshine

北新地なのでちょっと上等みたいですが、日本酒が楽しめる店みたいです、

今度、4人で飲みに行くことにしたのですが、

今日はちょっと下見で一人で探訪しますwink

時間は17時過ぎ、あら、「山吹」は18時開店のはずです、

こりゃ、どっかで時間を潰さんとあきませんなwink

駅ビルの立ち飲み群(もはや“群”としか云いようがないhappy02)や、

桜橋の「ほんだ」も浮かびますが、ここがイイかな、、、

 

北新地、アバンザの西側にある「スリール」、

北新地の中にあってリーズナブルな貴重な立ち飲み、可愛いお嬢さんがいらっしゃるのも嬉しいhappy01

もう開いているみたいなので入ります、

一番客です、それになにやら“お祭り”な雰囲気も、、、

あら?な感じでカウンターに着きます、

とりあえずの「ハイボール」にしましょう、

ここの「ハイボール」はサーバーからの生ハイボールなのですが、炭酸が強くて好みです、とっても美味しいですheart02

と、頼むと、

あの~、今日は開店10周年で、生ビール1杯サービスしているのですが、

あ、それでこの“お祭り”な雰囲気なんですねflair

では、お言葉に甘えて、まずは「生ビール」いただきます(甘え上手happy02)、

肴はいろいろあります、

レギュラーメニューは一品300円也、二品で500円也、壁のメニューを見ながら頼もうとしたのですが、

これまた、、、

時間が早いので、今はカウンターの大皿料理から選んでほしいとのこと、

そうそう、まだカウンターの中にはお一人しかいらっしゃいませんからね、
 

では、これとこれね、

023

お二人来店、周年記念のお祝いを一言、みなさんご存じなんです、

スタッフももう二人出て来られました、

周年記念の祝儀だけ持って来られる方もいらっしゃいます、さすがsign01

ワタシは美味しい「ハイボール」を注文して、お勘定です、1000円也、

北新地の立ち飲み「スリール」、貴重です、

お嬢様たちも感じヨロシイ、北新地でのフライングで重宝しています、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、ではそろそろ時間です、「山吹」へ行きましょうdash

この「山吹」、分かりにくいですcoldsweats01

新地本通りの「かに道楽」の横を入る路地『蜆楽通り』(けんらくとおり)のクランク部分の2階にあります、

新地本通りから入ると突き当り正面にある狭い階段が店に続きます、

看板もありません(小さいのがあるらしいですが気付きませんでしたsweat02)、

1階がチューハイ専門店「蜆楽檸檬」です(ここも入ってみたいな)、この上が「山吹」です、

ではでは、階段を登りましょう、

ここでも一番客です、エエ雰囲気の店内、

028

長い一枚板のカウンター、10数席、右手に個室があるみたいです、

つうか個室あります、先日も来店して店内の様子をみてから予約しましたhappy01

ということで、どうも~な感じでカウンターに着きます、

さっそく日本酒から始めます、

手元メニューから選んだのは「酉与右衛門」(よえもん)、

024_2

スッキリ美味しい系ですheart02

前にどこかで飲みましたね、う~ん、思い出せない、

この字、難しい、「酉与」って字、ないんですよね、ワードでは出てこない、

HPでも“酉”と“与”の字を合わせて使っておられます、なんか面白いhappy01

突出しが出ました、

025

今日は下見なので、まだお客さんが入っていない個室をちらっと見せていただきます、

なるほど~、これは使えますね、OK~good

料理も揃ってます、

聞くとここで作っでいるのではなく1階の近くの店がグループのようで、そこから取り寄せているようです、

では、好物の「鶏のきも刺身」にします、

026

もちろん、美味しかったですshine

日本酒をもう一杯、「花垣」にします、

032

おお、主張がありますね、辛い旨いタイプです、

こういう主張の強い日本酒が好きですheart02

そろそろと入店があります、こういう雰囲気ですから一人客は少ないですね、

親しい人とゆっくりと飲むのが似合うでしょう、

では、ワタシはこれでお勘定です、3200円也、

やはり北新地、ちょっと張りますね、

北新地の「山吹」、エエ雰囲気の日本酒Barです、料理も美味しいと思います、

ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました~今日のお店:京町堀の「日本酒のめるとこ肥後橋店」。

