« テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、終りました~リオ・オリンピック、凄い逆転の連続、勝負のアヤが目立ちました~今日のお店:天満の大箱、スクエアで男前な立ち飲み「奥田酒店」。 | トップページ | 2回目の岐阜探訪、お目当ては2店、まずは蕎麦の「仙波」で“鴨せいろ”をいただきます。 »

2016年8月26日 (金)

2度目の春日出探訪、大通り沿いにある立派な酒販店「とみなが」の立ち飲みに入ってみます。

【2016年7月14日(木)】

大阪 春日出 角打ち「とみなが」

2回目の春日出探訪に出発です

どこ?春日出って?ですよね、

ワタシも先日初探訪するまでは知りませんでした

大阪市此花区、USJがあるのが此花区

此花区はあまり電車が走っていません、

かろうじて阪神電車なんば線の「千鳥橋」、「伝法」両駅が此花区じゃないかな?

春日出はその「千鳥橋」駅から徒歩で10分弱くらい、

西の方向の梅香交差点を越えると春日出のようです、

前回は四貫島から北側の「伝法」駅からぐるっと回り込んで春日出探訪、

「小林商店」他、計4軒の立ち飲みを発見しました、

そのうちの1軒が今日のお目当て、角打ちの「とみなが」です

北港通りというのかな?、

大きな通りの梅香交差点を過ぎて少し行った左手にあります、

 

この日は「大阪」駅前のバス停からバスに乗って、

のんびりと春日出を目指します、そんなに遠くないはずですが、、、

やはり30分以上かかりましたね



はい、「とみなが」、

015kai

立派な酒店ですね

左が酒販店、右のこの暖簾が立ち飲みコーナーの入り口です、

003_2

ではでは入りましょう

末枯れた立ち飲みです、くたびれた感がありますが、

004

よく見ると立派な一枚板のカウンター

今はこんな立派ンカウンター、高いですよ~、

中にはお母さん、

他にもお父さんらしき方もいらっしゃいますが、家族経営ではないのかも、な印象、

先客お一人、折しも大相撲夏場所で盛り上がっています、

とりあえずの焼酎にしますが、、、

005kai

焼酎のメニューが豊富です、値段もいろいろ、

ここは定番酒と思われる「ごりょんさん」の芋280円也にします、

甕のサーバーから注がれました、

で、肴はカウンター上に並んでた小皿から「めざし」にします、

と、お母さん『何匹しましょ?』、

え!?めざし、“匹売り”ですか、こりゃビックリポンです

ちょっと頭がクラクラしましたが、なんとか『3匹』と応えました

009_2

10数人の逆Lテーブル、奥にはテーブルスペースがあるような感じですが詳細不明、

立ち飲みテーブルもありますが、いろんなものが置いてあるので、稼働率は低いのでしょう、

TVの大相撲、盛り上っています、面白いですよね、

今場所も稀勢の里の綱取りが掛かっています、

先客のお父さんの薀蓄を聞きながら焼酎のお代わりです、

料理はカウンター上のショーケースに入ってた「厚揚げ」にします、

012

少し焼いて、こんな薬味で出てきました、案外ボリュームあり

床は打ちっぱなしの好きな感じ、

008

カウンターショーケースの上に、こんな「サバ缶」がありました、

013_2

洒落たデザイン、レモンバジル、へ~、こりゃ美味しそうやね、

そして「サヴァ缶」の文字、

うんうん、意図は十分に伝わってますよ~

今日は時間がないので、これでお勘定にしました、1060円也、案外高いですな、

近くの「小林商店」立呑み処もそうでしたが、そんなに安くない、

この辺りは競合関係も手薄で、独自の立ち飲み商圏を形成しているようです、

「めざし」は1匹@50円也かな?

「厚揚げ」は350円也?ま、ええか、

春日出の角打ち「とみなが」、地域密着、独立商圏確保のお店です、

サクッと飲んで帰るのが良いみたい、

おおきに、ごちそうさん、また来ますね

|

« テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、終りました~リオ・オリンピック、凄い逆転の連続、勝負のアヤが目立ちました~今日のお店:天満の大箱、スクエアで男前な立ち飲み「奥田酒店」。 | トップページ | 2回目の岐阜探訪、お目当ては2店、まずは蕎麦の「仙波」で“鴨せいろ”をいただきます。 »

大阪西部(九条西九条梅香大阪港)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の春日出探訪、大通り沿いにある立派な酒販店「とみなが」の立ち飲みに入ってみます。:

« テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、終りました~リオ・オリンピック、凄い逆転の連続、勝負のアヤが目立ちました~今日のお店:天満の大箱、スクエアで男前な立ち飲み「奥田酒店」。 | トップページ | 2回目の岐阜探訪、お目当ては2店、まずは蕎麦の「仙波」で“鴨せいろ”をいただきます。 »