« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月29日 (金)

今日は梯子です、玉造から初の東部市場前を探訪、大阪ワインが飲める「仲村商店」へ、そして〆は阿倍野の「ともえ」です。

【2015年12月16日(水)】

大阪 東部市場前 「仲村商店」~阿倍野橋「ともえ」

今日は梯子してますhappy01

玉造のおでん「きくや」から「ねぎや」の後です、

初めての「東部市場前」駅を目指します、

JR関西本線(天王寺~奈良は大和路線、三重方面名古屋まで続く路線)で一駅目が「東部市場前」、

その名前の通り“東部市場”が近くにあるんでしょうね(未確認sweat02)、

前から行きたかった、なにやら下町な感じもするエエ駅名ですshine

この「東部市場前」駅辺りに何軒か行ってみたい店があります、

まずは駅近くにある「仲村商店」を目指しましょうdash

角打ちです、酒屋で飲めるようですが、、、大阪では珍しい自家製ワインの店らしいです、

ちょいと調べると、、、羽曳野の方でワインを醸造されているようですね、「仲村ワイン工房」、

なるほど~flair

広い通りを渡って少し行くと「仲村商店」がありました、

031

ガラス張りの大きな店構えです、中の様子が見えるのでそのまま入店です、

広い店内に酒販と角打ちが同居しているタイプです、

ワインがずらりと並んだスペースの奥にカウンター(7~8席かな)があります、先客が4人ほど、

こちらも4人組、、、入れるかな?と思ったら、、、

さらに奥のスペースにテーブル席がありましたflair、ちょうど座れます、ヨカッタhappy01

ビールや日本酒もありますが、ここは当然ワインでしょう、

ワインメニューはこんな感じ、

032kai

さすが、、、

ボトルもありますが、メインは“サーバーからのワイン”みたいです、
エエじゃないですかheart02

大阪メルローが4種類あります、

蝶(赤)、ロゼ、リースリング(白)、デラウエア(白)、600~700円也、

こちらはちょうど4人組、ではでは、それぞれ一杯づつ好みをお願いましょうか、

 

これでカンパ~イ、

036

うん!美味しいです、羽曳野のワイン、エエです!!

料理もお願いします、

これは「クリームチーズ&クラッカー」400円也、

037

「サバ缶味噌煮」500円也、

038

これは、、、「小芋と鶏の煮物」430円也かな、

039

お客さんも続々、カウンターはほぼ満席ですね、

頼みそびれた「ロゼ」も試してみましょう、

040

うん、これもイケます(ほんまに分かるんかいなhappy02)、

「ブルーチーズ&クラッカー」も追加してますね、

041

はい、これでお勘定です、@1500円くらいかな、

「東部市場前」の「仲村商店」、美味しい大阪ワインがいただけます、

気に入りました、ごちそうさん!また来ますねheart04

もう一軒、この近くの角打ちを回ろうかと思っていましたが、

ちょっと遠いみたいですので、今日は断念heart03

このまま天王寺に戻って、阿倍野の「ともえ」へ行きましたhappy01

056

お久しぶりです、日本酒が充実の酒場ですが、酒場自体はちょっと狭い、

では奥で飲みましょか、、、

054

奥は、、、ビリヤード場ですhappy02

ここで日本酒が飲めます、オモロイでしょ、

そして、お兄さんの日本酒への想いが熱いです、エエ日本酒が揃てますgood

ワタシは「山間」と、

045

「町田酒造」も飲んだかな?

044

肴は「はまちの刺身」、

048

「にがり寄せ豆腐」、

049

「ほたるいかの素干し」、

052

これは馬肉みたいです、「極上サイボシ」shine

053

初めて食べました~happy01

奥の台にはなぜか鉄道模型のジオラマがhappy02(なぜに~)sweat01、、、

046

これは前回は無かった、、、また、ビリヤードできる台が一台減りましたわcoldsweats01

阿倍野の「ともえ」、ここもホンマにええ店です、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

はい、今日はこれでお開きです、また行きまひょ~ね~heart02



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

今日は4時から飲みましょう^^)玉造のおでん「きくや」で同一店フライング、そして「ねぎや」でピピッと♪

【2015年12月16日(水)】

大阪 玉造 「きくや」~「ねぎや」

今日は飲み会、梯子の予定ですhappy01

まずは玉造の「きくや」で待ち合わせ、

平日の4時集合というなんとも嬉しいセティングですheart02

はい!ワタシは大丈夫です、行きます!!(キッパリhappy02)

ポートアイランドで競走馬画家の方の個展を観て、

013

そのまま、JRを乗り継いで大阪環状線「玉造」駅へ、

集合場所の「きくや」は駅から徒歩30秒ですshine

時間は15時40分頃、待ち合わせまでは少し時間あります、

015

店の前で待っても良いのですが、、、ここは飲み!でしょうhappy02

ということで、一人で同一店舗フライングです、

というのも、、、ここ「きくや」は超人気店、

店内での待ち合わせは出来ませんsweat01

出席者全員が揃ってからでしか入店できません、理に適ったルールです、異論はございませんwink

でも、一人でまず飲んでも良いですよね、ではでは入店ですdash

あとで4人になりますが、、、というと、、、

合流できませんよ、と釘をさされます、、、

はい、合流しません、、、

入り直しますのでちょっと一杯飲ませてください、

ということでカウンターに座ります、

まだ4分くらいの入り(それでも、この時間でこの人気)です、まあ、なんとかなるでしょう、

まずは大瓶、そして、おでんは「餅巾着」、「春菊」、

う~ん、もうイイかなと思いながら、つい「ねぎま」もお願いします、

一人カンパ~イbeer

「餅巾着」はすぐに出てきます、

017
016

「春菊」と「ねぎま」は通し入れ(っていうのかな?注文が入ってから鍋に投入されます)ですのでゆっくり出てきます、

飲み友からメッセージ、

一人はもうすぐ来れるみたいですが、あとの二人はもう少しかかるようです、

う~ん、、、微妙な情勢です、

というのもこの10分くらいで続々入店sweat02、まだ空きがありますがあと3人は入れるかどうか微妙な情勢ですcoldsweats02

「春菊」、

018

これが美味しいんですheart02

春菊はおでんにすると、なんでこんなに美味しいんでしょう?

そして「ねぎま」、

021

結構ボリュームあります、ここはゆっくり食すべきですが、、、

そろそろメンバーが揃いそうです、

ここはルールに従って一旦お勘定をして退店、表で並び直すことにしますgood

ここまでで1000円ちょっとかな、

あら、表には別のもう一グループの方々も、メンバーが揃うのをお待ちです、

うちもメンバー待ちです、時間の勝負ですdash

入店の順番、前は各自の自主性に任せて順番を順守していましたが、、、

この日は順番待ちの記入用紙がありました、

なるほど、まあ、この方が揉めないですよね、

うちのグループとあちらのグループ、先に揃ったほうが入店できます、

やきもきやきもき、スリリングな瞬間ですhappy02

幸い当グループの二人が先に到着shine、ヨカッタ、ではでは再度入店ですwink

スイマセン、あらためてお世話になります、

今度は皆でカンパ~イです、ワタシは燗酒にします、

おでんは「アスパラ」とか、

023

これは???「いか天」かな??

026

他の3人はどんどん注文、ほんと、ここのおでん、美味しいですよね~lovely

これも???なんだっけ、「湯引き」かな?「ミノ」かな?

025

とにかく4人でワイワイと食べて飲みました、

ここのおでん鍋、上品なおでん屋さんのように鍋に仕切りがあったりしません、

024kai

ぎりぎりまで具材と出汁がヒタヒタ、グツグツ、

細かい具合の調整があるのか?ないのか?