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、



終りました~リオ・オリンピック、メダリストを支える多くの人がいたんだろうな~今日のお店:京町堀の「日本酒のめるとこ肥後橋店」

記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

今日は角打ち梯子です、今宮の「よしのや酒店」~大国町の「堀谷酒店」へ、よく飲みました。

【2016年7月6日(水)】

大阪 今宮「よしのや酒店」~大国町「堀谷酒店」

今日は角打ち梯子ですhappy01

1軒目はJR大阪環状線「今宮」駅からが近い「よしのや酒店」shine

ここら辺りも何回か歩いていますが、ここは気がつきませんでしたsweat02

情報をもらって店で待ち合わせとなりました、

JR大阪環状線「今宮」駅、

環状線内回りの奈良や和歌山へ行く快速電車が止まらない駅なので、結構不便です、

各駅停車の“環状線”電車は15分に一本しかありませんheart03



でもJR「難波」駅への分岐駅でもあるので、駅は3層構造、

大阪駅から環状線内回りで行くと3Fのホームに着きます、2Fのホームを経由して地上階の改札を出ます、

ちょっと方向感覚が取りにくいですが、

概ね北方向へ伸びる道を歩き、大きな道へ突き当たります、

で、右へ曲がるとすぐにありました、「よしのや酒店」、

003

エエ感じですね、

時間は15時30分頃、もう開いてますね、ではでは入りましょうdash

如何にも角打ちなレイアウト、

短いカウンターにビールケースの立ち飲みテーブル、

回りにはリーチインなどの什器が並びます、

先客なし、カウンターに着きます、

カウンターの中にはお姉さんが3人ほど、珍しいですね、女性ばかりの角打ちです、

奥は広く、調理スペースになっているようです、

では、まずは「麦水」300円也、

肴に、カウンター上に並んでいた「かぼちゃの炊いたん」をもらいます、

005

これでしばらく連れ待ちです、

お客さんが入店、と思いきや、お酒のセールマンさんでしたhappy01

店主らしきお姉さんと日本酒の仕入れについて打合せ、

ほう、そこのリーチインに日本酒が置いてあるんだ、

なるほど、酔鯨、呉春、他にもありました、

商談がまとまったようで、何本か新しい瓶もいれることになったようですshine

御免ね~、要らん話聞かせて、

いえいえ、大丈夫です、ワタシも日本酒飲みたくなりましたわ、wink

え~っと、その緑の方の「酔鯨」をいただきます、

009

純米ですな、うん、きりっと美味しい酒です、

010

200mlのコップ一杯で、皿にも溢してもらいます、おおきに~lovely

うちの常連さんはこれでも少ない、もっと入れてって云うんよ、

まあ、日本酒は採算度外視、儲けなしですから、とのこと、、、

たしかに「酔鯨」コップ一杯いくらか忘れましたが、もちろん高くないです、

200ml以上入れてたら儲からんでしょうね、

この辺りで連れ到着、一通り料理を頼んでます、

「刺身盛合せ」、

011

刺身が一品400円也~ですが、

盛り合わせも出来るという事なので、よこわ、天然はまち、活はもとなりました、

「串カツ」は“豚とたまねぎ”150円也、“ウインナとししとう”100円也の2種類がありましたので一本づつ、

013

「肉たまねぎ煮」300円也、

014

そして、気になる「オムレツ」350円也も注文、

015

具だくさんで青海苔も掛かって出てきましたhappy02、美味しい美味しいshine

「酔鯨」をお代わりしてしまい、結構酔いました、

お姉さんと少し話をすると、、、

なんと大国町交差点近くの「堀谷酒店」さんとは親戚筋になるそうです、
 

へ~、そうですか、それは奇遇な、このあと行くつもりですわ、

これでお勘定です、二人で3500円也ほどかな?忘れましたheart03

今宮というか、大国町という方が分かりやすいかな、「よしのや酒店」さん、

肴、料理も多く、良心的な価格、エエ感じで飲めますやん、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04



 

では、もう一軒、予定通り大国町の「堀谷酒店」へ寄って帰りましょうheart02

大きな通りを歩いて数分で到着です、

016

立派な店構え、角打ちは右側の入り口から入ります、

久しぶりです、2年振りくらいかな?、大将も奥さんもお元気で何よりです、

また、焼酎に戻って、

「ポテサラ」とか、

018

「竹輪きゅうり」とかをアテに、、、

024

恒例、大将の手品を見せてもらいましたhappy02

そう、ここの大将、手品好きなんです、来たらいつも見せてもらいますshine

連れは初めてなので、一通りご披露いただきました、

それを見ながらゆっくり飲みます、

あ、こんな新ネタ?もありました、お茶目な大将happy02

021kai



はい、今日はこれくらいで帰りましょ、

大国町の「堀谷酒店」、おおきに!手品楽しかったです、

ごちそうさん!また来ますね!heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

天満橋の2店初探訪、「たけやま」から「活力屋」へ、そして老舗酒場後継問題を考える^^)

【2016年7月5日(火)】

大阪 天満橋 「たけやま」~「活力屋」

今日は久しぶりに天満橋、2店とも初探訪ですshine

1軒目は「たけやま」さん、

入店したことなかったんですね、あるのは知っていたのですが、、、

ここですな、なんか記憶と違う、、、

005_2

ワタシの記憶違いか、、、佇まいからして移転とかでもないようです、

聞くと元は“角打ち”らしいですが、外観では確認できませんでした、

それに、“閉店”との噂もありました、

たしかに“食べログ”でも掲載保留扱いになっているページもあります、

でも、こちらに関しては先日の「Meets」(355)で“世代交代”として紹介されているのを発見flair

何と常連さんが後を継いで、新生「たけやま」として再開店しているとのことshine

素晴らしいgood

ということで今日は初探訪です、ではでは、入りましょうdash

ちわ、10人ほどのL字カウンター、

うん?奥にテーブルスペースもあるのかな?

先客が3人さん、

初めてなので少し緊張しながら、入ったところのL字底辺角に着きます、

カウンターの中には女将、

なるほどflair、この方が店を引き継いでいただいた方ですね、ありがとうございます、心の中で礼!happy01

とりあえず飲み物は、、、

表の看板で見つけた「ホッピー」にします、(キンミヤ)の注釈がそそります、

白か?黒?がありますが、

白でお願いします、

と、答えたのですが、ワタシの滑舌が悪かったようで「黒」が来ましたhappy02

どちらも飲むのでOKです!

肴は「泉州水茄子」350円也、

006



しかし、閉店の憂き目の角打ちの後を継ぐとは、殊勝な方です、再度 礼!



このところ、良き老舗酒場の閉店が気になります、

とくに良き老舗酒場が多い東京で、この5年くらいで何店かが姿を消しました、

門前仲町の「浅七」、西巣鴨の「高木」、本所の「牧野」、大森の「蔦八」などなど、

「高木」は初探訪時に臨時休業の貼り紙に愕然とし、再訪時は長期休業にheart03

そして、そのまま閉店へと繋がってしまっただけに、本当に残念でしたsweat02

他の店も何回か探訪していただけに無念bearing

大概の店はある程度流行っていたと思うのですが、

課題はやはり後継者問題ですかねcoldsweats02

戦後から脈々と続いてきた酒場の系譜も、

70年の時間経過の中で、そろそろと年齢的問題のピークを迎えているようです、

それなりに流行っているんだから、

閉店せずに誰か後継者がいても良いと思うのですが、そう簡単にはいかないんでしょうねcatface

今、大阪や京都でも古民家を再生したいろんな店が若い人の手によって作られてます、

酒場もそんな復活すべきジャンルとして注目してほしいなあshine

老舗酒場の若者後継策、

ワタシが当選した暁にはこの政策を推進して参りますsign01(なんのこっちゃcoldsweats01)、

その点、ここの女将の例は先達としておおいに評価されるべきですね、

三度 礼!happy02

あ、そうそう、大森の「蔦八」はこんな形で再開店したそうです、

ヨカッタですね~、

そんなことを考えながら、、、「ホッピー」なくなったな、中をお代わりします、

そして、料理は「豚しゃぶサラダ」380円也だったかな、

010_2

ふふ、手作り、ボリューミー、これでないといけませんwink

結構混み合ってきました、

カウンターに8人立っていますが、、、なんと、6人がどうやら会社の同僚sign02

いや、バラバラと入って来られたのです、

バラバラと3グループくらいに分かれて立っておられます、お一人で飲んでおられる方も、、、

でも、話の流れからすると同じ会社みたいですhappy01、憩いの場ですな、

日本酒も貰いました、

メニューで見ると「貴仙寿」の本醸造300円也と純米吟醸450円也があります、

015kai

ここは奮発して純米吟醸にしますhappy02(それでも安いって)

こんなチロリで出てきました、しっかり1合ありそうですね、

014_2

これでお勘定です、1730円也、

天満橋の「たけやま」、

閉店の危機を救った女将さん、立派ですgood、ありがとうございますheart02

雰囲気もエエし、料理もイケると思います、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

さて、近くでもう一杯飲んでいます、「活力屋」さん、

016

こちらも気になりながらの初探訪です、

「ハイボール」280円也はブラックニッカ、

017

「ジムビーム」も280円也、「竹鶴」は・・・不明happy01

カウンター上にあった大皿をみて、それ下さい、ししとうかな、

018_2

ここ、噂通り安いですね、結構結構、

7~8人のカウンター、壁側にもカウンターと立ち飲みテーブルもあり、

床はフローリング、好きです、

021_2

メニューで「いとうの煮浸し」ってのが気になりました、

023_2

“いとう”って?魚の?それの煮浸しってsign02



あんまり気になるのでカウンターの中の大将に訊きました、

「いとうの煮浸し」ってどんなんですか?

????大将も困惑、、、いとう??

あ~、これは「ししとうの煮浸し」ですわ、お客さんが今食べたはるのがそれです、

わ~、なんと!!“しし”を“い”と読み違えましたsweat01

そうですよね、「ししとうの煮浸し」200円也ですよね、それに今食べてるし、恥ずかし~、

いや、久しぶりに顔から火が出ましたcoldsweats02

「ハイボール」をお代わりして、

もう一品は「さんまの竜田揚げ」280円也、

024_2

食べ応えあり、美味しいですheart02

はい、これでお勘定は1140円也、

天満橋の「活力屋」、噂通り安いですね、で料理も楽しめそうですshine

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



(おまけ)

この頃の手料理は「蛸ご飯」、作ってみました、

031
005kai

関西では『半夏生』で蛸を食べる風習があるそうです、知りませんでしたhappy01

京都ではないかも、

明石かな?蛸となれば、兵庫県の風習でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、蝉の亡骸がアスファルトの上にあるのが目立つ、土にも帰れないんだなあ~今日のお店:台東区日本堤「大林酒場」、未来永劫残って欲しい酒場です。


蝉の亡骸がアスファルトの上にあるのが目立つ、土にも帰れないんだなあ~今日のお店:台東区日本堤「大林酒場」、未来永劫残って欲しい酒場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

この辺りは久しぶり、淡路町の「膠」から瓦町の「鶴亀」でサクッと呑みましょう。

happy01【2016年6月28日(火)】

大阪 淀屋橋 「膠(にかわ)」~「鶴亀」

本町で仕事終わり、

どこで飲もうかな~、京町堀の「のめとこ」もあるけど、、、今日の気分はもうちょい軽め、

日本酒よりとりあえずのハイボールかなhappy01

ぶらっと御堂筋を越えて北へ向かうと、

お、「鶴亀」がありましたshine

ここ、いつできたっけ?2年ほど前かな?

最近は時の経つのが早いからよく分かりませんわcoldsweats01

でも、一度入ろうと思っていたんだよね、ちょうどイイや、入る?

ほ~、なにやら、一杯ですな、人気してる、

詰めれば一人くらい何とかなりそうだけど、初めての店だし、ちょっと憚られるな、

と、いつもの気の弱さが出て、ここはスルーしますhappy01

ここら辺りだと「膠」、「赫漣勃勃」、それに「かこも」も近いかな、

そのまま北へテクテクいくと、、、すぐに「膠」がありました、

ビルの通路をちょいと入って「膠」を覗くと、ここも流行ってますが、一人なら入れそうですね、

017kai

ではでは、まずはここから始めましょかwink

「膠」、3度ほど来てますね、鶏が美味しいイメージ、それに日本酒もある、

店の雰囲気も良い、そりゃ流行るよね、

10数人の変形のL字カウンターと奥にテーブル席が一つ、

入ったところのカウンターに着いて、とりあえずの「ハイボール」380円也、

008kai

それと肴は「五目おから」280円也、

010

これで一息つきます、

焼き鳥がメイン、お兄さんがせっせっと焼いたはります、

ちょいと時間が掛かるかもしれないので焼き鳥も注文しときましょ、

「せぎも」、「ぼんじり」と「ねぎま」各150円也を1本づつheart02

もう一人来店があり、詰合せます、これで結構一杯です、

奥のお客さんは日本酒をガンガン飲んだはります、

そろそろワタシも日本酒にしましょうか、

壁のメニューを見て「菊鷹」にします、初めてかな?

013_2

と、ラベルを見て思い出しました、これは飲んだことあるよね、

どこだっけ?え~っと、

こういう場合、思い出せない場合が多いのですが、

たまに店のイメージ也、その場の空気感とか雰囲気と、酒のラベルなり出席者の顔とかが同時に浮かんでくる場合があります、

今回はそうでしたflair

これ、たしか2016年の9月に札幌の二条市場の近くの飲み屋街の2階の店で飲んだことありますね、

はは、この時はすっとその風景が浮かびあがって来ました、

どっしりと辛いタイプですね、

そして、焼き鳥も来ました、

え~っと「せぎも」と「ねぎま」、

011

これが「ぼんじり」かな?

012_2

うん、丁寧に焼いてくれたはりますheart01

はい、これでお勘定です、1490円也、

淀屋橋と本町の間、淡路町の「膠」、活気があってエエ店です、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

さて、さっきの「鶴亀」をもう一度覗いてみます、

024kai

ふふ、さっきよりは空いていますね、ではでは、入りましょうdash

こちらもL字カウンターですね、やはり10数人ほど、縦棒付け根辺りに着きます、

カウンターの中には和服の女将、へ~、こういう感じなんだhappy01 

カウンターの上には大皿の美味しそうな料理が並んでいます、

料理のネーミングがヨロシイな、

では、まず「芋水」350円也かな?種類がいろいろあるらしいです、

それと「三つ葉入り出し巻き」350円也、

018

ふわふわ、三つ葉入り、と一手間かけているところがよろしいなあ~shine

この建物、再生かな?天井が吹き抜けです、元は蔵か?

いや、にしては間口が狭い、新しく建てたのかな?(不明)

「芋水」をお代わりして、もう一品は「鶏ひき肉のあげ巻煮」350円也、

名前からして美味しそうです、“あげ”は“揚げもん”かな~、

と、思ってましたが、来てみたら、、、“あげ”は“お揚げさん”でした~、

023

なるほど、手の込んだ料理ですね、女将の手作りでしょうか?

たぶん、そうですよね(未確認です)

そして美味しいheart02、料理と女将、これは相当強力なアイテムですね、

これでお勘定は1480円也、

大阪は本町近く、瓦町にある「鶴亀」、料理がイケます、女将もいます、

さくっと飲むのにエエですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、車椅子マークのエレベーターボタンはむやみに押さないで!~今日のお店:京都蛸薬師堀川東入ルの「〆屋」、おばんざいが美味しいお店です。

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、

009

車椅子マークのエレベーターボタンはむやみに押さないで!~今日のお店:京都蛸薬師堀川東入ルの「〆屋」、おばんざいが美味しいお店です。

記事はこちらから⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

森ノ宮でちょい飲み、そして、久しぶりに萱島の「日本酒のめるとこ」、そして「木村酒類販売」での呑みイベントに参戦です。

【2016年6月23日(木)】

大阪 森ノ宮「岡室酒店」~萱嶋「日本酒飲めるとこ」~「木村酒類販売」

ちょいと検査しなくてはいけなくなりましたsweat01



で、大阪森ノ宮の“大阪府立成人病センター”へ、

初診です、でも、紹介状は持っています、、、でも、、、上手くいかずsweat02、、、、

地域連携医療のはずだったんですが、どうもちゃんとしたルートで申込できてなく、

でも、事務員の方から親切に説明はしていただき、

紹介状を書いてくれた人間ドック施設と再度連絡、確認、

で、あらためて翌週月曜日に予約が取れましたhappy01

ふ~、疲れた、ほな、今日はこれで帰ります~、



しゃあないな~、ほな、ちょっと岡室で飲んでいきましょかbeer(おいおいcoldsweats01)、

別に酒は止められてへんしhappy02

時間は早いですが、もう開いてるし、

JR大阪環状線「森ノ宮」駅、東側すぐにある「岡室酒店」、

013

聞くと、名前から想像できるように京橋に2軒ある“岡室”とも関係があるそうです(未確認)、

タイル張りの床が素敵な角打ち、

012



カウンターに着いて「瓶ビール」小瓶250円也をいただきます、

暑いですからね、もう、

そして、カウンターのショーケース上に並んでいる小皿から「げそと小芋煮」250円也、

004

すでに数組が一杯やったはります、うんうん、これがささやかな幸せですね、

ビールをさっと飲み干して、「芋焼酎」はこんなカップ製品になります、
 
005



それと、これまた目の前の大きな金皿に盛ってあった天ぷらから、

008

「玉ねぎ」と、、、「げそ」、2つで180円也、

009

またゲソかいな!!happy01

これでお勘定にしました、880円也、明朗会計、

森ノ宮の「岡室酒店」、毎度おおきにです、また来ますねheart04

さて、では京橋で京阪電車に乗り換えて「萱嶋」へ向かいますdash

今日は、萱嶋と大和田の間くらいにある「木村酒類販売」で酒飲みイベントがありますshine

普段は酒販店の「木村酒類販売」のようですが、月に一度くらいの割合で角打ちみたいになるみたいです、

後輩に教えていただいたので、今日はちょっと顔を出してみます、

で、せっかくその辺りへ行くなら、ここは覗いて行ったほうがエエでしょうheart01

萱嶋のガード下にある「日本酒のめるとこ」、

014

日本酒立ち飲みブームの立役者のうちの1軒、「日本酒のめるとこの」の本店ですねwink

時間は17時30分頃、もう開いていますね、ほな入りましょうdash

カウンターと立ち飲みテーブル、

奥の立ち飲みテーブルではすでにグループ飲みが盛り上がってます、

ええですなあ、ささやかな幸せshine

では、早速日本酒に行きましょう、

まずは「作Z」450円也にします、三重の酒ですね、

019kai

カウンターの中には若いお兄さん、ちょいと話します、

結局“伊勢志摩サミット”の日本酒は「作」になったんですかね?

どうも、そうみたいですが詳しくは分かりません、晩餐会の乾杯は「作」の相当良い酒が出た見たいです、

ほう、そらそうやね、

なんで「作」、人気して今はちょっと入り辛いです、

なるほどね~、

肴は「野菜スティック」300円也、なんか野菜を欲しました、

020

2杯目はどうしましょ、飲んだことないのがエエですね~、

これ?熊本の酒、ほう、エエですね、え?「46903」??

021

これで“しろくまさん”と読ませるみたいですhappy02

熊本産の食米『森のくまさん』を使って、白麹で仕込むという、

よく分かりませんが(酒の醸造行程には詳しくないですsweat02)、なにやらこだわりの酒のようです、

もちろん、飲んだことないです、ほな、これにしましょか、

「46903」450円也、

ほう、コクあり、癖あり、ちびちび飲む酒ですな、

肴は「なめろう」、、、鮪の「なめろう」だっけ?忘れた、

022

これで、「46903」をちびちびといただいてお勘定にしました、

大阪萱嶋の「日本酒飲めるとこ」、真面目な店ですね、好きです、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

さてこの後は「木村酒類販売」へ、歩いて5分と掛かりませんでした、

大きな酒販店、奥が深いレイアウト、あちこちに座る場所がセティングされ、

032

参加費、、、いくらだっけ?、、、写真で確認happy01、1000円で飲み放題、

肴・料理は実費で買う、くじ引きとかもあったような、

大学の後輩とか、今度、仕事で四国へ行く後輩とか、ライブでお目に掛かった方々とか、

ま、とりあえず、飲めや唄えの大騒ぎ(慣用句です、唄ってませんhappy02)で、2時間ほどがあっという間でしたわ、

024

楽しい飲み会でした、また機会があったら寄せてもらいまひょ、

028

ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

京橋の日本酒立ち飲み「だくと」へ、2回目の探訪、やはりエエ店ですわ^^)

【2016年6月22日(水)】

大阪 京橋 「だくと」

今日は2度目の探訪、京橋の日本酒立ち飲み「だくと」です、

前回、飲み友に教えてもらいました、好感heart02

エエ店です、今日は早めから行ってしっかり呑む構えですhappy01

場所は少々不便です、

JR「京橋」駅の南改札?かな?

讀賣テレビへ行く側の改札を出て、寝屋川沿いに少し西へ行ったところにあります、



この辺り、普通ではなかなか来ないところです、

でも、こういう場所でも繁盛している、というのがエエ店の証ですよねshine

時間は17時過ぎ、

はは、一番客です、気恥ずかしいhappy01、でも、入ります、ちわ、

いらっしゃいの声に迎えられてカウンター中央に着きます、

長いカウンターと壁際の立ち飲みテーブル、入口付近にもテーブル、新しい店なので綺麗です、

え~っと、さっそく日本酒に行くつもりですが、、、

お兄さんからお奨めメニューのプッシュがあります、「三酒三菜」880円也、

日本酒三種の飲み比べと、おばんざいが3品というセットメニューです、

なるほど、うん、とりあえずこれにしましょうwink

今日の「三酒」は大阪の酒ということで、

茨木の「mishima Omachi83」(これは酒米の種類らしいです、大阪にも独特の酒米があるんですな)、

交野の「片野桜」(これは好きな酒です)、

池田の「呉春」(云わずと知れた有名酒、侮れませんwink)、

こんな感じ、

014



「Mishima Omachi83」はスッキリ系だったかな?

「片野桜」は良いお酒、

「呉春」は普通酒ですが、こうして飲むと実力が否応なしに分かりますwink

「三菜」はこんな感じ、

015

手前から「ふくさ焼き」、「ささみ・茗荷の酢の物」と「ぜんまい辛子煮」かな、

これでしばし、ちびちびとやります、

一人二人と入店、でも、ピークはまだまだ、お兄さんと話します、

前に来た時のことを憶えていただいていました、

はい、2回目です、

前回は3軒目でしたのでcoldsweats01、今日は頭からしっかり呑む覚悟です、はいhappy02

「徳田酒店」さんの系列ですね、最近の展開スピードは凄いです、

本店はやはり京橋ですよね、あの京阪電車の北側の、もう4年ほどですか?

あの店、改装したのかと思ってましたが、どうやら新店オープンらしいです、へ~そうなんですな、

今は駅前ビル他にどんどん進出しています、

あ、この「だくと」の隣りにもありますもんねflair、やりますね~good

でも、ここ「だくと」がイイですよね、日本酒美味しいしheart02

そろそろと混んで来ました、ワタシもピッチを上げて行きましょう、

まずは京都城陽の「徳次郎」を飲んだみたいです、基本60mlでいってます、

018

肴は「つぶ貝」380円也、

024

刺身も美味しいです、

次は前回訪問時に一番美味しいと感じた「三日踊」、

奈良は大和郡山の蔵のようです、

023

うん、旨味があって飲み口も良い、個性的なお酒です、

今、奈良、三重、滋賀の日本酒は面白いですねshine

もう一杯、「田人人(たびと)」、これは秋田ですか、

028

個性的な酒が好き、とかいう話をしていたのかな?

出していただいたのは20BY、つまり平成20年に作られた日本酒です、

ほとんど古酒ですね、旨い酒ですが拈(ひね)ています、こういう酒の楽しみ方もあるんです、好きheart02

この日本酒に対抗する肴は「マンボウの腸炙り」380円也、

個性には個性をぶつける、か?happy01

031

初めて食べました、サクサクとした食感、牛のミノの後輩のような感じですね、

これも美味しいshine

さて、時間は18時を回りました、

この頃になると一気にお客さん流入、あっという間に満員になりました、

では、一番客からお勘定にしましょう、2500円くらいかな?忘れましたcoldsweats01

大阪京橋の日本酒立ち飲み「だくと」、エエ店です、

日本酒揃ってますし、お兄さんも気さくで嬉し、良い店を教えてもらいました、リピート確実です、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

テリー・イシダの『独酌酔言』更新しました~寿司の主流は“サビ抜き”なんか!?これでエエのか、ほんまに!~今日の店:大阪京橋立ち飲み「キムラヤ」。

テリー・イシダの『独酌酔言』更新しました、

 

030

寿司の主流は“サビ抜き”なんか!?これでエエのか、ほんまに!~今日の店:大阪京橋立ち飲み「キムラヤ」。


記事はこちらから ⇒



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

遠方より来客有り、ならば大阪のエエ店紹介いたしましょう、「もんぞう」~「アニマアニムス」~「七福神」~「稲田酒店」。

【2016年6月15日(水)~16日(木)】

大阪 なんば「もんぞう」~「アニマアニムス」、天満「七福神」~「稲田酒店」

前日の火曜日に東京から帰ってきましたshine

そして、水曜日には東京から来客、2日間スタジオでの編集作業です、

せっかくですから両日とも大阪の立ち飲み他を巡ることにしましたhappy01

スタジオが天満だったのでちょっと考えましたが、

15日(水)は3人でうらなんばへ出撃dash



まずはこのところの最大評価の立ち飲み「もんぞう」を目指しましたheart02

混んでる時間でしたがちょうど4人テーブルが空いていました、ラッキー、

ビールで乾杯して、いろいろ頼んでいます、

144

「イカのぬた」かな?

143

「れんこんの・・・」???

145



刺身は大きい方の???を3切れづつにしてもらいました、

146

立ち飲みでこのクオリティは堪まりませんね、

これはなんだっけ?わかる人、教えてくださいhappy02

147

「鮹柔らか煮」、

148

そして、これが美味しかった、「白子醤油焼き」shine

149

「出汁巻き」葱入り、

150

日本酒を二杯飲んだのですが、1杯目は忘れました、

2杯目は「遊穂」みたいですwink

151

これでお勘定でした、3人で7000円くらいかな?

安いし美味しい、東京の客人にも喜んでいただけたようです、

大阪の立ち飲み面目躍如ですhappy01

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

この後、もう一軒立ち飲みへ行きたいところでしたが、時間がないので割愛、

大阪らしいところということで「美園」見学へwink

2Fのバー「アニマアニムス」へ、

152

これは、、、「鯖缶のアヒージョみたいなん」みたいなメニュー、

さあ、明日もありますのでこの辺でお開きですhappy01



翌日は2人で天満です、

まずは「七福神」で串カツ、はは、やはり分かりやすい、大阪なら串カツhappy02

005

久しぶりに食しましたが、やはりここの串カツ、ネタがいっぱいあって楽しい、

アスパラとかエビが美味しかったですheart02

「どて焼き」も食べてます、

002



そして、やはりここでしょう、

015kai

「稲田酒店」へ、
日本酒ですlovely

ワタシは「セミ」sign02

010

と、「都美人」、

014

客人は「酔鯨」、

011

「原田」、

013



肴はこれ、「島らっきょう」?でしたっけ、

012

ここも気に入ってもらえたのではないかなhappy01

2日間で大阪堪能、なかなか難しい選択でしたが、如何だったでしょうか?

また、呑みましょうねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

テリー・イシダの『独酌酔言』更新しました、大阪福島おでん「花くじら」。

テリー・イシダの『独酌酔言』更新しました、

015

大阪の人もちゃんと並ぶようになりましたが、、、3列は無理やな~
今日のお店:大阪福島おでん「花くじら」。

記事はこちらから ⇒



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

寄り合いのあとの一人飲みは中津の「大西酒店」へ。

【2016年6月18日(土)】

大阪 中津 「大西酒店」

今日は夕方からちょっとしたパーティがありました、

会場は梅田DDハウス、懐かしい、20年ぶりくらいできましたhappy01

1989年頃までは、すぐ近くの“北阪急ビル”にオフィスがあり、

帰りがけに2FのBar「Andre」でよく飲んでました(懐かしhappy01)shine

「Andre」は、当時としては本格的な感じのBarでしたが、

リーズナブルで薄給の若造にはありがたい店でした、

その後、お初天神通り裏にも店が出来、そちらもよく行きましたねwink

あの時代は好んでバーボンを飲んだものです、



閑話休題、



さて、パーティを抜けた後です、

どうしますか?ちょっと飲み足らない感じですね、

ここからだと、、、「大西酒店」ですかねheart02

ちょっとご無沙汰していますので、ちょうどエエです、行ってみましょうwink

004

混んでる時間帯ですが、一人なのでおでん鍋の前のカウンターが空いていましたshine

お酒にします、まずは「五橋」、

あ、瓶の写真忘れたsweat01、バランスの良いお酒です、わりと好き、

肴は「じゃこ」に葱たっぷり、

005

大将がいらっしゃらないな~、と思っていたら来られましたhappy01、配達?

グループ飲みから一人飲み、女性陣まで、

みなさん、日本酒の飲みっぷりがいいですな、

美味しい酒がリーズナブルな価格でいただけますlovely

2杯目は「義左衛門」、

009

三重青山の酒でしたっけ、ラベルが洒落ていますねwink

暑い日ですが、目の前のおでんにはあらがえません、

好物の「厚揚げ」、旨しheart01

010



迷いながら3杯目も行ってます、

お隣のお客さんが頼まれたラベルを見てジャケ買いです、
 

「真澄MIYASAKA7」、

014

9とか6とか、なんか数字ものは美味しく感じてしまうのですhappy02

このラベルもデザイン全体で“7”担っているとのこと、

なるほどflair、はじめは気づかなかったわhappy01

クイズでも、こういう全体像を把握して、解決していく図形問題に結構弱いワタシです~sweat02

で、やはり美味しかった、「真澄」にしてはスッキリした感じshine

おでんもう一品、これも好物の「餅巾着」、

013

これでお勘定です、1600円ほどだったかな?

ふ~、気持ちよく美味しい日本酒がいただけましたheart02

大阪中津の「大西酒店」、

安定感抜群の角打ちです、こういう店がちゃんと残ってくれているのが嬉しいです、

大阪は老舗酒場の数が少ない分、こういう角打ちがその穴を埋めているような感じです、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

(おまけ)

この日のランチは、、、「玉子とじきざみうどん」sign03

019

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

9か月振りの東京、最後の1軒は新橋の「野崎酒店」、日本酒大好きな感じありありでした。

【2016年6月14日(火)】

東京 新橋 「野崎酒店」

9か月ぶりの東京、2日目の最後の店は新橋でもう一軒ですshine

「かねまさ」で軽く飲んだ後です、

ではもう一軒、すぐ近くにある「野崎酒店」へ行ってみましょうwink

昨晩、ホテルの近くで偶然見つけた五反田「野崎屋」と同じ系列のお店みたいです、

五反田「野崎屋」では美味しい酒と、銅に錫メッキした酒器を教えてもらい好感heart02

今日の新橋「野崎酒店」も期待していますよ、

お、ここですね、外観もなんとなく「野崎屋」と同じテイストです、

129kai

安心、安心、ではでは入りましょうdash

左にカウンター8~9席と、右はテーブル席になっています、

一人なんですが、、、予約?していませんが、、、

フロアはお兄さんが二人で担当、

が、なにやら、いきなり剣呑な雰囲気で相談されていますsweat01(ワタシの勘違いか?coldsweats01)、

あは、なんか予約なしだとハードル高い感じですsweat02

でも、とりあえず入店許可が出ました(ほ!happy01)、

カウンターの真ん中辺りに着きます、

カウンターに一人客がお二人、テーブル席は2人席2つは埋まっています、

あとは入口近くの3人テーブルのみ、

さっそく日本酒へ参りましょう、

カウンター上にはこんなメニューが並んでいます、

Kai

なんか高いお酒ばっかりにちょっとビビりますが、

手元には他の日本酒のメニューもありました(ほhappy01)、

で、その中から「白瀑」純米360円也にします、

昨日、五反田でここの蔵の定番酒「大漁ラベル」を飲んだご縁で今日も行ってみます、

お兄さんが注ぎながら酒の説明をしてくれます、

強面な感じですが、ここら辺はさすがにしっかりしてます、

130

“瓶詰後の火入れ”とのこと、

う~ん、日本酒の製造工程をもっと勉強しないといけないな~sweat01

分かりましぇんcoldsweats01

最近はテクニカルな製造方法名称がいっぱいあって、

なにがなんだかよく分かってないワタシです、不勉強、飲むだけな人happy02

で、飲むと、、、お、好きな酒ですheart02

個性と主張があります、辛い?発泡もあって嬉しい、

お酒の具合は良さそうですね、グラスは七合、値付けも良心的な感じです、

お通しが出ます、「温泉玉子」、

131



料理も一品頼みましょう、

メニューで魅かれた「上レバー刺身」680円也にします、もちろん鶏ですな、

カウンターの中には板さんが3人、料理も期待させます、、、

が、、、

会話を聞いていると、なんと外国の方でしたcoldsweats01、たぶん、、、

これにはビックリ、白い調理服を着ていらっしゃったので、てっきり日本人だと思い込んでました、

注文への返事とか、気合の声出しも様になっています、

なんか凄いなあ、外国人パワー、

で、もちろん料理も全く問題なし、

和メニューというか酒場の料理がちゃんと出てきます、さすが、

はい、「上レバー刺身」、

132

好物ですshine

たれはたしか醤油、胡麻油、もう一つから選べましたが、もちろん胡麻油+塩でいただきます、

美味しいheart02、イケます、

日本酒をもう一杯、「水尾」にします、長野の辛口だそうです、

133

うん、すっきりと美味しいhappy01

最近はこういう酒も好きになって来ました、

暑い時期は確かにこういう酒もエエかもしれません、

さっきと違う方のフロアのお兄さんが説明してくれます、

やはり詳しいですね、日本酒がほんとに好きな感じですgood

何組は来店あります、予約の方は入口横の階段へ、、、2階があるのかな?

と思っていたのですが、、、

帰りがけに見たら地下への階段でしたflair

地下フロアで予約受けたはるんですね、

で、予約のない方は、、、やはり入店できないみたいですねsweat02

現状、1階はまだまだカウンターに余裕がありますが、

ここも予約で埋まるのかしら、

かたや、常連さんにはとってもフレンドリーな対応です、んな感じです、

ま、ワタシはこれでお勘定です、2000円くらいだったかな?忘れましたsweat02

新橋の「野崎酒店」、ちょっととっつきにくい感じがあります、五反田とは違う雰囲気、

でも、さすがに日本酒大好きな感じはありありと、、、

日本酒目当てで来てください!ということかな、
 

ごちそうさん!また来ますねheart04

新橋駅前ビルの「丹波屋」で蕎麦を手繰って、新幹線に乗ることにします、

138

9か月ぶりの東京、やはり楽しいな~shine

次回は10月の予定です、それまでしばしの別れじゃ~wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、大阪九条の「白雪温酒場」。

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、

022kai


人は横に並んだらあきません、とくに3人横並びは日本国中、どこでもあきません~今日のお店:大阪九条の「白雪温酒場」。

記事はこちらから ⇒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

9か月ぶりの東京2日目、今宵は新橋です、まずは立ち飲みの「かねまさ」でホッピーをグビっと^^)

【2016年6月14日(火)】

東京 新橋 「かねまさ」

9か月ぶりの東京2日目、今日も飲むぞ~happy01

午前中に人と会い、

もう一件、急な依頼で元会社へ行って要望通達、無事完了good

ランチは元会社の同期と虎ノ門で蕎麦、

東京の蕎麦探訪の記事はこちら、

で、午後からの予定がキャンセルになったので、、、暇ですwink

そこで、昨晩、五反田の「野崎屋」で見かけた酒器を求めて浅草合羽橋商店街へ、

066_2

こちらでもなんなく酒器発見flair、ラッキーでした、10分でミッション完了、、、

暇ですhappy02

ので、浅草をブラブラ、

ホッピー通りで飲む?

うむ、、、まだ早いか?いや、みなさんもう飲んだはりませすよ~、

103kai

エエ人と油断ならぬ人が心の中でせめぎ合いthink、、、

結果、自重happy02

昼も蕎麦でしたが、ここはもう一度蕎麦でも手繰ろうと蕎麦屋探訪、

こことか、

104

ここ、

108



で、最後はここに決まりました、洋食「アルプス」の並びになる「翁そば」、

111kai

ここも風情のある蕎麦屋です、

110

蕎麦もなんか、ゴロッとしながら美味しいheart02



で、時間を潰して、やっと新橋へ、

今宵は新橋の未訪問店へ行ってみます、

なんせ9か月ぶりの東京、

新橋で飲むのは1年振りくらいか?店も変ってますよね、

烏の森神社参道角にある「王将」、

117

時間が早いから開いてないのか?まだ、営業しているのかしら?

「くら島」、「大露路」の健在を確認、

ぶらぶら歩いていると、ここが開店前で凄い行列になってました

128

「魚金総本店」、(写真は帰り掛けなのでさすがにもう列は無し)

人気のようですね、

で、やっと今日の1軒目は立ち飲みの「かねまさ」、

知りません、いつ出来たのでしょうか?

121kia

17時開店、もう賑わってますね、ではでは入りましょうdash

L字カウンターと立ち飲みテーブルがいくつか、

入り口が2ヵ所でオープンな感じ、表にも立ち飲みテーブルがありますね、

中のカウンターに案内されて、まずは飲み物、

東京に来たならやはり「ホッピー」かな、



「ホッピー」下さい、

白か黒は?

白でお願いします、

122

はい、氷たっぷりの2杯飲めるタイプ、うん、ワタシはこれの方が好きです、

ストローが付いてましたが、これは吸うのではなくマドラー代わりwink

肴はっと、、、ここは王道で「刺身三点盛り」580円也にしましょう、

内容は、、、あ、単品メニューから選べるんですか?

値段に関係なく、どれでも良い、

ほ~、これは親切なメニューですね、

ではでは、「真蛸」、「平目」(これ高い)と、

好物系の「かんぱち」(「はまち」がなかった、東京は「はまち」少ないです)にします、

最近の大阪の立ち呑み、料理の進化もすさまじく、

相当高いレベルの刺身も安価で出てきますからね、

ちょっと、大阪の立ち飲みと比べてみたかった、というのもあります、

はい、「刺身三点盛り」、

123

うん、まあまあなボリューム、で、美味しいですよ、真蛸もイケますshine



裏なんばの「もんぞう」辺りと比較するのは、、、ちょっと酷ですね、

新橋でこのクオリティは十分満足でした、

「ホッピー」中をお替りして、これでお勘定です、1100円也、

新橋の「かねまさ」、イイですね、

カジュアルな立ち飲み感覚、ちょっと関西風かも、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、もう一軒、行ってみましょかhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました!言葉ってどんどん変わって行くもんなんですな~、まあ、全然OK!^^)

146

言葉ってどんどん変わって行くもんなんですな~、まあ、全然OK!^^)
~今日のお店:なんば「もんぞう」。
http://blog.goo.ne.jp/stacybruce/e/01b01f41c55c08ad2b4efd7a378cebde

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

9カ月ぶりの東京、渋谷のあとは五反田の「野崎屋」へ、偶然見つけたのですが、楽しめました♪

【2016年6月13日(月)】

東京 五反田 「野崎屋」

9か月ぶりの東京、楽しいです~happy01

渋谷で「なぎ」、「SAKESTAND」と立ち飲み日本酒系の店を2軒行った後です、 

この日のホテルは五反田、とりあえず五反田まで戻って、

寝る前にもう一杯、「蔵や」へでも行こうかと思っていたのですが、、、

夕方、先に定宿にチェックインだけしたのですが、

その時に目ざとく見つけましたshine

いつも歩く道の一本裏、

渋い“街の蕎麦屋”があるのでチェックしようと路地を歩いたのですが、その路地に気になる店がありました、

「野崎屋」、

014

なにやら日本酒押しの店のようです、 

013

そういうと新橋に「野崎酒店」というのがあるらしく、

明日、探訪してみようかと考えていました、

その「野崎酒店」となんか関係ありそうですなwink

 



ということで、渋谷から五反田まで戻ってきて、

「蔵や」から方針転換の「野崎屋」へ向かいました、



ビルの一階のテナント、表側には「庭つ鶏」とか、いろんな店があるビル、再開発だったのかな?

054

とんとんと階段を上がって入店です、 



比較的大き目の普通な感じの居酒屋です、

カウンター席に着きます、フロアは外国人のお嬢さん、若い大将と板さん、という感じの編成、



早速、日本酒を注文します、急いでメニューを検討、目に付いた「風の森」ALPHAにします、

先日、神戸住吉の「立ちとも」で飲みましたねwink

055

はい、美味しい酒です、酸味あり、好きな感じ、390円也90ml、 

そして、瓶開けたてでした、

味は保存方法でちゃんと管理できるとはいえ、やはり開けたては得した感じがあって好きですheart02



そして、この酒器がヨロシイ、

錫かな?いやちょっと違うね、あとで大将に訊いてみようshine



突出し、いや、東京では「お通し」かhappy01、が出ます、

056

もう少し頼みましょか、

なんかピンと来たので「湯葉巻きポテトサラダ」680円也、

これをお願いします、



これが、、、失敗、量が多かった!!sweat01

 

058

なんか違うイメージを勝手に形成していたのです、これはsweat02、、、凄い量です、

食べられるかな?coldsweats02



それに味付けが濃いです、いやたぶんワタシの問題、

東京から関西へ戻ってもう6年、関西の料理の味に慣れきってます、

9か月ぶりの東京の料理はたしかに全体に濃く感じられました、、、仕方ないcatface、、、

日本酒をもう一杯、飲んだことのない銘柄にしようと、

秋田の山本というのを所望しましたが、、、ちょうど切れたそうです、あちゃheart03



と、大将から推奨が、同じ「白瀑」の定番酒ならあるとのこと、

不勉強ですが、「白瀑」は知っています、

この「白瀑」を作っているのが『山本合名会社』という蔵でした、そこの「山本」という銘柄もあるようです、



で、大将の推奨は「大漁ラベル」、

065

スッキリしたエエお酒だそうです、ではではそれをいただきましょう、



お!発泡感も旨味もあり、エエ酒ですやんflair

 

ラベルの通り、漁師向け!の定番酒という事のようですが、

こんな旨い定番酒飲める漁師さんは幸せやな!大好感heart02

ここからいろいろと若い大将と日本酒談義、

詳しいですわ、さすがプロのお話でした、当たり前か?

いやいや、当たり前のことをちゃんとやっていただけるのが嬉しいですwink



そうそう、ここで使っている酒器、これもエエですなあheart01

でしょ、これ銅製で表面に錫メッキしてあるんです、

銅のメリット=保温、熱いも冷たいも温度変化が緩やか、なぜかまろやかになる?

それと、錫の口当たりの良さが日本酒に合うようです、



価格も@2000円くらいと手頃、割れたりしないので、日本酒売りの店の投資としては悪くない、、、

そんな話でした、

これね、浅草の合羽橋商店街で売ってるみたいですよ、とのこと、

そりゃいいわ、明日時間見つけて買いに行きますわdash



でも、店多いですからね、

先輩が買ってきたので、売っている店の名前分かったらお知らせしましょか?

お願いしますheart01

ということで電話番号を交換、ヨロシク~、

これでお勘定です、2000円弱だったかな?最後はワイワイ盛り上がったので忘れました、

五反田の「野崎屋」、日本酒を楽しめました、酒器の情報も嬉しかった、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04



(おまけ)

翌日、業務終了後、時間を見つけて合羽橋商店街へ勇躍到着、



あの酒器、見つかるかな~、大将からはまだ連絡ないし、

066

大通りの両側にずらりと並ぶ店、虱潰しに行くしかないか、、、

なんかのはずみで横断歩道を渡り、反対側の店から見て行くことにしました、

1軒目、酒器も扱ってますがなし、2軒目なし、、、3軒目もなしsweat02、、、

ま、時間はまだあります、

と、なんと4軒目でそのものズバリの酒器発見、購入しましたhappy01

091

2時間くらいはかかるかと覚悟していたのですが、

なんと10分でミッションクリアgood、あっけない、



大将にはメッセージで無事見つかった旨報告、めでたしめでたし、

*Amazonでも扱ってます、こちら、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »