« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

9カ月ぶりの東京、渋谷での2軒目は「SAKESTAND」へ、スタイリッシュな空間で日本酒をいただきます^^)

【2016年6月13日(月)】

東京 渋谷 「SAKESTAND(サケスタンド)」

9か月ぶりの東京酒場探訪ですlovely

まずは渋谷道玄坂の奥にある「なぎ」を探訪、

エエ店ですやんshine

渋谷でこんな良い日本酒バーがあるなんて、東京もやりますなあ~happy01

で、次は「八咫(やた)」という店を、目指しました、

場所は井の頭線のホームがあるビルの南側の一角、

角に焼き鳥の「鳥竹」がある辺りですwink

が、、、見つかりませんheart03

ビルの5Fにあるらしいので、見つけにくいとは思っていましたが、、、

この一角をぐるりと一周、二周、、、そして、三週、、、coldsweats01

もうあきらめようかと思った時に見つかりましたsign03

こういう時はビルの名前で探さないといけませんな、

033

しかし、このビル、見つかりにくかったsweat01

032

勇躍、エレベータに乗り込むと、、、あれ?5Fのボタンが点きません、ありゃ?sweat02



仕方ないので4Fのボタンを押します、4Fから階段になるのか?

と、ドアが開くと、、、もうお店の中でしたcoldsweats01、どひゃ~、

ありますよね、こういう構造のビル、いきなり店内、

あ~スイマセン!!な感じ、
 

綺麗でゴージャスな店、あは、ほんまに場違いsweat02

店員さんと目が合ったので、思わず言い訳、

スイマセン、5Fの店に行きたかったんですが、、、

行けないので、、、まだ開いてないのですかね?

などと、しどろもどろの会話で切り抜けて、

「閉」のボタンを押して失礼いたしました、ふ~、

あとで調べたら、、、「八咫」さんは月曜日定休日でしたheart03

よう、調べて行きなさい!!つうことですね、失礼いたしました、



では、目標変更です、

この井の頭線沿いの坂を登ってしばらく行くと「SAKESTND」という店があるようです、

そちらへ行ってみましょうdash

坂沿いにえらく盛り上がっている立ち飲みありshine

034kai

「魚がし福ちゃん」、今度、寄ってみるかなheart02

ちょっと暗くなった角を曲がると「SAKESTAND」があるはず、が、、、

お、2階に大きな看板が見えますflair、どうやらこのビルの2Fみたいですね、

039

この階段から上ります、

ほ~、鰻の寝床な店、

入ったすぐに注文カウンターがあり、可愛いお嬢ちゃんが立っておられます、

すわ!渋谷という土地柄、ガールズバーか!?sweat01な感じですが、、、

そんなことないです、れっきとした日本酒バーですhappy02

ま、彼女目当てのお客さんもいるでしょうがlovely、、、

キャッシュオンみたいです、

入り口近くのカウンターで注文して、奥の席へ行くみたいです、

目の前の酒メニューで即断します、え~っと、「新政」のこんな瓶にします、

040kai

肴もここでね、え~っと、「板わさ」290円也もお願いします、

で、グラスを持って奥のカウンターに着きます、

ほら、こんな感じのお洒落な空間です、

046

「新政」は90mlで490円也、ちょっと高めですな、

あら?グラスになんかくっついてますね、なにかしら?

041kai

と、これはお酒の説明タグでした、

042kai

なるほどね~flair

これはアイデアだし、親切なシステムです、なるほどね~wink

「板わさ」、来ました~、

045

もう一杯飲みましょう、

メニューに「村祐」があります、贔屓の酒、というか、

この4年くらいの日本酒マイブームの最初の数本のうちの1本ですheart02

マイブームは九平次、村祐、山形正宗、而今、そんなところから始まりましたshine

で、飲み干したグラスはセルフで片付けます、

そして、再度お嬢さんにオーダー、「村祐」をください、

と、お嬢さんが、、、

あ、このお酒美味しいですよね、つい最近ワタシも飲んで好きになりましたheart02

お!分かってるね、日本酒の事、好きなの?、、、

とか、云ってしまうと“ガールズバー”になっちゃうので、ぐっと飲み込みましたhappy02

「村祐」紺瑠璃ラベル無濾過本生490円也、

048

049


はい、旨味強く好きな酒です、美味しいheart02

これでお勘定、渋谷道玄坂というか、ここはもう神泉に近いかも、

「SAKESTAND」、洒落た空間で日本酒をいただきます、女性と行くのがいいのかな?

ごちそうさん!また来ますねheart04

では、これでホテルへ帰りますか、、、と、思わぬ店がありました、

その店の事は あらためて、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、

2016年7月28日(木)

テリー・イシダの『独酌酔言』、更新いたしました、

銀行のATM、通帳記入専用機はあるんですが、、、出金のみの専用機置いてくれないかな

~今日のお店:大阪肥後橋の「おたやん」。



⇒ 記事はこちらから、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

さて、チョー久しぶりの東京飲みは渋谷からスタートです、まずは日本酒バーな感じの「なぎ」からです^^)

【2016年6月13日(月)】

東京 渋谷 立ち飲み「なぎ」

9か月ぶりの東京飲みですhappy01

まずは渋谷の日本酒立ち飲み「なぎ」を目指すことにしますgood

JR山手線「渋谷」駅で下車、ハチ公前の交差点に立ちます、

おお、久しぶりやな、この感覚happy02

ワクワクしながら交差点を渡って道玄坂を登ります、

ちょいとして、右に折れます、例の“案内所”があるcoldsweats01、、、「とりかつ」のある筋です、

「なぎ」はここらにあるようです、、、が、、、案の定、分かりませんsweat02

で、スマホで確認、どうやらこの道をまっすぐ行けばあるようです、

この辺りもHOTEL、風俗系の店が多いので、一人で歩くのはちょっと憚られますね、

特に久しぶりですから、、、今の若い人は気にしてないのか、

ありました、「なぎ」、オープンでエエ感じの店です、さすが渋谷wink

027

ではでは、入りましょうdash

ちわ、L字カウンターと左壁には立ち飲みテーブルもあります、

あ、それと表にも立ち飲みテーブルがありますね、

カウンターの中には若いマスター、フロアは可愛いお嬢さん、、、さすが渋谷ですhappy02

お嬢さんが飲み物を訊いてくれます、

え~っと、日本酒の前に何か飲みたいのですが、、、飲み物メニューには日本酒しかありません、

あの~、日本酒以外の飲み物はあります?

カウンターのマスターが説明してくれたのかな?

とりあえず、生ビールはありました、とりあえずそれで、

015

肴はまず「真鰯のなめろう」400円也、

当たり前ですが手作りですね、エッジの効いた味付けです、葱は大き目の刻み、

018

これでちびっとビールを飲んで、、、少し残して、早速日本酒へ行くことにします、

日本酒のメニューには40種ほどの銘柄が並んでいます、ふふ、エエですなheart02

でも、知った銘柄が少ないです、なんか会津の蔵が多いようですが、

マスターに訊くと、

はい、ここは会津の蔵の酒だけを扱ってます、、、とのこと、

あら~、これは失礼いたしましたsweat01

そうか~、「写楽」も会津のお酒でしたね~、失礼いたしました、



ならば、会津らしいお酒をいただきましょう、

まずは「会津中将」純米吟醸生原酒100ml600円也にします、

021

うん、フレッシュでフルーティですshine、美味しいです、

好きなタイプ、これは売ってたら買いますねhappy01

次は刺身を頼みましょう、「刺身盛合せ」小600円也、

023

マスターが説明してくれはりました、

はっかく(これは珍しい)、ひらめ、いさき、と、まぐろだったかな、かつお?あ~憶えていませんheart03

渋谷の立ち飲みで食べる刺身は上等です、

ここらでマスターと日本酒の話、

熱くクールに会津の酒の事を語っていただきました、

渋谷でのイベントも企画されてる、とかいうこともきいたような気がします、詳細は憶えてないsweat02

もう一杯、

ネーミング買いで「風が吹く」金ラベル純米吟醸山廃生うすにごり中取り600円也、

025

名前が気になるのでこれにします、

というと、マスターが笑いながら『美味しいですよ』とのこと、

で、
これもエエ感じ、

最近好きな“辛くて旨い”タイプ(自分メジャーで)、こういうなんが“会津らしい酒”なんでしょうか?