でも、、、とにかく美味しいんですshine、旨いんですheart01

「玉造」駅前の「きくや」、人気のおでん、毎度、その美味しさに驚かされます、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

この後、予定外ですが話題に上った「ねぎや」へ行きました、すぐ近くです、

以前に前まで来たことはありますが未探訪です、

入ってみましょうdash

予想より渋いお店です、居酒屋ですね、

でもなんかピピッと来るものもありますconfident

ビールや焼酎飲みながら、

029

「ポテサラ」(これ、美味しかったですup、自家製かな)、「クラッカー」などで一杯、

こんな感じがエエ感じの店です、

それよりトイレでこんなポスターを発見flair

027kai

おお、相当古いですshine

お店の方に訊くと、このポスター作成に関わられた方とお知り合いのようです、

なるほど、なんか、この店のIDみたいなものなのかもしれません、ピピッshine

「ねぎや」さん、来てヨカッタ、また来ますねheart04

さて、では予定の路線に戻りましょう、

次は「東部市場前」駅を目指しますdash、初探訪です、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

2015年末で閉店!?あら~、これは探訪しなければなりますまい、西元町の「酒之灘屋」、期待通りの酒場でした^^)

【2015年12月14日(月)】

神戸 西元町 「酒之灘屋」

年内で閉店!!という事なので緊急事態です、急遽探訪いたしましたsweat01

西元町のJR高架北側にある「酒之灘屋」、

何度となくJRの車窓から見ていたのですが未探訪でした、

先日、御影からテクテクで新開地水木通りの「水木湯」へ行った時のことです、

偶然「酒之灘屋」の前を通るとこんな張り紙が、、、

024kai

あらま~、年内に閉店ですか!?heart03

こりゃ、閉店前に一度探訪しなければなりますまいbearing

しかし、開業日時がきっちりしていますね、

なんか律儀な昔気質感が滲み出ていますhappy01

ということで、今日は西元町の「酒之灘屋」を目指しますdash

三宮から高架下の商店街を歩きます、

ここも昔からお世話になっています、

初めて来たのは高校生の時だから1970年頃ですねshine

小遣いを数千円握りしめて京都から阪急電車を乗り継いで来ましたtrain

で、ウインドブレイカーやCPO(当時こういう云い方してた、アメリカンな田舎風ジャケット)、1着1000円くらいのを買いあさって、

王将だったか珉珉で餃子食べて帰ったな~、懐かしいhappy02

閑話休題、

三宮から延々と続くこの高架下商店街も、

西元町の西側で途切れます、そこを北側に出ると「酒之灘屋」があります、

009

エエ感じの外観です、

013

縄暖簾で見えにくいですが、貼り紙もしてあります、

時間は17時前、でも、もう開店しているはずですhappy01

ではでは入りましょうdash

意外に狭い店内、外観通り三角形の店内です、

9~10席くらいの変形カウンターに小さなテーブルが3つほど、

022

いずれも立派なぶ厚い板のカウンターなりテーブルです、

これだけでも閉店するのがもったいないのが分かりますheart02

先客は1組2人、やはり閉店を偲んで来られたようです、

カウンターの中にはお父さん、お母さん、、そして娘さん?

家族経営でしょうね、これまたエエ感じですwink

ビールは大瓶しかないみたいなので焼酎にします、

「薩摩白波」で、はい、それで結構です、

ちょっと寒くなってきたのでお湯割りでお願いします、

「焼酎のお湯割り」は珍しくセットで出てきました、

014

味のある錫のチロリに焼酎が、お湯はポットに、

あとは自分で作ってね、ということですshine

こういう酒場の風情がある店、本当に少なくなりましたねhappy01

肴は「きずし」650円也をお願いします、

まだちょっと浅いけど良いですか?あと30分くらいしたらちょうどエエ感じなんですがね~、

イイです、浅いのも好きなんで下さい、

出てきたのは繊細な“きずし”でした、

017

これは鯖ではなく鰯の“きずし”のようですね、

たしかに浅いですが美味です、さすがの一品、

ワタシの目の前に“アカ(銅)”の焼き台のような機器があります、

020

文字通り焼き台のようで、お父さんが割箸を火種にして炭を鋳こされます、

あっという間に着火、これまた年季の入った作業ですgood

両脇にある穴は燗酒用のように見えます、

訊くとやはりそのようで、昔はここに酒のチロリを入れて燗酒をつけていたそうです、今はもう別の湯煎に変ったようです、

酒のチロリは4合くらい入るそうで、、、

昔はその大きなチロリで燗酒出してましたけど、いまはもうそんな飲み方する人いませんわ、、、

とのこと、今はお湯を沸かしたはるそうですhappy01

開店しているとはいえ、カウンターの中はいろんな準備さっようが同時進行中、

おでんの具材も投入、あ、豚足もおでんに入るんですね、

大根が煮て、魚も捌いて、

そして、目の前の焼き台では穴子が焼かれ始めました、、、

今日は鰻ではなく穴子なんです、でもエエ穴子でしょ、明石ですwink

031

たしかにめちゃ美味しそうですheart02

では燗酒をいただきましょう、灘の「菊正宗」400円也、

これも錫のちろりで出てきます、

023

肴は「焼きだこ」650円也にします、

024

sign01、わたしのタコ、目の前の焼き台で焼き始めました!

ええタコです、立派なタコですshine

醤油をちょっと垂らすだけ、塩もなし?でジュウジュウと焼かはります、

素材がエエから焼くだけ、、、こりゃ、絶対美味しいでしょうheart02

026

はい、予想通り、めちゃ美味しいです、

う~ん、熱燗に旨い肴、酒場の醍醐味です、

常連さんらしき可愛い先輩ご婦人がお一人で来店、

魚料理に、お酒を頼んで上品に飲んだはります、さすがですわshine

齢とっても、こういう飲み方ができるようになるとイイですね、

これでお勘定にしました、明朗会計、

西元町の「酒之灘屋」、昭和26年4月8日からの歴史に幕を閉じますsweat02

お疲れ様でした、

残念ながら、関西ではこういう酒場らしい酒場がなかなか残りませんね、

東京は街々に1軒、こういう酒場があり、今でも結構残っている店がありますが、関西はホント少なくなりました、

関西では街々の酒場の役割を“酒屋の立ち飲み(角打ち)”が支えているような気がします、

多いですよね、酒屋の立ち飲み、 

そういうと東京は角打ちが少ないかもしれません、たしかにそういう構造があるのかもしれません、

でも、出来ればこういう酒場も残っていって欲しいものですlovely



と、ここに来て意外な朗報がup

閉店を惜しむ声に押されたのか?

2016年1月はいったん閉店しますが、改装の上、2月には再開店するかも、、、

との情報もあります、

050

西元町の「酒之灘屋」、2月にもう一度行けるかな?

楽しみにしていますshine



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

京都一周トレイル、伏見稲荷~蹴上間を歩いて、古川町商店街の「BEER Komachi」で"カニ祭"に参戦です。

【2015年12月13日(日)】

京都 三条東山 古川橋商店街「Beer Komachi」

今日も結構テクテクしていますdash

『京都一周トレイル』、

前からこれを歩きたいと思っていたので、ぼちぼちと歩き始めていますhappy01

それに、

この日曜日は京都東山三条のクラフトビールのお店「Beer Komachi」で”カニ祭り!”があるそうですflair

うむ、、、イケるsign01、、、両方ともやっつけましょうhappy02

朝から電車で移動、1時間半ほどで伏見稲荷大社へ到着、

Pc130002kai

今や『来てよかった日本の観光スポット』みたいなアンケートで2年連続第一位sign03の名所です、

朝から外国人で溢れていますhappy01

Pc130010kai

伏見稲荷大社から稲荷山を登り四つ辻まで、

そこから泉涌寺~清水山~将軍塚~粟田口~蹴上まで、

総行程約3時間半の山行です、

この日は『東山三十六峰マラソン』というレースも行なわれてました、

Pc130022kai

偶然です、、、で、コースがワタシとは真反対の逆コースsweat01

途中の細い山道で数百人のトレッキングランナーとすれ違うというハプニングも、

ビックリポンや!happy02



ピークは過ぎていますが、紅葉も楽しめましたshine

Pc130034kai
Pc130036kai

で、無事、蹴上に到着、

時間は14時頃、「Beer Komachi」の”カニ祭り!”は15時からです、

もうちょっと歩いて行きましょうdash

蹴上から南禅寺へ、

Pc130059kai

偶然、水道橋の上を歩く道に入り、、、怖かった、、、えらい高いsweat01、、、

高所恐怖症ですheart03

街中では、ちょいと写真家の気分で撮影wink

Pc130100kai_2
Pc130107kai



そろそろ3時前、ではでは「Beer Komachi」へ行ってみましょうheart02

まだ開店準備中でしたが少し待って入店、

この店、出来てもうだいぶ経つと思っていましたが、

訊くとまだ1年ちょっととのこと、そうでしたか、、、勘違い、

よく歩いたのでまずはビールですねhappy01

032

クラフトビールは詳しくないのですが、、、

このところ、偶然2回ほど話題に上った「箕面ビール」がメニューあったのでそれにします、

ビールも日本酒も旨味の強いのが好きなので、クラフトビールもイケます、

よく歩いただけに余計に美味しいですshine

“カニ祭り!”、

え~っと、蒸しカニとかも惹かれるけど、、、

玉子好きが台頭、「カニ玉オムレツ」680円也にします、

15時開店直後に入店しましたが、その後も入店続々、

30分くらいでほぼ満席になりました、この時間でこの入り、人気ですねwink

はい、「カニ玉オムレツ」、

033

本格的な料理です、ここのシェフ、腕イイですからねheart02

うん!美味しいです、

ビールを飲み干して、日本酒にします、京都の日本酒は揃っています、

038kai

ちょいと悩みましたが、たしか「玉川」を燗でいただきました、

この時期、やはり燗酒も美味しいですな~、

037

はい、これでお勘定です、明朗会計shine

山行とビール、燗酒、カニ料理、お疲れ様でした、

古川町商店街の「BEER Komachi」、

クラフトビールファンには嬉しいCP、そして料理が美味しいですね、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

久しぶりの同期との飲み会は北新地、焼きトンの「たゆたゆ」から立ち飲みの「スリール」へ、北新地でも楽しめます。

【2015年12月11日(金)】

大阪 北新地 「たゆたゆ」~「スリール」

今日は急遽飲み会です、同期と久しぶりの北新地ですshine

でも、“焼きトン”と“立ち飲み”ですhappy02

まずは北新地の「たゆたゆ」で待ち合わせ、

“焼きトン”文化がなかった関西ですが(と思います、ワタシが知らんかっただけかも)、

この数年、明らかに増殖、だいぶ一般的になって来ましたね、

「たゆたゆ」は美味しい“焼きトン”がいただける人気店ですheart02

この日は二人で18時集合、

二人やし、まあエエやろ、

と予約なしで現地集合にしましたが、、、

危ない危ないsweat01、結果的に入れましたが空きは2席のみ、

後は予約で一杯、8時までならOKという状態でした、

やはり、ここは予約して行くべしですなcoldsweats01

とにかく無事入店、まずは乾杯です、

これは、、、「突出し(お通し)」だったかな?

004

で、料理は単品でいこうということになり、

まずは「煮込み」、

006

「ハツ刺し」(ボイルしてるみたいですが、新鮮で美味しかったですheart01)、

005

ブタの刺身を食べれる時代なんです、えらいこっちゃhappy02

焼き物は「おすすめ5本」みたいなメニューをお願いしました、

007

まずは2本、「タン」と「豚トロ」、だったと思う、、、

焼きの串は大振り、

二人ということもあり串から外して箸でいただきましたが、

量的には、二人でこれでちょうどエエ感じgood

一人だとこの5本セットお腹一杯になるかもです、

もちろん、それなりのレベルで美味しいです、

一串180円~200円也と、東京に比べるとさすがにやや高め、

ま、北新地やから仕方ないか、というか北新地なのに良心的ということか?

続いて、残りの3本は、、、

「がつ」(これが牛の“ミノ”見たいでした)、「のどぶえ」、「シロ」、かな、、、

009kai

さらに単品で、また「タン」、そして「ハツ」と「かしら」、

010

「漬物」とか、

012

「九条葱」(やったと思う)も頼んでます、健康的happy01

013



最後に「はらみ」と「チレ」やったかな?

011

塩・タレは店の方で決めているみたいで、

今回は「チレ」のみタレで出てきました、

酒は3杯づつくらい、前日も飲んだのでこの日は日本酒まで行かず焼酎のみでした、

これでお勘定は@3500円くらい、美味しい“焼きトン”がいただけましたwink

東京の「宇ち多”」、「ミツワ」や「埼玉屋」、「新潟屋」のような個性的で安旨の”焼きトン”という訳にはいきませんが、

関西でも美味しい”焼きトン”増えてきました、

大阪北新地の「たゆたゆ」、ごちそうさん、また来ますねheart04

もう一軒行こうということになり、すぐ近くの立ち飲み「スリール」へ、

久しぶりです、なんとなく憶えてくれてます?初めてちゃいますよ、

前はね、目の前のビルに会社があったんで何回か来ましたが、

夏に会社が移転したんですわ、はい、

それにワタシは定年退職で会社辞めてるしhappy02

でも、同期の会社は今度近くに越してくるそうなんで、

こっちで贔屓にしてもらってくださいなhappy01

ワタシは「ハイボール」にしましょう、

ここのハイボールは樽生、サーバーから直接ハイボールがジョッキに注がれる生タイプshine

これ、美味しいと思いますわheart02、炭酸が強いからかな?

あとは2品で500円也の肴、「塩辛」と「ピーナッツ」を頼んで飲みモードです、

店の方も交じってワイワイと盛り上がったので、写真なしheart03、、、

宝くじの話、ほんま当たらないけど、当たったらエエなあ~、

競馬の話、そうや、今度”スリール”っていう名前、馬に付けたらどう?

たしか仏語で『幸せ』とかなんとかいう意味らしいで、どや!?

久しぶりの呑み喋りモードですhappy02

あ、同期は日本酒飲んでたみたいです、

014

2杯飲んで一人@900円也、はは、ええなあ、

北新地の中ですが立ち飲み、肴も料理もイケるgood

なかなか使い勝手のエエ店です、

北新地の立ち飲み「スリール」、エエ店です、おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

そろそろと年末モードで飲み会が増えてきました、で、フライングは肥後橋の「おたやん」へ、飲み会はなんばの「酒友忠じ」で^^)

【2015年12月10日(木)】

大阪 肥後橋 「おたやん」~なんば「酒友忠じ」

今日も飲み会があります、そろそろ年末モードですhappy01(嬉しいhappy02)、

夕方に行きつけの歯医者で歯のクリーニング、

ああ、毎度怖いですわ~sweat01

その後は、肥後橋の大同生命本社で開催されているパネル展へ、

012

そう、NHKの朝ドラ「あさが来た」の主人公は大同生命創業にも関わっているのですshine

面白かったパネルはこれ、

008kai

旧商家「加島屋」の就業ルール、今でも通じるものがありますgood

さて、飲み会は大阪のなんばです、

まだ時間があるので肥後橋からゆっくり歩いて行こう、という計画でしたが、生憎の雨ですrain

歩くのはあきらめて地下鉄移動にしましょう、

となると時間が余りますね、近場で一軒フライングして行きましょう、

ということで、“日本一短い商店街”にある立ち飲みの「おたやん」へ行きました、

018kai

2度目の探訪、安いし料理も美味しい良心的な立ち飲みですheart02

時間は17時過ぎ、先客3名、前回同様ショーケースの前のカウンターに立ちます、

え~っと、「麦水割り」ください、

200円也、安いですね、

そうそう、こちらはキャッシュオンです、カウンターの皿にお金を置いておきます、

肴はショーケースに並んでいる小皿から「高野豆腐の玉子とじ」150円也、安!happy02

013

カウンターの中のお母さんはせっせと調理中、どんどん料理が増えて行きます、

大将は飲み物やフロア担当、

TVのニュースを見ながらちゃっちゃっと飲みすすめます、

大将とお客さんとの話を聞くと、、、

え!?この商店街、無くなったんですか?

flair、そういうと、ここ来る時にアーケードがないところがありました、

一瞬、あれ?と思ったのですが、、、

なんと、商店街がなくなり、アーケードを撤去しているそうですsign01

011
(写真は2016年1月上旬の状態、アーケード、ほぼ、無くなりました)

あら~、“日本一短い商店街”がなくなっちゃうんだheart03、ちょっと残念ですねsweat02

で、日本のどこかの商店街が、新しい“日本一短い商店街”shineになるんですね、

どこになるんだろう?ある意味チャンスですねflair



閑話休題、

日本酒も考えましたが、「麦水」をお替り、

ちなみに日本酒メニューは、上喜元、一白水成、雨後の月、澤屋まつもと、などがありました、

カウンターの大皿から「鶏の天ぷら」200円也、安!

015

前回も食べました、好物ですheart02

大分流なのか?ちょっと辛いソースと一味、葱が掛かります、美味しいです~、

これでお勘定、キャッシュオンですので支払い済み、

1000円でお釣りが来ました、イイですね~、

肥後橋商店街(もう無くなったかsweat02)の立ち飲み、家庭料理の居酒屋「おたやん」、

いいですね、良心的なお店です、価格も、接客も、

気に入ってます、おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

さて、地下鉄でなんばへ移動、今日の飲み会は「酒友忠じ」です、

人気のお店ですね、この日も19時過ぎにはもう満席でした、

ここでも焼酎、「村正」っていうのが定番で300円也、これでイケます、

024



肴は「宇部かまのいたわさ」?だっけ、

027



「刺身盛合せ」、

029

他、、、

032

焼酎も4杯くらい飲みました、

料理も美味しいし、メニュー多いです、

皆でワイワイと飲むのに良い店ですねshine

お勘定は@3000円くらい、たしかに楽しめるCPです、

なんばの「酒友忠じ」、ごちそうさんでした!

実は明日も急遽の飲み会が入りました、今日はこれくらいで帰りましょう、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

九条きらら商店街中程の「清水屋商店」の角打ち「ごろごろ亭」へ、良い方に裏切っていただきました、そして「白雪温酒場」へ。

【2015年12月8日(火)】

大阪 九条 「ごろごろ亭」~「白雪温酒場」

今日もテクテク、“箕面の滝”へ行った後ですhappy01

石橋で軽く飲んだ後は、大阪九条で飲み会です、

お目当ては久しぶりの「白雪温酒場」heart02ですが、その前にフライングで一軒行くつもりcoldsweats01

まずはワタシ一人で「ごろごろ亭」を目指しました、

“九条きらら商店街”の中程に、エエ感じの店構えの酒屋「清水屋商店」があります、

029_2
(写真は別の日の撮影です)

何度も前を通ってます、

ずっと“どうやら角打ちはないらしい”と思っていたのですが、、、

先日、前を通ると店の横に看板が出ていましたshine

030_2

お!ついに角打ちが出来たのかな?やった~flair

どうやら店の脇の路地側に入り口があるみたいです、

これは楽しみが増えましたwink

ということで、

今日は「白雪温酒場」の前に軽く飲んでいきましょう、という目論見です、

時間は18時過ぎ、

022

はい、今日もちゃんと看板が出ています、

路地を入ると暖簾が出ています、

中からは明るい話声が聴こえます、引き戸の刷りガラス越しに中の様子を窺うと、、、

あら?てっきり角打ち⇒立ち飲み、という思い込みがあったのですが、

どうやら椅子があるようです、

おお、ちょっと怯みますsweat02

昼間にも「箕面」駅前の角打ち「梅原商店」でも、

常連さんの迫力に押されて入店をあきらめています(気弱いsweat01)、

一旦、表まで戻って看板を確認、うん、ここですよね、大丈夫ですよね、

ということで、勇気を振り絞ってあらためて引き戸を引きますhappy02

ちわ、

いらっしゃい、

なるほど、小料理家風のお店でしたshine

背中に余裕のないL字カウンター、先客がお二人、

カウンターの中には若い大将、角打ちですが座りということですね、

あとでもう一人来るのですがイイですか?

どうぞ~、

ということで入店完了ですgood、ヨカッタhappy01

とりあえず瓶ビールを頼んだかな、ふ~、お疲れ様でした、

予想とは違いましたが、こうして座ってみるとエエ感じで落ち着きますねlovely

メニューを見てみると、これまたエエ感じです、

刺身・魚系も充実、

他のメニューも良さげだし、カウンター上に並んでいる皿の料理も美味しそうです、

こりゃ入って正解ですなgood

飲み友に店の場所を連絡、もうすぐ来そうです、

では、料理も頼んでおきましょう、

お造りは「たこ足(生)」430円也と、

025

「かきの天ぷら」480円也、

028

うん、両方とも美味しかったです、やはり料理は期待できますねheart01

飲み友1名入店、もう一人来ることになったそうです、了解、

ビールで乾杯したあとは日本酒にします、

大将、「お酒もいろいろありますよ」と積極プロモート、

027

まずはワタシは大将のお勧め「誠鑑」、

広島竹原のお酒ですね、うん、優しい旨味のワタシ好みの酒ですshine

飲み友は土佐の「亀泉」、

029

これもイケましたhappy01、インパクトのある“辛くて旨い”タイプかな、

両方ともコップに並々+溢してもらいます、

これは正一合ですね、

いや、それ以上入れてますsign03、と大将、、、エエキャラです、

料理を追加、カウンターの上にあったので食べたくなりました、

「鰻の蒲焼き」450円也、

030

やはり、鰻は美味しい~happy02

大将に訊きます、

ここはいつ出来たんですか?

もう、30年くらいやってます、

あら!!失礼いたしましたsweat01

ワタシが気付いていなかっただけなんですね、

そうですか~、いやはや、いつまでも修行ですcoldsweats01

飲み友、もう一人も入店、これで揃いました、

ここ、料理、美味しいからね、メニューから選んでみて、、、

う~ん、じゃあ「たこ足(生)」を、

はは、やはりhappy02、それは先に頼んじゃいましたわ、

ということで、これは「あおりいか」450円也、

032

それと、味違いで「マーボー豆腐」430円也、

031

料理は全部美味しいですwink

と、4人連れが来店、あ、入り口の脇に小さなテーブル席がありました、

4人で鍋の予約みたいです、

また大将に訊きます、

何鍋ですか?ほう、河豚ですか、エエなあ~、

いくら?時価!?

でも絶対に他より安いですよ、とのこと、

いいですね、これは一度予約で鍋も来るべきですね~dash

さて、あとはこんなビールや、

033

定番酒を燗でいただきました、

034

定番酒は「松の花」、滋賀県高島市の酒らしいです、

はい、ご馳走様でした、お勘定です、

うん、え!?3人で5000円を切りましたsign01、安いですねflair

九条きらら商店街からちょっと路地へ、

「清水屋商店」の角打ち「ごろごろ亭」、

料理もイケる、日本酒もあります、店の雰囲気も良し、気に入りました、

次は鍋で再訪しなきゃいけません、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

この後は予定通り「白雪温酒場」へ、

ここではもちろん錫のちろりで燗酒heart02

036

「きずし」に、

037

「なまこ」、

038



「しらす」に、

039



「オムレツ」、

040



で燗酒、お勘定はちろり積み上げ方式ですhappy02

041



はい、今日はこれくらいで帰りましょう、

「白雪温酒場」、いつもおおきにです、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

今日のテクテクは箕面の滝へ、箕面駅前の「梅原酒店」へは入れず(汗)、、、石橋の「やまざき屋」へ転戦しました^^)

【2015年12月8日(火)】

大阪 箕面 「やまざき屋」

今日のテクテクは“箕面の滝”ですhappy01

阪急電車で「石橋」駅へ、乗り換えて終点が「箕面」駅です、

ここから“箕面の滝”まで3km弱、ちょうどエエ感じのテクテクですgood

夕方からは飲み会の予定、その前に軽くテクテクしときましょうhappy02

「箕面」駅を出ると、、、

すぐに滝へ続くと思われる商店が並ぶ道があります、ではでは、歩きましょうかdash

と、いきなり角打ちがありましたhappy02

002kai

「梅原酒店」、時間は15時前、もう中は盛り上がっています、

観光客向けというよりは、地元の常連さん達の憩いの場のようです、

いひ、帰りがけにちょっと寄ってみましょうかheart02

“箕面の滝”まではゆっくり歩いて40分ほど、


前に来た時は別の道から車で近くまで行ったんだろうな、

ここは歩いた記憶ないです、

009kai

箕面の滝、さすがに立派な滝でしたshine

さて、駅前まで戻って来て、先程の「梅原酒店」を覗きますが、、、

先程よりもっと盛り上がっています、ほぼ満員sweat01

中を覗いていると常連さんにギョロリと目が合いますsign01

うむ、無理にスペースを開けてもらうと入れますが、、、

また、目が合います、、、coldsweats02

あかん、、、こりゃちょっと無理sweat02、、、根性ないですhappy02

ここまで来ることはあまりないでしょうから、

ここはぜひとも入店すべきところでしたが断念、、、heart03

ホンマ、根性ないですわ、、、happy02

仕方なく、電車に乗って「石橋」駅へ、

このまま梅田へ戻る手もありますが、飲み会まではまだちょっと時間があります、

ここは石橋で軽く飲んで行きましょうhappy01

「石橋」駅周辺は少し土地勘があります、

まずは東側の飲み屋街の路地を探訪、

あ、ここは初めてかな、「石橋スタンド」、最近できたの?違うかな、、、

015

まだ開いていませんでしたが、開いていたら入ったかも、、、

「なかの食鶏」はもう開いていましたが、、、

座るのがちょっと億劫で(どういう事sign02)スルー、、、

ここはやはり立ち飲みやな~、

そういうと線路の向こう側の商店街に1軒立ち飲みがありましたよね、

黄色い看板のイメージが残っています、行ってみましょうwink

路地でそのまま線路の下をくぐれます、

商店街を右へ少し行くとありましたflair、立ち飲み・魚専門「やまざき屋」、

016

黄色いイメージはこの提灯でしたかhappy01

暖簾には“魚専門”の文字が、、、へ~、こんなんでしたか、ではでは入ります、

時間は16時半頃、一番客です、

立ち飲みカウンターと椅子付のテーブルもありました、

飲み物は「麦水」300円也、

暖簾の謳い文句に従って魚をいただきましょう、「マグロ中落ち」450円也、

017

うむ~、普通ですね、というか、中落ちのイメージと違う、、、sweat02

今日のまぐろがたまたまなのか?他のネタを頼んでないので分かりません、

ま、いいっかhappy02

ここはこれでお勘定です、明朗会計、

阪急「石橋」駅前の商店街にある「やまざき屋」、ごちそうさん!

さて、これから大阪の九条で飲み会です、ではでは、梅田を目指しましょうdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

先週見つけた角打ちを3軒探訪です、新在家「たかしま」~「荒金酒店」、大石「トモエヤ」へテクテク。

【2015年12月7日(月)】

神戸 新在家「たかしま」~「荒金酒店」~大石「トモエヤ」

先週の御影⇒新開地“水木通り”テクテクで、何軒か角打ちを見つけましたflair

さっそく行ってみましょうdash

今日は新在家から大石へと巡ってみます、

まずは阪神「新在家」駅から少し路地を入ったところにある、リカーショップ「たかしま」、

012

ここは先週のテクテクで見つけました、気付いてヨカッタ、

その前にも近くを通ったのですが、その時は見落としていました(どんだけ歩いてんねんcoldsweats01)、

立派な店構えです、ではでは、入りましょう、

ガラス戸を開けると、、、

割と広いテーブルスペースでした、6卓ほど、二人連れが座って飲んだはります、

奥が立ち飲みスペースのようです、すっと進むとお母さんがおられました、

立ち呑みカウンターが二の字配置されていますが、、、

016

椅子がありますhappy01、、、ま、いいや、ワタシは立って飲みましょう、

お母さん:アサヒ?キリン? 

あ、いや、ビールちゃうんです、麦焼酎の水割りお願いします、

そして、さっと「奴」の小鉢が出てきます、

013

あら?突出し、という事でしょうか?それともサービス?分かりません、

お母さん:お刺身?

強力プロモートが続きますhappy02、大丈夫です、そんなイヤな感じではありません、

う~ん、ちょっと考えます、

壁の白板にはどて焼き、揚げ餃子、フライドポテト、だし巻などの定番メニューが並んでいますが、

気になるのは、、、手書きポスターメニューの方、

014kai

「名物もつなべ」480円也、トーフか、うどんか、そばが付いてるという事か?

「ブタキムチ」、「イカリング」、「イカ下足あげ」、「水ギョーザ」、

「冷たいん!!ぶっかけうどん」、「ブタ冷シャブ」、「ブタショーガ焼き」、

「から口もやしいため」、「エビピラフ」、「アサリ酒ムシ」などなど、

ここらの450円也のラインの力の入り具合がヒシヒシhappy01

つうか、独特のカタカナ、ひら仮名遣いが鬼気迫ってるのかも、happy02

この迫力に負けてか、「ブタキムチ」450円也をお願いします、

あ、こっち側にも入り口があるんだ、

お客さんが入店、、、と思ったら、店の人のようです、大将かな?

来ました、「ブタキムチ」、

017

おお、ボリューム満点ですsign03、中華料理屋の一人前くらいの量があります、

そして、ニンニクが効いてますわ、こりゃ焼酎が進みます、

やはり、料理には力(リキ)はいっていますねhappy02

こりゃ焼酎一杯では足りまへん、お母さんお替り下さい、

ふ~、なんとか完食、今日は梯子の予定なのに一軒目から満腹です、

ここは二人か三人で来て料理を楽しむ手もありそうですね、

はい、これでお勘定です、1110円也、「奴」はサービスかもしれませんね、

阪神「新在家」駅からすぐのリカーショップ「たかしま」、

期待を裏切る意外な感じの角打ち、面白いかも、料理もいろいろ食べてみたい、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04

さて、2軒目はすぐ近くです、

「たかしま」から駅に向かう途中にあります、「荒金酒店」、

018

ここは、前に存在確認済(なんやそれ)ですが未探訪です、入ってみましょうdash

こちらは小さな角打ち、

10人ちょっとで満員のL字カウンター、真ん中辺りにタペストリー?で軽く仕切りが入っています、

023

その仕切りより奥は常連さんがすでに4人ほど、

さらにこの後、常連さん?が続々入店で奥は一気に満員になりました、

ワタシはちょっと気後れしてcoldsweats01、仕切り手前のカウンターに一人立ちますhappy02

カウンターの中にはお母さん、ここでも焼酎、「いいちこお湯割り」と、

おでん、「玉子」と「こんにゃく」、

022

肴は他に刺身(かんぱち)、ぬた、ウインナー、うるめ、いか煮付けなどなど、

奥のお客さん、なんと皆さんお知り合いのようです、

近くの会社の同僚?なんでしょうか、とにかく、盛り上っています、

ワタシはこれでお勘定、360円也、安!焼酎200円也、おでんが@80円也ということですかね、

「新在家」駅近くの「荒金酒店」、ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、3軒目は少し遠いです、

「新在家」駅から一駅三宮寄りの「大石」駅の手前まで歩きます、

「トモエヤ」、

ここも前から存在確認しておりましたが、

その時は、、、

この正面からの構えを見て“角打ちはない”と思っていたのですが、、、

008

なんと、先週のテクテクで横側に角打ちの暖簾があるのを発見flair

007

ビックリポンや!happy02

ということで、本日初探訪です、

026

ではでは、入ってみましょうdash

あら、立ち飲みかと思ったらここは小料理屋風、

6席ほどの小さなカウンターに椅子があります、

先客3人、なんか常連さんがしっぽり飲む感じですね~、

カウンターのお姉さん、いきなりの入店者にも冷静に対応してくれます、

ここは菊正宗の燗酒、

027

そして、「茶碗蒸し」180円也のメニューを見てお願いします、

チンでできるカップ「茶碗蒸し」でしたhappy01

028

でも、美味しいです、ちょっと歩いて来て冷えたさかいねwink

カウンターにあった「鰯の天ぷら」が美味しそうやったな~heart02

と、2人連れのお客さんが入店、これで満席です、

ではお勘定にしましょう、440円也

阪神「大石」駅から200mほど東へ、「トモエヤ」、ごちそうさん!また来ますねheart04

ということで、新在家~大石探訪はここでお終い、

帰りはさすがに電車に乗って帰りましょう、お疲れ様~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

しげるさんを偲んで新開地の「水木湯」へ、風呂上がりは「上山酒店」でビールをグビリ、そして「國」で天ぷらをいただきます。

【2015年12月3日(木)】

神戸 新開地 水木通り「上山酒店」~高速神戸「國」

今日は神戸新開地の水木通りを目指して歩きますdash

2015年11月30日、漫画家の水木しげるさんが亡くなりましたsweat02

ワタシなんかは、ばっちり『ゲゲゲの鬼太郎』(初作)世代ですshine

その水木さん、一時期、神戸市兵庫区新開地辺りにおられました、

当時、なんとアパート経営もされており、

新開地近くの水木通りにあったそのアパート『水木荘』が、ペンネームの由来になったらしいですflair

近くにある銭湯『水木湯』では、“水木荘のしげるさん”と呼ばれていたそう、

なるほど、それがペンネームを呼び込んだんですねwink



『水木荘』はもうすでにありませんが、、、

水木湯』はまだ健在ですwink

毎度の如く神戸のKさんにきっかけをいただいたので、早速行ってみることにしますdash

銭湯に入るなら、一汗かいて行った方がイイでしょうwink

ならば歩いて行きましょうgood

ちょうどエエ感じになりそうな距離で行くと、、、

阪神「御影」駅から歩いて行くことにしましょうwink

時間は14時過ぎ、

御影~石屋川~新在家~大石~西灘~岩屋~春日野道~三宮と阪神沿線を歩きますdash(よう歩いてるなあhappy01)、

途中、何軒か角打ち発見!

003
007
017

むふふ、、、今度また行きますねheart02

三宮からは高架下商店街を「西元町」駅まで歩きます、

ここも未探訪ですね、

023

「酒之灘屋」、

見るとなんと年内で閉店だとかsign03、、、

024kai

こりゃ、ここも来なきゃ行けませんねgood

(「酒之灘屋」は2015年末でいったん閉店したようですが、再開店するとの情報もありますshine)

広い多聞通りを神戸~新開地へと進みます、

新開地を越えたら、一つ北の通りが水木通りです、

あ、角打ちがここにもありますshine

027

「上山酒店」、

時間は17時前、もう開店していますね、あとで来ましょうか、

すぐに「水木湯」があります、

028

もう少し先まで通りをチェック、

030

先のほうにも酒屋がありましたが、、、ここは飲めないみたいですcoldsweats01

では、「水木湯」で汗を流しましょう、

031

湯代が420円也、フェイスタオル、バスタオルと着替えは持参、

石鹸は購入、20円だったかな?

風呂場の説明は、、、

銭湯ブロガーのO氏に任せるとしてhappy01

さっと体を洗って湯船に沈みます、

熱~up深い湯船はめちゃ熱かったあ、

浅目の湯船でゆっくり温まりましたheart02

脱衣場でのコーヒー牛乳を我慢して、

すぐ向かいの「上山酒店」へ飛び込みましたhappy02

明るい店内、角打ちと酒販コーナー同居の広めのスペースです、

038

角打ちカウンターは椅子があります、立ってもイケそうですが座りましょう、

やはりここはビールかな、瓶は大・中・小と揃っています、

アサヒ?キリン?

え~、じゃあアサヒの小瓶でお願いします、

032

では、よく歩きました、汗も流しました、その後のビールは最高ですなupheart02

料理は少な目かな?

カウンターの上にはパッケージの粕汁、茶碗蒸し300円也、コロッケ、珍味、竹輪などが並んでいます、、

他に焼き鳥(4種)もあるみたいです、あとは缶詰に乾きもの、

珍味のトレイから「数の子」にします、

ビールはすっと飲み干して、日本酒にします、

壁の短冊メニューから「出羽桜」320円也、

034

コップに九分、

036_3



そして、日本酒に合うのか?と思いながら「コロッケ」happy01

037_3

日本酒にコロッケ、、、また、肴を頼む順が逆やなsweat02

お客さんが二人入店、皆でしばらくTV鑑賞、

箕面の滝か、今度イコッとhappy01、、、

では、お勘定にしましょう、1000円程だったかな?

神戸新開地水木通りの「上山酒店」、

ちょうど良い所にありました、思惑通り、銭湯からのビールを楽しめました、

ごちそうさん!また来ますねheart04

さて、もう一軒行きましょかdash

この辺りにはいくらでも飲める処がありますが、、、

往きに前を通った高速神戸辺りの「國(KOKU)」へ行きましょうheart02

開店1周年らしいっす、

ということはもう1年ご無沙汰ということです、こりゃ行かねばなりますまいdash

はい、ご無沙汰しております、“天ぷら立ち飲み”「國」、

6分の入り、客層若いし女性客も多い、綺麗な店内で女性も安心ですねhappy01

米粉でカラッと揚げた天ぷらが美味しい店です、

とりあえずワンコインセットにします、

040

「ハイボール」と「肴三種盛り」で500円也、

おひさしぶりです~、ご無沙汰してます~、

日本酒にしましょうか、地酒メニューもありますが、、、

047

やはりこのシーズンは燗酒がイイですね、「沢の鶴」を燗でくださいshine

そして「天ぷら四品盛合せ(海老入り)」500円也にします、

042

海老、鶏、茄子、芋と好みが揃いましたwink

天つゆもあるはずですが、基本は塩でいただきます、

塩は普通の塩の他に抹茶味、カレー味、山椒味(だったと思います、今回は写真撮ってないなあ)が置いてありますので好みでちょいとつけていただきます、

この日は確か、普通の塩と抹茶塩でいただきました、



045_3

うん、天ぷらに燗酒、合いますなあ~heart02 

米粉なので衣はサクサク、中の具はしっとり、天ぷら、好きです~、

はい、これでお勘定です、明朗会計、

多聞通りにある天ぷら立ち飲み「國(KOKU)」、

天ぷらで一杯の立ち呑み、女性でも入りやすいエエ店です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

今日はテクテク奈良探訪+立ち飲み探訪です、奈良の「なら泉勇斎」~「まついし」~「楽Luck」~近鉄奈良「豊祝」へ。

【2015年12月1日(火)】

奈良 「なら泉勇斎」~「まついし」~「楽Luck」~近鉄奈良「豊祝」

今日はテクテク奈良探訪+立ち飲み探訪ですhappy01

昼食を済ませて(きゃ~、超久しぶりにカツ丼、やっちまいました)、

001_2

12時30分に近鉄「西大寺」駅を出発、

初めての“平城宮跡”、第一次大極殿正殿、

005kai_2

朱雀門から、

008kai_2
009kai_2

新大宮を通って近鉄奈良から奈良公園へ、

033kai_2

鹿、可愛いlovely

そして、若草山を登り、、、

030kai_2

結構な階段地獄でしたsweat02

027kai_2

でも、景色ヨロシイhappy01

奈良公園に戻って、興福寺から猿沢の池、、、そして奈良町へ、

ここまでで歩行15kmくらい、時間は16時前です、

そろそろ飲みますか(そりゃそうだflairhappy01)、

「酒肆春鹿」はまだ開いてない、

036_2



ひとつ向こうの路地に入ると、「なら泉勇斎」がありましたshine

037_2

ここも初めて、日本酒の販売店ですが飲めるようです、

ではでは入りましょうdash

綺麗な店内です、右側に日本酒の瓶が並んだリーチイン、

左側に小さなL字カウンター、先客がお一人飲んだはります、

カウンターの中には若い大将、

飲めますか?

はい、試飲できますよ~wink

なるほど、あくまでメインは日本酒販売、

その前に少し試飲できるということですねshine

料金は200円也~500円也くらい、

040kai

でも、750円也というのもありますね、

2杯飲みました、大将に希望を伝えて少しやり取り、

で、1杯目は「鷹長」純米吟醸250円也になりました、初めての銘柄、

039_3

おお、これは美味しいですshine、すっきりでフルーティ、好きなお酒ですheart02

“油長酒造”ですから「風の森」の蔵ですね、美味しいお酒造ったはります、

2杯目は「三諸杉」の菩提もと、

041_3

これも美味しい酒でしたshine

“菩薩もと”というのは、、、

日本酒発祥の奈良のお酒「菩薩泉」を再現しようと、乳酸菌と酵母を復活させて、各蔵元がその乳酸菌と酵母で醸しているお酒の事だそうです、

ほ~、初めて聞きました、

また“菩薩もと”だけを飲み比べたいものですね、詳しくはこちら、

はい、試飲はここまで、せっかくですから一本買って帰りましょうhappy01

069_3

最初に飲んだ「鷹長」が好感でした、

燗酒にしたいので「鷹長」の純米酒を買いましたgood

奈良、奈良町にある「なら泉勇斎」、

日本酒販売店ですが試飲の感じもよろしい、簡単な肴もあります、気に入りました、

おおきに!ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

さて、あと何軒か立ち飲みを回って帰りましょうdash

まずはJR「奈良」駅周辺の2軒を目指します、

歩いて10分くらいで到着です、

久しぶりのJR「奈良」駅前、めちゃ綺麗になってますやん、ビックリポンやhappy02

で、その駅の再開発を道一本隔てて逃れた。際際(きわきわ)の道沿いに「まついし」がありましたshine

044_2

居酒屋の看板ですが、、、

045_2

その下の木看板をよく見ると、、、

「松石酒店」の文字が、、、角打ちの発展系ですねflair

立ち呑み、変形の壁際カウンター、形は“h”な感じ、、、分からんかcoldsweats01

若い大将がエエ感じで迎えてくれます、

「トリスハイ」290円也(角ハイはもっと高かった)と「イカ沖漬け」100円也、

046_2

一人客、先輩方々がメインですね、

前は角打ち然としていたのかもしれません、

時間があればゆっくりしてもイイ感じです、大将も好感、ですheart02

これでお勘定、390円也、おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

もう一軒は角を回った大通りに面してる「楽Luck」、

053

こちらは“洋もん立ち飲み”風、客層も若返りますwink

ここでは「角ハイ」290円也、「クラッカー」100円也、「クリームチーズ」100円也、

054

たまたまパッケージもんになりましたが、料理もしっかりあります、

この時は「麻婆豆腐」を頼むかどうか、本当に悩みました、が、断念heart03

これでお勘定、490円也、

「楽Luck」、ここもいいんじゃないでしょうか、さくっと飲み食べるのにピッタリ、

おおきに、ごちそうさん、また来ますねheart04

最後は近鉄「奈良」駅地下コンコースにある「豊祝」です(しかしまあ、よう、行ってますな~coldsweats01)、

056

これまで西大寺、難波、梅田ルクアイーレ店へ行きましたね、

おそらくここ奈良店が一番古いんじゃないかな?4年前にはすでにありました、

はい、カウンターと壁テーブルの立ち呑み、

多くのお客さんですでに相当暖まっています、

各店共通のセットメニュー「豊祝セット」500円也、

058

「豊祝」純米酒と肴三品、

060

カウンターの中の皆さんも活気があって、気も回っています、OK!

068kai

カウンター上の大皿料理が迫力あって美味しそうです、

メニューの「粕汁」に魅かれましたが、、、生憎の売り切れ、残念heart03

ちょっとお酒が残ったので「紅生姜天ぷら」160円也を追加、

066

はい、これでお勘定です、

近鉄「奈良」駅地下コンコースの「豊祝」、

やはり、駅構内の「豊祝」は安定感ありますね、

奈良と西大寺は料理もなんか期待感満載です 

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04

ふ~、これで奈良テクテク探訪+立ち飲み探訪終了、

徒歩18kmと4軒happy01

お疲れ様でした~、帰りの電車では爆睡でした、



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

今日は“山行”です、摩耶山へ登りました、そして、反省会は三宮の洋風立ち飲み「スタンドgonta」、エエ店です♡、、、そして、、、

【2015年11月29日(日)】

神戸 三宮 「スタンドgonta」

今日は“山部(やまぶ)”活動ですmaple

朝8時30分に阪急「王子公園」駅に集合、

山先輩歩二人に連れられて、そのまま摩耶山山頂まで一気に登りましたgood

途中の“死の階段”が辛かったsweat01

山頂公園で軽く昼食を摂って、

そして、“トゥエンティクロス”から“布引の滝”、新神戸へ下山、

6時間ほどの行程でした、エエ感じで疲れましたhappy01

さあ、飲みに行きましょう!!dash

もう、下山途中からビールがちらついています、いよいよ乾杯が現実のものになりましたhappy02

最後の行程は新神戸から三宮まで、20分ほどでとうちゃこです、

日曜日の三宮、15時頃、選択肢は限られえますが、ここは15時開店のはずです、

阪急電車「三宮」駅高架下2階の洋風立ち呑み「gonta」ですheart02

036

いきなりの「生ビール」190円也(税別)に全員反応しますhappy02

おお!!何杯飲んでも190円也はたしかにインパクトがあります、

時間は15時10分くらい、

開店したてのはずですがすでに6分~7分の入り、すごいなあ~happy01

3人です、あ、奥の方の入り口の樽で、は~い、

ということで、“山部”反省会のスタートです、

まずはもちろん190円也に「生ビール」で乾杯ですbeer

混んでいますが、料理の出は早いです、気持ちいですね、

「ポテサラ」、

026

「出汁巻玉子」、

029



「やみつきキュウリ」、
 

031

お値段ははこんな感じ、

027kai

まだまだ、どんどん行きますdash

「国産プリプリホルモン鉄板焼き」、

030

「クエうす造り」、

032

ここらでワインも頼んでます、ボトルで1200円也~、

さらに「カキフライ」、

033

「ふぐと白子のアヒージョ」、

034

「炙り豚足」、

035

料理は280円也~480円也、

それでクオリティあります、これはやはり人気になりますよねshine

さて、山の話、酒の話で盛り上がっていたのですが、、、

ワタシが急激にパワーダウンsweat02

なんだろう、バイタルが急変、ええ??な感じで立っているのが辛くなりました、

脱水していたのか?低血糖?sweat01

しばらく店外で休みましたが、どうも調子でませんsweat02

今日はこれでお開きにしましょうheart03

スイマセン、ご迷惑をお掛けします、、、

ふ~、帰宅して少し横になるとすっと回復、

久しぶりの山でちょっとはしゃぎ過ぎましたか、、、反省coldsweats01

“山部”先輩には失礼しました、また飲み直しましょう、

「gonta」もまた来ますねheart04heart04

失礼いたしました~、 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

あべのでのライブ前、14時頃でも飲める店多いですが、今日は“あべの横丁”の「丸一屋」で燗酒にしましょう。

【2015年11月28日(土)】

大阪 天王寺 あべちか「丸一屋」

今日は阿倍野近鉄百貨店の“近鉄アート館”でライブ参戦ですnote

昼の15時からのライブです、が、当然の如くフライングで飲むことにしますhappy01

14時頃ですが、阿倍野ですから選択肢がいろいろあって嬉しいですね、

阿倍野なら「明治屋」が開いていますheart02

他にも同じ“あべのウォーク”にも何店か候補があります、

天王寺側には「種よし」がありますが、まだ開いてないかな、

「森田屋」は開いているはずですshine

でも、今日は“あべちか”(阿倍野地下街)の“あべの横丁”を覗いてみましょう、

012

ここ、まだ未探訪ですが、、、

如何にも“一杯飲んで行ってね!”な酒場が並んでいます、

ちょいとフライングな時はエエんとちゃうかな?という目論見です、

阿倍野地下センターということですが、

実際にはJR「天王寺」駅側の地下、エリアとしては“天王寺”になるかと思います、

はい、“あべの横丁”に入ってみましょう、

飲める店は「赤のれん」、

013

「しもたや」、ここはあんまり知らないね~、

014

「半田屋」、新世界の店と関係あるのかしら?こちらは串カツですけどね、

015



一番奥には「あべトン」、お好み焼きですね、

017

で、今日はここに入ることにしました、「丸一屋」、

016

この屋号の店、梅田の“かっぱ横丁”や京橋にもありますねflair、他にもありそう、

なにか関係あるのか?なにかのボランタリーチェーンなのか?

それとも、昔からある酒場の屋号なんでしょうか?

不明sweat01、、、

逆Lカウンターの座りです、大将とお姐さん、

今日はちょっと風邪気味なので燗酒にします、

019

「菊正宗」の瓶銚子、

瓶銚子、嫌いじゃありませんwink、昨日も飲んだっけ、書いたっけ?happy02

そして「湯豆腐」250円也、

021

ひたひたの出汁、昆布に三つ葉、葱と丁寧な仕事ですheart02

この出汁が美味しかったですlovely

寒い日、風邪気味の身体に染み入ります、これでなんか「丸一屋」好感happy02

昼の14時頃ですが先客数組、みなさんじっくり腰を据えて飲んだはります、

ちょうど暇な時間帯なのか、お姐さんはまかないの具沢山うどんを食べたはりますhappy01

もう一品、頼んでみましょうか、

メニューはこんな感じ、そんなに安いという訳ではありません、

020kai

焼き鳥が@90円で三種類メニューにあります、焼き鳥、きも、砂づり、

これにしましょかgood

スイマセン、焼き鳥、一本づつ下さい、

はい、3本ね、

「焼き鳥」はタレ、きもと砂づりは塩、山椒がパラリと掛かって出てきました、

山椒好きには、これは嬉しい、

023

「焼き鳥」は普通、「きも」と「砂づり」はイケますよshine、うん、まずまず、

これでお勘定にしました、920円也、外税ですね、

使い勝手が良さそうなあべの横丁、「丸一屋」もちょいと一杯飲むにはエエかもしれません、また来ますねheart04

この後のライブは3時間ほどの長丁場、

大塚まさじ、中川イサト、金森幸介、松田幸一、嘉門達夫、そしてカメラマンの糸川燿史さんheart02

エエライブでしたnote

が、やはり体調が万全ではありませんsweat02

どこかで飲んで帰るつもりでしたが、今日は自重、

帰ってうどんでも食べて寝ますわhappy02

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

阪神「西灘」駅すぐの「高田屋巽店」、90年を超える歴史のほんの端っこを垣間見ました。

【2015年11月26日(水)】

神戸 西灘 「高田屋巽店」

今日は先日テクテク探訪で見つけた西灘のエエ感じの酒場を目指しますhappy01

その前に、某駅前の“水産系”(最近、多いよね)立ち飲みに行ってみました、

ここもワンコインセットがなかなか良かったのですが、、、

店員さんのホスピタリティが全然ダメダメでしたsweat01

笑顔なし、喜んでもらおうという気持ちなし、あれでは気持ち良く飲めません、、、

残念ですheart03、、、

で、電車で阪神電車「西灘」駅まで移動します、

ここで降りるのは初めてですね、

駅のすぐそばに「高田屋巽店」があります、

先日、テクテク探訪でこの辺りを歩いた時に見つけましたshine

017kai

エエ店構えです、これは必入店を確信しましたgood

神戸に何店舗かある「高田屋」ですね、

入店後、ここの女将さんにも訊きましたが、やはり日本酒「金盃」の直営店というかボランタリーチェーン、

今でも神戸周辺に何店舗か残っていますwink

ここの近くだと、少し北へ行った“水道筋商店街”に「高田屋旭店一色屋」があります、

新開地にも「高田屋京店」があります、

あの店との関係なんかもあるんでしょうか?

とりえず入店いたしますdash

一番客です、L字カウンター10数席とテーブルが4卓、

027_2

あ、ワタシの好きなタイルの床です、

そして椅子は曲線が美しい背当て付ですhappy01

お父さんとお母さんが奥のテーブルで寛いでおられました、

スイマセン、もういけますか?

どうぞどうぞ、

では、カウンターに着きます、

今日はちょっと寒いですね、いきなり燗酒にしましょう、

019

お酒はもちろん「金盃」です、ガラス瓶も嫌いではないです、

「突き出し」も一緒に出ました、「蛸の酢の物」、

え~っと、壁の短冊メニューを見ながら肴を考えます、

026kai

お母さんからはおでんや、焼き魚のプッシュあり、

じゃあ、おでんにします、今日は寒いですからね、

「スジ」と「厚揚げ」、「スジ」は2本来ましたねshine

021

お母さんはカウンターの中に座られてお相手をしていただきます、

この辺?

いや、通りかかったモノです(いや、ホンマは確信犯ですが)coldsweats01

というきっかけでお母さんと話します、

「高田屋」さんって、何軒かありますよね、

はい、日本酒「金盃」の直営店ですから、

(正確には契約店という事かと思いますが、お母さんは直営店とおっしゃてました)、

やはり、

お母さんによると、大正時代に直営の暖簾をもらい、昭和5年からは現在のこの場所で営業されているそうです、

その時は「高田屋味泥分店」(この辺りの町名)という名前だったそうですshine

(聞き取りなのでちょっと違うかもsweat02、ご容赦を)、

昔は何十軒とあった「高田屋」、蔵自体が小さいのでもうなくなってしもた、

水道筋の店は直営店(「旭店」)からのさらに暖簾分けじゃなかったかな?とのこと、

はい、そういう事みたいですね、

小さい蔵やけど、今でも注文したら持って来てくれる(瓶詰酒のことかな?)ので、まあ助かるけどね、

この前に広い2号線が通ったのが昭和12年、戦前ですね、

戦後には摩耶埠頭が出来て、神戸製鋼が出来て、工場がいっぱいあって、

路面電車(阪神電車国道線)も走ってて、人がこの前をぎょうさん通ってた、

あの頃はほんまに忙しかった、帰りがけに一杯、というお客さんが多かった、

当時の風景が目に浮かびますshine

あの立派な木看板、表にも掛かってますね、

4枚あったけど、今は2枚、2枚はたぶん戦争で焼けたんかな、

地震(阪神淡路大震災1995年)の時はこの建物は無事やったけど、

回りのマンションが歪んだり、あの時も大変やったね~、

店内の木看板、地震の後、しばらくしてからいきなり落ちたなあ、

今度、JRの新駅(2016年春開業予定「まや」駅)ができるみたいなんで、

あ、そうなんですね、

それに期待入してるの、

最初に暖簾を出してからおそらく90年以上、

いろんな時代を通り抜けてきた酒場ですheart02

日本酒をお替り、おでんを追加、

023_2

「玉子」と「こんにゃく」、

お客さんが2組入店、奥からお父さんも出てきてお手伝いです、

さて、ワタシはこれでお勘定です、1600円也、

阪神「西灘」駅すぐの「高田屋巽店」、寒い日でしたが温まりました、

この先も営業を続けて欲しいです、

おおきに!ごちそうさん!!また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

やっと来ました、尼崎の牡蠣料理専門店「かき金」、「酢かき」「土手鍋」「カキフライ」「かき飯」!至福のコースでした。

あけましておめでとうございます、

本年もご愛読の程、より区お願いいたします。

【2015年11月25日(火)】

尼崎 阪神尼崎 「かき金」

今日から2016年の酒場記事がスタートです、

本年もよろしくお願い申し上げますhappy01

さて、今日はついにこちらにお邪魔しています、

尼崎のカキ料理専門店「かき金」shine

人気でなかなか予約も取れない、との噂でありましたので、

今日は満を持してのしっかり予約しての訪問でございます、

昔から牡蠣は少し苦手、「カキフライ」も積極的には食べませんでしたが、

この10年ほどでなぜか好きになりましたwink

理由は?不明、何かきっかけは?特になく、原因不明happy02、、、

シーズンになると、ランチなんかでもよく「カキフライ」もチョイスするようになりました、

もちろん「酢牡蛎」なんかも好きですheart02

でも、、、3年前に「生牡蠣」でノロウイルスに大当たり、また食べられなくなりましたが、

これも2~3年程で克服good、また牡蠣好きに戻りましたshine

さて、本日は満を持しての尼崎「かき金」であります、

043

牡蠣料理専門店、、、お、この字面、なんか凄いhappy02

文字通りというか、正真正銘の牡蠣料理オンリーの店です、

毎年10月頃~翌年3月頃までしか営業していませんsign01

「牡蠣の季節以外は他の料理を出す」、

たとえば“貝料理フルコース”をお出します、、、

なんていう柔なことはしません、、、お店、半年間閉まっていますcoldsweats01

これでやっていけるのですからたいしたものです、

“1年を半年で暮らすええお店”てなとこですhappy01

今年の「かき金」の営業開始は11月初旬から、これは例年より遅かったんとちゃいますか?

そういうと、2015年はスーパーに牡蠣が並ぶのも遅かったような気がします、

11月下旬まで暖かったからね、牡蠣の作柄も良くなかったのかな?

とにかく営業開始とともに予約の電話をしましたが、電話がなかなか繋がらず、やきもきしましたが、、、

なんとか予約、本日無事入店ですdash

今日は「鍋コース」5000円也(税込)、

028kai

「突出し(お通し)」~「かき酢」~「土手鍋」~「かきフライ」~「かき飯」と牡蠣づくしのシンプルなコースです、

綺麗な店内、たしか前は近くの阪神電車高架近くにあった店舗がここへ移転してきたんですよね、

1階2階とあり、2階には座敷もありましたがワタシ達は2階のテーブル席でした、

ビールはドライと一番搾り(中瓶)がありました、

今日は「一番搾り」にします、

023



「突出し」は甘エビです、

024



そして「かき酢」、

025

この牡蠣が生ではなく軽く茹でてあります、

これには牡蠣好きの相方が“生じゃない!!”とブーイングhappy02

メニューにも『当店では生牡蠣はお出ししていません』とのクレジットが付いていました、 

ま、なにかあると店が潰れそうですからね、

リスクヘッジ策、店舗ガバナンスですgood

そして早速「土手鍋」へ、こんな感じで出てきましたshine

027

真ん中にあるのは白味噌ですね、これを溶いて具を入れるみたいです、

昔は居酒屋で、文字通り味噌で鍋の縁に“土手”を作って少しづつ溶かしながら食べた記憶もありますが、

ま、こちらの方が綺麗に食せるという事なんでしょう、

味は変わらないと思いますhappy01

野菜と牡蠣を投入、

032
035

美味しい、幸せですshine

具材が出てきた時は“牡蠣、少ない?”と思いましたが、

下の方にたくさん詰まっていて満足のボリュームでした、

そろそろ燗酒にします、

定番酒は「賀茂泉」の本醸造、贔屓の銘柄、嬉しいlovely

036

燗酒で土手鍋、この季節のステレオタイプ幸福です、これで由!
 

 

そして「かきフライ」shine

039

ボリュームもあるし、味違いでこれまたパクパクいきます、

ソースはウースター系のみ、ホワイト系ソースはないようですが、所望すればマヨネーズは出てきます、

揚げたてですので、ソースはそんなになくてもイケます、

ふ~、ここまででお腹一杯になりました、満足heart02

で、〆の「かき飯」、

040

小さいですが御櫃で出てきました、

見た時は“あ~これは食べられない”、“持って帰るか”という考えが過りますが、、、 

とにかく茶碗によそって一口パク、

う~ん、これも美味しいね~wink、パク、美味しい、パク、パク、

と、結局、全部平らげました、美味しい、美味しいheart01

はい、これで完食です、

尼崎の牡蠣料理専門店「かき金」、期待通りの牡蠣三昧でした、

「土手鍋」~「カキフライ」~「かき飯」の流れがしっくり来ます、 

よくお酒を飲むワタシ達へのテーブルへの「カキフライ」は、他のテーブルよりゆっくり出てきました、よう客を見たはりました、

飲んで@7000円くらいも納得です、

おおきに、ごちそうさん!また来ますねheart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »