« これはエエ店です、料理が美味しい、刺身は新鮮で大満足、裏なんばの立ち飲み「もんぞう」。 | トップページ | 山行き“唐櫃超え”の後は「新福菜館」、そして高槻へ、「すーさん」~「盤石」で盤石です。 »

2016年5月27日 (金)

どんどんできる良さげな立ち飲み、京都では粋場が登場^^)、「すいば」2店を探訪です。

【2016年4月16日(土)】

京都 六角富小路「すいば」~裏寺町「すいば」

今日は、来週のライブに向けて京都でバンド練習です

しかし、油断も隙もありませんなあ

最近は『立ち飲み+日本酒』な店が雨後の竹の子状態、

京都でも新しい店がグングン伸びている、いや、出来ているようです

こうなれば仕方ありますまい(いや別に仕方なくはない)、

バンド練習終わりで洛中の立ち飲みを2軒回ります

お目当ては「すいば」、新規参入のお店で京都に2店舗あるみたいです、

先日買った「Meets」に載ってましたあ、、、

情報源は多岐にわたって大切に、、、

ところでこの「すいば」という店名、

如何にも京都らしい店名やなと得心いたします、

子供の頃からよく使っていた言葉です

ワタシお使い方は、、、『ゲンジのすいば』、、、みたいな、、、

あ~、これでは京都人以外は絶対に分かりませんよね、うん、大阪の人も分からんかもしれません、

ここで説明するのも面倒なくらいややこしい状況です、、、

どうしましょ、、、とりあえず書いてみますか?

“ゲンジ”ちゅうのは昆虫の“クワガタ”の事です、

“すいば”ちゅうのは、その“クワガタ”がぎょうさん獲れる秘密の場所の事です、、、

あ~、これでは分からんですよね~

そういうと、この“すいば”という言葉を使っておられる方が確かいらっしゃいました

まず、大阪の江さんかと思いましたが、検索しても当たらず、、、

う~ん、と考えて思い出しました、この方です、

松山猛さんです!

「イムジン河」の訳詞、映画「パッチギ!」の原作などで知られています、

学科は違いますが高校の先輩でもあります、

その松山猛さんがこんな本を出しておられます、『京の粋場歩き』、

Matsuyama

“すいば”=粋場、という事らしいです、語源もこの本で初めて知りました、

ここの店名を聞いてこの本を思い出した訳であります、ヨカッタ

閑話休題、



さて、京阪電車「祇園四条」で降ります、

近いのは裏寺町辺りの「四条店」ですが、

まずは六角富小路の方のお店へ行ってみましょう

土曜日の京都のこの辺り、ほんまにえらい人出です、

30年前には想像もできない人手(そりゃそうや)、外国人がめちゃ多い、あ~、えらい歳まで生きてもた

で、なんなく「すいば」六角富小路のお店発見

洛中も京都は通り名さえ覚えていたらほんまに便利です、

002


ほう、しゅっとした店です(“しゅっとした”はエエ感じです!という京都弁、あ、大阪でも云うか)、

ではでは入りましょう

入るとちょっとホールな感じ、左にカウンター、スペースには丸テーブル、

どいうやら奥のカウンターがメインのようですが、満員っぽいです、

スイマセン、奥が満員なので、こちらでいいですか?

はい、もちろん、

入ったところのカウンターに着きます、

時間は16時半頃、すでに店は暖まっています、人気店ですね

接客が律儀、きっちりしているということですが、、、

立ち飲みにしてはなんか慇懃すぎる気もします、

まずは「角ハイボール」300円也、

003

それと「自家製ポテサラ」180円也と「牛モツ煮込み」180円也を同時発注、

006_2

ポテサラは甘めで美味しい、

モツ煮込みも上品な味噌味、豆腐沢山です、

007

綺麗な店内内装はグレーとウッディ、女性客も多いですな、

「ハイボール」をお代わりして、「牛ハラミ串カツ」300円也、

013_2

これもまあ普通に美味しいです、

これでお勘定、1260円也、

六角富小路の「すいば」、エエ店やと思います、

綺麗やし明るいし、料理もまあ美味しい、

でも、なんかしっくりこないのはこっち側の問題かな、立ち飲みにしては行儀良すぎる??

数人でワイワイと飲むにはなんの問題もないですな、

ごちそうさん、また来ますね



そのまま四条裏寺町辺りまで歩いて、もう一軒の「すいば」四条店へ入ります、

016

こちらも人気で2組はお待ちでしたが、

一人客はカウンターに入れるとのこと、ではでは入りましょう、

店全体がL字形、

厨房に向けてのカウンターと各々の壁に着いているカウンター&ミニテーブル、30人くらいは入れるかな?

厨房向きのカウンターに案内されます、厨房や店員さんが近くてヨロシイ、

メニューは先程の六角の店と同じ感じですな、

日本酒にしましょう、メニューから「小佐衛門」600円也(ちょいと高い感じ)、

019



肴は、、、あ、こちらの方が料理のメニューが楽しそうです

その中から「あさりと春キャベツの酒蒸し」280円也にします、なんか春らしくていいじゃない、

021_2

お!薄味塩味で美味しいです!!こりゃアタリ

酒蒸しというより洋風スープな感じ、料理しっかりしてますな、

聞いてると、電話で予約も取るみたいです、立ち飲みで、、、ビックリポンや

厨房の様子も見えるし、店員さんもにこやか、

やはりこういうのが見える方が安心して気分よく飲めるなあ、

「はまちのお造り」380円也、

023_2

これもイケました

これでお勘定、明朗会計、

裏寺町辺りの「すいば」四条店、

ここも一人でしっぽり飲む感じではないですが、料理に納得、接客もまずはホコホコしてました、

二人でさくっと飲みたい時にやはりエエでしょうね

ごちそうさん!また来ますね

|

« これはエエ店です、料理が美味しい、刺身は新鮮で大満足、裏なんばの立ち飲み「もんぞう」。 | トップページ | 山行き“唐櫃超え”の後は「新福菜館」、そして高槻へ、「すーさん」~「盤石」で盤石です。 »

京都河原町他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんどんできる良さげな立ち飲み、京都では粋場が登場^^)、「すいば」2店を探訪です。:

« これはエエ店です、料理が美味しい、刺身は新鮮で大満足、裏なんばの立ち飲み「もんぞう」。 | トップページ | 山行き“唐櫃超え”の後は「新福菜館」、そして高槻へ、「すーさん」~「盤石」で盤石です。 »