これから研究ですなwink

今日は東京で何軒か飲み歩く予定なのでこれでお勘定です、



ゆっくりできるなら、まだもう少し居たかった店ですwink

渋谷道玄坂辺りの日本酒バー(と云うのが似合うかな)「なぎ」、

気に入りました、また渋谷へ行くことがあれば絶対に寄りますねshine

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

テリー・イシダの新しいBlog、『テリー・イシダの独酌酔言』を始めました^^)

おかげさまで『東西酒場探訪案内所』が200万PVを突破いたしましたheart02

みなさまのご愛読ありがとうございますhappy01

そして、これを機にテリー・イシダの新しいBlog、

『テリー・イシダの独酌酔言』を始めました、 

022kai


こちらのほうもよろしくお願いいたします。

⇒『テリー・イシダの独酌酔言』、

2016年7月26日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

チョー久しぶりの東京滞在で蕎麦三昧です、「たかね」~「長寿庵」~「大吉田」~「翁そば」~「丹波屋」へ、東京の蕎麦屋大好きです♡

【2016年6月13日(月)】

東京 蕎麦5題 茅場町「たかね」、「長寿庵」、虎ノ門「大吉田」、浅草「翁そば」、新橋「丹波屋」

久しぶりに東京に来ましたhappy01

いつ振り?

昨年2015年の9月か10月に来て以来ですね、指折り数えると9ケ月か10ケ月ぶりということになります、

これだけ長い間、東京に来なかったのは35年振りくらいではないでしょうか?

社会人になって、大阪に勤務したのですが、

本社は東京、クリエイティブの仕事で東京へ来ることも多く、

また、2005年からの約5年間は単身赴任で東京に住んでいましたので(あ~楽しかったlovely)、

9カ月も東京へ来ないなんて、ほんとなんか浦島太郎状態ですhappy01

ドキドキしながら東京駅に到着、時間は12時過ぎ、

まずは蕎麦が食べたいですshine

うどんも好きですが、蕎麦も大好きheart02

でも、関西では手軽に食べられる蕎麦屋が圧倒的に少ない、

探せば上品で美味しい蕎麦屋はありますが、

東京なら普通にどこにでもあるような街の蕎麦屋が大阪にはないheart03

立ち喰いうどん屋も多くありますが、蕎麦となると、、、

東京の立ち喰い蕎麦のクオリティにはとても敵いませんsweat02

ということで、9か月ぶりの東京、業務の前にまずは蕎麦からですhappy01



東京駅新幹線北口からメトロ東西線を目指します、

生憎の雨ですが、少し濡れるだけでビルのエスカレータから地下道へ降りれます、

この辺の乗り換え感覚もだいぶ鈍ってますね、さっと最適経路が浮かばない、

あ~東京慣性も低下しているなあ~sweat02

東西線「茅場町」駅で下車、天気が良ければ歩くところですが、雨ですからね、

ちょっと戻って角を曲がるとありましたflair

今日の1軒目のお目当ての立ち喰い蕎麦「たかね」、

007

東京単身赴任中のH氏がよく行っておられるので一度来てみたかったのです、

自販機で食券を買います、え~「天ざる」600円也にします、

安いと云えば安い、高いと思えば高い、不思議な感覚happy01

ここのセルフスタイル、どこかに似てるなあ、と思ったら、

虎ノ門にある「さだはる」と同じスタイルですflair

蕎麦と天ぷらかき揚げはカウンタの中から出していただきますが、

薬味関係はセルフサービスです、

006_2

葱、ワカメ、おろし、天かす、生姜、山葵などがカウンターに並んでいます、

さらには生玉子、茹で玉子までもが!

これはサービスなんでしょうか?分からないので取りませんでしたがcoldsweats01、、、

こういうスタイルは関西にはないですね、

おろし蕎麦、ワカメ蕎麦、月見蕎麦がセルフでできちゃうということです、豪気だね~heart02

麺は平たい麺、機械でひねり出す感じでしょうか?

004

でも、これが美味しいのですgood

そういうと「さだはる」の麺と似てますねflair

こりゃ両店の間にはなにか深い関わりがあるのかもしれません、

「かきあげ」もサクサク、小海老たっぷりで美味しいですheart02

う~ん、やはり東京の立ち喰い蕎麦はレベル高いです、これで600円也は納得、

フリーの薬味を上手く使えばもっと満足感出るでしょうね、

東京茅場町の立ち喰い蕎麦「たかね」、満足です、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

この日はもう一枚「もり」を食べています、

茅場町交差点角の自社ビル地下にある「長寿庵」、こちらは老舗の蕎麦屋さんです、

はい、「せいろ」650円也、

008

う~ん、好みの細めの蕎麦です、量も多めhappy01

「長寿庵」の屋号はここが発祥らしいです、

さすがに老舗の看板に偽りなしでした、

はい、ごちそうさま、また来ますねheart04

さらに!翌日も食べています、

ランチは同期のNクンと虎ノ門の「大吉田」、

089

「ミニかき揚げ丼」とのセットという暴挙に出ましたhappy02

088

ご飯を残す作戦でしたが、、、完食coldsweats01、、、

ここも人気でしたね、食券、椅子ありの店ですが、蕎麦が出るまでに結構時間が掛かります、

蕎麦の出し方がポイント、店の拘りのようでした、

さらにさらに、夕方に浅草の「翁そば」へ、

浅草でもちょっと地味な裏通り、並びに洋食の「あるぷす」がある通りにあります、

098kai

懐かしい小さめのテーブルと小上がりもある、由緒正しい街の蕎麦屋さん、

「もり」が450円也というのも希少ですね、

110

ここも平たい蕎麦でした、でも手打ちかな?これが美味しいのです、

で、つゆがまた辛い、

ちっちゃな器に少しのつゆ、このつゆをちょびっとだけ付けて口中へ運ぶと、、、

あら~不思議、蕎麦の香が拡がって美味しいのですshine

普段のつゆ どぼ漬け状態を反省、

こういうのが蕎麦なんですかね~(まだまだ未熟ですhappy01)、

そうそう、隣りの人の「カレー蕎麦」も美味しそうでした、

小さめの器にカレーがたっぷり、次回はこれにしよう!!
 

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

そしてさらに、まだ食べてますhappy02

新橋で飲んだ後、帰りの新幹線まで少し時間があるのでニュー新橋駅前ビル1Fにある「丹波屋」で〆ることにしました、

076kai

ここも立ち喰いです、「春菊天そば」が有名なのかな?

と、思いつつ、もうお腹が一杯、「もり」270円也+「茄子天ぷら」120円也にしました(結局、春菊そばとあんまり変わらへんしcoldsweats01)、

138

蕎麦はまあ普通(関西なら上等部類に入りますshine)、

ボリュームはあり、庶民の味方ですか、

お隣が注文された「あさりご飯」100円也を見てびっくり、

お茶碗山盛りでした、安~happy02



新橋の「丹波屋」、今度は「菊菜天そば」かな、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

ということで、2日間で蕎麦5食、あ~東京の蕎麦屋はいいな~、また行きたい!!heart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

まだ、未入店だった、大阪駅前第1ビルB2Fの立ち飲み「ミルクホール」へ入ってみました、沖縄料理がフューチャーされてます。

【2016年6月10日(金)】

大阪 駅前第1ビルB2F 「ミルクホール」

駅ビルでちょっと一杯だけ飲んで帰りたいのですが、、、

どこへ行こうかと逡巡coldsweats01

そういうと、ここは入ったことがないですねshine

去年2015年にできたのかな?駅前第1ビルB2Fの立ち飲みのスタンド「ミルクホール」、

第1ビルB2Fは、「和」や新興の「銀座屋」「徳田酒店」(いまやメインか)が並んでいる立ち飲み激戦区ですが、

「ミルクホール」があるこの一角はちょっと人の流れが悪く地味なコーナー展開でした、

が、2015年に、この一角の店が一新され、結構賑わってきましたwink

「ミルクホール」も全面新装開店のお店なので綺麗ですっきりしています、

が、未入店ですね、

009

では、一度入ってみましょうdash

コの字カウンターと表側に立ち飲みテーブルが2つくらいあります、

時間が早いので先客お二人くらい、コの字縦棒に着きます、



え~っと、「ハイボール」380円也をください、

002

なんか、サントリーホワイトみたいですがラベルが違いますね、

赤いデザインが入っています、記念ボトルみたいです、

それと肴は、、、へ~、気付きませんでしたが、沖縄料理がフューチャーされています、

005kai

店名から“レトロ風”な立ち飲みと思いきや、“沖縄風”なお店なんでしょうか? 

