« テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、蝉の亡骸がアスファルトの上にあるのが目立つ、土にも帰れないんだなあ~今日のお店:台東区日本堤「大林酒場」、未来永劫残って欲しい酒場です。 | トップページ | 今日は角打ち梯子です、今宮の「よしのや酒店」~大国町の「堀谷酒店」へ、よく飲みました。 »

2016年8月19日 (金)

天満橋の2店初探訪、「たけやま」から「活力屋」へ、そして老舗酒場後継問題を考える^^)

【2016年7月5日(火)】

大阪 天満橋 「たけやま」~「活力屋」

今日は久しぶりに天満橋、2店とも初探訪です

1軒目は「たけやま」さん、

入店したことなかったんですね、あるのは知っていたのですが、、、

ここですな、なんか記憶と違う、、、

005_2

ワタシの記憶違いか、、、佇まいからして移転とかでもないようです、

聞くと元は“角打ち”らしいですが、外観では確認できませんでした、

それに、“閉店”との噂もありました、

たしかに“食べログ”でも掲載保留扱いになっているページもあります、

でも、こちらに関しては先日の「Meets」(355)で“世代交代”として紹介されているのを発見

何と常連さんが後を継いで、新生「たけやま」として再開店しているとのこと

素晴らしい

ということで今日は初探訪です、ではでは、入りましょう

ちわ、10人ほどのL字カウンター、

うん?奥にテーブルスペースもあるのかな?

先客が3人さん、

初めてなので少し緊張しながら、入ったところのL字底辺角に着きます、

カウンターの中には女将、

なるほど、この方が店を引き継いでいただいた方ですね、ありがとうございます、心の中で礼!

とりあえず飲み物は、、、

表の看板で見つけた「ホッピー」にします、(キンミヤ)の注釈がそそります、

白か?黒?がありますが、

白でお願いします、

と、答えたのですが、ワタシの滑舌が悪かったようで「黒」が来ました

どちらも飲むのでOKです!

肴は「泉州水茄子」350円也、

006



しかし、閉店の憂き目の角打ちの後を継ぐとは、殊勝な方です、再度 礼!



このところ、良き老舗酒場の閉店が気になります、

とくに良き老舗酒場が多い東京で、この5年くらいで何店かが姿を消しました、

門前仲町の「浅七」、西巣鴨の「高木」、本所の「牧野」、大森の「蔦八」などなど、

「高木」は初探訪時に臨時休業の貼り紙に愕然とし、再訪時は長期休業に

そして、そのまま閉店へと繋がってしまっただけに、本当に残念でした

他の店も何回か探訪していただけに無念

大概の店はある程度流行っていたと思うのですが、

課題はやはり後継者問題ですかね

戦後から脈々と続いてきた酒場の系譜も、

70年の時間経過の中で、そろそろと年齢的問題のピークを迎えているようです、

それなりに流行っているんだから、

閉店せずに誰か後継者がいても良いと思うのですが、そう簡単にはいかないんでしょうね

今、大阪や京都でも古民家を再生したいろんな店が若い人の手によって作られてます、

酒場もそんな復活すべきジャンルとして注目してほしいなあ

老舗酒場の若者後継策、

ワタシが当選した暁にはこの政策を推進して参ります(なんのこっちゃ)、

その点、ここの女将の例は先達としておおいに評価されるべきですね、

三度 礼!

あ、そうそう、大森の「蔦八」はこんな形で再開店したそうです、

ヨカッタですね~、

そんなことを考えながら、、、「ホッピー」なくなったな、中をお代わりします、

そして、料理は「豚しゃぶサラダ」380円也だったかな、

010_2

ふふ、手作り、ボリューミー、これでないといけません

結構混み合ってきました、

カウンターに8人立っていますが、、、なんと、6人がどうやら会社の同僚

いや、バラバラと入って来られたのです、

バラバラと3グループくらいに分かれて立っておられます、お一人で飲んでおられる方も、、、

でも、話の流れからすると同じ会社みたいです、憩いの場ですな、

日本酒も貰いました、

メニューで見ると「貴仙寿」の本醸造300円也と純米吟醸450円也があります、

015kai

ここは奮発して純米吟醸にします(それでも安いって)

こんなチロリで出てきました、しっかり1合ありそうですね、

014_2

これでお勘定です、1730円也、

天満橋の「たけやま」、

閉店の危機を救った女将さん、立派です、ありがとうございます

雰囲気もエエし、料理もイケると思います、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますね

さて、近くでもう一杯飲んでいます、「活力屋」さん、

016

こちらも気になりながらの初探訪です、

「ハイボール」280円也はブラックニッカ、

017

「ジムビーム」も280円也、「竹鶴」は・・・不明

カウンター上にあった大皿をみて、それ下さい、ししとうかな、

018_2

ここ、噂通り安いですね、結構結構、

7~8人のカウンター、壁側にもカウンターと立ち飲みテーブルもあり、

床はフローリング、好きです、

021_2

メニューで「いとうの煮浸し」ってのが気になりました、

023_2

“いとう”って?魚の?それの煮浸しって



あんまり気になるのでカウンターの中の大将に訊きました、

「いとうの煮浸し」ってどんなんですか?

????大将も困惑、、、いとう??

あ~、これは「ししとうの煮浸し」ですわ、お客さんが今食べたはるのがそれです、

わ~、なんと!!“しし”を“い”と読み違えました

そうですよね、「ししとうの煮浸し」200円也ですよね、それに今食べてるし、恥ずかし~、

いや、久しぶりに顔から火が出ました

「ハイボール」をお代わりして、

もう一品は「さんまの竜田揚げ」280円也、

024_2

食べ応えあり、美味しいです

はい、これでお勘定は1140円也、

天満橋の「活力屋」、噂通り安いですね、で料理も楽しめそうです

おおきに、ごちそうさん!また来ますね



(おまけ)

この頃の手料理は「蛸ご飯」、作ってみました、

031
005kai

関西では『半夏生』で蛸を食べる風習があるそうです、知りませんでした

京都ではないかも、

明石かな?蛸となれば、兵庫県の風習でしょうか?

|

« テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、蝉の亡骸がアスファルトの上にあるのが目立つ、土にも帰れないんだなあ~今日のお店:台東区日本堤「大林酒場」、未来永劫残って欲しい酒場です。 | トップページ | 今日は角打ち梯子です、今宮の「よしのや酒店」~大国町の「堀谷酒店」へ、よく飲みました。 »

大阪淀屋橋肥後橋北浜本町」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天満橋の2店初探訪、「たけやま」から「活力屋」へ、そして老舗酒場後継問題を考える^^):

« テリー・イシダの『独酌酔言』、更新しました、蝉の亡骸がアスファルトの上にあるのが目立つ、土にも帰れないんだなあ~今日のお店:台東区日本堤「大林酒場」、未来永劫残って欲しい酒場です。 | トップページ | 今日は角打ち梯子です、今宮の「よしのや酒店」~大国町の「堀谷酒店」へ、よく飲みました。 »