「島とうふ」180円也にします、

003

美味しい~、豆腐は固め、すっきりと主張のあるタレでいただきました、

うん、「ハイボール」とも合いますね、こりゃ好感heart02

飲み物はだいたい380円也みたいですが、種類はいろいろ揃っています、

「ホッピー」もあるし、「ホイス」もありますflair

「ホイス」なんて東京でも見かけることが少ないですが、どういう思惑なのか?ありましたわhappy02

はい、これでお勘定にしました、ホントの一杯だけです、

大阪駅前第1ビルB2Fの「ミルクホール」、すっきり飾り気のない立ち飲み、エエんとちゃいますか、

ごちそうさん、また来ますねheart04

で、早々に再訪しています、これまた1軒目、

どこへ行こうか迷いながら、ついうっかり入ってしまいましたhappy02

この日は前回見つけた「ホッピー」380円也を注文、

006



肴は、やはり沖縄料理から「ポーク玉子」380円也というのにしましたshine



ホッピーはこのグラスに1本分投入されて出てきました、氷なしのタイプ、

氷ありで2杯ほど飲むのが好きなので、ちょいとがっかりheart03

「ポーク玉子」はこんな感じの料理でした、

005

薄く切ったスパム?(かな?)に玉子を絡めて焼いたものでした、

美味しい~、けど、なんか、ワタシの沖縄料理のイメージ=『ちょっと雑然としてボリューミー』からすると意外なほどスマートな感じ、

ふと、目の前のスタンドメニューを見ると17時までは“昼飲みタイム”で飲み物や肴が安くなってます、

009kai

しもたsweat01、先にこっちから頼んだらヨカッタんやcoldsweats01

でも、まだ16時台です、なんか頼まな損な気がしてもう一杯(貧乏性sweat02、アホやhappy02)、

「トリスハイボール」280円也と、

011

「いたわさ」200円也でもう一杯楽しみました、

飲んでる間に次の店も確定good、はい、おおきに!ごちそうさんでしたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

前回お休みだった福島の日本酒販店「ハレトケ」で有料試飲を楽しみながら日本酒を購入、「えりちゃん」で〆て帰りました。

【2016年6月9日(木)】

大阪 福島 「ハレトケ」~立ち飲み「えりちゃん」

福島の聖天通商店街にある「旨味食堂」の後ですhappy01

今日のお目当ては有料試飲ができる酒販店「ハレトケ」heart02

「旨味食堂」から徒歩1分です、

「ハレトケ」は立ち飲みカウンターで有料試飲ができるらしいです、

肴・料理はありませんが、持ち込みはOK、というシステムらしいです、

で、まずが「旨味食堂」で美味しい野菜や地鶏をいただいた後です、

「旨味食堂」のマスターに見送られて(「ハレトケ」店主とは知り合いらしいです)「ハレトケ」を目指します、

徒歩1分、
ここですね、

056kai

前はなんの店だったんでしょうね?

ガラスの引き戸が何枚も並ぶ間口の広い店です、

ではでは、入ってみましょうdash

明るい店内、L字カウンターがあり、棚には所狭しと日本酒の瓶が並んでいます、

で、カウンターの中には店主が、、、

うむ、着物に袴姿のお兄さんです、長髪を後ろで括り、頭にタオルを巻いたはります、、、

ユニークhappy02

一番客です、ここは正直に一から聞いて行きましょうshine

あの~、ここで試飲ができると聞いてきたのですが、

はい、できます、

肴・つまみの持ち込みもOKと聞いたのですが、

はい、OKですよwink

はい、これで大丈夫です、少し試飲して、日本酒を買って帰りましょう、

あ、飲めるとはいえ、あくまで“試飲”の立場を忘れてはいけないようで、

『大人数で騒いで飲む』、『大声で話す』などはご法度、

あくまで“試飲”をして、日本酒(瓶)を買って帰る、

“試飲”時のアテとして少しなら食べても良い、

ということですねhappy01

では、日本酒選びに参りましょう、

と、店主、奥にもいろいろあります、ということで奥に案内してもらいましたshine

奥には冷蔵の日本酒セラーがありました、

059kai

おお、なんか見たことのないラベルがいろいろとありますね、

061kai

さっき「旨味食堂」で飲んだ「十八盛」も何種類もあります、

と、2分ほどあれこれ瓶を見ていると、、、

半袖では寒くなってきましたcoldsweats01、、、おお、相当温度低いですねここ、、、

で、ここでも「十八盛」、

蔵からこんな3本を選んでいただきました(たしかそうだったと思う)、

063kai

これをちょこで一杯づついただきます、あ、“試飲”happy01

さらに追加で“試飲”happy02

066

肴はコンビニで買って行った「酢イカ」happy01

あとで来られた二人組はお寿司なんかも持参されてました、

ま、迷惑さえかけなければ、おおいに食べてもOKということですねwink

一升瓶や四合瓶はもちろん、

こんな瓶で量り売りもされています、

067kai

200ml、300ml、500ml、720mlと揃っています、

ラベルがないのが残念だけど、ちょこっと飲みたい人には便利かもですgood

さて、「十八盛」は期待以上に皆、美味しくheart02

悩みましたが、最初の試飲写真の真ん中の瓶「ことのわ」を購入することにしました、

少し発泡があり、癖のある好みの酒です、

他の2本も捨てがたい、また来よう、、、

さて、これでお勘定は、、、日本酒瓶はそのままのお代、有料試飲の方がいくらだったか?失念してしまいましたsweat01

非常に安かったように思います、

福島の日本酒販売店「ハレトケ」、有料試飲でお酒をゆっくり選んで帰る店です、

ユニークな装束の店主さんですが、とってもエエ感じ、日本酒が大好きなのが分かります、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

この後は、飲み友に教えてもらった期間限定営業中の立ち飲み「エリちゃん」へ行きましたshine

高速の高架を潜って福島方面へ戻ります、

元「春夏弐秋冬」という店があった場所で期間限定で営業しているそうです、

たぶん、この辺かと、、、あ、目の前にありました、ここですね、

068

入りましょう、

短いL字カウンター、中にはエリちゃんらしき女性happy01

ちょうど空きがあったので入店できました、

Nさんにきいてきました、

あ、あの、Nさん、はい、はい、

期間限定なんですって、

はい、来月から近くで再オープンします、

とのことだったので、

また知らせてね~、

FBがありますので、

とか云ってなのに、名前を聞くのを忘れたheart03ので詳細は確認できていませんcoldsweats01

ここでも日本酒、広島の「雨後の月」を片口で、

070

そして、「櫛羅」、こちらは奈良「篠峯」の蔵ですね、

075



「水茄子ナムル」300円也、

074



「蟹味噌」400円也、

072




「セロリの餃子」などをいただいたようです、

076

ぼちぼち帰りましょう、お勘定です、

え~っと、、、代金は、、、忘れましたsweat01happy02

だいぶ酔ってます、

「えりちゃん」、また次の店が分かるとイイねheart04



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

今日は大阪福島で日本酒飲み歩く計画です、1軒目は「旨味食堂」、2回目の訪問、やはりエエ感じです。

【2016年6月9日(木)】

大阪 福島 「旨味食堂」

さて、今日は福島で日本酒を飲み回る計画ですhappy01

初見のお目当ては有料試飲ができる酒販店「ハレトケ」shine

先週はまさかの不定休に当たりheart03、まだ入店していません、

「ハレトケ」は酒販店、で、有料試飲ができる、というお店です、

肴の持ち込みはOKらしいです、が、、、

とはいえちゃんとした料理はない訳で、、、

1軒目でちゃんと料理をいただいてから「ハレトケ」さんへ行くことにしましょうbleah

で、1軒目はここです、「ハレトケ」から徒歩1分の「旨味食堂」shine

055kai

1年近く前に一度探訪しています、

地鶏の料理が美味しかった印象があります、それに日本酒も揃っていたはずですheart02

18時過ぎころ、一番客ですね、

とりあえず「生ビール」スーパードライです、

カウンター7~8席、奥にはテーブルスペースもあります、



スマートなマスターとちょいと話します、



随分前に一度来ていますhappy01

あそう、憶えてなくてごめんねsweat02

優しいマスターですwink

で、料理はイメージ通り“地鶏”を所望、

残念ながら今日は「天草大王地鶏」は入ってないとのこと、たしかこの鶏が美味しかったはず、

で、「吉備鶏」をタタキで680円也、

037

メニューのネーミングで話が盛り上がった「ズッキーニとカボッキーの温野菜」700円也、

038

ほう、瑞々しいheart02



これが“カボッキー”ですflair

ズッキーニと南瓜の交配種らしいっす、

036

味もそんな感じ、ズッキーニの味の方が強かったかな?

「蛸の刺身」550円也、

039

この辺りを一気に注文、マスター一気に作ってくれはります、

では、そろそろ日本酒にしましょかhappy01

最初はこの2本、

「相模灘」は好印象の酒、

046

「十八盛」は初めて見た酒ですが、マスターの押しだったかな、

メニューの謳い文句が気に入ったからだったか、“青螺姫”(セーラ姫?)というネーミングが気に入ったか?happy02

とりあえずこれにしました、

マスター、日本酒にも力が入っています、

この界隈の店が6店舗ほど集まって2016年8月28日には日本酒のイベントやるそうです

あとは僕がフライヤー作るだけなんやけど、、、

まだ作ってない、とのことでした~happy02



「ハレトケ」もお仲間だそうです、
そうですかshine

あそこの建物が空いた時に、「ハレトケ」の大将に入居を奨めたそうです、

やりますな~、

次は古酒に行きました、

049kai

まずは「冨玲」(ふれい)、フレーフレーで応援の酒、という事みたいです、

今日はこういう日かhappy01

古酒話で盛り上がりついでにもう一本、「長龍」の20年古酒、1992BYです、

052

癖のある日本酒、割と好きなんで、古酒もイケます、ちびちび飲むのもオツなもんです、

これに合う肴ということで熊本の「豆酩」(とうべい)にします、

051

初めてです、知りませんでした、まだまだ勉強不足です、

これは、、、豆腐関係ですかね、味はたしか“うにくらげ”みたいな感じでしたwink

いずれにせよ、酒に合う肴です、

はい、これでお勘定です、二人で6000円程、

福島の聖天通商店街の奥の方、「旨味食堂」、

前回同様、マスターと楽しい話がいろいろと出来ました、

料理も美味しいし、日本酒も楽しめます、バランス良し、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

表へ出るとマスターも出て来て、「ハレトケ」の営業を確認してくれはりました、

今日はやってるね、大丈夫やgood

おおきにです、ではでは「ハレトケ」へ向かいましょうdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

久々テクテク探訪は「千鳥橋」駅から春日出方面へ、最後にエエ店発見!「小林商店」立呑処^^)

【2016年6月9日(木)】

大阪 此花区春日出 「小林商店」立呑所

このところ、どうもしっかり呑めていないheart03

しっかり酒場探訪が出来ていないと一人反省しきりcoldsweats01

ということで今日はしっかり探訪してみますdash

午前中はちょいと業務遂行、夕方からは福島で飲む予定、

ならば、それまでどこかテクテク探訪してみましょうwink

つらつらと未探訪エリアをいくつか思い浮かべますhappy01

うん!そうだ、ずいぶん前にこちらの本(前後篇有)で、ちらっと出てきた地名がありました、

大阪は此花区の“春日出”shine

たしか、ここら辺りにも何軒か立ち飲みがあるみたいです、

“春日出”へは行ったことないですが、“梅香”の交差点の西側のようです、

“梅香”交差点近くには魚が旨い居酒屋「金生」(きんせい)がありますので、なんとなく土地勘はありますwink

ではでは、今日は春日出探訪と参りましょうdash

エエなあlovely

こういうモチベーションが高い日はエエ呑み方が出来るはずですup
(と、一人盛り上がる、一人鼓舞happy01)

電車は阪神なんば線の「千鳥橋」駅で降ります、

「金生」へ行くときもここから歩くので慣れたものです、

でも、春日出の立ち飲みの店名が分かりませんsweat02

スマホをいじりますが上手く出てきませんね、

まあいいや、なんとかなるでしょう、

とりあえずこのまま梅香交差点まで歩きますか、、、

と、歩き出してすぐに右手に立派なアーケードの商店街がありました、

「四貫島本通商店街」だったかな?

なんとなく魅かれたので入ります、

いきなりの予定変更ですが、

酒場探訪の本分は米海兵隊と同じ『臨機応変』ですsign01(なんのこっちゃcoldsweats01)、

大きな商店街ですが、周辺には立ち飲みや酒場はないようです、

「千鳥橋」駅方面から来る商店街とも斜めに合流、

そのまま突き抜けると堤防の階段に突き当たります、

これを登って振り返り写真をパチリ、

011kai

あら!出たところは商店街の名前が変っていますね、「森巣橋筋」ってなってます、

川?(結構大きな堤防のある川)を越えると右手に「鴉宮」がありました、

012kai_2

3本足の鴉の縁起説明、日本サッカーもこの八咫鴉ですねflair

こんな酒場がありました、残念ながらまだ開いてないです、

014



阪神なんば線の「伝法」駅を過ぎて、43号線を渡ります、

なかなか酒場に当たりませんねsweat02

 

ここらで左に道を取って“春日出”方面へ戻りたいところですが、、、

さっきの大きな川を越えることが出来ず、ぐるりと回り込んで43号線沿いの橋を渡ります、

ここで川を見ると、、、

大きな川、と思っていたのですが、暗渠になっていますね、こりゃなんだ?

あとで調べると、どうもこの下を阪神高速道路が走っているようです、へ~、知ららなんだflair

ふ~、ここまで30分以上歩いていますが、やっと春日出に来たみたいです、

なんとなくの勘で道を選んで西へ進むと、、、

ありました、本日最初の角打ち「高祖酒店」ですheart02

015kai

パッと見は分かりませんが、覗くと左側の入口の中に立ち飲みカウンターがありました、

やた!ついに発見ですhappy01

嬉しい~、テクテク探訪、大概はこうして酒場に突き当たるんです、これが醍醐味~shine

でも、まだ開いていないようです、

時計を見ると17時10分ほど前、17時開店かな?

他にどこもなければ後で飲みに来ましょうgood

で、すぐ向かいにも角打ちがありました、

016kai_2

「大阿久酒店」、

ここも店内に立ち飲みカウンターが確認できますが、、、まだ開店していないのかな?
 

ここもキープ、

そのまま進むとアーケードのある商店街に出ます、これが「春日出商店街」かな?

017kai

ここにも酒屋が、酒屋密集地、でも、ここは飲めないようです、

さらに商店街を歩き、大きな通り(北港通り)に出る手前でまたもや酒屋発見、

019

でも、ここも飲めないようですheart03、酒販店みたいです、

で、ふと振り返ると、、、

あ!!
ありました!酒場です、間違いなく飲めます、営業中です、

020kai

「小林商店」立呑所、エエ感じですやんheart02

やりましたね、本日初の成果です、嬉しいな~happy02

ではでは、入りましょうdash

大き目のコの字カウンター、詰めれば20人近く立てます、

右の壁側には立ち飲みテーブルもあります、

カウンターの中には大将とお姐さん、右側のカウンターに取り付きます、

入ったところのコの字縦棒は引き戸との間が狭く、

目の前に3段の冷蔵ショーケースがど~んとあるので、あまりエエ席ではないみたいです、

とりあえずの「麦水」350円也で喉を潤します、

022



この辺り、というか九条から西九条にかけては“小林酒店”が3~4軒あります、

ここもその流れなのかな?

肴は、、、そんなに安くないです、

023kai

昨今の盛り場立ち飲みの激安価格からするともの足りませんが、ここはここで独自のエリアマーケティングがあるはずwink

これで成立しているのでしょう、

ショーケースをじっくり観察して「イワシ煮」350円也にします、

027

先客6~7人はすべてご近所の常連さんでしょう、

そこにまた4~5人入店、仕事終わりですね、皆さんお仲間です、 

独自の顧客囲い込みマーケティングに成功していますhappy02

壁には日本酒のラベルがびっしり貼ってあります、

028kai

ワタシの好きな銘柄もある、日本酒も揃っているのかな?

探しましたが、リストになった日本酒メニューはありませんでした、

壁の短冊メニューから選ぶんですな、

今日はこの後、福島で日本酒呑む予定ですので止めときます、

「麦水」をお代わり、

あ、床は打ちっぱなしな感じで、灰皿代わりになってますね、

034

このスタイルも割と好きですheart02

カウンターに灰皿が並ぶより、こっちの方がずっとエエです、

はい、これでお勘定です、明朗会計、

此花区春日出の「小林商店」立呑所、エエ感じでしたshine

久々のテクテク探訪で成果が出てヨカッタ、

やはりこういう飲み方がエエなあ、

このところ盛り場の新店を追いかけることが多かったですが、やはりこういう地場下町酒場探訪が面白いですね、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

次回は、行けなかった他の角打ちも探訪しなきゃいけないので、また来ますねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

このところ上手に飲めていません、ちょい呑みが続きます、この日は京橋の「まつい」で一杯だけ。

【2016年6月4日(土)】

大阪 京橋 「まつい」、肥後橋「おたやん」、新梅田食道街「奴」、

このところ、しっかりと飲めていませんなthink(どういう事!?coldsweats01)、

ちょい呑みで済ませてしまうことが多いです、

なんやろ?ちょっと仕事してることも影響しているかな?

今日も山へ行った帰りgood

いったん家に帰ってシャワー浴びて、仕切り直しで飲みに出掛けよう!、、、

というのが面倒くさくなって、山からの帰り道でちょい呑みしていますsweat02

今日の山は四条畷の飯盛山shine

四条畷神社~飯盛山~野崎観音というルートです、

012kai
016kai
019kai

四条畷神社からの登りは急で結構きつかったですが、

登り切れば山頂、そこから下って2時間くらいで野崎観音へ下山、

時間は12時頃、このまま京橋まで戻ってtrain、、、

駅前の「まつい」でちょい呑みしました、

035

久しぶりの「まつい」、駅前の大看板、京橋を代表する立ち飲みでございますhappy01

コの字カウンターに17~8人は立てそう、

串カツとおでんという2大ジャンルでシンプルに飲める立ち飲みです、

まずは「生中」420円也、

036

痛風が気になるのであまり飲まないビールですが、山行の後はやはりビールが飲みたくなります、 

肴は串かつにします、二度漬け禁止の例のスタイルです、

タマネギ、キス100円也、若鶏、アスパラ150円也、

写真撮ってませんわheart03

山行の後で気が回っていないcoldsweats01

これでお勘定、920円也、明朗会計、

ここの串カツ、比較的低温でゆっくり揚げるのか?

独特の食感、結構美味しいのを再度実感heart02

伊達に大看板を掲げている訳ではないですね、

JR「京橋」駅前の「まつい」、おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

で、家に帰って、、、昼寝してしまい、

夜の部は無し、う~ん、しっかり呑めていませんわsweat01

数日後も、夕方から飲んだのですが、、、

どうも気分が乗らず(仕事でちょっと気にかかることがありsweat02)、

肥後橋の「おたやん」で2杯飲んだのですが、、、

002
004

それでお終い、
(しかし、、、ここ「おたやん」はエエ店です、好きですheart04)

翌日は新梅田食道街の「奴」で一杯飲んだだけで帰宅、、、

どうも調子が出ませんthink、(写真もなしsweat01)

この時期、ちょっと仕事が立て込んでまして、

退職後は当然の如くストレス耐性落ちているので、わずかなことで調子が狂ってしまいます、

ふ~、適度に働くつうのも難しいなあhappy02、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

福島の日本酒販売店を目指しますがお休み、彷徨いかけましたが洋食激戦区「ニュートモヒロ」から「仁」でなんとか収拾。

【2016年6月2日(木)】

大阪 福島 洋食「ニュートモヒロ」~立ち飲み「仁」

大阪の福島に有料試飲が出来る酒販店が出来たらしいですhappy01

行ってみましょうdash

阪神電車「福島」駅で降りて地上に出ます、

JR大阪環状線の「福島」駅のガードを越えて、左へ、聖天通商店街に入ります、

入口の角にある立ち飲み「とらや」、すでに賑わっておりますね~wink

ちょっと惹かれますがスルー、

ズンズン商店街を進み、

大きな道(あみだ池筋)の信号も越えてまっすぐ進みます、

次のちょっと大きな十字路を右へ曲がって少し行くと、

有料試飲ができる「ハレトケ」がありま・・・せんheart03

あれ?この通りですよね、う~んsweat02

念のため、裏の通りとかも覗いてみますが見つかりません、

もう一度、確かめながら通りを歩くと、、、あ!ここですかflair、、、

012kai

なんか、アルミ枠の引き戸がずら~っと並んでいる間口の広い店、

どうもここが「ハレトケ」のようです、
 

開店していないので分からずにスルーしてしまいましたsweat01

よく見るとこんな張り紙が、、、

011

あら~、今日は不定の休業日ですわsweat01、、、残念heart03、、、

仕方ありません、ここは出直すとして、、、この先の展開が見えませんcoldsweats01

とりあえず、聖天通商店街まで戻って、すこし鷺洲方面へ歩いてみます、

「旨味食堂」でもエエかな~、

と次の角まで歩くと、洋食店がありました、最初に気付いたのがこちら、、、

カツとソテー「とだ」、

015kai

なんか、手書きメニューがそそりますwink

で、よく見ると道を挟んだ角には洋食屋「Iwanaga」があり、

014

さらに、もう一方の角には、なんと「ニュートモヒロ」がありました、

013



なんと、四つ角のうち3つの角に洋食屋が並んでいます、

なんで、なんで、な感じですね、こんなん初めて、、、

面白いこともあるもんで、、、

こうなってくるとお腹が減って来ましたhappy01、ここはまず洋食で一杯行きましょかshine

しかし、どこへ入りましょう、まずは引っかかった「とだ」か?、

それとも一番末枯れた感じの「ニュートモヒロ」か?

少し悩んで「ニュートモヒロ」に入りましたwink

この陽気でドアが開いていたので中の様子が見えました、

カウンター一本のエエ感じに末枯れた洋食屋です、エエかもしれません、

ちわー、夕方の一番客です、マスター一人でやったはります、

どうぞ~、とのことなので、
入ったとこのカウンターに着きます、

さっとメニューを見て、

え~っと「チキンカツ定食」650円也下さい、

あ、ライス少な目で、それとビールください、

ビールはSAPPORO黒★(瓶生)が出てきました、嬉し~、

016

もちろんオーダー聞いてからの調理です、

衣をつけて、さっとカツをフライヤーに投入、

皿に盛りつけをして、カツを上げてさくサクッと切り分けて、ソースが掛かって出てきましたheart02、エエ手際、

「チキンカツ定食」、

019

ふふふ、美味しそうですheart02、カツは、揚げもんは美味しいなあ~、

付け合わせはキャベツとナポリタン、ナポリタン必須ですよね、

オリジナル?のデミグラスソースがたっぷり掛かっているのも嬉しいです、

では、いただきます、

うんうん、美味しいです、薄目のカツがカリッと揚がっています、

ライスは少な目にしてもらったのですが、ついついライスが進みます、

少し残そうと思っていたのですが、ライスも完食happy01

ふ~、ごちそうさまです、満腹です、

四つ角の3つに洋食店がある、洋食超激戦区の一角「ニュートモヒロ」、

ごちそうさん、また来ますねheart04

というか「とだ」も「Iwanaga」にも行ってみたいね~coldsweats01

さて、「ハレトケ」お休みで凹んだ気持ちも、「チキンカツ」と「ビール」で復活しましたup

このまま福島へ戻りがてら、途中の日本酒酒場立呑み「仁」が空いていたので入ります、

025

立ち飲みのカウンターに着きます、大将、相変わらずお元気ですhappy02

お酒は、っと、メニューをめくると、、、

お、愛媛の「加儀屋」500円也がありましたflair

少し前に高槻の「すーさん」で飲んで好感しています、これにしよっと、

020

うん、酸味があってフルーティ、

そうとう濁っていますが、切れ味のある飲み口が好きですheart02

料理はカウンター上の大皿料理から「鯛と大根の柚煮」550円なり、

021

「チキンカツ」の後ですからね、日本酒にはやはりこういう料理がよう合いますlovely

お酒をもう一杯、「作」にします、

023

うん、定番の美味しさですwink

これでお勘定は1500円也ほど、

福島聖天通り、あみだ池筋を越えたとこの「仁」、

大将の日本酒へのこだわりが半端ないです、料理も美味しいし、そら人気になりますよね、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04



ではでは、今日はこれくらいで帰りましょう、



(おまけ:この頃の手料理)

ピーマン肉詰め!

002kai
005kai



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

新規探訪です、三津寺筋の飲食ビルの3Fか、ハードル高いですが、、、思わぬ出会いで楽しく飲めました、「にほん酒や 一路」。

【2016年5月31日】

大阪 なんば 「にほん酒や 一路」~「虎食堂」

今日もなんばで飲みますhappy01

お目当ては新しく出来た日本酒の店です、

雑誌で見たんかな?いや、FBか?よう覚えてませんが、スマホにメモしてました、

場所は、、、え~っと、宗右衛門町の1本北の通りみたいです、

三井寺筋になるのかな?

こっちの方で飲むのは久しぶりですねshine

阪神なんば線でなんば着、地上に出て、グリコの看板を見ながら北上、

008kai

ほんま、この辺り、久しぶりやな~wink

三津寺筋に入ってビルを探します、どうやら飲食ビルの3Fにあるようです、

え~っと、この辺りですよね、ホワイトビル、ホワイトビル、、、

あ、ありましたflair

このビルやな、

017

ここで合うてるんか?と、1Fにある入居店舗の集合看板を確認、

え~っと、、、うん?これか?

この真ん中の紙が貼ってある店がそうみたいやね、

ははhappy01、前の店の看板の上から名刺みたいなもんが貼ってありますわ、

ウケる、かなり節約していますね、

ではでは、目の前の階段を上ります、(エスカレータもあると思います)

3Fの廊下、ここの看板も1F同様紙貼ってますhappy02

009

ここで間違いなさそうです、、「にほん酒 一路」、

初めての店に入る時は緊張しますsweat02

ましてや、ビルの3Fなので、流しで偶然入ったような顔は出来ません、

これはもう確信犯的に入るしかないでしょう、

幸い店のドアは開いていました、ではでは入りましょうdash

スナックな感じのちょっと薄暗い店内、居抜きでしょうね、

カウンターに6~7席、奥に小さなテーブル席もあります、

で、カウンターの中にはお兄さんが、、、あれ!?あれ!?

見覚えのあるお兄さんです、って、

「・・・と私」のお兄さんとチャいますのんhappy01

どうも、

どうも、あ、そうですかsign03

そうですねん、

知らんと来ましたわcoldsweats01

そうですか、

ということで、初めての店とはいえ知った顔に逢えたのでこちらもホッとしています、

これならリラックスして飲めますlovely

とりあえずの「生ビール」400円也、

010

それとカウンターに乗っていた「バイ貝」400円也にします、

011

そうでしたか~、

いつ出来たんですか、ここ、

去年2015年ですか、あっちの方、お兄さん変ったな~と思てたんですけど、

こことは知りませんでしたわwink

では、日本酒頼みましょう、どないして頼むんですか?

前と一緒ですよ、

あ、奥の冷蔵ショーケースで選ぶ、はいはいhappy02

まずは久しぶりに「小左衛門」きもと500円也、

012

イメージよりちょっと軽いかな、

「オイルサーディン」450円也も下さいませ、

013

葱、たっぷりwink

お酒、2杯目はジャケ飲みで「マニアッククラブ」りんご酵母 ジョバンカと幸福論、

014

サブネームが“ジョヴァンカと幸福論”、って何?happy02



滋賀の笑四季酒造のこのシリーズ、実験的醸造らしくこれが第3弾、

1弾“星空シネマパラダイス”、2弾“いとしのキャサリン”とあります、

趣味の世界ですねhappy02

そうそう、りんご酵母とありますが“りんご酒”ではありません、日本酒ですhappy01

香が立つ、でもわりとスッキリの酒だったかな?

面白かったのでOKです、

これでお勘定は2400円程、

三津寺筋のビルの3F、「にほん酒 一路」、

初めての店探訪ということで緊張しましたが、意外な出会いで楽しく飲めましたlovely

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、この後の展開が難しい場所ですが、、、

結局、千日前まで戻って「虎食堂」へ、

一巡後のエエ時間にすっと入れました、

「二階堂の水割り」380円也、

020

なんか無性に食べたくなった「麻婆豆腐」480円也、

025

シズル感一杯の「麻婆豆腐」、美味しかったheart02

「漬物盛合せ」180円也

023

いつも美味しい料理がある「虎食堂」です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

これで本日の探訪終了です、帰ろかな~、それとも、、、happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

今日は蕎麦ランチネタです、たまには蕎麦で一杯、北新地の割烹「かどのや」で蕎麦ランチです。

【2016年5月27日(金)】

大阪 北新地 蕎麦「かどのや」

今日はランチ蕎麦ネタで、、、恐縮ですhappy01

麺類全般好きです、うどん、蕎麦、素麺、パスタ、ラーメン、全部好きですheart02

ラーメンはそんなに食べないですけどね、

しかし、関西は蕎麦屋が少ない、のが残念ですsweat02

美味しいうどんは多いんですけどね、

もちろん、美味しい蕎麦屋もたくさんあるのですが、

街中でふらっと入れる、そこそこ美味しい、普通の蕎麦屋つうのが、関西には少ないthink

東京だと歩く角々に蕎麦屋があるし、

立喰いの蕎麦屋もめちゃ進化していて、それなりに美味しい蕎麦、天ぷらが極安でいただける、

それに比べると関西は美味しい蕎麦を食べようとすると、、、

どうしてもそれなりに高い、それなりに格式のある店になってしまいますもんねsweat02

ボヤいてても仕方ない、

今日は蕎麦が食べたいのです、昼から蕎麦で一杯、なんてエエじゃないですか、

堂島辺りだと「守破離」もエエですけど、

今日は久しぶりに北新地の「かどのや」へ行ってみましょう、

元は同じビルの2階に「みや玄」という蕎麦屋があったのですが、いつの間にかなくなってしまいheart03、、、

あらら、と思っていたら、、、

1階の「かどのや」で蕎麦ランチが出てました、

綺麗な割烹の「かどのや」、

夜となるとそれなりのご予算となりますが、ランチはお得ですshine
 

詳しい経緯は知りませんが、

とにかく1階の「かどのや」で美味しい蕎麦ランチが食せますwink

蕎麦単品や「親子丼」他のメニューもありますが、

ここでお得なのは小盛りの蕎麦2種類と「稲荷寿司」のセットメニュー、1500円也、

「鴨南蛮」とかだと単品でも1000円超ですからね、蕎麦をしっかり堪能出来て1500円ならエエと思います、

選べる蕎麦はメニューから好きな温・冷蕎麦、どれでもOKです、

となると、まずファーストチョイスは「鴨南蛮」になります、これは外せませんhappy01

前に4人で来た時には全員が「鴨南蛮」は選びました、

もう一杯は冷たい蕎麦を、ということで「山かけ」の冷たいのんにします、

ひょっとすると前もこの組み合わせやったかな?coldsweats01

まずは「稲荷寿司」が来ました、

さきにちょっと一口、、、という気持ちをぐっと我慢して、蕎麦と一緒に戴きましょうhappy02

そしてまずは「山かけ」、綺麗な盛り付けです、

003

う~ん、美味しい、やはり蕎麦が美味しいなあ、エッヂの効いた腰のある蕎麦ですheart02

主役の「鴨南蛮」、

005

「稲荷寿司」も、

004

こちらも美味しいです、満足満足、

小盛りとはいえ蕎麦の量も十分、2杯食べると十分満腹感が得られますheart01

「稲荷寿司」は具がゴロゴロした感じで、これも良く出来ています、さすが割烹ですgood

これでビールを一杯飲んでも2000円ちょっとかな、

居酒屋で飲むのと変わらないかもしれません(立ち飲みには敵わんけども)、

昼から蕎麦で一杯、やっぱりエエですな、

東京にいたら毎日やってしまいそうですhappy01

関西では月に2回くらいかな、他にも美味しいモン多いですからね、

はい、「かどのや」の美味しい蕎麦のセットメニュー、

ほんまに美味しい蕎麦です、満足度非常に高いです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

(おまけ)

山から下りた後の蕎麦もよろしい、

阪神「御影」駅の南側の商店街に蕎麦屋が2軒あります、

どちらも昔ながらの、でもそれなりに立派な店構えの店ですhappy01

「ちから」と「つ川」、

別の日に別のコースで、でも御影に降りてきたので、それぞれで「天ざる」を食べました、

どちらも1100円也だったかな?(違うかも)で、どちらも“天ぷら”が豪華でしたhappy02

こちらが「ちから」、

032

天ぷら8品(たしか)のボリュームです、

こちらが「つ川」、

024

蕎麦の素揚げも付いてます、こちらもボリュームありますねhappy01

「天ざる」で一杯って、やはり憧れのランチですよねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

なんか料理が美味しいという噂を聞いたので行ってましょう、なんばの「なかや」へ、そして「もんぞう」へ。

【2016年5月27日(木)】

大阪 なんば 「なかや」~「もんぞう」

今日はやる気満々、早い時間になんばへやって来ましたhappy01

このところのお気に入りの立ち飲みの「もんぞう」がお目当てですが、

その前に1軒、新規開拓、ちょいとどんな感じか覗いてみることにします、

高島屋の横から地上で出てスクランブル交差点を渡ると「なにわスタンド」ですshine

が、まだ開いていませんね、

交差点を渡って四ツ橋筋の方へ歩きます、

で、ちょいと路地に入ると角にありました、

「なかや」、(写真忘れてますheart03)

座り飲みですが、料理が美味しいらしいし、日本酒もあるみたいなので狙ってました、

ではでは、入りましょうdash

開店間もない時間、それでも先客が一人おられます、

緩い角度のL字カウンター、椅子ありますwink

壁際にはテーブル席が並んでいます、

カウンターの中にはお兄さんが二人、

入ったところのカウンター席に着いて、とりあえずは「いいちこ水割り」330円也にします、

034

それと、、、メニューで目に付いた「さっくさくのっけのポテトサラダ」350円也を注文、

この「ポテサラ」、美味しいですわheart02

035

トッピングがさっくさくなんです、なんやろな?

訊こうと思って、、、忘れたので正体不明coldsweats01、なんか、食感が分かってるんやけど、、、名前が出てこないsweat02

ポテサラ自体はムース系のトロッと感に、具材は中くらいのゴロッと感、

さっく+トロ+ごろ、という全体の食感もなかなかよう出来てましたgood

ふと見ると、もう一辺の方のカウンター上に大皿料理が並んでました、

ざっと見るとどれも美味しそうです、もう一品頼んでみましょうか、

メニューと見比べながら、きっとあれがそうやね、うん、「鶏とパプリカの酢豚風」、

あれが旨そうや、あれにしよう、

すいません、それは「鶏とパプリカの」ですね、それ下さい、

はい、あと「お惣菜の三種盛り」と「五種盛り」というのあるんですが、ちょっとづつですが、そちらもお奨めです、

はは、上手いこと奨めはりますなhappy02、でも、たしかにそのほうが嬉しいなあ、

ということで、まんまとお奨めに乗って「お惣菜の三種盛り」400円也にします、

「鶏とパプリカ」は入れといてください、あとはお任せします、



で、これ、

039

「鶏とパプリカの酢豚風」に、「肉じゃが」と、もう一品は「和風ラー油チャプチェ」かな?

噂通り、料理は全体にレベル保ってますね、美味しいですwink

最初から惣菜狙いでいったらヨカッタね、これは、、、

日本酒メニューはこんな感じです、

038kai

これも、まずまずエエ感じで揃っております、

このところ好んで飲んでいる「加儀屋」があったので頼みますが、、、

切れちゃったみたいですsweat01、、、残念、、、

では、ここはもう定番ですが「篠峯」超辛無濾過生酒にします、

041

はい、間違いなく好みの酒です、超辛とはいえ旨味・酸味の強いお酒です、甘露甘露lovely

これでお勘定です、1530円也、

なんば、四ツ橋筋に近い、この一帯はなんて呼べばいいんでしょう、

「なかや」、全体にバランスがイイですね、料理が安定しています、座りで飲みたい時はまた来ましょう、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

さて、この後は最近一番のお気に入りの「もんぞう」へ行きました、

毎度の「刺身五種盛り」550円也、

044

ひらめ、あじ、本マグロ、いか、と貝はバイ貝?かな、

全部美味しいんですよ~heart02

立ち飲みでこのレベルの刺身が出て来るのが嬉しいですshine、安いしね、

日本酒は「琵琶のさざ波」350円也、

042

辛口ですが美味しいタイプ、滋賀の酒みたいなネーミングですが、たしか埼玉の酒ですね、

もう一杯、「花垣」のにごりにしました、

049

“にごり”も好きなんです、

これでお勘定にしました、ちょうどエエ感じです、

裏なんばの「もんぞう」、クオリティ高いですね、これからもお世話になりそうです、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04heart04

ふ~、では今日はこれで帰りましょう、飲み過ぎない、飲み過ぎないhappy01



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

京都三条の名物酒場「伏見」が2016年5月末で閉店しました、とりあえず最後のハイテンション祭に参戦^^)

【2016年5月20日(金)】

京都 三条 「伏見」(2016年5月末閉店)

これまたFBで教えてもらったのかな?

京都三条京阪近くにある、あの「伏見」は今月(2016年5月)末で閉店するとのことheart03

どうやら、付近一帯の再開発のために建物自体がなくなってしまうようですsweat02

地元紙京都新聞にも掲載されたそうで、結構話が広まっておりました、

知りませんでした、残念ですね、

好き嫌いはあるにせよ、京都の名物酒場の1店であることは間違いありません、

ワタシはというと、、、もう4年くらい行ってませんねcoldsweats01

ではでは、閉店する前にもう一度、あのハイテンションの女将さんに合いに行きましょうdash

今日は金曜日です、ちょうど翌日京都で用事があるので都合がよろしい、

時間は16時40分頃、

京阪電車の「三条」地下駅から地上に出ると、三条通りを挟んですぐ向かいが伏見ですwink

開店は17時のはず、まだ開いていませんね、

ほいほいと三条通りを渡ります、

おそらく並んでおられると思われる方が3名様、

はは、4人目ですねhappy01、これは間違いなく開店時に入店出来そうですgood

なんか、他の風景が一変しています、

左隣の路地の入り口だけはなんとか残っていますが、、、路地の奥は更地です、

その左側も、店の裏も、右側も全部更地になっていますheart03

033

さらに右側奥の大きなビルまでが取り壊されるような風情になっています、

なるほどな~、この裏辺りには昔の長屋みたいな家が並んでいたのかな?

とりあえず、この辺り相当広い範囲で再開発が決まっているようですな、

(あまりの変わりように呆然として、、、更地状況の写真撮るのを失念heart03)

まあ、仕方ない、今日は久しぶりに一杯飲ませていただきましょうheart02

開店準備で何度か店員さんが出入りされる度に、

お、もう開店か!?すわ!と気持ちが流行ります、これを何度か繰り返し、、、

でも早めに開店することはなく、17時過ぎに開店しましたhappy02

もちろん順番に入店です、ワタシは前の人に着いて右手のカウンター5席目に付きます、

で、、、ここからは騒乱状態ですdash

とにかく全席が埋まり、何人かが次の空きを待つことになりました、残念ですな、しばしお待ちくださいませ、

第一陣、おそらくは20人くらいが着席、

この20人の飲み物、食べ物の注文が一気に集中する訳ですが、、、

これが大変です、、、何らかのルールがあるのかと思いきや、、、

結構、自由に頼んでイイみたいですhappy02

奥から順に注文を訊かれましたが、、、途中で入り乱れましたhappy01

はは、普通でもテンション高い店内が、めちゃくちゃハイテンションに、

ワタシはたしか「麦水」、

そして料理は一気に「ハマチ刺身」580円也と「蛸天ぷら」500円也のツインオーダー、

もう、早めに頼んじゃえ、ということですdash

相当の混乱でオーダーが飛び交います、

店外からの「鯖寿司」「鯛寿司」の持ち帰り客のオーダーも受付、

店内での持ち帰りオーダーもあり、

さらにお母さんがお奨め料理をどんどん出してくるので、もうひっちゃかめっちゃかcoldsweats01

客のオーダーはとりあえずお母さんが受けて大声で発注、

フロアのお兄さんや奥の大将も必死に食らいついていきます、

それでも、オーダー元をお母さんも忘れるし、行き先不明の料理も出てきます、

お~い、それこっち!これは誰~!!

これを楽しいと思えないなら入店しないほうが良いですhappy01(あ、もう閉店しているかsweat01)、

多少の注文前後、通し忘れなどがあるものの、開店から15分か20分で一応平穏な状態に、

「ハマチ刺身」、

037

ここの刺身はボリューム満点、できれば二人で来るのがベストの店です、

「蛸天ぷら」、

038

ぶつ切りの天ぷらをイメージしていましたが、薄切の天ぷらでした、蛸自体は美味しいですwink

持ち帰りの「鯛寿司」を買って帰ろうかな、とぼんやり考えていたら、あっという間に売り切れsweat01

戦場でぼんやりするのは命取りです、

ここらで「燗酒」にします、

039

「燗酒」の注文はさすがに少ないので、忘れられることなく来ます、

お母さんがサービスの品物をバンバン置いて行きます、

よう分からんのでそのまま置いとくと、要らんのか、という感じで他へ持って行かれます、

タイミング、難しい~happy02

追加の肴は「どぶ漬け」、

041

これもワタシで売り切れ、でも量が多いので、お隣の人と分けていただきます、

並んでいて入れなかった一人客、お母さんの厚意で店内に呼び込まれ、とりあえず立ち呑み状態にhappy02

2番目入店のお客さんがお勘定、

ですよね、表にはまだ何人も並んだはります、



ではでは、ワタシも燗酒お代わりして、

それでお勘定にします、2670円也、ま、こんなもんですね、

京都三条京阪近くの「伏見」、2016年5月末で閉店、

事情を考えると、再開店の可能性もあると思いますが、どうなんでしょうか?

再開店してくれると嬉しいんですけど、、、ぜひ、お待ちしておりますheart04

この後は、毎度の古川町商店街の「Beer Komachi」へ、

053

旨いクラフトビールを1杯飲んで帰りましたheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

京都駅前の新進立ち飲み「いなせや」、料理がエエですなあ、京都勢の意地を見せています^^)

【2016年5月20日(金)】

京都 東洞院七条下ル 立ち飲み「いなせや」

この週、翌週と京都での用事が重なり、週に数回京都へ行ってますhappy01

で、今日はまず京都駅前の立ち飲み「いなせや」で一杯飲んでます(飲みかいなhappy02)、

最近出来た新しい立ち飲みですね、

京都駅前エリアもそろそろと立ち飲み競合エリアになって来たみたいです、

場所は京都駅から徒歩2~3分、

京都駅前、京都タワー前の交差点の一つ東側のスクランブル交差点(東洞院かな)を渡って上ル、つまり北上すると七条通りの手前に「いなせや」がありますshine



京都では、一般的に北へ向かうことを“上ル”と云います、

でも、正確に言うと“上ル”は“御所に近づく”という意味らしく、御所より北側で“上ル”は南へ行くことなんだよ、、、

なんて話も聞きます、



う~ん、今は“上ル”は、京都中、どこであっても北へ向かうことを言うことが多いですが、

北区や右京区の方、いかがでしょうか?

閑話休題、



昨年かな、東京新橋の立ち飲みの流れらしい「へそ」も近くに出来ましたが、

これが“ワタシ的”には今ひとつピンとこなかったheart03

で、今回は京都勢の新規開店?

名前からして、たぶんこちらの流れではないかと勝手に思てます、が、未確認、

 

迎え撃つ京都勢としてエエとこ見せて欲しいですな、

などと語ちながら、到着、

030

とにかく入ってみましょうdash

つい最近の新規開店です、とっても綺麗な店内、長いカウンターは15人くらい立てる?

アイランド立ち飲みテーブルに、反対側には壁向きカウンター、30人以上入りそうな大箱です、

先客5人ほど、時間は16時前、

時間が早いからか、カウンターの中に3人のみ、

なので先客は全員カウンターに着いたはります、ワタシもカウンターの真ん中辺りに案内されます、

はい!カウンターで問題ないですよhappy01

「ハイボール」250円也、

025



「まぐろ中落ち」350円也

026

うん、まぐろ、レベルクリアですwink

カウンターの中の3人さんも仕込をしながらも、客対応もそれなりに的確に対応、

「ハイボール」お代わりして、「揚げ出し豆腐」280円也を注文、

029

手作りの通し揚げでした、

京都らしい色合いの「揚げ出し」、出汁も美味しいし、薬味の色合い、バランスもエエですheart02、これはお奨めです、

料理、好感good

この日はこれでお勘定にしました、1130円也、明朗会計ですね、



エエんじゃないですかshine

と、翌週にまた京都駅で人と会うことになり、フライングで再訪しましたhappy02

この日は「生中」280円也、

024kai

「おから」180円也、

023

時間は18時過ぎ、さすがに前回と違い混み合っています、

フロアは若い男女2名の店員さんが対応、

いや、続々出勤で4名でフロア対応、

そうだよね、この広さだとこれくらいの対応が必要ですね、

前回、手作りされているのを見て美味しそうだった「出汁巻」250円也を注文、



オーダー入ってからの“通し焼”です、

玉子に出汁をたっぷり入れて焼き始めます、

「出汁巻」、ワタシも家で何度も作っているのですが、なかなか上手く出来ないので、カウンターから手際を見つめます、

何か技があれば盗んでやるhappy02

 

はい、出来上がり、

026_2

美味しそうですhappy01

ほんで食べたらめちゃ美味しいですheart02、フワフワです、焼き色も綺麗です、

あ~、こういう風に作れるようになりたいね~、

「ハイボール」お代わり、

最後に「アジフライ」180円也を1尾、

027

これでお勘定は1500円也程、

京都駅近くの立ち飲み「いなせや」、見事、立ち飲み京都勢の意地を見せてますgood

料理のレベルが高く嬉しいです、

京都駅周辺の立ち飲み地図も大分変わるんとちゃいますかね、

ごちそうさん!また来ますねheart04



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

駅前第2ビルB1Fにあった「かわさき」のあとに出来た「なごみ」、初探訪、文字通り“なごみ”ました^^)

【2016年5月18日(水)】

大阪 駅前第2ビルB1F 「なごみ」~駅前第1ビルB2F「半立ちワイン」

曽根崎の「じんべえ」で飲んだ後ですhappy01

今日のテーマ、『駅前ビルで飲みましょう』、です!

もう、飲める店はワンサカ(これも死語か?coldsweats01)ある駅前ビル、

かえってどこで飲むか?迷います、



たとえば、新規でこれだけ日本酒の店がlovely

014
016kai

でも、今日は新規開拓、この店へ行きましょう、 

駅前第2ビルB1Fにある「なごみ」、

015

こんな看板が出ていましたshine

こことの因縁は、、、ちょっと前置きが長くなります、、、

実はここに昔(というほど前じゃないか)「かわさき」という名店がありましたhappy01

料理が美味しい店でした、

大将の料理探究心が半端なく、名物のオリジナルメニューが好物でした、

「ローストビーフ」のホースラディッシュは英国直輸入でしたgood

スペイン家庭料理の「にんにくスープ鍋」、美味しかった~heart02

もちろん魚も美味しく、

日本酒「東一」はここで教えてもらいましたねheart02

そんな「かわさき」も大将の引退に伴い、惜しまれながら2014年末に閉店heart03

一時は後継者がいるかも、という話もありましたが、残念ながらそのまま閉店と相成りました、



その後、おそらく2015年の春頃にこの「なごみ」が開店したんだと思います、

049

当時はワタシも勤めが近かったので毎日のように駅前ビルを徘徊しておりましたが、残念ながら入店なし、今日に至ってましたが、、、

先日、見回りますと、前述の看板が!

お、日本酒も揃っているみたいじゃないですか、

ではでは、ということで、本日初探訪と相成りました!とさ、



ほぼ居抜きです、

「かわさき」時代と変わらぬレイアウト、

内装はちょこっと変わったのか?装飾品だけの変化か、さすがに店内の雰囲気は微妙に違います、

カウンターには先客が5~6人、常連さんらしく結構温まっています、

カウンターの中には若い大将とお姉さん、

3人ですが、、、イケます?、、、

さきに、常連さんの方から「どうぞどうぞ」の声が掛かりますhappy02

もちろん大将からも、

カウンター奥か、奥のテーブルも空いてますので、

お、奥のテーブル、「かわさき」時代も座ったことないですねhappy01

ではではテーブルに座らせていただきます、

しばし、大将と「かわさき」縁起のお話、

やはり「かわさき」時代の常連さんが何人か来られるようです、なるほどね~shine

大将もお姉さんも気さくでエエ感じです、これでっだいぶ“なごみ”ますhappy02

では、表の看板にあった「お好きな3種の利き酒セット」880円也を3つ、お願いします(潔すぎる日本酒好き3人happy02)、

在庫のお酒はこんな感じでした、

038kai

ワタシはシンプルに「川鶴」を上から3つにしましたwink

039

連れはこんなんと、

041

こんなん、

042

これでワイワイと全種9つの銘柄を飲み比べ、、、

もう、なにがなんだか、分かりましぇんhappy02、憶えていませんsweat01

料理は、これは「かんぱち」かな、

046



「穴子の玉子とじ」(たぶん)、

047

そして「麻婆豆腐」、

048

辛いですよ~とのことでした、が~、美味しかったheart01

こういう店にある「麻婆豆腐」、味違いでエエですね、

それになんか「かわさき」のメニューにも通じるとこがあって、なんか嬉しいです、

この頃には4人目も合流、久しぶりですな~、

これで日本酒を飲み干し、料理を食べつくしてお勘定です、5600円程、

大阪駅前第2ビルB1Fの「なごみ」、良心的ですね、日本酒もあるのが分かりましたgood

そしてなにより大将とお姉さんの感じがヨロシイ、それが一番、ぜひ再訪したいと思います、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04

この後は駅前第1ビルB2Fの「半立ちワイン」へ、

まだ食べてますね、、、あ、4人目が食事まだやったか、

053
051
050

ワインで気分良くなってお開きです、

飲み過ぎはあきません、これくらいにしておきましょwink

(おまけ)

前日の手料理、

001


「鯛と牛蒡煮」、美味しいshine

そして、翌日は肉が食べたくて「大阪トンテキ」へ、

056

ここも久しぶり、やはり旨い! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »